トップ > イル・ド・フランス地方 > Rueil Malmaison リュエイユ・マルメゾン
  

Rueil Malmaison リュエイユ・マルメゾン
 20 Oct.2008 ツアー再調査
26 Apr.2009 経験談追加、再調査
25 Dec.2011 経験談追加
24 May 2014 追加
 

リュイユ・マルメゾン観光局
http://www.rueil-tourisme.com/
 
 

Musee National des Chateaux de Malmaison et Bois-Preau
国立マルメゾン城(宮殿)
1 Av.du Chateau 92500 Rueil-Malmaison(HAUTS-DE-SEINE県)
http://www.chateau-malmaison.fr/
 
http://www.museesdefrance.org/museum_back/museum_0501.html

ナポレオン1世の皇后ジョゼフィーヌが 1799年に購入。以来、自分ごのみに手をいれて、優雅なお城となった。離婚後もここにすみつづけ、バラ園などの手入れにはげんだという。

現在も広間や寝室など公開されている。

ウェディングOK。宿泊はなし。


 

アクセス:
 
RER Rueile-Malmaison駅から バス144 〜 乗り換え258  (シーズンによっては乗り換え不要)

RER A線 Grande Arche de la Defense から 258番バス Le Chateau 停下車  おすすめ
258路線図 切符とゾーンに注意
http://www.ratp.fr/informer/pdf/orienter/

f_plan.php?nompdf=258&loc=bus_banlieue/200

そのままいくと サンジェルマン・アンレーにもいける 

バスについてはバスルート路線図

 
RER最寄駅の Rueile-Malmaison リュエイユ・マルメゾンにタクシーが待機しているのを見たことがない。

駅前のロータリーから144番バスに乗って、確か2つ目のバス停「Baudin」で下車。数メートル歩いてAlvert1er(アルベール1世通り)に出て、ラ・デファンス方面から来るサン・ジェルマン・アン・レイ行きの258番バスに乗り換えます。
 

下車したバス停が、確かシャトー・マルメゾンだったような。ガイド・ブックにはRERの駅から歩いて行ける様なことが書かれていたが、ホントにかなり距離がある。城近くのバス停からも結構距離があって、運動不足の私は少々疲れた。

(マリー・ふらんそわーず様)


帰り

ボナパルト大通りに出て、バスでRueile-Malmaison駅へ(たしか乗り換えはなかった)。歩きではかなりの距離。

(プチバトー好きの母様)
 

メトロ ラ・デファンス →258番バス→徒歩で。

バス停から城まで行く 通りの名前は「マルメゾン城通り(Avenue du Chateau de Malmaison)」。

(2011年9月 ぶたちーこぽん 様)


メトロ1号線ラ・デファンスの 出口Gあたりに、バス停。キップはMetroのキップと共通ですので、カルネでもOK。運転手に直接払ってもOKです。
 
マルメゾンへ行くのは258番のバス乗り場ですが、258番乗り場はなぜか2つあって、左のほうがマルメゾンへ行く方です。右は何だろ?
 
St. Germain-en-Laye サンジェルマン・アン・レー RER行きのバスに乗って(本数はけっこうありました)、 16個目のバス停Le Chateau。約20分。誰も乗り降りしないバス停では停車しません。

バスを降りたら、道の反対側に渡ってすぐの、マルメゾン通りを歩く。この通りはなかなかキレイな通りで散歩気分で楽しめました。約10分歩くと右側にマルメゾンが見える。私が行った時は自由見学。すごく良いところですよ。

(まゆたんのパパ様)


火曜、12/25、1/1やすみ

OPEN (2009年調査)
 

10〜3月  平日 
10〜12:30(チケット売り場12:00まで)、
13:30〜17:15 (同16:30まで)
週末 
10〜12:30(チケット売り場12:00まで)、
13:30〜17:45 (同17:00まで)
庭園
10〜18:00
4〜9月 平日 
10〜〜12:30(チケット売り場12:00まで)13:30〜17:45(同17:00まで)
週末 
10〜12:30(チケット売り場12:00まで)、
13:30〜18:15(同17:30まで)

10〜18:30

 

料金
大人 5ユーロ、割引3.50ユーロ、18歳未満無料、マルメゾン友の会会員 無料、

日曜 3.50euro 第1日曜 無料
 


 
 
 
 

 展示内容はジョゼフィーヌ中心。ジョゼフィーヌについて事前に知っておくと、面白さが増すと思う。庭の花がすごくきれいだった。前庭も裏の庭園も同様。

(子供向け?) = わからない

(印象的だったもの) = 展示の最後にあるジョゼフィーヌの系図。直系の子孫に現役の国家元首が5人! デンマーク、ノルウェー、スウェーデン、ベルギー、ルクセンブルク。


(2011年9月 ぶたちーこぽん 様)

庭園。冬場だったがそんなに気温が下がらなかったので、携帯電話に入れておいた音楽を聴きながら、1時間ほど散策した。静かで落ち着いていて、好きな場所。

マルメゾン城はガイドを頼まずに入ったが、スタッフが暇そうだったので、いろいろ質問したらちゃんと応えてくれた。

かなり怪しいフランス語だったにもかかわらず、 帝政時代のことや絵画の由来など教えてくれた。

(2006年12月/2007年1月 オペラ座の住人 様)
 

