トップ > サロン・ド・引っ越し > 9
24 Aug.2014 / 21 Nov.2015 経験談追加
 






Q 旧居/ 不用品の処分
可能なら 転居きまってすぐ 
あるいは 2か月前〜3週間前まで 


色々コレクターになってしまう気質なので、計画的に処分をした。引っ越し業者からも、ネットで譲渡か、 市区町村に捨てるのが一番安いです、と薦められた。

・古物を引き取りに来る業者
現在、詐欺や脅しもあると知ったので、やめた。(そうでないところもあると思うが)
不安なら、消費生活センターや市区町村であらかじめトラブル事例を聞いたほうがいい。
上手い話はだいたい表面だけで裏がある。


・だれかに譲る
早めにネットや知人を介して処分した。これはよかった。
東京中心部の場合、人口のせいか 「取りに来る」という人は多かった。かなり処分費が削減できた。想像以上に、なんでも引き取り手が見つかった。 多分 転売だろうな、という人もいたが、大き目のばらし収納家具などは、梱包発送も大変なので、もう無料でいいからもってって、という感じだった。

欠 点として、掲示板・オークション類は、問い合わせ対応、諸連絡や日程調整で手間はかかる。引っ越しはほかにもやらねばならないことが多い。同時並行は週に 2個ぐらいが適切だと思った。日付限度を決めて動く必要がある。成約しない場合は、大型資源ごみでの処分しかないので、資源ごみ予約は念のためしておい た。(一斉にリスト化して出品する 人もいたが、おそらく業者らしき人がごっそり成約していた)



・資源ごみ・大型にだす
大型ごみは、予約制度で、私のいるエリアは、2,3週間前ではもう予約ができない。よって早めに(だれかに売れない・譲れない)前提で捨てる枠は押さえておいた。


・ネット等で売る
売れるものは早めに売った。中古でも、入札殺到したものがあり、驚いた。
家具はサイズがわかりやすいよう、少し本などいれて撮影すると、引き合いがよかった。

引き取りの場合は、手伝う・手伝わない、梱包、駐車場、時間帯、など明記したほうがよい。




・古物を引き取りに来る業者
現在、詐欺や脅しもあると知ったので、やめた。(そうでないところもあると思うが) 
チラシやネット、宣伝カーなどのところに いきなり申し込むのはやめたほうがいいそうだ。区役所にきいたら、逆に処分費をとる業者が多い、トラブルも多い、注意してください、とのこと。

また一部業者は、マンション・クレジットカードなどの会員サイトから「特価」がきく場合がある。忘れがちだが、まだ引っ越し前でひまなうちに見ておくといい。


・その他
5〜10年使ったとはいえ 吟味して買わなかったものはけっこう処分いきになった。
購入時 安価でも、処分費用が高くついたものもあった。今後、処分のこともちらっと頭にいれて買おうと思った。


粗大・大型ごみは早めに予約

・予約
自治体によるが、都市部であれば、予約は早めに。予約自体が2〜4週間かかる地域だったので、逆算して早めにネット予約した。

2月〜4月は予約いっぱいで、捨てるに捨てられない人が多かったよ うだ。

・処分費用。
一つ一つは200〜2,000円とはいえ、 数が多いと、けっこうな処分費がかかった。
引っ越し間際に大ものの処分や片付けに関わると大変になる。

処分が厄介な大きなものから、早めの行先探し、捨て方手配を推奨。


引っ越し業者に引き取り依頼する

不用品は引越し業者が処分してくれる場合がある。物によるが 絨毯なら引き受けてくれると思う。見積もり出してもらって 数社比較検討の差異、手数料とか聞くのが一番楽かと。
(たぬきのママ  様)

新しく買い替える場合に、古い品を引き取ってもらう


ある程度の大きさのものなら、新しい品を旧居に運んでもらい、同時に古い品をひきとってもらう手もある。また逆に 新居に配達してもらい、もってきた旧品を引き取ってもらう手もある。

旧居の次回資源ごみに 自分がもういない・・・場合


・出し忘れて、新居まで持参

3.5畳のホットカーペットが不要になったが、新居に持っていって、新居で捨てた。 単に、直前の大型ごみの収集に出すのを忘れただけだが。
(奈良のきぬざぶ  様)



・旧居で 大型資源ごみ予約をしておいて、収集場所に置いていく。

一応、大家(管理人さん)に先に確認を取る。 「じゃあ、収集日まではどこどこに置いておいて」と言われ、収集日を大きく書いた紙と粗大ごみチケットを 貼って指定された場所に出しておくと、収集日当日の朝、大家さん(管理人さん)が粗大ごみの収集場所に移動してくれて、収集完了だったようだ。

私の周囲では、大抵の人がこの方法を取っていたようだ。
(黒猫彗々 様)


・重い家具の下だけ残して、普段の可燃ゴミ袋に入るようカットして、可燃ごみで捨てるっ手もある。
(MoreGreen  様)

