トップ > サロン・ド・引っ越し > 16
24 Aug.2014 経験談追加
 




Q 旧居 引き渡し 査定
1回目  関西→関東

旧居はURだった。

退去申告/  所定の期間前にURに退去申告。

査定/ 事前に業者が規定査定にきた。非常にゆるく、200円ぐらいで済んだ。丁寧に使っているとほめてもらった・・・ 

鍵返却/ 引っ越し当日、管理人事務所に返す程度。簡単すぎて拍子抜け。




2回目  東京 分譲貸しの賃貸(借り上げ社宅契約) →  購入

退去申告/  あらかじめ会社総務および 間にはいる仲介不動産業者と、 いつごろ退去契約・退去連絡をするか、確認しておいた。(重要) 今回の退去連絡がどういうルートであがるのか、確認した。(どこかで処理がとまり、1か月分余分にとられた人もいるらしい)


退去日/ 新居側の荷入れトラブルを警戒し、新居と旧居が 2、3日ほど重なるように契約した。トラブルの際 「退去してしまい、新居もトラブルで 寝るところがなくなる・・・荷物を置くところもない 」のが一番痛いと思ったので。旧居の家賃は、退去月はどうせ日割計算なので、2、3日どうってことなかった。二軒が近いので行き来できる背景もあった。


査定/ 新居に引っ越した2日後に、旧居を査定・引き渡しした。最後にもう一度 簡単に掃除して、査定の人を待った。査定の人はめちゃめちゃ細かく見ていた。基本的にきれいにしてあったので費用は不要のはずだったが、食器棚で現状回復費用が発生。 

備え付け(つまり大家さんの)食器棚にいわゆる食器棚用シート(ふ わっとしたもの、粘着ではない)を敷いていた。それが4年のあいだにだんだん劣化して、べったりと粘着してしまった。まだ水けの残ったコップを棚に戻す家 族がいて、その部分がとくに粘着した。さっと剥したら、棚板の化粧合板も一部めくれてしまった。食器棚全部買い替えか >< と焦ったが、幸い、なんとか シートだけはりかえりゃいい、という査定でほっとした。費用は 1シート単位の素材費と手間賃、とのことだった。それだけで済んでよかったが・・・

懲りて、新居では食器棚シートは使わないことにした。たしかに滑り止めみたいな素材がついているので、これが劣化すると べったり糊になって引っ付くらしい。

査定の人には途中まで手続きが終わった段階で、先にもう退出(帰ってくれて)してくれていい、といわれた。査定担当を残して、”鍵を閉めずに” 家を出た。ここで少し、あぁ ここでの暮らしは終わったのだな・・・と感じた。


責任を負わない破損・傷/ 入居時からあった傷、 入居中に東日本大震災やその後の余震でできた傷、はすべて写真を撮影し、 間取り図とともに(傷部分の明記もして) 仲介不動産業者に書類として渡してあった。よって、一切もめなかった。ほっとした。




クリーニング

東京では多いらしいが、退去時クリーニングが店子もち、という びっくりする条件だった。(ただし社宅扱いだったので、会社が負担してくれた)

不動産会社にも、「クリーニングが入るので やっきになって 掃除しなくていいですよ、簡単でいいですよ」といわれた。

3LDKだと クリーニングって ナンボぐらいか・・・と恐る恐る聞いたら、だいたい4〜5万円ぐらいです、と言われた。そんなに安いのか・・・

まぁ査定の問題はおいといて、クリーニングが自己負担・会社負担であれば、転居前、あまりに必死であれこれ 素人が擦る必要ないのかな・・・と思ったりもした。常識的範囲でこぎれいに日々管理していれば、だが。


忘れ物

引っ越し日にも忘れ物(抓み忘れ)があり、最終チェックで見つかった。

さらに、こんだけ確認しても、まだやっぱり忘れ物があり、査定の日に、靴箱の奥からビニール袋が出てきたりした。豪邸でもないのに・・・なぜ見つからずにあったのだ。

査定の人に「忘れ物はナイとおもっていると見つけられない、 どこかにあると思って探すと見つかるんですよ」 と教わった。なるほど。

置いていきたいもの

旧居に一つエアコンを置いて(提供して)いきたかったが、仲介不動産屋が難色をしめしたので、やめた。処分費をとられたりすると困るのでやめた。

オーナーに返すもの

元々 旧居についていたカーテンや風呂備品、いろいろなキッチンまわりのパーツがぽろぽろ沢山あった。

数週間前から一カ所に集めた。誰かが間違えて詰めないよう、「オーナーに返す! 引越しで持っていかない!」などと大書した。

余談。

旧居退去日は、月末、年度末。 引っ越し入れ替わりシーズンの「新規店子を入れるには、もう遅すぎ」という、オーナーさんには気の毒なタイミングだった。 

その後、手入れや次の募集をしたらもう閑散期に入ってしまったようで、次の契約まで間があいて、数か月、色々苦慮している様子がうかがえた。

まぁ我々店子がそこまで気にしてあげなくて良いと思うが・・・自分が貸すときも注意だなと思った。


 
 

トップ > サロン・ド・引っ越し > 16