トップ > 交通 > フランスの列車 基本編  > 車内 1等2等の違い
  
列車 基本編
列車  車内 1等2等の違い
            updated on


注: 車両は 年をおうごとに投入車両もちがってくるため、下記はあくまでその時点での お話しです。

ただ、東海道新幹線に乗りなれている場合、2等はかなり狭く感じるでしょう。
 
 

Q TGVの1等と2等って  どう違う?
Photo by CALYASU
実際のところ、日本の山陽、東海道新幹線、のように営業路線によって 導入車両がことなります。最新と旧型ではちょっと異なります。
車輌によりますので、2・2で向かい合っていることもありますし、新幹線と同じく、全員おなじむきのこともあります。
 
2等は新幹線みたいな感じ。
1等は6〜8人位の個室(コンパートメント)になっていて、すいてる時期は広々と使えるという利点がありますが、女性だと暴行事件に巻き込まれる可能性大なのでおすすめできません。 

2等でも座席が外国人サイズなので広くていいですよ。 頑張ってチケットとりにいってくださいね♪
  (proom様)
 
 

TGV1等は、通路を挟んで2席+1席なので、横がゆったり。進行&逆方向に向かい合ってテーブルがあったりして、ビジネスマンがコンセントを挿してパソコンをしていたり、優雅な気分でした。
(2003年10月 かべのご縁 様)
 
 
 

TGVの2等を取ったが、同行者のダンナは少し窮屈みたいだった。1等にすれば良かった。ただ、私はかなり小柄なんで、以前1等に乗ったら座席が大きすぎて居心地悪かった。
(よんよんミッフィー様 2003年6月)
 


iDTGV パリ‐モンペリエ 1等席 (2009年 サブレなmameco 様)
パリ〜マルセイユ 1等
 
左側全て4人向かい合わせののボックス席になっている車両もあれば、
T車両の真ん中を境に前向きと後ろ向きとになり、その真ん中だけが向かい合っている車掌もあります。この場合、座席は回転式ではありませんるそうです。車両によって座席のタイプが違うらしいです。
(プチバトー好きの母様)

Photo by nyanchi パリ→オーレイ  1等。
 
レンヌ-パリ 1等。
 
(車体) = 通路を挟んで進行方向左側が4人掛けのコンパートメント。右側が向かい合わせの2人席。

(機内食・飲み物) = ビュッフェが併設されていたようだが、行っていない。

(座席) = 向かい合わせ2人席に座った。広さは十分確保されている。中央にテーブルとランプあり。テーブルは折りたためるが引っ込めることはできない。

2等車も通り抜けてみたが、欧米人がぎっしり座っているせいか、わりと窮屈に見えた。
2等車はパステル調の明るい感じの車内に対し、1等車はダーク系の落ち着いた感じ。
(2008年12月下旬  うちのパパが 様)
 

(機内食・飲み物) = ビュッフェがあったようだ。

1等。進行方向右側が4人掛け、左側が1人掛けのシートが向かい合わせ。4人掛けは、扉も仕切りもなく、通常の4人掛けボックスシートとあまり変わらない。背面の壁が天井まで届いている。

(座席) = 4人掛けに横並びで2人で座った。向かいに老夫婦が乗ってきたが、中央にテーブルがあることもあり、それほど窮屈ではなかった。が、足を伸ばすのはきつい。体の向きを若干斜めにするなどして、遠慮して伸ばした。テーブルは折りたためるが、収納まではできない。自分専用のライトあり。
(2008年12月下旬  うちのパパが 様)
 
 
 

パリ(空港)からレンヌへは、夕方18時頃の乗車だったために、2等は結構仕事帰り(出張)の人で若干混雑していましたが、1等は結構すいていました。

レンヌからパリ(市内)へは、復活祭の前日の移動(朝9時)、1等はガラガラでした。

全て指定席ですが、席が空いていれば好きなところへ移動して座っていても、検札の際も特別注意されることはありませんでした。

1等の席は、4人掛けの仕切りがある座席と通路を挟んで、2人掛けの席です。 どちらもテーブルがありました。1等といっても日本のグリーン車の用なサービスはありません。シート幅とシートが違うだけだと思います。

2等は、通路を挟んで2列。さほど新幹線の普通車両と変わらないと思います。雰囲気も全く心配ないと思います。
(kantomo様 2002年3月) 
 

