トップ > サロン・ド・引っ越し > 21 段取り
24 Aug.2014 経験談追加
 




Q 段取り
〜新築マンションに入居する場合〜


前提条件  戸数の多いマンションを一斉引き渡しする場合、通常の引っ越しと比べ、かなり条件が悪くなる。つまり、任意の時期に引っ越せない場合がある、と知っておくべき。最近は、エレベータ使用時間や引っ越し時間帯があらかじめ抽選で指定される物件が増えているらしい。二度目の引っ越しは、引っ越し希望日時を「第50希望ぐらい」まで書いて提出した!

その場合、家具、 家電、敷物、カーテン、各種据付家具、、、とあれこれ業者を手配すると、指定の時間帯では業者も物理的に手配できない。また広くはないマンションだと、家のなかで現実的に並行作業ができない。またエレベータ一つとっても運送用、人員用とも 大変混雑しており、並ぶことがある。

よって金銭面ばかり気にせず 「事前に手配できるもの・して価値があるもの・したおかげで他がスムーズにいくもの」があれば、事前手配にした。

また、事前手配のうちでも、指定業者以外に見積もりや相談をしたが、入居開始・鍵引き渡し日に入居できないことが判明した。

つまりいくら安くても、

これらは旧居の退去タイミング・旧居でかかる住居費・仕事等に関わってくるので、よく考え、整理してきめるとよいと思う。


段取りを考える

・旧居はいつまでいられる権利があるか(賃貸退去、掃除、鍵引き渡し、売却)

・新居はいつから入居できる権利があるか(契約、鍵引き渡し)

・いつには新居にいないといけないか(学校、職場)  住所変更にともなう、税制、各種住所地、勤務先での扱いの違いも注意。住居費や新婚の場合は家族手 当などもかわってくる。住民票だけ先にあるいは後でうつす手もある。が、それによる旧居・新居側での影響はよく調べておく。

・物理的にいつから入居できるか(引っ越しでトラックでの搬入のできる日、都市移動できる日、新居側での引っ越し予約がとれる日、仕事の休み、立ち会う人数の確保 等)







 


 
 

トップ > サロン・ド・引っ越し > 21 段取り