トップ > 交通 > フランスの列車 基本ナビ > ユーロスター > 1等2等の違い

ユーロスターに
戻る
 ユーロスター  eurostar
クラス〜1等2等の違い
  


12 Dec.2009 / 8 Jun./ 20 Nov.2013 / 11 Apr.2015 経験談追加
等級や 提供されるサービスについては、時間帯、時期によって変動もある。
車両も便や状況によって異なる。

新制度導入もあるので、経験談は当時のものとして参考程度に。

現在は、
スタンダード、スタンダード・プレミア、ビジネス・プレミアの3種類。いわゆる以前の2等、1等、特等。
http://www.eurostar.com/uk-en/travel-information/travel-planning/travel-classes





1等


パリN-ロンドン
(クラス) = 1等  スタンダード・プレミア

(食事・飲み物) =  朝だったので、パン2種類、ヨーグルト、バター、ジャム。
デニッシュなどのお代わりを持って配りにきた。
コーヒーか紅茶。それ以外に、オレンジジュース、ミネラルウォーターと炭酸水など。
到着間際に、再度飲み物のみ配りにきた。

(車両)= 配列:2-1

(座席) = シートは革張り。足置きあり。リクライニング機能もあって、席が前に出る形で傾くので後ろの人には迷惑にならない。飛行機のビジネスクラスより広いかも。

(2014年12月下旬 ななはち0188 様)




ロンドン-パリN

(クラス) = 1等 スタンダード・プレミア

(食事・飲み物) = 1回。夜だったので、メインがチーズかサーモンか選べた。
メインのほかに、パンとチョコ、チョコケーキ、バター。コーヒーか紅茶。
ヴィッテルの小さいボトルが配られた。

飲み物は、赤ワイン、白ワイン、ビールとソフトドリンク。ワインは、飛行機のエコノミーと同じようにプラスチックの小さいボトルで提供される。

食事後すぐ眠ってしまったので、その後ドリンクだけ配っていたかは不明。

(座席) = 飛行機のビジネスクラスより広い座席。皮製。車内誌が各席に配布されてある。

車掌が各車両に1人ずついて、乗車時に席まで案内してくれる。
夜21時ごろに到着する便だったからか、軽食が出るが食べるかどうかと、パリ北駅に着いてからのサポート(タクシー予約のことだと思う)は必要かどうか質問を受けた。

(2014年12月下旬 ななはち0188 様)



ロンドン-パリN
(クラス) = 1等 スタンダード・プレミア

(車両) =席幅も広く、ブラウンのシートカバーに革のヘッドレストが付いていたり、内装はお洒落だった。
席は向かい合わせの4人がけ、2人がけ、1人がけ等あり、購入時に指定できる。1人旅でも1人がけシートでのんびりできる。

(食事・飲み物) = 軽食が1回。
軽食は2種類あり、この日はチーズプレートかチキンキッシュから選べた。
チーズプレートはチーズ3種類と添え物のサラダ、パン、バター、デザートで、驚くほど美味しかった。

ちなみに 2等 スタンダード席は食事なし(軽食を各自ラウンジカーで購入する)、
特等 ビジネス・プレミアはコース料理がでるとのこと。

(座席) = スタンダード・プレミアはシート幅が広くて快適だった。備品は特にない。

(2014年3月上旬 上ミノ yt 様)



(車両) = 配列: 2−1

(座席) = テーブルを挟んだ向かい合わせの2人席(Club 2)。 座席は広く、ヘッドレスト、アームレストあり。上着をかけるフックが壁にあり。

車内は暖かく、キャミソール姿の若い女性もいた。配偶者はセーターを脱いでヒートテック1枚になっていた。

(2013年1月元旦 四国産らぶらどーる 様)

1等

一人席
窓の外を見ながら昼間からシャンパン。なかなか良い気分。
(2009年5月 takeruno m8 様)


向かい合わせの二人席

隣の四人掛けが開いていたので、乗務員に移動を薦められた。
新幹線と違い、背もたれは倒れないが、座席幅が広いのでのんびりできる。
(2009年2月初旬 麻の葉@電車 様)

4人向かい合う席。

通路を挟んだ側は2人向かい合いの席だった。飛行機のエコノミーよりはずっと広い、向かい合っても互いにひざがくっつかない。

 隣が幼児と赤ちゃん連れの母親だったので、ちょっと騒がしかったけれどこちらも家族旅行なので気にはならず。ビジネス客で一等に乗っていたら気になるかも。

(2008年8月上旬 崖の上のマーライオン 様)

1等 ロンドン-パリ

一人席

(車体) = 2-1列だったと思う。

(座席) =1列の座席、進行方向に後ろ向き。

(トラブル) = 食事が美味しく、浮かれてワインも飲み、食後にイヤホンしたままうとうとしてしまった。
パリに到着後、乗客の女性が起こしてくれた。あぶないあぶない。無防備さを反省した。

(航空券の入手方法と時期) = 4月下旬にユーロスターのサイトにて予約、現地発券。

(価格) = 1等席レジャーセレクト 73.50ユーロ

(2008年7月中旬 手羽先エリザベス 様)
 

