トップ > サロン・ド・引っ越し > 3
21 Aug.2014 / 21 Nov.2015 経験談追加
 




Q 家電関係

関西から関東だと、電気の周波数が違うので、もしかしたら要注意。でも、いまどきそんな電気製品はないかな?
(fukuronotame  様)

西→東の引っ越しでもほとんど問題なし。手持ちのものはすべて使用が可※
(2015年2月  白いたこ焼きたいやき 様)


※家電は使えないものもあります。たまに周波数限定された個体が、両方使えるものより 1,000〜2,000円安く売られている場合があります。必ず確認してください。とくにネットで買う場合。(管理人補記)
うちは エアコンの取り外しが わりと手間取った。
(たぬきのママ  様)



1回目の引っ越しの際、 引っ越し業者が東京で斡旋してきた派遣業者がほとんど技術のない日の浅い人だったらしい。

小さいエアコン一つつけるのに 4時間、かなり沈黙して戸惑っていた。何度もマンションの外にでていった。「部品をとってきます」という理由で、長いこと戻ってこなかった・・たぶん電話で誰かに聞いていたんだろう・・・

結局室外機の置き方もおかしく、パイプの接続もおかしく、水がたまり異臭がし、買い替えになった。

新しく設置にきた人は、「おかしな配置だありえない」と言っていた。
(Chun3)


家電屋によると、この数年、冷蔵庫、洗濯機が大型化しているため、入らない・通らないという問題が多いそうだ。(返品交換も相当多い) 

実際、マンションのドア取ってが大きかったり、通路にでっぱっている各種機器のコントローラー(風呂や電気、玄関モニターなど)が邪魔になって、実効寸法は相当短かった。モデルルームがあるうちに測ってみるとよい。


エアコンの場合、前後左右 相当余裕をもっておかねばならない。吹き出し口の関係。エアコンの下に棚があると風が当たる、ので、思った位置に棚を置けなかった。

エアコンを設置する ひっかけ金具および 穴の位置。正確な数字を事前に調べたかったが、教えてもらえなかったので苦労した。その壁に 壁面家具を検討したが、やめた。(結果、やめてよかった)

天井カセットエアコンは相当大型のものがついており、よかった。(電気代が怖いが・・) ただし、天井が高すぎて、ケアが大変。脚立で身長のある人があがらないと届かない。
(Chun3)

照明パーツ

引っ越し業者が 旧居のシーリング照明を外してくれたが、不慣れな営業マンが手伝ったため、根っこの丸い器具を残したままにした。旧居最終チェックで、見つけた。外して、新居に持っていった。

食器洗浄機

ちょっと特殊で、あまり本格的知識や技術がない歴の浅い作業員がくると、適当にやられる傾向があった。

引っ越し業者には、下見の際、よそで手があるならそっちで頼んで、と断られた。無理に頼むと 高くなるといわれた。 (個別に下請け業者を手配するのが 大変だったらしい) 

製造メーカー営業所(東京や大阪にはだいたいある)に、 脱着の見積もりをとってあった。結果、メーカーに頼んだ。結果的に 脱着+移動も含め、相当 安く済んだ。メーカー営業所はかなり好意的な部分が多かった。 (よその引っ越し業者では 脱いくら 着いくら 移動いくら・・・ と個別積み上げだった が、コミコミでやってくれた)

また取り付けで(間違いではないが)現実的に巧みではない取り付けだったので、再度やりなおしをしてもらった。

二度目は、メーカー営業所の営業が 社内の先輩(玄人技術者)をひっぱってきて、タダだった(悪いので会社で消費できる程度の手土産を渡した)。 社内技術者は、「懐かしい機種だなぁ〜」と いいつつ、高度な技と豊富な経験で、いろいろな手を教示してくれ、そこから手法を選んだ。メーカーの詳しい人がきたので、とても安心感があった。

副産物として、メーカーの人間なので、「いつでも壊れたら言ってくれ」 とか、「HPにこう書いてあるが実際はこうだ」 など教わることができた。珍しい 廃番品なので、やたら営業から本体の特徴や機能を質問された(知らないらしい)。社内技術者も、「ここまで故障なしで使えている事例、保守として研究材料 になる」 「この製品はいまだ隠れユーザが多いので実態を知りたい」と、:使い方や手入れを質問された。写真もとっていたようだ。



 


 
 

トップ > サロン・ド・引っ越し > 3