トップ > イル・ド・フランス地方 > ヴェルサイユ > レストラン、カフェ
トップ > パリ郊外に遠足  ヴェルサイユ > レストラン、カフェ
17 Aug./ 21 Sep.2014
2 Jun.2015 経験談追加

 
 

宮殿HP 各種サービス
http://en.chateauversailles.fr/prepare-my-visit/single/services
 
 


この数年で変動が激しいため、あくまで過去の経験談として参考にしてください。


もくじ

庭でピクニックはできますか? 飲食施設はありますか?
園内レストラン
La Flottille  レストラン 屋内席あり
La Petite Venise レストラン 
庭園のスタンド
Brasserie de la Girandole  トイレ無料 障がい者利用可、
Buvette du Dauphin
生絞りオレンジジュースのスタンド
アンジェリーナ Angelina 


一日いる場合は、昼をどうするか、考えておいた方がいい。売店は、売っているのものが限られているので。
(2014年8月 uchaながぐつチェダー 様)
庭園のカフェは屋外なので、雨・寒さ対策が必要。
(シアンcoyuki様 2005年7月)

B2入り口近くの地下のセルフカフェを利用。バゲットサンドとコーヒーを注文。コーヒーはインスタントのようで余り好みではなかったが、サンドはおいしかった。サンドは5ユーロ。
(2007年1月中旬 ペルちゃんキュー様)


カフェの近くに休憩室があった。地上階。テイクアウトのモノを持ち込んで飲食できるようだった。私たちは庭園で食べようとパンと飲み物を持参していたの で、その休憩室でゆっくり食べた。その後庭園に出ると、暑いし、日陰には既に先客がいた。休憩室を利用しておいてよかった。
(2014年7月下旬 deco-ritz 様)


ラデュレ。すいていたし、店員は、笑顔で挨拶すると、素敵な笑顔で挨拶してくれ、とても親切だった。ここは空いているので、ゆっくり買い物できた。
 (2011年5月 あきあき22 様)
宮殿内のレストランはサービスが遅いので、勧めしない。利用するならセルフ・サービスの方が時間の節約にもなる。
(2011年5月上旬 ローズ・デ・マイの階段 様)

 
 
 
 

庭でピクニックはできますか? 飲食施設はありますか?
ピクニックOKは 指定されたエリアのみ。宮殿HPの インタラクティブマップ から、 Practicalタブを選んで、 Picnic area にチェックをいれる。


晴天の日曜日で、いろんなところでピクニックをする客多数。トリアノン内でもみんなピクニックをしていた。というか、カフェやレストランの絶対数が、この膨大な観光客に対して少なすぎると思う。
(2010年4月 エイダ川嶋 様)
庭園の途中で、入場券無しで入れるエリア?のような場所で、ピクニックに来ている人などに遭遇。我々も庭園で売店を見つけた。店員が日本語のメニューを出してくれた。日本語でいくらだよ、と言ってくれたり、とても親切だった。

ワインとレモネード、ポテトグラタンみたいなのにサーモンとカニのテリーヌが添えられているものを購入した。青空の下、芝生の上で気持ちよく食事した。
(2011年5月 あきあき22 様)
宮殿の手前で、サンドイッチやピザ、クロック・ムッシュ、クレープ、ジュースなどを売っているワゴンを発見。サンドイッチが3.2ユーロから、ピザは5ユーロ、クロック・ムッシュ4ユーロ、クレープ3.2ユーロなど。
(2007年6月下旬 マハリクまはーる 様)
朝一番でパリ市内を出てきたため、朝食は持参。混雑回避を考えて、昼食も持参。朝食は入場前に通りのベンチで、昼食はピクニックエリアで、それぞれ場所を見付けて食べた。

しかしこれは子供連れだったので逆にやりやすい行為だったかもしれず、大人だけだと少し恥ずかしいかも? けれども入場時及びレストランの混雑回避という意味では正解だった。
(2007年9月 香椎のほしのこ 様)

