トップ > テーマをもった旅 > クルーズ 船をつかった周遊旅行 > 西地中海の港
 

5 Oct.2008 / 6 Jun.2011 経験談追加

西地中海(イタリア長靴より左)のクルーズでよく使う港
 
 

だいたいの会社は、発着港から時計まわりに進む。

 
スペイン バルセロナ Barcelona港
非常に行きやすい。神戸に似て、市街地(観光みどころたくさん)のすぐ横が港。
クルーズ(1回目なのに個人手配・・・)初めてだったので、ここを選んでみたが、正解。エア、時間、予算、観光などすべて組みやすく、よかった。
 
空港〜町 バルセロナ空港が最寄。個人でのアクセスしやすさ★★★ 車20分 15kmぽっち。安い・早い・いきやすい。23時台着でも、20分弱でホテルについた。オリンピックしたぐらいだから、シャトルバスなど交通アクセスも完全に整備されている。
空港 欧州内路線が多く、非常に使いやすい。ほどほどの規模。日本人に嬉しい、ブランド店が多い。
空港〜港 車 30分。港からの船会社のバスも土日朝なので、20分で着いた。
 観光度イント★★★  個人での観光もしやすい。バスツアー、ホップオンのバスもある。船の博物館あり。帆船のレース、展示あり(年に数度のイベント)。物価が安く、ホテルも安い。120ユーロあると、星4だの5だののパレスに泊れる。ホテルが多い。
町〜港 車10分〜15分。 安い いきやすい
港・客船ターミナル きれいに整備されている。基本、クルーズ船は埠頭に一列並びなので、タクシーで乗り付けてもすぐに船がわかる。乗船・下船しやすい。コスタ(COSTA)は2007年に新ターミナル造営) タクシー乗り場もわかりやすい。
 

港付近も本当に神戸ににている。モザイクみたいな商業施設もあるし、美術館も、ホテルもある。
港ぎわの広場などは、蚤の市や、マルシェなども開かれていた。気がついたら、港まで観光で歩いてしまった

ターミナルは、

Quai Adossat Terminals  A〜Dまで  (Quai ケ =河岸、ホーム フランス語と同じ) 
ここを使う大型客船が多い。

World Trade Centre (WTC Terminal) 
神戸でいえば中ふ頭みたいな。円形のホテル Eurostar Grands Marina がある。ただしこのホテルにとまって、Adossatまではスーツケースを転がせる距離ではないので、注意。

Sant Bertrand Wharf Terminal
路線フェリーが多い。

Port Vell Terminal


がある。クルーズ船がとまる埠頭はAdossatと WTCが多い。ロイヤル・カリビアンの大型船のときは、Adossatだった。(事前に調べた)

 

URL


 http://www.apb.es/

観光局>港 図もあり
 http://www.barcelona-tourist-guide.com/en/transport/barcelona-cruise-port.html

バルセロナ空港からタクシーで 約20分、約40ユーロ。

行き先はクルーズポートとか、クルーズシップ等で通じる。

事前にもらった説明には船の名前と桟橋名を伝える必要がある、とあったが、
クルーズ用の建物は一つだったので迷うことはなかった。

(周辺の雰囲気) = 船の周辺は、下船客、乗船客でごった返していた。
係が大勢いるので治安は大丈夫とは思うが、置き引きなど油断は禁物だ。


(2011年8月 茶々丸のシッポ 様)

船からワールドトレードセンターまで3.5km。港とワールドトレードセンターを往復する有料シャトルバスサービスがあった。一人6ユーロ。バスの停まった所から、歩いてすぐ地下鉄の駅やカールージュのような観光バスのバス停もあった。
、往復で1人6ユーロの有料シャトルバスあり。
チケットは下船前に、船内のトラベルサービスで購入。

ワールドトレードセンターは、ランブラス大通りの終点から徒歩5分。
最寄の地下鉄の駅は、Drassanes ドラサネス。車内の駅表示に港のマークがついていた。



カー・ルージュのような観光バスの停留所もある。観光バスは2社あった。
そのうちの1つに乗ってみたが、車が多くて進みが遅く、バス停から乗ろうとしても
満員で乗れなかったりしたので、時間を浪費した。

良かった点は、ゴシック地区やカサミラが見られたこと、グエル公園のふもとまで行けたことぐらい。

観光時間が限られているので、地下鉄でさっさと移動した方が断然早かった。
グエル公園から観光バスに乗ると、有料シャトルバスの最終便に間に合わないので、地下鉄を使ったら、快適だった。

