トップ > イル・ド・フランス地方 > ヴェルサイユのホテル > Pullman Versailles Chateau
 
 
 
Pullman Versailles Chateau 
(旧ソフィテル 2007年12月よりブランドシリーズ名変更。系列は同じアコーのまま)
http://www.sofitel.com/sofitel/fichehotel/gb/pul/1300/fiche_hotel.shtml

(宿泊時期) = 2007年12月中旬

(泊数) = 1泊

(部屋のカテゴリ) = スーペリア・ダブル 224号室 広さは充分。

(部屋の家具・備品) = 掃除はきれい

(バスルーム) = 給湯給水、排水とも問題なし。ドライヤーはハイ
パワー。

(冷蔵庫) = あり ソフトドリンク、ミニバー。

(エアコン、クーラー) = 暖房の効きはよくはなかったがOK。

(部屋について、その他) = ベッドが大きく、敷きパッドも羽毛のようだった

(パブリックエリア) = 広くて明るい

(リフト) = 大きい

(レセプション) = フレンドリー

(館内施設) = フィットネスジムがあるらしい。

(スタッフ) = 英語OK

(宿泊料) = 203ユーロ 朝食 ヴェルサイユの入場券込み

(予約方法) = 個人で
ホテルのHPから

(アクセス) = ヴェルサイユ・リヴ・ゴーシュ駅から3分。

(周辺の雰囲気) = 夜は人通りはないけれど怖いとは思わなかった。

(ホテルの選択基準) = 22時近くまでヴェルサイユの馬術ショーを観る予定だったので、とにかく近いこと。また冬なのでエアコン等がしっかりしていそうなホテル。トリアノン・パレスは駅から遠いのと宿泊日の翌日から休館予定だったので避けた。

(よかったこと) = 駅からもヴェルサイユの厩舎からも近い。

(困ったこと) = JTBのツアーと一緒になり朝食などを一緒にさせられた。

(朝食) = 温かいものはソーセージとスクランブルエッグくらい。パンは焼き立てではない。ツアー客が漬物やら味噌汁など飲んでいて騒がしく、雰囲気はあまりよくなかった。日本人が壊しているのだから文句も言えない。

(宿泊客の客層) = JTBのツアー。日本人はとても多いとのこと。ただ日本人で個人で来る人はとても珍しいとレセプションで言われた。

(支払い方法) = クレジットカードOK

(車椅子等の対応は?) = 問題なく使えると思う

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆

(他の方へのアドバイス) = 団体とぶつからなけば、落ちついている。なんだか嵐に巻き込まれたような騒々しさになるのでその可能性が嫌なら避けたほうがいいかも。施設サービス自体に問題はなし。

(2007年12月中旬 ぱんたぱんだ 様)

 トップ > イル・ド・フランス地方 > ヴェルサイユのホテル > Pullman Versailles Chateau