(指定場所以外での) ピクニックは禁止!見つかった人は注意されていた。
(大江戸東京様 2005年3月)
オムレツとクレープ。何もしなくても客が来る所だけに、よくなかった。周りの客は皆、何だかね、という顔をしていた。
(2006年9月 鈍感ポチョムキン 様)
レストランが少ないので、なにか食べられるものを持っていくといい、とガイドブックにあったけど、とても寒いので外で食べる、という状況ではない。セルフサービスのレストランに並び、チキンシチューのセットを頼む。かなり塩辛い
(Yan tian様 1998年12月)
 
▲もくじに戻る
園内レストラン
 
http://en.chateauversailles.fr/prepare-my-visit-/single/services

http://jp.chateauversailles.fr/jp/prepare-my-visit-/single/services

売店などは、シーズン オン・オフで場所や数がかわる。

宮殿HPの インタラクティブマップ から、 Practicalタブを選んで、 それぞれの店マーク表示可。




宮殿建物 内外

飲食 Angelina
建物内 左側。喫茶、テイクアウト(take away)。大居室群のコースの最後。
(プチトリアノンにもある)


コース終盤近くのカフェは並んでいた。収容数やメニューは不明。
(2014年7月下旬 deco-ritz 様)

昼食。宮殿の見学が終わるところに看板があるので迷うことなく行けた。
Club Parisien クラブ・パリジャンというサンドイッチのプレート 22.50ユーロと レモネード6ユーロを注文。サンドイッチだけでもボリュームがあるのに、付け合わ せのサラダ、ポテトも多かった。余裕があったら食後にモンブランも食べようと思っていたが、断念。客層は日本人、特に女性が多かった。
店員は英語で対応。とても感じがよかった。日本人女性スタッフがいた。
土産にチョコを買ったが、ボン・マルシェで同じ物を見つけた。ここにあった菓子はだいたいボン・マルシェにあったので、わざわざここで買うことはなかった。
( 2014年12月上旬 本屋の看板狸 様)



飲食 Grand Café d’Orléans 
2008年〜 喫茶、テイクアウト(take away)  9:30〜17:30  ハイシーズンは〜18:30 

軽食(サンドイッチ、コーヒー、サラダ)など。前回は一般公開部屋から自然にたどり着いたが、今回は一部修復工事が入っており、宮殿から外へ出て、別の入り口から入店した。
(2015年5月上旬 シテはシティだ 様)


入り口南側にある。イートインもテイクアウトも可。トイレもある。早めの時間がすいていた。
(2011年12月 わくわくプリン 様)


大運河 グラン・カナル付近

飲食 La Petite Venise プティット・ヴーニーズ
大運河横。レストラン、ブラッスリー、喫茶、テラス席、ポール(パン)のテイクアウト
宮殿HP地図の40番のそば  経験談本ページ下部。


飲食 La Flottille
大運河をさらにさかのぼったところにある、レストラン、ブラッスリー、喫茶、テラス、テイクアウト(take away) 経験談本ページ下部。2005年改装
宮殿HP地図 8番のそば




飲食 The Gardens Shop


庭園 プチ・トリアノン 
(現 マリー・アントワネットの離宮)

飲食 Angelina
喫茶、テイクアウト(take away) 宮殿HP70番のそば



アンジェリーナで、イチゴジュースを買ったところ、アランミリアに匹敵するくらい美味しかった(2015年5月 azumi@az 様)


(飲食店&ショップ情報) = 小トリアノン入口すぐ左に土産屋、その奥にアンジェリーナがあり、サラダ・キッシュ・サンドイッチ・マカロンなどの軽食をテイクアウトし、出口を出てすぐのカフェテラスで食べられた。値段はちょっと高めだが、どれもおいしかった。
キッシュ、サラダ、マカロン、オランジーナで25ユーロ。キッシュには盛りだくさんの野菜サラダが付いていた。それとは別にサラダを頼んだので、食べきれなかった。
(2014年7月上旬 フラフラともりん 様)


トリアノンに行く途中、飲食店の選択肢があまりないので、ちょっと高いかと思いながらもアンジェリーナへ行った。とても素敵で、これは高くてもいいと思えた。
(2014年5月 ピンクのスポンジのmiffy 様)