ある程度の品質なら、見切って処分する

まだ使える、と思っていても、今まで使っていた中古のものは、新居でみると見劣りして、使わない場合がある。新しい部屋の配置で、サイズが合わないことも多い。

家電などは新しいものが 安くて品質がよい時代だし、また家電関係の事故もあるので、予算があるならば、あまり無理して古いものを全部持って行っても使わないことがある。

引っ越し前後で買い替えたり廃棄したもの

・ 電気湯沸し
・ 電気カーペット
・ 掃除機
・ エアコン (新居にもっていって付け替えたが失敗だった。買い替えればよかった)
・ 中途半端な置き家具

引っ越し直前に 不具合がわかったもの


・設置環境のよくない家具
旧居の地下トランクルームに置いていた安い書棚。 新居トランクルームでも使うつもりだった。が引っ越し 直前に動かしてみると・・・湿気で裏がダメになっていた! 臭いも気になった。
廃棄処分するにも間に合わず、新居にもっていってから、予約して捨てた。置き家具などは、2か月前に あらかじめ家具を動かし、状況をよく確認したほうがいい。(人に譲るものもそうだが)


・間際まで動かせないもの。
絨毯などは、撤去できる日が限られてくる。先に捨ててしまう手もあるが。
カーテンはうっかり撤去すると、丸見えになるし、暑さ寒さもあるので、よく考える必要がある。

・あとからでは動かせないもの。
旧居で家じゅうが段ボール箱で埋まると 動かせなくなった・・ というものもあった。

いずれも現実的なシミュレーションが必要。


・不要なものはガンガン廃棄。 特に、家具(ベッド、収納家具、食器棚、レンジ棚、ドレッサーなど)は、(新居の収納スペースがかなり増えたので)捨てた。

捨てて困ったものは、正直ない。大切なもの、思い入れのあるもの以外は捨てる!という思いきりも必要かも。

・家具
すべて粗大ごみとして廃棄したが、地域のボランティア協会に譲るという方法もあり、次回はそれも利用してみたい。

・書籍
おしゃれな古本屋に買い取ってもらった。図書館に寄贈するという方法もある。次回はそれも利用してみたい。
(2015年2月  白いたこ焼きたいやき 様)
項目別 雑記

・捨てがたいもの
思い出があるもの、捨てがたいものは 写真を撮った。 まだ押入れにバーチャル保存している感覚があり、結局それで済むのね・・・ orz と思った。


・書籍
一つずつやっていくと、引っ越し作業自体がおわらない!! ので、
1) 不用品だけ選ぶ
2) 不用品のうち、マニア・コレクター・引き取り手がありそうなものは、 早めにネット等で譲り手を探す   ある程度傾向の似たものをまとめてセットにすると手際よくはける。
3) それ以外は一括で店へ (労力がかかる割に 収益は少ないのでよく判断)
4) あるいはゴミとして処分 

書籍やDVDは送料をやすくする方法があるので調べておくとよい。


・カーテン
旧居→新居で 既製品サイズでOKならよいが、明らかに使えないばあいは、処分・・・。

譲るか新居で再利用するなら、早めに(引っ越し2か月前)にクリーニングに出す。

けっこう重いので、注意。引き取り手がみつかれば、無償+着払いで 送るとよい。
可能なら洗って譲るが、引っ越し前のどたばたでけっこうまた汚れる(汗)ので、 最後は洗いませんと明記したらいいと思う。クリーニングに出 す手合いのものは、明記してあげたほうがいい。


・生活家具など
まとめて引き取り手を探すとよいようだ。東京や大阪だと、転勤や学生などでまとめてほしいという人がいる。


・キッチンマットなど
小さく切れば燃やすごみ、だったので、 万能ばさみで切って、燃やすごみにした。
ただ、正直、キッチンマットなどは汚れているので、新築に入る方は、買い替えを推奨する。ただ、仮の保護マットに使えるが、食品を扱い、カビや虫の卵などがいることがあるので、あまり新築新居に持ち込みは薦めない(by マンションの業者)

・絨毯(カーペット、ラグ)
汚れもひどかったので、廃棄。小さく切れば・・・だが そんなの面倒なので、普通に大型ごみ行き。
女性一人では持てないことが多い。また、立てたりまるめると、室内にバラバラとゴミが落ちるので、作業タイミングは要注意(たとえば外出着を着ていたり、食事前後は避ける)

小さい家で大きな絨毯を買うと、処分も動かすのも相当なので、色々考えさせられた。

買うときは手頃な安い絨毯・・・にしたのに、品質に関わらず相応の処分費用がかかり、気分が複雑だった。


・パイプ棚
比較的  人気だったので、譲渡しやすい。 持ちにくく相当重いので、輸送はやめたほうがいい。とりにきてもらうほうがいい。


・押入れの透明棚
かなり汚れたものは廃棄した。が、譲渡関係では人気らしい。すぐ引き取り手がみつかっていた。


・陶磁器
人気のものは中古でも「売れ」る。女性しか使っていない、家族2名のみ、などきれいであることを明記、 状態も明記。 送るとき、おまけをつけると好評。

その他は、「ごっそりまとめて」にすると、とりあえず一人暮らし・同棲開始!という人に人気。大箱にすると重く割れてしまうので注意。


・業者
あきらかに転売目的の人、業者、も居る。どう考えるかは自由だ。
ただ、重い家具などに、一人できて、手際よく梱包して簡単な方法で持っていったのはさすがプロやな〜と思った。



 

トップ > サロン・ド・引っ越し > 9