トップ > 交通 > フランスの列車 基本ナビ > ユーロスター > 食事

ユーロスターに戻る
 ユーロスター  eurostar
食事
 
8 Jun.2013 / 11 Apr.2015   経験談追加
 

1等: 食事こみ(の時間帯の便だった)、すぐに車内販売の人がメニューを持ってきた。
 
2等: 食事は別料金。車内では、ポンド、ユーロが使える。 ビュッフェも車内にあり。  
(サラダエクスプレス様 2001年7月)
ビュッフェのカウンターで

パリ・ヴィジットを販売していた。
( 2010年7月下旬 Bera@サンジャン 様)

Photo by emix115

ユーロスター内の売店では、ユーロ、ポンド共に使えた。
サンドイッチ、コーヒーの他、パリ・ミュージアムパスやロンドン・オイスターカードなど販売。
(2015年3月 動く化石 様)


ユーロスターの中は、スタンディングのカフェも。
(バドワ 様 2003年11月)



1等
1等(スタンダードプレミア)  

10:25発だったため、朝食。
内容は、クロワッサンとバゲット、ラズベリーヨーグルト、パック入りオレンジジュース、
コーヒーか紅茶、ジャムとバターだった。
(2013年1月上旬 四国産らぶらどーる 様)




Photo by teru teru bozu

1等車 昼ごろの便での食事。
(2011年6月  てるてるぼうず 様)


最初にメニューが配られ、主菜を選択する。
サラダ、鶏肉のソテー、パン、ワイン、デザート(プティング)があり。飲み物は、乗務員が注文を聞いてくる。英仏語。
(2010年2月 ぴぐりん 様)


夕刻の便の食事を期待したが、主菜抜き。往路の朝食より1品(ハム)多かった。これが主菜なのか?
小ハム盛り合わせ、小サラダ、小デザート、パン、バター、ジャム、コーヒー紅茶、ワインビール。
(2011年4月中旬 あやソフィア 様)



21時半の便。(コールドミール)パン、ジュース、コーヒー、紅茶
(2011年3月中旬 もんさんおじさん 様)



午前の便は朝食メニューで、午後からは食事メニューだそう。

12時過ぎの便だったので、ランチ。機内食を想像するとよい。
はじめにシャンパンが出る。ソフトドリンクもあり。次にサラダ、パン、前菜など と一緒にワインが出る。小瓶で出て、赤、白、ロゼの中から選べた。水は小ボトルでくれた。

主菜は、パスタとラムから選べた。食後はコーヒー、紅茶、チョコ レートムースとチョコレート、チーズ。味は機内食と同程度。
(2010年1月下旬 茶々丸のシッポ 様)


出発時間帯 9:13発 が悪かったのか、食事が朝食時間帯で貧相だった。ユーロスターでの食事は時間帯も重要だと思う。
(2009年12月/2010年1月 免許皆伝 様)


昼なので、前菜(サラダ)、主菜(パスタかビーフカレーを選択)、デザート(フルーツタルト)、飲み物(シャンパン、ワイン3色、ソフトドリンク、コーヒー、紅茶)
(2009年2月中旬 窓からコンクルージョン 様) 
 

朝食の時間帯だったので、二種類。

私はチーズの盛り合わせにしたのですぐ来たが、ホット・ミールだと熱くするので時間が掛かる。プレートに きちんと盛り合わせ、ナイフとフォークも出される。パンもおかわりでき、シャンパンも食事中のみならず食後も新しいグラスで出してくれた。朝から非常に優 雅な気持ちに。旅の最中、一番美味しかった様な気さえした。テーブル・ロールのレベルも高かった。
(2009年2月初旬 麻の葉@電車 様)
 
 

午後の出発だったので、軽食 。

まず飲み物のサービス、シャンパン、ワイン、ジュースなど 。チーズなどのコールドディッシュ。ホットは品切れだったので2等の食堂車からラザニアとパスタを持ってきてくれた。
(2008年8月 崖の上のマーライオン 様)
 