レンヌ→パリのTGVには1等車のPrem'sがあり、2等車よりも割引率が良かったため、1等にしてみた。結果として、1等にして正解だった。レンヌ駅でレンタカーを返却したため全ての荷物を持っていたのだが、TGVの中の荷物置き場は他の人たちのスーツケースでいっぱい。自分達の席の足元に置くしかなく、多少は広い車両なので助かった。
(2005年4月/5月 azumi@az 様)
 
 

TGVは、ちょっと奮発して1等に。リクライニングが座席ごと動くので、とてもゆったりしていた。
2等車両でも十分ゆったりスペースに見えた。次回は2等で行くと思う。
(2004年12月/2005年1月 とんちき33 様)
 
 
 
 

レンヌ〜パリ 2等
2等は新幹線より狭くて、古びたかんじだった
(2004年3月 wing0013様)
 
パリ・リヨン駅〜ニース。
その電車では、1等は座席が2・1列、2等は2・2列。

つまり、2等は通路を挟み右に2席、左に2席。それぞれテーブルを挟んで向かい合っている。 テーブルは収納可能の場合もあります。一人で座りたいとかでなければ、2等で充分でしょう。
(浮き輪 様 2002年8月)

パリ・リヨン駅〜アヴィニョン 2等
 
4人掛け。真ん中にテーブルがある席で、ゆとりがある感じ。
テーブルは2つ折にできて、便利だと思いました。
 
ペット連れの乗客が多いのも日本と違うところですね。向かいのおじさんも、犬をバックにいれて(頭は出ている)足下においてました。連れが犬がニガテなのでどうかなと思ったのですが、お行儀良くしているので、気にならなかったよう。

食堂車は普通のコーヒースタンドみたい。値段も駅で買うのと同じくらい。コーヒーを買ったが、結構揺れる上、2階建て車両で階段を上り下りしなければならないため、席に持ち帰るのは断念した。朝の便のせいか、クロワッサン類もおいてありました。
 
トイレは新幹線のトイレのようでした。
(なまけあいあい様 2003年4月)

パリ〜マルセイユTGV 1等 喫煙車両
 
4人席もありました。左側はずらっと4人掛けだったと記憶してます。確かニース行きだったような・・・。
 
チケットを取ったのが遅くて、2等を希望したのに1等しか取れなかったんです。3人だったので、2人席と4人席のあまり(?)に分かれて座りました。
(はっちーFF様 2001年)
その他
 
2等席が意外と狭かった。幅はあるのですが、前の席との間隔は飛行機のエコノミー席並みに狭いですね。背の高い私には窮屈でした。
(2002年9月 etsu et nino様)
 

2等。新幹線みたいな感じ。 
1等は6〜8人位の個室(コンパートメント)になっていて、すいてる時期は広々と使えるという利点がありますが、女性だと暴行事件に巻き込まれる可能性大なのでおすすめできません。 
2等でも座席が外国人サイズなので広くていい。 
  (proom様)
 

Duplexの2階席は一人席でもテーブルを挟んで向かい合っている席がほとんど。
(siva0500 様)
 

最初に乗ったTGVのトイレがおそろしく汚くて、驚いた。
1等車だったのに。
(2007年9月 青のオオカミ 様)
 

2等車でも座席が座りづらいとか雰囲気が悪いとかは全くありません。もちろん1等車の方が、座席の間隔も広くてよりゆったりはしている。

ただ今回気になったのは荷物置き場です。路線の途中から乗ったのでスーツケースを車両中央の荷物置き場に納めるのに苦労した。どうしても他の人の荷物を押しやらなくては行けないので、とても気が引けました。近くにいたおじさんが手伝ってくれたのでありがたかったです。

1等車の荷物置き場を見てはいないのですが、私のスーツケースなら夫と並んで座る席のスペースに収まりそうなので、私個人としては大きな荷物を持って乗るのであれば、次からは1等にします。
(五味要様)

日本で言う、普通車とグリーン車のような違い。
ただ、ごく普通の旅行であれば、2等車で全然問題ないと思います。

1等は食事の手配ができます(便、路線、時間による) ので、年配の同行者がいてゆったり贅沢気分を味わいたい時などは、それなりの価値があると思いますが。。
 
荷物置き場は、運の部分も大きいですね。始発駅で乗れば苦労せずに置けますし、あと車輌によっても置き場所の広さに差がありました。2階建て車輌の方が、新しいせいか、置き場が多かったように思います。
(あやりんVZA様)


 


Photo by kurosuke_tan
携帯利用 ON/OFFのサイン
 
 
 
 
 

トップ > 交通 > フランスの列車 基本編  > 車内 1等2等の違い