トップ > イル・ド・フランス地方 > ヴェルサイユ > OPEN/CLOSE
トップ > パリ郊外に遠足  ヴェルサイユ > OPEN/CLOSE
  
ヴェルサイユに戻る
Versailles ヴェルサイユ
OPEN/CLOSE
  
 2 Jun.2015/ 25 Dec.2016 再調査

 
もくじ
OPEN・CLOSE一覧

OPEN編 よくあるQ&A
Q1 OPEN/CLOSEはどこで分かりますか?
Q2  何時まで入れますか?
Q3 混む時間帯、すいている時間は?

 9時の入場とともに、鏡の間にダッシュした。すると1番乗りで観光客が誰も写ってない写真が撮れた。だがあまりに早すぎて少し恥ずかしかった。後で戻ってみるとツアーで来た観光客で溢れかえり、前に進めない状態をみて、ダッシュで鏡の間に行ってよかった。他の所も空いている内に見れた。
(ぽちのおめめ様 2005年8月)

 

混雑する日
 
休館日の翌日(火曜など) 週末・祝、第1日曜  
おすすめは 朝イチ着。8:20ごろにヴェルサイユについていてちょうど。早すぎて損することはあまりないと思う。
 

7月下旬〜8月、はバカンスシーズンで世界中からの観光客で大混雑。パリは意外と再訪することもあるので、若い方なら別の時期をすすめる。
 
 
 

とにかく人人人。人でごった返していた。何しろ人が多くてスムーズに進めない。
(2008年8月 くまもとよりてらさん 様)

 
 

OPEN・CLOSE一覧
 

ここ数年、変動が激しいので、直営HPのフランス語版で確認を。
開館時間
http://www.chateauversailles.fr/preparer-ma-visite/toutes-les-informations/horaires


工事や修復が続いているため、一時的に閉館・閉室されている部屋もある。
平日・週末や季節によっても異なる。
上記URL下部の ESPACES OUVERTS A LA VISITE 参照。  

2016年12月現在
春夏
4/1〜10/31
秋冬
11/1〜3/31
CLOSE
宮殿 Chateau,
Palace シャトー  
 
居室  Grands Apartments
グラン・ザパルトマン
火〜日 
9:00〜18:30
 
販売17:50まで
入館18:00まで
火〜日 
9:00〜17:30 

入館17時まで

月(原則) 

例外的にOPENする連休・祝日もある。(下記)

一部の祝日 5/1など
 

宮殿 Chateau:
 
王の寝室 King's Chamber
 (Chambre du Roi)
火〜日 9〜17:30  
入館17時まで
火〜日 9〜16:30  
入館16時まで
11〜3月の第1日曜
宮殿内  オペラ劇場
Opera Royal 



離宮 

旧称  Grand Trianon
グラン・トリアノン
現呼称 トリアノン宮殿
Chateaux de Trianon シャトー・ドゥ・トリアノン

毎日 12:00〜18:30 
入館18時まで 
毎日 12:00〜17:30 
入館17時まで
公式行事に使われる場合CLOSE

離宮

旧称 Petit Trianon プチ・トリアノン

現  マリー・アントワネットの離宮 Domaine de Marie-Antoinette ドメーヌ・ドゥ・マリー・アントワネット

 

火〜日
12:00〜18:30
入館18:00まで
火〜日
12:00〜17:30
入館17:00まで

公式行事のとき
庭園

Jardin  ジャルダン


王妃の農村(アモー)

4〜10月の噴水ショーのときは
庭園別料金 要

毎日

8:00〜20:30

毎日

8:00〜18:00

入場17:30まで

悪天候のとき
パーク

Parc パルク 
毎日

車 7〜19:00
歩行者 7〜20:30
毎日

8:00〜18:00

乗り物博物館
Coach Museum
Le Musee des Carrosses
2016/1/1〜12/25
12:30〜17:30
入場 16:45
2016/1/1〜12/25
12:30〜17:30
入場 16:45
月やすみ

 

  

ほか 2008年の例 4〜10月 11〜3月 CLOSE
墓所 Groves

ガイドツアーのみ: 年中。予約。

10:00-17:00 10:00-15:30 噴水開催日
王様の菜園 
Vegetable Garden

ガイドツアーのみ: 年中。予約。

土日 10-18:00 10月
土日  10-18:00

庭球場
Jeu de Paume Court
Salle du Jeu de Paume
土日
12:30〜18:30
- 11月〜3月
議会記念堂 
Great Parliamentary Moments
     

 
 
 
 
 
祝日の対応:   [20 Aug.2011]
 