 

食前酒にシャンパン。ロゴ入りグラス。サラダ、パン、メイン、チーズ、デザート、ワイン各種他飲み物、チョコ、コーヒー。
(2008年7月中旬 手羽先エリザベス 様)
 


Photo by royal crown honey

ランチ  写真手前がチキンシュープリーム、チヤイブソース。写真奥がサーモン、ローズマリーバター
(2008年2月  ロイヤルクラウンハニー 様)
 
 
 
 

アナウンスも特になく、発車。すぐに車内の食事サービスが始まる。

主菜はソーセージとサーモンのどちらかを選択。私はソーセージを選択したところ、オムレツ、マッシュルームのソテー、サラダ、オレンジジュース、イチゴのヨーグルトがサービスされた。 パンはクロワッサンとフランスパン一切れ。

食事はとても美味しかったが、短時間で回収にくるのでびっくり。メニューも回収された。
(2008年 pinoko7878 様)
 



1等の食事 ロンドンからパリ  Photo by toshimari
 
 
 

食事が出るので楽しみにしていた。が、当日だけ チョイスメニューはなく、1種類のみと言われ、ちょっとがっくり。でも味はまあまあで、飲み放題(もちろんシャンパンもあり)なので、まあよい。
(2007年1月/2月 ぽぽりんりん 様)
 

食事は、エールフランスのエコノミーの食事と同じ位のレベルで、まあまあおいしかった。シャンパンを2杯サーブしてもらえたので、個人的には結構満足。大食いの私はちょっと物足りない量だったが。
(2006年 ふぃろえそれいゆ 様)
 
 

夕食が出た。
サービスはきちんとしている。味は好みの問題もあるが、期待したほどではないかな。
(考えるヒト様 2006年8月)
 

  
 飛行機と同じように飲み物サービスから始まって、ランチがサービスされた

前菜はスモークサーモン、メインは4種類ほどから選べ、同行者は肉、私はサーモ ンのムースのような料理を選んだ。私のは当たりで結構美味しかったが、同行者はまずそうに食べていた。デザートも出たような記憶があるが、覚えがないくら いなので、たいした味ではなかったようだ。
2003年5月 bega大好き様)
 
 

昼食は、小エビのカクテルソース野菜添え、ターキーかヒラメの料理、パン、ナッツ入りムースケーキ+ワイン、ビール、シャンペン、ソフトドリンク、コーヒー、紅茶。
(2003年 ハハMA5様)
 
 

帰りのユーロスターの中で、酔っぱらった。ウェルカムドリンクのシャンパンが口当たりがよく、グラスを何度も運んでくるので、いい気になって飲んでいたら、食事の後、気分が・・・ ユーロ・トンネルを走り抜ける間中、トイレから出られず。ハメをはずしたと反省。
(マリー・ふらんそわーず様 2003年4月)

ランク不明
期待していたのに前菜からデザートまで、星一徹ならテーブルをひっくり返すほどまずかった。※  味覚は人それぞれだが、旅行中一番まずい食事。
(2007年8月/9月 takayan306 様)
※ 出典は巨人の星。

蛇足ですが、そういえば、英仏トンネルができてユーロスターが開通した頃(1994年)、
英仏の苦手ポイントを揶揄したジョークでこういうのがありました。

「英仏ユーロスターで、乗客の満足を得るなんて不可能だ。
英国人は パリから帰るとき 紅茶とコーヒーのまずさに悶絶するし
フランス人は ロンドンからの食事のまずさに ストライキを起こす」
もちろん単純に古い説を風刺したものでしょうが。

ちなみに上のジョークの続きは 「(グルメな)ベルギー人だったら、どちらも耐えられない、 (質実剛健な)オランダ人ならどちらも喜ぶ」という 二段オチ。
 



 
トップ > 交通 > フランスの列車 基本ナビ > ユーロスター > 食事