トップ > 交通 > フランスの列車 基本編  > 車内 食堂
  
列車 基本編
列車  車内 食堂
            updated on

 
 
Q18 車内に食堂は?
最近は、高速化にともない、食堂車のある車両は激減してきました。

簡単なバー(コーヒーや硬いパンなど売っている)だけ、とか色々です。

一部の時間帯のTGV、タリスなどは、1等でミールサービスがついているものもあります。が、内容は まぁ駅弁のグレードアップ版ぐらいなので、あまり期待しないほうがいいでしょう。

また、車内で チリンチリンと鈴をならしながら、新幹線のように台車販売があります。国際路線の場合、両方の通貨がつかえたり、おもしろいのですが、ユーロ導入でこれも だいぶ珍しい光景となりました。

駅前や、駅でもキオスクのようなものが沢山ありますので、車内を期待するよりは、できればホテル近辺などでかいこんでおくことをおすすめします。
だんだん車内になるほど高くなるのは、日本の新幹線と同じです。^^;

 

がっかりしたのは、TGVの一等ミールサービス。
このためにわざわざローザンヌまで足をのばして、乗車したのに。
鴨肉は小さくて硬かったし、デザートのチョコムースはヌテラそのままで極甘。
(2003年9月 いちご大福様)

 
 
トップ > 交通 > フランスの列車 基本編  > 車内 食堂