港の建物は新しかった。小さいDFSなどがあった。カフェもあったが営業していなかった。港と市街の間に大きな跳ね橋があり、帰りは跳ね橋が上がっており、15分ほど待った。

船の有料シャトルバスは、利用した方が楽。歩いている人もいたが、港から市街まで3.5kmから4kmあるので、歩くとしんどい。
(2010年12月/2011年1月 羊のどんざえもん 様)
バルセロナ発を選んだのは、市内の観光度合い、空港・港のアクセスのよさ、などから。
数ある発着地のうち、ベストと踏んだ。

(会社員なら、1祝日+土日2回+5平日有休で やっと7泊船+1泊の 8泊10日にできる)

発着港から空港が遠いと、時間の制約から、使える航空会社が限られてくる(綱渡りで帰国したい会社員は注意。)

バルセロナはいまは日本から直行便がないのがいたいが、欧州各都市にフライトが豊富でよかった。市内が港ぞいなので、歩ける距離。本当に新神戸〜三宮〜ハーバーランドぐらいの雰囲気。

ホテルから10分ほどで港にいけた。空港にも送迎バスやタクシーで20分程度。

みどころも相当にある。 朝から14時ごろまで個人で地下鉄をつかって観光し、ホテルに戻ってタクシーでクルーズターミナルへ。15時半には乗れた。

観光や移動について、情報が多いのも嬉しい。

(2007年7月 Chun3)


 
 
 
 
フランス マルセイユ港 
ご存知マルセイユ。往年の方々にはあこがれ。
 
 
 
  カランクなどもいける。
コスタで寄港。

船の有料シャトルバスは、利用した方が楽。歩いている人もいたが、港から市街まで3.5〜4kmあるので、歩くとしんどい。

旧港まで4kmあり、往復で1人7ユーロの有料シャトルバスあり。チケットは下船前に、船内のトラベルサービスで購入。

バスが到着した場所に、プチトラン乗り場あり。
プチトランで旧港とノートルダム寺院の往復で、大人7ユーロ、子供4ユーロ。

港の外に、仮設の土産売り場があり、マルセイユ石鹸などを売っていた。

15時ごろ同行者が乗った帰りのバスは、市街の渋滞に巻き込まれて、
20分ほどのところを1時間近くかかったそうだ。
(2010年12月下旬/2011年1月上旬 羊のどんざえもん 様)

 
 
 
フランス ヴィルフランシュ港 (ニースのすぐ隣)
こちらも大人気 ニースの一つとなり、ヴィルフランシュ・シュル・メール。たまに、寄港地で使う。
小さい色とりどりの建物が並ぶ、大変かわいらしい港町。だいたい老若男女とも、気に入る。
 
 大型客船はすべて沖止めで、テンダーボートに乗るが、大変よい眺めなので、ぜひ船首を。雑誌でよくある角度だが、小船からでないと撮れない写真。教会のすぐ横につく。クルーズ専用の小さいホールがあり、
トイレ、小さい観光デスクが設けられる。SNCF、バスの時刻などサポートしてくれる。
町自体は15分〜20分ほどで周れるほど小さいので、ほかに行くところを考えておいたほうがいい。港すぐにカフェやレストランはあるので、こじんまりしたハーバーでゆっくりはできる。すこし上がるとちょっとした店はある。本誌に地図あり。
 
 詳細は ヴィルフランシュ・シュル・メール 参照。色とりどりの可愛らしい家並み。
SNCF、バス、ツアー、などアクセスよい。専用車を借りるなら日本語の会社も手配できる(本誌参照)
ニース、モナコとも鉄道・バスで10〜20分以内。プロヴァンス方面まで行くバス、エクスカーションバス、手配車も。
日曜には、広場で、小さいアンティークの蚤の市あり。プチトランあり。海水浴 すぐ横に小さい海水浴場あり。SNCF駅の手前。

船はでかすぎて入港できないので、入り江をふさぐように停まり(圧巻!) 小さい船に乗り換えて、コクトーの教会の横につく(あそこにあるばら色の四角い建物が船着き場・待合・トイレだった。ただしコントロールがあるので、船の利用者以外は入れない)

テンダーボートはピストン輸送で送り迎え。小さいボートといってもちょっとした高速船ぐらいの大きさで、40人乗りぐらい。無料の湾クルーズみたいなもので、また楽しい。

ボートはバスツアーの人、個人で上陸する人などで、整理券をくば
るのでもらいにいく。
「no.1の券を持っている人 Deck4に行きなさい」とアナウンスがあって呼ばれていく。
が、券の確認もアバウト。
どうも基本は自己申告にまかせ、単に時間差をつけるだけで、予約とかいうものでない。