○ OPEN ただし午後半日などもあり   × CLOSE

年や、労使交渉、政府通達によってかわります。毎年3〜4月 (Easterまで)はストが多いので注意。

年によって判断いろいろなので、過去のケースもかいておきます。

祝日対応は 3〜2週間ぐらい前に変更になることがあります。
こまめに宮殿HPのカレンダー(AGENDA)を見てください。
 

1/1 2004年 宮殿× 離宮○ ほか一部施設○
2005 宮殿・離宮× 庭○
2006
2007 宮殿・離宮×月曜定休 庭○
2008 宮殿・離宮× 庭○
2011  宮殿・離宮× 庭○
復活祭 2002年 ○
2003年 ○ただし混雑 宮殿・離宮・庭。噴水○
2004年 宮殿・離宮× 特別展・庭・噴水○
2005 宮殿・離宮・庭園・噴水・特別展○
2006  宮殿・離宮・庭園・噴水・特別展○
2008  宮殿・庭園・離宮G○
復活祭の月曜 2002年 ○
2003年 ○ 宮殿・離宮・庭園○噴水×
2004年 宮殿、離宮× 特別展・庭・噴水○
2005 宮殿・特別展・噴水× 離宮・庭○
2006 宮殿・離宮・庭園・噴水・特別展○臨時OPEN
2008 宮殿・庭園・離宮G○
2011 宮殿・離宮× 庭○
5/1  基本的に例年×
2003 宮殿・離宮× 庭・噴水○
2004 宮殿、離宮× 庭・噴水○
2006 宮殿・離宮・噴水・特別展× 庭園○
2008 宮殿、離宮× →宮殿・離宮G○変更
2011 宮殿・離宮× 庭○
5/8 2001年 ○     2003年 宮殿○ 理由○庭○ 噴水あり
2004 宮殿、離宮×庭○ 噴水○
2006 宮殿・離宮・庭園○ 臨時OPEN 噴水×
2008 宮殿・離宮G×→宮殿・離宮G○変更
2009 宮殿、離宮× 庭○
キリスト昇天祭 2003年 宮殿・離宮・庭・噴水○
2004年 宮殿、離宮× 庭、噴水○
2006 宮殿・離宮・庭園・噴水○
2008 宮殿・離宮G×
2011 宮殿・離宮× 庭○
聖霊降臨節 2003年 ○
2004年 宮殿、離宮× 庭・噴水○
2006 宮殿・離宮・庭園・噴水○
2008 宮殿・離宮G○
聖霊降臨節の翌月曜 2003年 臨時○     2004年 ×
2006 →祝日でなくなりましたが 月曜定休×
2008 宮殿・離宮G○→宮殿×離宮G○変更
7/14 2004年 ○   2006 宮殿・離宮・庭園・噴水○
2008 宮殿・離宮G○
8/15 2001年○     2003 ○
2004 宮殿、離宮× 庭○ 噴水○
2005 ○ 月曜定休だが、祝日のため臨時OPEN噴水も臨時。
2006 宮殿・離宮・庭園・噴水○
2008  宮殿・離宮G○
2011 宮殿・離宮× 庭○
11/1 2003 宮殿・離宮・庭○
2006  宮殿月曜定休×  離宮・庭園○
2008 
11/11 2003 宮殿・離宮・庭○
2005 宮殿× 離宮・庭○
2006 宮殿月曜定休×
2008
12/25 2003年 宮殿× 離宮、一部施設○
2004 宮殿・離宮× 庭○
2005 宮殿×離宮× 庭○
2006 宮殿月曜定休× 庭園○ 離宮×に変更
2007 宮殿×グラン・トリアノン× 庭園○
2008 ×
2011 宮殿・離宮× 庭○

  
 

 

 
 
 
Q1 OPEN/CLOSEはどこで分かりますか?
自分が行く日程を OPEN,CLOSEカレンダーで確認しましょう

ただし3ヶ月以上先は原則自動表示なので、正しいものではありません。
2ヶ月をきるとかなり正確なものが入力されますのでチェックしなおしましょう。

http://www.chateauversailles.fr/jp/planning-your-visit/disabled-visitors/01113-individuals.html

右端のイベントカレンダーから
 
 

訪れた日は、公式行事のため、パンフレットの青いゾーン(入場口の奥にある回廊、17世紀ギャラリー?)が立ち入り禁止だった。チャペルは見られたが、回廊入り口にロープと立て看板があり、手前から回廊を覗きこむにとどまった。
(2008年3月 東北のナインチェ 様)
Q2  何時まで入れますか?
入場は、原則 開館の30分前まで。 ただし広いし、なにかの都合で、早く閉められる場合もあります。
見たいところは、イチバンに真っ先に!
 