プチ・トリアノンの中のイートインスペース。定番のモンブラン、タルト・オ・シトロン、バゲットサンドを注文。やはりモンブランは甘すぎて完食できず。タ ルト・シトロンはかろうじて食べられたが、やはり甘い。バゲットサンドは並だと思う。時間がないときに、肩が凝らずに使用できるので子連れだと便利かも。

(店内の様子・客層) = 店内に2人がけが4卓くらい。かなり狭い。店の外にテントを張ったオープンスペース。こちらは10卓くらいありそう。日本で言うセルフサービスのフードコートぐらい

(スタッフのようすや対応) = 可も無く不可も無く

(日本語・英語対応) = 日本語不可、英語はOK。ショーケースの中の物を指差す程度も購入は可能。ドリンクは口頭で注文。

(10点満点で何点?) = 7点、アンジェリーナの高級感が無いが、気軽に食べるのはある意味ではメリット。

(支払い方法) = クレジットカード可
(2012年5月 zen2namiki 様)



アンジェリーナのカフェができていた。パリ中心部と比べてもかなり寒い日だったので、小さなカフェは大賑わいで、私たちはテラス席で飲むことになった。
(2012年12月 ななはち0188 様)





庭園内の軽食等
飲食 Brasserie de la Girandole 
障がい者アクセス可、トイレ無料、テラス席、テイクアウト(take away)あり

飲食 La Parmentier de Versailles
ポテトのテイクアウト等 シーズンで場所が異なる


庭園内のスタンド等
売店 Buvette du Dauphin
障がい者アクセス可、トイレ無料、乳幼児おむつ替え台

売店 Fresh-pressed orange juice
オレンジジュースの売店





経験談 未整理




自由見学コース入口左サイドの壁に、カフェ+トイレ(どちらもB1F)への階段入口。
階段下りて左がトイレ(使用料0.4euro)、右がカフェ入り口。

カフェは、ホット・コールド、ノンアルコール・アルコールと
一通りの飲み物があり、サンドイッチ等の軽食も結構種類がある。Cafe express 1.3euro
(treizeblack様 2004年11月)
 

昼時、当たり前だが園内のレストランは大混雑。少し空いていそうな
レストランに入ったが呼んでも人が来ないので迷っていたら
(旅行初日で怯えていたのもある)ほかの客が
「ここのサービスは最低よ。待ってたって全然来ないんだもの」みたいなことを言っていた。
なんだかアヤシイのでその店を出て売店でサンドイッチを買った。
(あるまーにゅダイバー様 2005年3月)
  

 

宮殿内部の案内所の女性に カフェの位置を教えてもらって、ブランチをとる。
カフェとトイレの入り口が同じなのでおばかな私はここでも、トイレの方の長蛇の列に並んでしまった・・・ 

途中で「こっちの列:トイレ」 「こっちの列:カフェ」みたいな看板を発見した。
あわてて退き返す。周囲のみんなに笑われる。
フラ語で「きゃー。私はカフェに行きたかったのにぃー・・・ こんなに並んじゃったよぉ」 と言ったので、
周りも「よしよし泣くんじゃないよ」 みたいな雰囲気(笑) なんだか楽しい。
 (こまめぐ様 2001年7月)


 
 
 
 
 
 
La Petite Venise ラ・プティットゥ・ヴーニーズ (レストラン)

Photo by muru

 
 
12〜15euroのムニュあり
(2007年6月 愛する君のために様)
 
 

大水路のそばにあるイタリアンレストラン。予約すれば建物内の席、予約無しだと表で。パスタのゆで加減が日本人的には柔らかめという皿あり、硬すぎる皿あり。
レベル的にはいまひとつ。
(2011年9月上旬   金直na 様)
 



セットメニューを注文、この日はトマト系のパスタとスープとフルーツサラダ(フルーツポンチの生版みたいなもの) 19ユーロ。

既に出来ていて温めているようだ。まずくはないが、特別美味しいとは言えない。町中に比べると、内容的には少し高めだと思う。単品メニューも充実していた。
(2011年9月 alegri 様)



庭園のボート乗り場近くにあるレストランに入ったが、食事は12時からと言われ、コーヒーしか飲めなかった。トイレのマークがあったので行ったが、鍵が閉まっていた。
(2007年10月  myumyu01 様)

