ップ > 交通 > 列車 > 自由席

列車に もどる
 列車 自由席
  
  
23 Oct.2010 経験談追加
自由席 = 予約をしないとき
【対象】 おもに在来線。
予約がなければ自由席。座席の上に紙がはってある。

在来線は、日本のように、自由席エリア、と決まっているわけではない。

全席が基本は自由席。座席の背あたりに Reserve / Non reserve などの紙のプレートがある。(紙をセロテープではっつけてあるときも・・・) Reserve とあると、そこは指定席(予約済み、というか)。

レストランのような扱いと思えば わかりやすい。

予約とあっても、A〜B区間のみだった場合、他の区間では当然、ソコは自由席になる。

よって、予約して乗り込むと 他の客が座っていることが 頻繁にある。怒ったり驚くことなく、指定券をみせれば 素直にのいてくれる。自分もまた、あいていれば座ってみよう。

日本でもまれにあるが、偶然、重複予約(なんらかのトラブルで同じ席番が重複して発券された)があったと、報告をいただいたことがある。もめそうな場合は、車掌に相談しよう。


 
 
 
 
Q 仏語画面からTGV予約。

よくよくみると  place(s) assise(s) non garantie(s)  の記載がありました。「席が保証されない」というのは、ずっと立ってアヴィニョンまで行かないといけないということか? それとも、発券の際に席がもらえるか?
 

座席表示が出なかったので変だなとは思ったが、スケジュール的にこの列車で行かざるをえない状態だったので。

よくみたら次のことが記されていた。
2e classe Place(s) assise(s) 
Voiture 8 - Place over - Sens de la marche 
 

A  確認書の座席番号欄のあたりにこのメッセージが出たとなると、「立って〜」という可能性もあるかもしれません。私もAvignonTGV-Paris路線に乗ったことがありますが、車両の間には長椅子があり、そこも座り心地は悪くなかった。
(サブレなmameco 様)
 
 

パリ〜ルアーブル TGV。

Prem'sに place(s) assise(s) non garantie(s) とあったので、立ち席承認券のことかと思い、試しに日時を変えて何本か決済直前まで入れてみたが、確か一度も座席表示されなかった記憶があります。

結局、行ってみると、その線は全席自由席でした。線によって違うかとは思いますが、ご参考までに。

(2009年2月 ショウちんのおもちゃ箱 様)
 
 
 

 おかげさまで無事に座ってアヴィニョンまで行けました。駅の窓口で発券の際に「座席番号がないけど,座れるのか?」と英語で質問してみると 「大丈夫。車内で車掌に聞いてみて」と言われました。

ホームで待っている時に中年のフランス人女性に質問してみたら、その女性も私と同じ切符で「空いている席に座ればよい」とアドバイスしてくれた。

幸いにも席がいくつか空いていたので座ることができた。ちなみに乗車口のところにある補助席に座っている人もいた。

                                

ップ > 交通 > 列車 > 自由席