初寄港地で、無事にスムーズに下船できるか心配したけど、そう、あせるようなハメにはならなかった。
みなのんびりしている。ゆるやか。あくせくしないほうが、よい。

降りたミニ・ターミナルは トイレや臨時観光案内所(バスや車、SNCFの時刻、
地図など)があり、
エクスカーションツアーでない人も、苦もなくデータを入手し、ゆるゆると予定を決められる。

これがふつうの自由行動や個人旅行より相当楽かもしれない。ぼっとしててもお膳立てされている。

ヴィルフランシュど真ん中につけてくれるので、散策にも、ビーチにも(駅前にビーチ)、
SNCF、路線バス、プチ・トラン、なんでもアクセスがよい。

エクスカーションも沢山あったが、土地勘があるので、個人でSNCFでモナコ(12分)にいった。かえってきてヴィルフランシュでゆっくりした。

南仏はツアー会社も多いので、ニースまででなくても、時間をきめて専用車にピックアップしてもらうほうが効率的だろう。

(2007年7月 Chun3)
 


 
 
イタリア チビタベッキア チヴィタベッキア Chivitavekkia 港 (ローマ郊外)

ローマ寄港!なんて書いているパンフが多いもんで、ローマだし、アクセス便利よね・・・と思ってはいけない。兵庫でいえば、舞子漁港(すんません)について、大阪・京都いけます!なんてもんだ。ちょっと要注意。
日本から直行便があるし、と思いがちだが、アクセスの手配・費用・時間が かかる。(ローマで)買物しなくてもお金がかかる港だ・・・
飛行機が直行便でないと、という高齢の人には なんとかいける港だろう。
 
日本〜最寄空港 日本から直行便あり。アリタリアの去就注意。
空港〜港 ローマ・フィウミチーノ空港から車で1時間半〜2時間弱。(朝晩は通勤渋滞あり) 専用車などの手配は、チ港発着となると相当の加算料金が多かった。ミラノ・マルペンサから車で4時間半。
ローマからチヴィタベッキアへは、国鉄で50〜60分。
町 チヴィタベッキア自体はマイナーだが多少の観光ポイントはあるが 観光度は★。ローマはご存知観光度★★★。
市内〜港  港には、やはり車が必要。車で1時間半〜2時間弱。(朝晩は通勤渋滞あり) 高速なので、あまり見るべき景色ではない。途中有用なS.A.のトイレが少ない。
港 港の楽しさ度★ 工業用!?おじゃましましたっ というかんじで、楽しいようなところではない。あまり歩けない・・・ガラもよくなかった。
http://www.port-of-rome.org/

ローマ帝国時代から開発された港。この街を観光したり列車にのる人もいるが、ローマまで1時間ほどかかる。10時間ほどの自由時間にしては、アクセスがいまひとつなので、船で申し込むエクスカーションのバスに乗る人が多い。

船会社からローマまでの単純送迎バス(ローマ市内は自由行動)もあるが それだけで8、9千円ほどするのが痛い。ローマに寄るわ♪なんて浮かれておらずに、どう動くか、よく考えたほうがいい。

市販のオプショナルツアーにしようとするとローマ発が多いので、船の遅れがあると、時間・費用面で参加しづらい。下船時刻も読めない。

専用車は数社みつけたが、チヴィタベッキア往復をいれるとだいたい専用車の値段は相当はねあがった。結局、暑さもあり、ローマを10時間で(並ばずに)ざっとつれにみせたかったため、船の英語エクスカーションで1日バスツアーにした。

臨時観光案内所があったかは不明。

ただ、この港は大型物流ターミナルというかんじで、広くて産業というか工業っぽいというか。
港湾関係の車も多く、歩行者がぽてぽて歩けるような場所でなかった(この港のみ)

ローマまではバスで休憩いれて、1時間20分(ちょっと渋滞)。

今回ローマが月曜だったのが残念だった(美術館系が閉まっていた)

(2007年7月 Chun3)

 

 
 
 
イタリア ジェノヴァ ジェノア Jenoa 港 
ミラノから 車、バス1時間半。現在 アリタリアのミラノ直行便が廃止されているので、注意。
商工業が発達している都市なので、諸都市からのアクセスも可能。ジェノヴァ空港への欧州フライトが懸念点か。神戸に似て、山と海にはさまれている。
 
空港〜町 車30分。  
空港〜港 車50分。
町〜港 車30〜40分 50km。
港 


 
 
 
イタリア サボナ サヴォナ Savona 港 
空港〜港 ジェノバ空港から車30分。  
空港〜港 
町〜港 車30〜40分。
町 ガイド本などでは町の情報がつかみにくいので、ネットを駆使して。
港 ジェノヴァ、モナコまで足をのばすエクスカーションツアーもある。
URL http://www.porto.sv.it/english/index.htm


