トップ > 交通 > フランスの列車 基本ナビ > パリ・サン・ラザール駅〜ノルマンディー方面 方面

列車基本ナビに もどる
パリ・サン・ラザール駅〜ノルマンディー方面
  
7 Feb. / 5 May 2009 / 4 Jun.2011 経験談追加
サン・ラザール駅 Gare Saint-Lazare
 
 
パリ-ヴェルノン 単純往復


⇒ ジヴェルニー>アクセス  参照


 
 
パリ-ルーアン
 

(出発駅) = パリ サン・ラザール駅

(出発駅の様子) =フランスの祝日期間中ということで、駅は大勢の人でごったがえしていた。事前の下見と早めの駅到着で、正解。

出発の30分くらい前から、発車の電光掲示板のよく見える場所で待機した。出発10分くらい前に出発ホームの番号が表示されると同時に、みな大移動。列車本体に席のクラスが書かれているので「2等」を目指してホームを歩く。

(到着駅) =ルーアン・リヴ・ドロワット駅

(到着駅の様子) = ホームに到着後エスカレーターで一つ上の階へ行くと改札は無く、そこは駅構内でもあり駅構外でもある。駅構内にはカフェ、サンドウィッチやパンのテイクア ウト店、絵葉書やちょっとしたルーアン(ノルマンディ)の土産、菓子なども売っているキヨスクのような店があった。

(切符の入手方法と時期) = SNCFのWebから3週間前に購入

(価格) = Prem's券で 片道10ユーロ

( 2009年4月中旬 patatedouce 様)
 


 
 
パリ-ヴェルノン-ルーアン
 

(乗車時期) = 2008年10月上旬

(出発駅) = パリ サン・ラザール駅

(出発駅の様子) = 切符は、階段を上がって一番右端の売り場。最初、左端にあったカウンターに行ったら、反対側に行くよう教えられた。幅広い駅なので、結構歩いた。

SNCFのカウンターの側には、立ち飲みでコーヒーやパンが食べられる小さな売店があり、時間までコーヒーを飲みながら時間をつぶした。

(乗り継ぎ地) = ヴェルノンで途中下車。ジヴェルニーに立ち寄り。

(乗り継ぎ駅の様子) =途中下車。Vernon駅は特になにもない小さな駅。反対ホームに行くには階段を下りて地下道を通って行く。駅舎があるホームは、パリ方面行き。

(到着駅) =ルーアン・リヴ・ドロワット駅

(到着駅の様子) = パン屋や売店などいくつか入っている大きな駅。トイレは売店の横の道を右に入った奥だったと思う。

(車体) =
パリ〜ヴェルノン:  
在来線。3-3列の向かい合わせ(2等席)。窓が汚く、全体的に薄暗い。窓が開いたので、窓を開けて景色を楽しんだ。

ヴェルノン〜ルーアン:   
2-2列で、中央部のみ向かい合わせ。Paris-Vernonの列車よりは綺麗で乗り心地もよかった。

(座席) = 自由。空いている席に。狭くなく、ゆったりできた。

(切符の入手方法と時期) = 当日、SNCFのカウンターで。
Vernonで途中下車をする旨を伝え、それぞれ希望の電車の時間で予約を取った。

(価格) = 2等 19.3euro

(2008年10月上旬 薔薇の咲く島 様)
 




トップ > 交通 > フランスの列車 基本ナビ > パリ・サン・ラザール駅〜ノルマンディー方面