ヴェルサイユやヴォ・ル・ヴィコントに比べると、小さくこざっぱりした感じで、城というよりも館といった感じ。城の裏側だったか、ジョセフィーヌのバラ園があり、バラの咲く時期はとてもきれい。真冬でも季節外れのバラがポツンと咲いていたりする。

城の中はジョセフィーヌ一色。「エロイカ」のファンの方なら、感動間違いなし。城のショップにもいろいろなグッズが売られている。
 

マルメゾン城の庭園から少し離れたところにももうひとつ庭園があって、天気がよかったら散歩してみてください。その中の一画にブレオー城がある。残念ながら中を見学してないのでわからないが、たぶんもう改装が終わって見学できるのではないか。庭園は地元の方が日光浴してたり、子供たちがサッカーをしてたり。

城には2回だけ訪れ、どちらも自由見学。
(マリー・ふらんそわーず様)

マルメゾンは思っていたより、こじんまり。近くの並木をプチトランが走っていた。庭も手のかかった様子。往復のバスが混雑していた。マルメゾンとセーヴルを無駄なくまわることができた。
(2005年9月 マロンきなこ 様)
デファンスで下車してバスで行こうと思ったが、チケットがないと乗車を断られ(買い方が分からなかった)、面倒なのでタクシーで。(約15分 当時47Fr).
 
着いた時は昼休みだったので、庭で待ってすぐに見学できるかと思ったら、先に観光バスできた団体が入り、私達は次のガイドが来るまで待って下さい、とのこと。コンピエーニュ宮殿もそうでしたが、20分おきぐらいか、93年当時はフランス語ガイド付きのみの見学(約1時間)。ですから時間には余裕を持って行かれると良い。
 

マルメゾンはヴェルサイユやフォンテーヌブローと違い、こじんまりとして、心が休まります。夕方には帰国だったので、ゆっくり庭園を見る時間がなかったが、ジョゼフィーヌの愛したバラが美しいだそう。
(1993年 プチバトー好きの母様) 

私が行った時は自由見学だった。すごく良いところ。
(まゆたんのパパ様)
ライ・レ・ローズ市のバラ園は、マルメゾンのジョゼフィーヌのコレクションが移植されている。マルメゾンとあわせて、どちらも大変素晴らしく、是非行かれてみては。
(ロメールの秋様) 
月曜日はいろんな美術館、城が休みのことが多くバスツアーも限られていることが多い。 
  
どうしてもラ・デファンス郊外の城館マルメゾンに行きたいので、パリの観光局で情報をもらうことにした。 
  
マルメゾンには、Malmaison城とBois Preau城があります。Malmaison城は、ナポレオンの后、ジョゼフィーヌがナポレオンと幸せなときを過ごし、その後離婚した後も住み続け、最後はそこで亡くなった。Bois Preau城についてはよくわからないです。すみません。 
  
調べてもらうと火曜日が休み。 簡単な説明を受け、PER線の路線図とマルメゾンのパンフレットをもらう。 

PER-A線(St.-Germain en-Laye行きに乗車)のシャルル・ド・ゴール・エトワール駅。 窓口でRueil-Malmaisonまでチケットを購入。
   
ラ・デファンスから3方向にわかれる。かなりメジャーな路線らしく、10分に1本走っているので、あわてなくても大丈夫。ラ・デファンスより3方向に分かれるが、掲示板に今度くる電車の止まる駅が点灯しているのでそれでも確認できる。  
  
乗ること15分で到着。駅にでて、観光局でバス(27番乗り場)について聞くが、よくわからなかった。タクシーで移動。 Bois Preau城までチップ込みで39FF。 
  
しかーし。 パンフをよく読んでなかったので大失敗。 Bois Preau城は12:30から見学できるので、10:30だと早すぎた。 
  
地図の上では隣接してるMalmaison城(開館 9:30-12:30 13:30-17:45)広大な庭園を横切って移動。途中、ジョギン グ中の人にきいて、ちょっと迷いながらも団体さんがある場所からぞろぞろでてきたので、そこをめざし、駐車場を通り抜けて通りでる。と、 Malmaison城の正門が目の前にあった。   
メジャーではないのか、数人の見学者しかない。のんびりと館内を見学。庭にでて散歩をすることにした。 
  
城内は本当にこじんまりとしていて、日本でもそれくらいの家なら芦屋でみられるのではないか?と思うぐらいの規模。でも庭園などの空間がすばらし いのひとこと。庭からながめるとやっぱり日本にはないなと思ったた。その昔、ここでナポレオンが執務していたとは思えないほど。 
  
案内人が説明(英語、フランス語)。バラの季節には少しはやかった。  
 
 

きた道を戻ってゆき、Bois Preau城にゆく。が、あいかわらず鎧戸がおりたままだし、まだ時間も早かった。教会の尖塔もちらりとみえたことだし、昼に近いしということで旧市街とおもわれるところに向かう。  