レストランエリアになっていて、本当はパン屋のPaulなどもあるはずのようだけど、その日はレストランしか空いていなかった。

割ときれいで雰囲気もいいけど、中も肌寒いし、注文してもなかなか来ないし、会計は、いつになってもできなかったラディッシオン、シルブプレを言っ てもレシートをもらうまで15分くらいはかかったし、お金を出しても取りに来てくれるまでにさらに10分くらいは待った。かなり待ち時間が長く、いくらフ ランスでも、他の店よりも長く待Tta。

もしPaulなどが空いてたらそっちのほうが絶対いいし、むしろパンなどを持っていっても、晴れていたら食べるところ(芝生とか)はいくらでもあるので、そのほうがいい。

※管理人 
食べていいエリアは決まっていますので確認してください。また入ってよい芝生かどうかも確認を。
(2009年1月 pupいのいのっ子 様)
料理は前菜・主菜・デザートで25.05ユーロ。それぞれ5,6種類の中から選びます。フレンチと いよりイタリアンぽい。私は牛肉のカルパッチョ.・鴨のもも肉のロースト・フルーツグラタンを食しました。どれもボリュームがあったけど、美味しかったの で全部平らげてしまいました。

カルパッチョ.はチーズとオリーブオイルの味がすごくビビッド! 鴨のローストは上にかかっていたスパイス(何か分からない・一見細かいカツオ節風)が香ばしくて美味しかった。鴨肉もしっかり中まで日が通っていてすごく柔らかい。

デザートは見掛けは重そうだったけど、さっぱりしていた。全体的に味が濃すぎず、食べやすかった。
 

 

【hard】 庭園内。宮殿の方から見て。大運河の右手。歩くと10分

外にもテーブルが結構あるが、さすがに冬+雨模様なので誰もいない。横に細長い建物の中央に入口があって、左手の方へ席を取った。

中は石造りの壁・床にブルーのイスで、とてもきれい。ライトは手作りっぽいガラスのシェードがたくさんさがっていて、彫刻なんかもあり、イタリアっぽい。左の方のスペースには、私以外には日本人のグループがふた組、欧米人はなぜか右手の方へばかりいました。

一人旅だったので、あまり本格的なレストランには行きませんでしたが、ここは一番レストランらしかった。
 
【soft】 中年のおじさまと若い女性がサーブしてくれましたが、2人とも穏やかで感じが良かった。大メジャーな観光地なのに客慣れしてギスギスしたりすることがなく、気持ちの良い対応。
 

【language】 日本語はなかった。メニューもフラ語だけだったような気がするけど、男性スタッフは英語で対応してくれました。オードブルにカルパッチョを頼んだら、「冷たい料理ですがいいですか?」 と英語で確認してくれました。
 
【reservation】 予約はせず直接行きました。

【point】個人評価は10点ちゅう 8点

【access】 ヴェルサイユ宮殿の庭園内。宮殿の方から見て、大運河の右側。
 
【others】 美味しかったけど、フランス語に自信がなくて「美味しかったです」と伝 えられなかったのが残念!  またヴェルサイユに行くことがあったら、またここでランチしたい。

トイレの洗面所の水道がすごい凝ったデザインで、どうやったら水が出るのかしばし悩みました。どうにか足元にあるボタンを踏んで水を出すことがわっかって、無事手が洗えた(笑)。
 
(メス猫むる様  2002年12月)




▲もくじに戻る
La Flottille  (Brasserie-Salon de the)
大運河のそばのカフェレストラン。宮殿HP地図 8番のそば

2005年改装。
Photo by kacchan55
大運河近く。ランチ。テラス席で気持ちよかった。味はまあまあ。
(2014年8月 uchaながぐつチェダー 様)
値段は高め。ピザとグリーンサラダ、オレンジジュース2つで23.5ユーロ。味は可もなく不可もなく。
(2006年12月 シリル0727様)
レストランがあったが、夏のシーズンなのかカフェメニューしかないと表示してあった。朝はまだ開店していなかった。
(2008年8月 くまもとよりてらさん 様)
サラダがおいしかった。
(2008年5月 プリンスドゴール 様)
パリ市内の観光地にある店と変わらない。ミネラルウォーター3ユーロ、フランスパンのサンドイッチ4.5ユーロ。 サンドイッチは普通においしかった。

