トップ > イル・ド・フランス地方 > ヴェルサイユのホテル > Mercure Versailles Chateau
 
 18 Oct.2009 経験談追加

 
 

Mercure Versailles Chateau
 
 
 
 


(泊数) = 2泊

(部屋のカテゴリ) = ダブルのシングルユース。
一人で泊まる人にはおすすめ。ベッドはゆったりしていた。
フランス式2階だったか。

あまり明るくなかった。でも暗すぎるということもない。
狭いが不便は感じず。清潔で、雰囲気も悪くないが、ホテル玄関やロビーの印象があまりにもいいので、それからすると
少しがっかりする。静か。

(部屋の家具・備品) = 机、椅子、クローゼット、ベッドサイドテーブル、その上に電話。TV。

(バスルーム) = 広すぎず狭すぎず。清潔。バスタブは足が伸ばせる程広い。お湯の出具合はバス、シャワー共によく出た。
ドライヤーあり。

(冷蔵庫) = なし

(エアコン、クーラー) = あり

(部屋について、その他) = 部屋は通りに面していたが静かだった。

(パブリックエリア) = 明るく、インテリアもおしゃれで、清潔。雰囲気はとてもいい。女性好み。

(リフト) = あり。大きさは、これまた大きすぎず小さすぎず。

(レセプション) = 対応はとてもよい。

(館内施設) = 玄関入ってすぐのロビー、広くはないが。レセプションを通過した奥に、食堂。明るく清潔。

(スタッフ) = スタッフ、食堂のスタッフも含め、対応や様子はとてもよかった。レセプションは英語OK。日本語は不可。

でも親日な雰囲気で、片言の日本語を話す人がいた。夜ホテルに戻ったら「コンバンハ」と挨拶された。

(宿泊料) = 1泊目が 90ユーロ 前後、2泊目 100ユーロ強。朝食 9.5ユーロ

(予約方法) = 個人で
Mercure のサイトから。
分けて予約。1泊目の予約番号などを明記し、同じ部屋に連泊できるよう依頼した。

(ホテルへのアクセス) = 
ヴェルサイユ・リブ・ゴーシュ駅から徒歩12、3分。ヴェルサイユ宮殿から徒歩10分。

宮殿の近くにあるホテルからすると、遠く感じるかもしれない。
リブ・ゴーシュ駅から駅を背にして右。しばらく歩き、左に折れるとヴェルサイユ宮殿だが、
(ちなみに右に折れると、市庁舎。夜はライトアップされ豪華で大変美しい)
直進し、前の道路を渡る。

すぐ右折、(宮殿を背にする)、その通り沿いを、2ブロック程歩いて左に折れ、少し歩くとホテル。
 

宮殿からは、宮殿を背に正面を見ると、大きい道路があり
あらかじめ道路左側に渡って歩く。
右に曲がるとリブ・ゴーシュ駅となるので、曲がらず直進(右手に市庁舎)
あとは前述のとおり。

(ホテル周辺の雰囲気) = 
雰囲気よかった。治安も悪くないと思う。うれしかったのが、ホテル周辺がそこそこの街だったこと。

パン屋に美容院、ブティックなどなど、店がたくさんあった。
レストランもたくさんあり、食べることに困らなかったこと。
日本食レストランが2軒あり、そのうちの1軒、客が山ほど入っている店に入った。
中国人の若い人たちでやっている店で、もう1軒も中国人の店だと思う。
寿司とヤキトリのセットがまあまあおいしかった。値段も手ごろ。
店員も感じよく、テキパキと動いていた。

満席に近く、客足は絶えない様子。
日本人は私ひとり。他は白人の客。現地の人に人気なのか
フランス人が多かった。観光客らしき人もいっぱい。
結局2日間通った。2日続けて行ったこともあり、
覚えていてくれた様子で、少し話した。
寿司を握っている人が角刈りの男性で、日本人ぽかったが、たずねると中国人。
隣の席にいた家族連れが、私の食べる様子をチラッと、何となく
おもしろそうに見ていた。
たぶん日本人が外国で日本食を食べているのがおもしろかったのか。

レストランには人が結構入っているが、ホテルから遠くなどへは、夜遅くの一人歩きはやめた方がいい。人けが少ない。

(選択基準) = ヴェルサイユ宮殿のすぐそばのホテルは高いので、安い所を探した。
宮殿で丸一日過ごす予定で、ホテルは帰って寝るだけなので、部屋は狭くても
ホテルの雰囲気がよければいい、と思い、ネットの写真等でチェックして決めた。

(よかったこと) = スタッフの対応がよかった。食べる所にも困らなかった。
違うホテルにも泊ってみたいGa、他になければ必ずこちらを選ぶ。

(朝食) = 食堂の雰囲気はいい。ホテルの別棟につながる中庭(小さい)に出るドアの前の席に座ったということもあり、
さらに明るかった。

ビュッフェ形式。パンも数種類、卵、ハムもあり、オレンジジュース、コーヒー、ヨーグルト。おいしかった。

食事中、部屋に忘れ物を取りに席を外し、戻ったら片付いていて(こちらが一言声をかけるべきだった)
それに気付いたスタッフが、あわてた様子で丁寧に謝ってくれ、もちろん
私も一声かけるべきでした、申し訳ない、と英語とつたないフランス語で言った。

その場にいた何人かのスタッフと私とで、おかしくて笑った。いい思い出。
その後、もちろん食事を再開した。

(宿泊客の客層) = 
日本人は私だけ。私以外、有色人種はおらず。
客層はいい。年配とまではいかないが、若いともいえない人がほとんど。いわゆる中年層。ビジネスマンも結構いた。

皆落ち着いていた。若いカップルも少しいた。

パリが近いので、おそらくヴェルサイユには若い人はあまり泊らないのかな、と思った。

(支払い方法) = クレジットカード可

(車椅子等の対応は?) = ホテル入口が低いが段差があり。廊下も少々狭いので、不便だと思う。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆

(他の方へのアドバイス) = 
宮殿から10分程歩くが、周辺は店がある。部屋が少々狭くてもよければ
設備は整っており、利用価値は十分ある。

ただ、宮殿からの道のりは人けがあまりなく(駅へ向かう人が大半)、ホテル周辺までは寂しく感じるかもしれない。
怖いと感じることはなかったが。日没後に歩くのはどうかな、と思う。

私は丸一日、宮殿で過ごしたので、しかも宮殿が閉まってからも、ライトアップされた宮殿の写真を
撮っていたので、夜遅くホテルまで歩いた。
 

(2008年10月 ピンクフルール 様)

 
 
 
 
 
 
 
 
 
  


 トップ > イル・ド・フランス地方 > ヴェルサイユのホテル > Mercure Versailles Chateau