 
 
イタリア パレルモ (シチリア島)

 
 
 
  

 
 
 
イタリア ナポリ港
 
 ナポリど真ん中の Molo Beverello モーロベヴェレッロ港につく。巨大船が着岸できる立派な埠頭がある。アクセス★★★文句なし。前に新城(カステロ・ヌオーヴォ)、5分以内(というか 500m以内?)に ガレリアや広場や・・・  世界三大美港のひとつ。
埠頭が本当に市街すぐ横なので、船がいきすぎたら、突っ込みそう。非常にシンプルな形で、一つの突堤に、7つのバース(船がつながれるところ)がある。どれでも近い。

こぎれいでそこそこ大きいクルーズターミナルあり。中はきれいで比較的安心できる雰囲気(油断はできないが)。 埠頭根元あたりには、 小さいカ フェテリアというかバールのようなものあり。(待ち合わせは大概ココ)、町の雰囲気は大阪デスね・・・ すぐ前に一般道路あり(大阪人なら渡れます)
 

 

  ナポリは観光地としても一級なので、アクセスともども情報を集めやすい。
観光★★★ 周辺観光も★★★

日本語マイバスツアー、日本語の会社での事前車手配もできる。ポンペイ、アマルフィ海岸、カプリ島などもいきやすい。

タクシーはクルーズターミナルを出た前に、沢山停まっており、客引きがくる。かなり高いので、相当値切ろう。断るとそうしつこいわけではない。

高速艇乗り場もすぐなので、青の洞窟とかアマルフィには高速艇のほうがよい(荒れる時期は注意)。

もう1つ、Mergellina メルジェリーナ 発着のフェリーなどもある。

イタリア南部は、野犬というか野放し犬が多いので、苦手な人は注意。またうろんな目をしている人や、なにかうろついている男性もいるので、貴重品は注意。

URL http://www.terminalnapoli.it/index.php?lang=en
左端の Cruise Terminal をクリック
ここはいきなりドンと旧城の前に接岸する。(もし船がいきすぎたら、多分、城につっこむこと間違いなし)

ナポリの観光集積地にドンピシャ。苦も無く観光にいける。

大きな、きれいなフェリーターミナルがある。個人行動も楽。おもなナポリ発のツアー(HIS、マイバスふくむ)もこの船の埠頭前からでる。個人専用車の埠頭待ち合わせも、非常にたやすい。

タクシーも沢山客ひきしていた(他都市よりも、かなり強引 ←大阪人には普通)

ただ、治安的にはナポリ(雰囲気は大阪の環状線左半分的)なので、平和的にぼ〜っとできる雰囲気ではなかった。南仏などよりは気をひきしめる必要があった。

ナポリ着の船は多いし、港から観光スポットにいきやすいため、あまりあれもこれも見すぎず、次回に残しておいてもよいと思う。

ちなみにカプリ、アマルフィなどにいく高速船もすぐ近くからでている。観光バスや車ツアーでなくても、天候が晴れなら、高速船のほうが圧倒 的に早いと思った。(ただし必ず本船に帰ってこなくてはいけないから、天候による運航休止のリスク、代替策は考えておいたほうがいいと思う)

(2007年7月 Chun3)

  

 
 
マルタ共和国 バレッタ ヴァレッタ Valletta港 (島)
はちみつ色の石でできた、城壁都市。西地中海コースでも1,2を争う人気港。入出港は圧巻なので、カメラ準備!
 
意外なことに、公用語は英語である。 2007は通貨移行中だったが、現在はユーロが使える。 
 
  中世好き、騎士好き、歴史好きにはずせない。地中海屈指の天然の良港といわれ、港の入港風景は圧巻。水ぎわに、きれいなクルーズターミナルをつくってある(免税店つき)。

水ぎわからは、バス(1euro)で、ヴァレッタの旧市街門前まで15分。見えていて歩いてもいけそうな距離だが、上り坂がきつく、また暑い時期は 無理せず乗ったほうがいい。旧市街門前まではあまり店もないし、上って行く車の排気ガスにまみれるので。馬車もある(馬車タクシーというらしい)
 

  首都ヴァレッタ旧市街の真横につくが、すぐ旧市街の門前から島のすべての村(町?)にいくバスがあるので、便利。

エクスカーションツアーだと3都市周りとかで忙しいし・・・というなら、門前から先に好きな町にいって、帰ってきてから旧市街をちょっとみて船に戻れる。バスは旧型ボンネットバスを買い集めてあるので、撮影マニアがいるほど。