(2008年3月 東北のナインチェ 様)
庭園のカフェ(宮殿出口側)

ガレットはピザ風にチーズがいっぱい。キッシュはハムの卵焼き風。観光地の味といえばそれまで。

他の席ではクロックムッシュらしきものを頼んでいてそれは小さめだったので完食していたが、サラダはデカく残している人もいた。サンドイッチも売っていた。

(2006年7月 ぱんだぷりん様)

宮殿内の食事所。運河のボート乗り場の横

オープンエア・テラス席のブラッスリ&サロン・ド・テと建物内のレストランがある。建物内と外ではメニューが違う。建物内の方が、当然、高い。
 
天気が良かったので、オープンエアのブラッスリでランチ。
他にも色々あるようでしたが、目についたところが、たまたま感じ良さそうだったので。
 
食べたもの
・グラス白ワイン(サンセール) 4.30euros
・紅茶(アールグレイ)ポット  3.35euros
・ミネラルウォーター(500ml)     3.70euros
・ローマ風ピザ         8.70euros
・チキンサラダ         8.00euros
以上を ふたりで分けて。合計 28.05euros
 
ピザもサラダもボリュームたっぷりで、味はまあまあ。観光地の食事所なので全く期待していなかったぶん、美味しく感じた(?)かも。。 大変、雰囲気の良いところなので、ランチやティータイムにはいいですね。
 
 

【hard】 レストランの方は、結構シックな印象。なぜか、こちらは身なりのいい白人客が多かった。テラス席は、カジュアル系の日本人、韓国人(中国人?)、英語圏の白人というような客層。どこの方かは不明でしたが、白髪のとってもすてきな老マダムふたりが楽しそうに食事されている姿が印象的。
 
テラスは中庭風のつくりで、なかなか気持ちの良い空間。晴れた青空の下、冷えた白ワイン(それも、サンセール!)というのは、ワイン好きにはたまらん味わい。しかも、ヴェルサイユで!

サンドイッチやピザ、スパゲティなど、軽く食べたいときはおすすめ。
 

【soft】 青年〜中年のギャルソンが数名。いずれもsympaとは言い難い対応。忙しい時間帯は、なかなか呼んでも来てくれない。まあ、2週間に1回はここでランチすると言うようなリピーターがいそうもない店だけに、心のこもった対応を求める方が間違っているかもしれない。
 
こちらは言葉の問題はなかったので不愉快な思いはしなかったが、言葉ができなくてぐずぐずしていた客には、はやくしろ、と せき立てるような動作をしていた。忙しいんだから勘弁してくれ、といいたいのでしょうが、見ていて感じが悪かった。

【language】 メニューは英語併記。

【reservation】 通りすがりで、ふらっと。

【point】 個人評価は 7点

【access】 運河のボート乗り場の横。プチトランの停留所(グラン・トリアノンの次)のすぐ横。交通至便。
 
【others】 Prix Nets とメニューにあったので、あまりsympaな対応とは言い難かったが、2euroのチップを渡した。そのときは、さすがに最上級の笑顔で「メルシー」と言ってくれた。

【card】 visa

(labandite様 2003年3月下旬)




▲もくじに戻る
庭園のスタンド  数か所にあり
プチトリアノンに売店があった。買って外のテーブルでランチにした。美味しかったし何よりも広々していて天気もよく、少し暑いくらいの気候だったが快適だった。

ランチのキッシュに野菜サラダがついて、小さなプラスチックのおしゃれな容器に入ったドレッシングをくれた。一人前程の量でバルサミコ酢が入って いる。かわいいので買いたいと思ったがそこには売っておらず、後日モノプリで見つけて嬉しくなって買った。帰りの空港の食料品売り場にもあった。そこでも 買った。モノプリ  12本入り6.48ユーロ、空港では 6本入り5.90ユーロ。空港の方が割高だが、土産にするのにはちょうどいい箱
(2011年9月 あいまいモコ 様)
レストランは混雑すると聞いていたので、離宮の前の屋台で昼食をとった。1か所しかなかったが、ちょうど昼時間にここまで来る人は少ないのか、外でゆっくり食事できた。
( 2011年7月 いるかと仲良し 様)
プチ・トリアノンのおみやげコーナーに併設された販売所みたいなところ。

