トップ > 交通 > フランスの列車 > 予約画面 > 2007年版 画面1

  

FRANCE  国鉄 予約画面  操作説明 
(2007年画面)
 

            
updated on 29 Sep.2007
Special thanks to mya-kamechan sama!

 
 
 
 
ながれ
1.トップページにアクセス
2.文字フォントの大きさ、文字化けの調整 (必ずここでやっておく)
3.英語ページへはいる

 

2008現在、HPのデザインその他がかわっています。
下記は2007までのものです。
 
 

英語画面への入り方(2008)   臨時

http://www.tgv-europe.com/en/home/

ここで英語の検索はできるようです。

SNCFのトップページ画面上の英国旗マークをクリック
英語のトップページ
TICKETS TIMING をクリック
フランス語の検索画面
画面下のイギリス国旗マークをクリック
TGV-europe

と行って出てきた。途中ヨーロッパの地図から国を選ぶ画面があるかも。

でも、会員ログインを反映させることができないよう。

私は、フランス語画面と 本誌の英語画面解説と辞書を見比べながら、フランス語で予約した。

(2008年1月 ヒヤシンス通りの載っていない地図は買わないよ  様)
 

英語版は予約(&列車検索)のみ
ログイン自体は上手く動作していた。購入時ログインしてないと、後々面倒。

(がるぅ@横浜 様)
 

現在、ここを開くと
http://www.voyages-sncf.com/leisure/uk/launch/home/

Document non trouvé と出る。

その下に表示してあるconsulter le plan du site  をクリック
 

でてきた画面のTrainのところ、 Reservation billet train  をクリックすると出る。

ログインして予約もできた。

どうも工事中かなにかのよう。

(2008年1月 さくらさけ 様)
 


 
 
 
 
 
1. トップは↓  英・仏語  http://www.sncf.com/
上半分は 各ページへの扉。 

今後、ブラウザの [戻る・進む]ボタン は 絶対におさないこと。

(必ず 画面のなかの 「戻る」や「進む」 といった 指示ボタンで 操作する)
 


 
 
 
 
▼画面の下半分には  さまざまなニュースがある。
現在 フォント最小だと かなりフォントが小さく、見えない機能があるので、あとで困ることがある。
ここで フォントサイズを 中などに調整しておくこと。
 
最下部に 外国語ボタン(国旗)がある。
たとえば英語を選ぶと それぞれ利用可能なされる英語画面にとぶ。
ただしフランス語画面よりは当然かなり量は少ない。

 
 
 
 
 
 
 
 
▼この段階で文字化けしていたら、必ず、文字コードを調整する。 重要。 (欧米、西ヨーロッパ言語など)
フランス語活字の 文字化けがなおったら OK
 
英語版であっても、 のちほど進んでいくと 一部フランス語がでるので、
文字化けをなおしておくほうがいい。

 

 


 
 
 
 

文字コード変更のやり方(一例)


 
 
 
 
 
 
 
 
 
2. voyages-sncf.com に入る (ここでは英語画面とする)
▼1.の画面の左下から 英国旗マークをおすと、下記に入る
英語専用画面なので、やや 機能は限られる。
 
・ voyages-sncf.com  本家 親ページと思えばよい。一般に 切符の時刻検索、予約・購入など。
 
・ TER (Transport Express Regional) は 地域旅客輸送の分家のようなもの。 地方のSNCFのサービスをチェックするには、 TER。 
 様態は違うけれど、いわば JR西日本のサイトに入り込むようなもの。国鉄が走らせる 地方列車やバスも出るので
 地方のダイヤを調べるとき、voyages-sncfと 二重チェックするのによい。
 
・ Transilien  は パリ近郊線。 SNCFが運営する RER C, D, E 線、 共同運営する A, B 線について。
 
注: 覚えなくて良い。企業の組織内容を 深く考えるよりは、何をどこでできるか、 シンプルに考えるだけでよい。

 


transilien をつかうと、ヴェルサイユやフォンテーヌブローなどにいく列車がかなり早く検索できる(時刻検索のみ)
→ transilien 時刻検索方法
 
 
 

 

トップ > 交通 > フランスの列車 > 予約画面 > 2007年版 画面1