 
ヴェルサイユ宮殿の見学時間は要注意です。
1月初旬に訪れた際、その日の朝、宮殿内のインフォメーションでもらったパンフレットに堂々と「見学時間9:00〜17:30(入場締切17:00)」と書いてあったにもかかわらず、16時で閉められた。
 
ヴェルサイユ宮殿のコーナーやガイドブックその他いろんなものを見ていると、たいてい「宮殿内は、午前中はツアーなどで混んでいるので、午後からの方が比較的ゆっくり見ることができる」という風に書いてあります。
 
そこで、私も、午前中は庭園やトリアノン(12時からしか開いていませんでしたが・・・・) 等を回って、宮殿には午後からゆっくり行くことにしました。
 
宮殿では、まず、カルトミュゼで入れる自由見学のコースをゆっくり周り、その後、 パンフレットの記述を信じて、16時ほんの少し前に、悠々と次のコース(+30Fで入れるカセット案内つきで、王の寝室とかを回るコース)に入ろうとすると、入り口の係の人に通せんぼされ「自由見学の方に回れ」と言われました。
 
「そっちはもう見たので、こっちのコースに行きたい!」 と訴えると、やっと入れてくれましたが、今度は、私たちが入った瞬間に扉を閉めて、鍵をかけてしまいました。つまり、その日そのコースに入れたのは、私たちが最後でした。
 
それが、ちょうど16時くらいのこと。もう1分遅れていたら、本当にやばいところでした。ヴェルサイユまで行って宮殿に入れなかったら、泣くに泣けませんよね。
 
そのような訳で、午後から宮殿を見て回ろうという場合には、必ずインフォメーションか宮殿の入り口で、”その日の入場受付終了時間”を確認された方がいいと思います!
(elysee様 2001年1月)
  
 
Q3 混む時間帯ってありますか? すいている時間は?
ツアーバスは9:30〜10:00にやってくる! 個人客は 9:30すぎにやってくる!
 
8:45〜9:10ぐらいに入場グチに! まだ空いている! 
(パリから行くなら 8:20には最低、電車に乗ろう)
 

鏡の間で人ずくなで撮影したかったら、8:30には宮殿前につき、9時と同時に入場し、ダッシュで鏡の間へいきましょう。
 

開場30分過ぎると、ツアー客で混む。宮殿・鏡の間は午後に少し混雑が増すが、夕日で大変美しい。15:30からは安くなる。ただし閉まる時間や日没の時間を考えて。西日でカーテンを閉める部屋もあるので、注意。
 
 

朝イチおすすめ!
 

朝一に向かい、見事鏡の間を独占することができた。ただ、階段を走って上っていたら係員の人に”滑ると危ないからゆっくりね”と笑いながら注意された。結果的にそこまで急ぐ必要はなく十分な時間を独占できたが、人が来だしてからは人が増える一方なので、朝一が断然お勧め。
(2009年3月 モンサン・聖 様)
 

5/3日曜。さすがの混雑。9時前に着いたけど、すでに長蛇の列。もっとふらつーを読んでおけば良かったが、ミュージアム・パスしか持って いなかったので、オーディオガイド借りるのに手間取り(チケット売場と貸出所が違うと知らなかった)1時間。失敗。同じ理由で庭園も有料。
こんなことなら、1日券を購入すれば良かった。
(2009年5月 プリン食べ放題 様)

ふらつーで事前に勉強し、9時の入場とともに、鏡の間にダッシュした。すると1番乗りで観光客が誰も写ってない写真が取れた。だがあまりに早すぎて少し恥ずかしかった。後で戻ってみるとツアーで来た観光客で溢れかえり、前に進めない状態をみて、ダッシュで鏡の間に行ってよかったなと思った。他の所も空いている内に見れた。
(ぽちのおめめ様 2005年8月)
 

朝早く向かったため(ヴェルサイユ到着は9時ごろ)、とてもいい環境で(=人が少ない)観光する事ができました。書いてあるように、絶対朝早く行くのがお勧め。何と言っても鏡の間で撮った写真に、映っているのは私達だけ、という贅沢な状態。
(ももっちもちもち様 2001年6月)
 

10:00頃には観光客で混雑。10:30頃からは各国団体や授業で訪れている現地学生も加わり、色々な言語が反響しとにかくウルサイ。じっくり見学したいなら、絶対に朝イチに行くべし。
(2007年6月 愛する君のために様)
 

朝8:40頃に宮殿に到着したが、もうすでにチケット売り場には30名ほどが並んでいた。各国からの観光客が大勢いた。オーディオガイドを借りて各部屋を見学するにも、明治神宮の初詣なみの人・人・人。こんなに混んでいるとは思わなかった。

 とにかくすごい人・人・人。私たちが帰る16:00頃にも、まだ入口はものすごい行列。書いてあるように朝早起きして出かけることをオススメ。
(2007年12月 ドゥブリオッシュ 様)
 
 