サンドイッチとお菓子、飲み物(3種)がある。割高。ショコラショー 3ユーロ(紙コップにショコラの粉を入れてポットのお湯で溶かす)。
しかし寒さと空腹のためそんなこといってる場合じゃなかった。
(2008年11月下旬 えみちょりーな 様)
 
プチ・トリアノン前の、プチトラン停留所付近のジューススタンドで、オレンジジュース 3ユーロ。

(2007年9月 いかgoro 様)

あらかじめパンとサラダとオレンジジュースを買って行って、庭園内のピクニックができるところへ持ち込んだ。。
(2009年6月 しんまちクレジット 様)
プチトリアノンの入口に、オレンジをその場で絞って作ってくれるジューススタンドあり。思わずおかわりをしたくなるほどフレッシュで美味。

アポロンの泉の近くに、ちょっとした売店あり、チョコレートのアイスクリームが本格的な味で美味しかった。他の食べ物も売っていたので、その周辺では飲食可能な様子。この近辺に売店、レンタサイクル、トイレ、プチトランの降車場などひととおりのものが集中している。
 

朝一番でパリ市内を出てきたため、朝食は持参。混雑回避を考えて、昼食も持参。朝食は入場前に通りのベンチで、昼食はピクニックエリアで、 それぞれ場所を見付けて食べた。しかしこれは子供連れだったので逆にやりやすい行為だったかもしれず、大人だけだと少し恥ずかしいかも? けれども入場時 及びレストランの混雑回避という意味では正解だった。
(2007年9月 香椎のほしのこ 様)

売店でサンドイッチ(20センチ位のバゲットにハムとチーズが挟んである)とパニーニ(温めてくれる)を買って運河の横に腰を下して昼食。サンドイッチとコーラで約9ユーロ。ソフトクリーム、5ユーロもした。

(2007年3月 だぶちゃんむうちゃん 様)

プチトリアノンでサンドイッチと飲み物購入。やはり場所が場所なだけにちょっと高め。でもおいしかった。
(2006年7月 beqoo クド様)
プチトリアノンの近くにあった、スタンドのオレンジジュース。パンフレットをみると、「リフレッシュメント」となっていた。

昼を食べていなかったので、ちょうどいい糖分補給になった。値段は3ユーロ。高いといえば高いが、生のオレンジを絞ってくれて美味しかったし、場所が場所なのでこんなものかな、と。

アポロンの泉の周りに、レストランやサンドイッチスタンドなどがあった。サンドイッチやパニーニは3?5ユーロぐらいでした。味は美味しかった。他にもソフトクリームや飲み物。

(羊のどんざえもん様 2005年8月)

売店でサンドイッチを買ったが、チーズサンドはチーズだけ、ハムサンドはハムしかはさんでいない寂しいものだった。
(あるまーにゅダイバー様 2005年3月)
出店で、ジュースを買う。 フレッシュオレンジジュースを売っていて、 注文を受けると冷蔵庫からオレンジを取り出して 半分にカットすると、機械でぎゅっと絞る。 オレンジ 3コ分を絞ってくれて、コップ1杯 20Fr。 よく考えると高いけど、とても冷えていて、また100%果汁ということで とっても美味しい。 
(こまめぐ様 2001年7月)
田舎家にオレンジジュース生しぼりのスタンドあり。ちゃんと氷を入れてくれました)。
(garikoおしえて様 2003年8月)
パニーニを売っているスタンドが、大運河そばのレストランの隣に出ています。会計時のレシートがパニーニとひきかえ。パニーニ1つ3.9ユーロから。
(garikoおしえて様 2003年8月)
宮殿からみて、庭園の左側のカフェへ。クレープがとってもおいしかった。
ここのギャルソンはレシートを置くときに 「僕の電話番号だから後で電話してね 」とウィンクしながら
置いていった。フランス男はウィンクがくせなのだろうか。。。。
  
感心したのは、庭園にある3つのカフェが木に隠れるようにしてあるので、庭園を見渡したときに、
ほとんど建物がみえないようになってること。
(かおちび様 2001年7月)
 