1等

座席が広く、始発は一車両に6人くらいしか乗っていなかった。そのため一人がけの席だったが、出発前に乗務員が広い席に移るよう勧めてくれた。

出発してすぐ、朝食。
2種類から、選べる。メニューを持ってきてくれる。メニューはダ・ヴィンチ・コードを意識したデザイン。
パン、ベーコン、卵、ポテト、ヨーグルト、オレンジジュース。ボンヌママンのイチゴジャムまでついている。おいしかった。

帰りは17時ごろだったので、夕食
こちらも2種類から選択。ぜひ夕食時に乗ってください!最初にシャンパン、前菜やチーズ、パン、デザートが1トレイに入って出てきて、しばらく経ってからメイン。この日は子羊のサルサソースと、クスクス。

飛行機の機内食よりずっとおいしい!

(2006年5月 うっかりマンゴー様)

1等

WEBから予約。変更キャンセルが利かない券だが170ドルと正規の2等よりも安かった。食事(といっても自分のときは朝なので朝食)つきというのも楽しみだった。

乗ってまもなく食事が始まる。

朝食

大して期待はしていなかったがまずメニューが配られ、トレイにBIOのヨーグルト、ボンママンのジャム、バター、ジュース用のコップ、コーヒーカップの乗ったものが配られる。オレンジかアップルジュースを配りに、そのあとパントレイを持って係がやってくる。

プチパン2種にクロワッサン、パンオレザン等のビエノワズリー。好きなものを選べる。

朝なので、メインはフルーツのミントソース添えかベーコンエッグの2種からチョイス。ちょうど私たちの前でフルーツがなくなった。その代わりにチーズでいいですか? といわれ連れはチーズの盛り合わせになった。

メインと一緒にパンのお代わりもいかがですか?とやってくるので、はじめに欲張らなくても大丈夫。

コーヒー紅茶も3回ほど回ってきた。ただ、メニューに載っていたホットチョコレートは周ってこなかった。(きいたらでたのかな?)

食事が済み、トレーを片付けた後、ミネラルウォーターがコップで配られる。ガス入りかなしか聞かれる。これも2度ほどお代わりに周ってきた。思った以上に、優雅な朝食ができた。
(2005年7月 midico@wanwan様)
 

行きは2等(片道一人35ユーロ)、帰りは一等で(食事付き、ワインのみ放題)と、時間も含めて自分の好きなように予約できた。
(2005年8月 gon kat 様)



2等  

パリ→ロンドン
座席は、日本で私鉄の特急列車に乗るのとあまり変わらないような広さだと思う。ただ、テーブルが少し大きめで、使うと、前がちょっと狭く感じるかも。座席 のテーブルは、前の座席後方についているものを、手前にパタンと倒すタイプのもの。大きさは、A4サイズのノートパソコンより少し大きめ。

内装はシック。無料雑誌が置いてある(フランス語、英語)。
高速列車、という意味では日本でいう新幹線に近いが、見た目だけだと、どことなく近鉄特急に近い気がする。
 (2012年4月/5月  ほゆきbonnechance 様)


(車両) = 配列: 2-2

(座席) = 進行方向窓側。リクライニング可。
テーブルがついているので、食事やPCなどの利用に便利。
(2012年11月下旬  トリアノン・ローズ 様)


 新幹線よりも若干狭く、最近の新しい「のぞみ」になれているせいか、古びた感じは否めなかった。
(2009年5月 takeruno m8 様)


1ヶ月前に変更不可の一番安い席が取れたが、どうせだったら1等にすれば良かったと思うほど、座席が貧相だった。
(2009年3月 パディントンの親分 様)




Photo by teruteru bozu

通路をはさんで、2-2列。進行方向向きと、反対向きが半分ずつ。真ん中で、向かい合わせの席があり、そこから分かれていた。

頭上に荷物置きが二段あり。備品はなし。シートは、飛行機のエコノミークラスくらい。リクライニング機能なし。
(2009年2月中旬  てるてる ぼうず 様)


 
 
 
2等 パリ-ロンドン
 

(車体) = 進行方向前向き。2席の窓側、隣は空席。気圧の変化が飛行機よりつらくて耳抜きを頻繁にした。

(座席) = ゴミ箱あり。

(トラブル) = 列車に乗り込むとき、2等席は車両番号を確かめにくい。係員に聞いたが理解できず、乗り込んでいる人に聞いて確かめた。

(航空券の入手方法と時期) = 4月下旬にユーロスターのサイトにて予約、現地発券。
SNCFサイトの同区間料金より安かった。ユーロ建て。

(価格) = 2等席 スタンダード 36.00ユーロ

(2008年7月中旬 手羽先エリザベス 様)
 

行きは2等(片道一人35ユーロ)、帰りは一等で(食事付き、ワインのみ放題)と、時間も含めて自分の好きなように予約できた。
(2005年8月 gon kat 様)

 
 
トップ > 交通 > フランスの列車 基本ナビ > ユーロスター > 1等2等の違い