30分ほど前に行って、A入り口に並んだ。前には3組くらい並んでいた。チケット売り場はオープンの15分くらい前には既にけっこう並んでいた。11時頃外に出たら売り場も入り口も長蛇の列!売り場と入り口で並ぶとおそらく両方で500メートルくらい並んだのでは。それに入場できたとしても、混んでいてゆっくり見ることはできない。朝一番に来るべし。
(2007年12月下旬 みんみん村長者 様)

入場門が二つになっていた。とても豪華な飾り。
宮殿内部は2年前と変わりなかったが、鏡の間は工事が終わっていて、とてもきれいになっていた。 

金曜日は、朝から鏡の間へ直行。まだ数組の見学者しかいなかったので、ゆったりじっくり見ることができた。 

土曜日は15時ごろ見学。ツアー客がグループで見学するのでなかなか前に進めず。鏡の間も混雑していた。前日と見学コースが最後のほう違い、出口も違った。
 
グラン・トリアノン、プチ・トリアノン、農村は12時開門なのでプチトラン(6euro)で移動。グラントリアノン前のトイレは無料。また、プ チ・トリアノンと農村のメインの入口は門の脇で窓口はすでにリニューアルされて、パスを見せるか料金を払い入る。トイレ(無料)もきれいになっていた。農 村をゆっくりピクニック。途中何組もの地元高校生たちとすれ違った。日本人は一組しか会いませんでした。 緑豊かで森林浴がタップリ楽しめる。
(2008年5月 プリンスドゴール 様)

土 9時前に到着。同じ列車で数組の観光客と。パスを持っていたので団体入り口から。日本語説明のツアー旅行団体が2組。以前個人で回っていて説明を聞かないように注意されたという話を聴いていたので・・・なるべく離れたかったが、2組もいると。

歴史的建造物は事前に下調べないしは後から勉強ですが。英語のパンフと展示物の説明書きで十分かも。冬だったので午前中は比較的ゆっくり見学でき、庭,、トリアノンをゆっくり散策。

(2008年2月下旬 ちゃわ0038 様)
 

入場したころは人も少なく、宮殿内はゆっくり見ることができたし、人のほとんどいない庭を見ることもできた。昼ごろにはチケット売り場はものすごい行列になっていた。

(2008年3月 ペコ 様)

14時過ぎに着いたら、週末ということもあってか、すごい行列。

(2007年12月 はちみつ好きのくま 様)


第一日曜。無料だと思ったが、9時半すぎに着いたら売り場にはすでに行列になっていた。他にチケットを持っている人は並ばず入っているようだった。

結局、11ユーロ払い中に入った。オーディオが欲しいと言ったので。ギャランティー必要とあったが必要なかった。

フォルフェ券だとオーディオガイドも交通費もすべて付いているので、こんなことならフォルフェ券を買ってくればよかったと思った。並ばずにもすんだはず。
 

第一日曜なので人は確かにたくさんいたが、見たいものが見られないほど、待つのが苦痛なほどでなかった。 
(2008年1月 xiaoapple 様)

1月2日(日)。

正月だからかどこも観光客でごった返し。
しかも第一日曜で、ヴェルサイユは長蛇の列。せっかくRERに乗ってここまで来たんだし、という両親の一声で、激寒の中、2時間半並んだ。

途中、交代で地下一階のセルフのカフェで休憩をとるも、カフェも大混雑。宮殿の中に入れば、まだマシでしたが、何も風を遮るものがないヴェルサイユの正面、門を入ったところで待ったのが一番辛かった。今まで数回行った中で、一番の混みようだった。

ちなみに、王の寝室へのC入口はCLOSEされていて、「みんなA入口へ行きなさい」との張り紙が貼ってあった。
(2005年1月 ぶるblueジャポネーズ 様)

7月14日の革命記念日に。

パリ市内は交通規制や降りられないメトロの駅もあると聞いていたので、開館情報を見て思い切ってヴェルサイユに行くことにした。

ツアーも不催行だったためか、9時30分頃についてもバスの台数も少なく、観光客も少なめだった。(すごい人を想像していたので)ミュージアムパスのおかげですぐ入場できたし、往復のバスもすいていたしで、元気なうちにヴェルサイユを見ておいて大正解だった。

(2006年7月 beqoo クド様)


 


 

日曜のヴェルサイユ宮殿は、パリ・ミュージアム・パスがあっても入場までに30分くらい並んだ。保安身体検査にどうしても時間がかかるようだ。

入場券はヴェルサイユ・リヴ・ゴーシュ駅前でも購入できたが、すごい列だった。
(2009年9月 ロンシャンの木曽馬 様)


 


トップ > イル・ド・フランス地方 > ヴェルサイユ > OPEN/CLOSE
トップ > パリ郊外に遠足  ヴェルサイユ > OPEN/CLOSE