教会の前の噴水のそばで、一番にぎわっているレストランで食事をする。ここでちょっと不安になったのが、帰りのタクシー。タクシーは走って はいないのだが、レストランの通りの向こうのバス停に5、6分に1回はバスがとまっている。行く先をみたらラ・デファンスまたはリシュー・マルメゾンとあ る。  
  
食事の支払いのときにレストランのマダムに聞く。が英語わかんないという。地名をいってバス停をさしたら、ウィ、ウィといってくれた。帰りの交通機関は確保されたので、安心。 
  
13時をすぎていたのでBois Preau城にもどることにした、が、やっぱり開いてなかった。残念。 バスでメトロ1号線の終点であるラ・デファンスへと戻ることにした。 

(2001年5月 造船なでしこ様) 

サン・ジェルマン・アン・レーからパリ市内に帰る途中、マルメゾン駅で途中下車。バスに乗ってマルメゾン城を訪れました。
 
「るるぶ」「地球の歩き方」にはこの駅からバスで10分だとあるが、実際に乗ってみると1時間に1本ぐらいしか本数がありません。
 
実はサン・ジェルマン・アン・レー〜ラ・デフェンス間を運行するバスが存在し、そちらの方が本数も多く、便利なことがわかりました。帰路はこれを使いました。(バス停の名はずばりChateau。もちろんカルネも使えます)

バスを降りて、城に向かう真っ直ぐな並木道を、落ち葉を踏みしめて歩きました。いかにもロマンチックなようですが、けっこう距離があります。疲れて、さすがにお互い言葉もありません。

上品でかわいらしい古城。庭園の美しさは随一。入場者はある程度の人数になったところで、ガイドのムッシューに連れられて城内を巡る。(もちろんフランス語で・マイペース・しかも説明が長い)途中で適当に抜けて見学した。

(aimaizum1128 様 2003年8月)

 
 
サン・ポール・サン・ピエール教会
マルメゾンの町中。ジョセフィーヌのお墓参りもできる。こちらも144番バスで。RERの駅から4つ目の「Eglise de Rueil」で降りると、左手に教会。

この辺りがこの町の繁華街らしく、結構人通りが多い。またパリとは違った雰囲気ですので、時間があったら散歩してみてください。物価も安い。

この教会もあまり大きくなくて、こじんまりとしている。墓は入り口から見て右奥。確かナポレオンゆかりの人で、名前が思い出せないのですが、もうひとり女性のお墓もあったと記憶している。

(マリー・ふらんそわーず様)

 

 
市立博物館
17世紀当時の建造物という市立博物館には行きました。でもこの博物館、夏場のバカンス・シーズンには長期のお休みに入ってしまいます。開館するのは9月に入ってからのようです。

(マリー・ふらんそわーず様)

 


ツアー




 
ツアーの申込みのヒント・方法・割引の裏テク → オプショナルツアーの基礎知識 参照
ツアー報告:  ツアーアンケートから 記載ください。

ParisCityVision  コース番号 +NJ
マルメゾン+アンヴァリッド [ミニバン]

 デラックス・ミニバス 昼食こみ

パリ市内ホテル ピックアップ

マルメゾン城(ガイド見学)、昼食、  サン・ピエール・サン・ポール教会(ジョセフィーヌの墓)

パリ アンヴァリッド ドーム(ガイド見学) 

パリ市内ホテル送り

2011より新型車。メルセデス社ミニバス導入。

催行曜日 ■催行なし 大人  子供 3-11歳 ことば 出発 所要 ホテル送迎
2014/4〜10
月、金
180ユーロ 145ユーロ
英仏ス伊 8:00 9.5h 送迎つき
 
価格推移 2008〜  80〜ユーロ



催行元 コース番号 催行曜日
■催行なし
大人 子供 ことば 出発 所要 ホテル送迎
Paris Vision社
マルメゾン

+NA
 
2008/4/1〜2009/3
2005
80euro

2006/4〜82

2007/4〜
83

2008/4〜
86

11歳以下

2006/4〜2007/3
57.40

2007/4〜
41.50

2008/4〜
43
 

伊英仏スペイン語 13:30〜 4h   


ミニバン

マルメゾン城、プティ・マルメゾン見学。庭園自由散策。


 
 
催行元 コース番号 催行曜日
■催行なし
大人 子供 ことば 出発 所要 ホテル送迎
Paris Vision社
Napoleon’s tour : Malmaison + Arch of Triumph + Invalides 

ナポレオン・ツアー:マルメゾン城+凱旋門+アンヴァリッド 

+NJ
 
2006/4/1〜10/31

2007/4/1〜10/31

2006
155euro

2007
149
 

4-11歳
108.50

2007
104.30

伊英仏スペイン語  2007
8:30
10h 送迎あり  


ミニバン

マルメゾン城(ガイド見学)、サン・ジェルマンアンレー(城見学)

ランチ(ドリンクつき、シャンゼリゼ・凱旋門近くのレストラン) 

凱旋門、 アンヴァリッド(クーポラ見学)、軍事博物館(入場可)


 
 
  

トップ > イル・ド・フランス地方 > Rueil Malmaison リュエイユ・マルメゾン