眺めのよいテラスにのぼってもよいが、テラスと巨大客船、高さが一緒だったので、我々はのぼらなかった。
男性など、かっこいい騎士団グッズを入手できる。


地中海一の天然の良港、ということで、大胆にどかんと横付け。深い。入港は、なかなかの技術で、楽しい。

真新しいフェリーターミナルができていて、土産店、飲食店、空港のような免税店、観光局出張所もある。神戸フェリーターミナルの小さい版みたい。お見事。レストランやカフェ施設もある。
 

ここ出張所でも、船、ミニ・クルーズ、ツアー、島内エクスカーション、レンタカーetc. 地図などテキパキとフォローしてくれる。立ちスタッフまで動員されており、観光立国らしく、面倒見がすごくよい。
 

個人で動くなら、1euro(往復)で 港から旧市街正門までのバスがある。

目の前にみえているけど、よたよたと坂を切りかえしながら15分程度。近く見え暑いし、けっこうな坂なので、夏なら乗ったほうがいい。馬車タクもある。立ちスタッフが客を誘導してくれるので、わかりやすい。

バスがつく旧市街の正門前は島内全部へのバスが発着するそうで、ここからどこかへ行くにも便利に感じた。

小さい旧市街は歩行者天国でコ一時間もあれば見て周れた。

船からのエクスカーションもあるが、ぶらぶらするほうが楽しい島に思えた。

ヴァレッタ以外の町もいくなら、先にほかの町にいって、戻ってからヴァレッタをみて船に戻るとよい。
 

(2007年7月 Chun3)

  

 
 
チュニジア チュニス Tunis港
ちょっと北アフリカの雰囲気にひたれる、貴重な寄港地。
 
 
  

 
 
 
 
 
 
 
スペイン パルマ・デ・マヨルカ Palma de Mallorca (島) 
イタリアのパルマではないので、注意。
ショパンとサンドが過ごしたことでも知られる。年中晴れて温暖、欧州で人気のリゾート。旧市街は車は入れないが、かなりの規模。高級店などのエリアも。かなりの人口があり、発達した町なので、驚くかもしれない。
 
 旧市街からちょっと離れている。ターミナルがなく、下船客へのフォローもなかった。

なんとなく歩いていると、埠頭の根元あたりから、1つだけ路線バス 1番があった。おそらく旅客と労働者が使うような、マイナーな路線。しばらく待っていればくる、というかんじ。

遠いほうの港〜U字の向こう岸の港〜市内(スペイン広場)〜空港と結んでいる。(この1路線のみ)

この路線、スペイン広場まで所要20分。そのまま進むと空港に行き着く。帰りは空港いきにならないよう、港いきに乗るよう 十分注意。
 

 

  スペイン広場でおりると、目の前に観光局。昼休みや長蛇の列があるので、ある程度資料は用意しておいたほうがいい。

旧市街がかなり大きく、見所が離れていることから、若干歩き回ることになる。帰りは慣れない場合は、もとの場所に戻ることになるので、その時間や体力も考えておく。

URL 市 http://www.palmademallorca.es/
ここも相当大きな旧市街がある。
 
 

ここは、今までのような素敵なフォローがなかった。

が、船客みんなでぞろぞろ歩いていくとおそらく通勤で使うようなバス停があり、ここだよねーっと皆でバスをまつ。約15分ぐらいで1台くる。みなのんびり下船するので、混乱も混雑もない。
 

パルマは大きな旧市街で、路地がいりくんでいる。迷子になるので、地図は要る

大聖堂のある水際までは30分ほどだいぶ歩く必要があった。旧市街は徒歩しか手段がない。かなりでかいので、帰りにバス停に戻ることを計算して、歩き出した。

大聖堂をでたところにまた観光局の出張テントがあり、そこでバスのルート図をもらったがやはり旧市街外側にでるしかなかった。疲れや暑さでけっこうきつい。

港湾に戻るバスは、時計と逆周り、旧市街の北側(時計でいう12時)からまわって西(9時ぐらい)をかすめていく。聖堂などは5時ぐらいの位置。

西がわはバス停が分散してわかりにくいので、無理せずに再度スペイン広場(12時ぐらいの位置)に戻った。旧市街で別の道をとおって散策もできた。

スペイン広場はバス停が3つずつぐらいあった。帰りのバス停は最初に確かめておいた。
逆に乗ると空港にいってしまうので、注意。

(2007年7月 Chun3)

  

 
 
トップ > テーマをもった旅 > クルーズ 船をつかった周遊旅行 > 西地中海の港