 

 
▲もくじに戻る

 
 
 
Angelina アンジェリーナ   (プチ・トリアノン側、宮殿内 など)
旧称 プチ・トリアノン=現在の呼称 「マリー・アントワネットの離宮」


 
宮殿内の支店

入り口に日本人スタッフがおり、レストラン(食事)かサロン・ド・テ(喫茶)かを振り分けていた。サロン・ド・テでキッシュを食べたら、軽くておいしかった。
(2013年9月下旬 perche25 様)
プチ・トリアノンの支店

小トリアノン向かい側のアンジェリーナの看板が気になっていたので、テラス席に入ってみた。食べている人はいるが、ウェイターらしき人はいない。何処で注 文するのか、向かい側を見ると、建物からお盆を持って出てくる人がいた。入ってみると、そこはアンジェリーナの出口だった。小トリアノン入口横の売店奥が 入口のようだ。わかりづらい。

メニューがあったので、キッシュとサラダ、マカロンにオランジーナを2人分頼んだ。これで、50ユーロ、と言われびっくり。高い。キッシュにはサラダが付いていたので、別にサラダを頼んでしまったのがまずかった。

マカロン2個ずつ頼んだ分か、など考えながら 代金を支払い、テラス席に戻った。キッシュはしっとりして優しい味でおいしかった。サラダが多かった。別に頼んだことを後悔し、食べきれないのでマカロンは持ち帰ることに。
(2014年7月 フラフラともりん 様)


パリ中心部と比べてもかなり寒かったので、小さなカフェは大賑わいで、私たちはテラス席で飲むことになった。
( 2012年12月下旬  ななはち0188 様)


プチ・トリアノンには アンジェリーナが併設されていた。
(2011年5月上旬 ローズ・デ・マイの階段 様)


日曜14時ごろ、昼食。あるのは、バゲットやキッシュ(サラダ付き)、ペットボトルの飲み物、各種ケーキなど、簡単なものばかり。

注文したものをトレイに載せてくれるので、外のテントの下にあるテーブルに自分で運んで行って食べる。席は自分で確保する。
(2010年4月 エイダ川嶋 様)


ショコラショー 4.2ユーロ。紙コップにストローがさしてあって 「熱いので気をつけて」てな事を言われたのだと思う。
(2010年1月 あんな@恵比寿 様)



ちょっとした休憩所風。豪華なカフェの雰囲気は全く味わえないが、モンブランやホットチョコレートは楽しめる。

パリ市内では寄っていく時間が無かっただけに、ここで食べられて良かった。ミルフィーユも美味しい。

天気の良い日なら外にテーブルが出る模様だが、冬は、寒くて無理そう。内部は、小テーブルが3卓と狭く、待っている人も居たりと、ゆっくりはできない。
(2009年11月 グラさんパークさん 様)



サロン(といってもスイス館前の通りの芝生部分に屋外にテントがはってあって、中に椅子とテーブルがある)。食べる場合は、セルフサービスで、プラスチックトレイに商品のせて、自分で運ぶ。

個人的にはなんだかショボいと思って、利用せず。パリ市内のアンジェリーナのサロンと比べてしまうと、優雅な雰囲気に浸れる感じでもなかった。

また、プチ・トリアノンの内装に合わせてあるので、店内の壁の色が ラデュレのような緑色。商品棚にマカロンがたくさん並んでいたので、一瞬ラデュレかと錯覚したが、ラデュレではない。

ちなみに、スイス館入口を入ってすぐ左側。プチ・トリアノンを見学しない人でも、店に入ることは可能。
(2009年8月 アルザスのクグロフ 様)



プチ・トリアノン出口近くに、ケーキや飲み物が飲める小さいカフェがあった。外に椅子、テーブルがありそこで食べられる。17時半くらいに行ったら、ケーキもほとんどなく、ホットチョコレートも売り切れていた。
(2009年9月 プーとパー 様)


 
 
トップ > イル・ド・フランス地方 > ヴェルサイユ > レストラン、カフェ
トップ > パリ郊外に遠足  ヴェルサイユ > レストラン、カフェ