トップ > イル・ド・フランス地方 > Meudon-la-Foret ムードン・ラ・フォレ のホテル
  
イル・ド・フランス
地方に戻る
Meudon-la-Foret ムードン・ラ・フォレ のホテル
   
18 Jan.2009 経験談追加
 

 
Hotel Forest Hill Paris Meudon-Velizy ★★★ オテル・フォレスト・ヒル・パリ・ムードン・ヴェリジー
http://www.foresthill-hotels.com/meudon-velizy/index.html

(宿泊時期) = 2008年10月下旬

(泊数) = 1泊

(部屋のカテゴリ) = シングル

(部屋の階&立地) = フランス式3階

(部屋について(雰囲気など)) = 日本のホテルのシングル・ルームほどで、やや手狭。
床でスーツケースを開くことができず、セミダブルのベッドの上で開けた。

(部屋の家具・備品) = ベッドはセミダブル。机があるが狭く、物を書くには適さない。
机の隅に液晶テレビがあるが、うまくチャンネルが合わなかった。
モーニングコールは、このテレビが自動でつき、アラームが鳴る。
段々音が大きくなるので、最初鳴ったのは気がつかなかった。

(バスルーム) = 1人でツアーに参加したため、バスタブなしを覚悟したが、バスタブ、シャワーつき。
シャンプー兼ボディソープのミニボトルがあった。
お湯はたっぷり出て、バスルーム関係で困ることはなかった。

(冷蔵庫) = 冷蔵庫あり。中身はミネラルウォーター、ジュース、炭酸ジュースなど。
使用した分はチェックアウト時に自己申告。平均約3.5ユーロ。

(エアコン、クーラー) = エアコンはあるが、音がうるさく、その割に暖かくならないので諦めて消して眠った。

(部屋について、その他) = 絨毯がべたつくので、持参したスリッパを使用した。
室内は、窓を開けていてもやや暗い。

(パブリックエリア) = ロビーはツアー客25人が入るだけで満杯だった。
レストランはいくつか部屋に区切られ、用途に合わせて使っている様子。

(リフト) = あり。とても狭く、スーツケースを持っていると2人入るのがやっと。
動くたびに音がうるさく、少々怖い。

(レセプション) = 女性と男性が1人ずつ。英語可。
小銭の両替もでき、ガイドがこういうホテルは珍しいと言っていた。
ただ、あまり数がないらしく、チェックインから1時間後にはもうできないと言われた。
にこやかなので、フランスにいる気がしない。

(レセプション以外の館内施設) = レストランあり。
団体客の数に合わせ部屋を変えるのか、一番広い部屋に通された。新しくはないが清潔。

(スタッフ) = 英語可。にこやかな応対。
朝食のためレストランに向かう途中、中国語「ニーハオ」で挨拶される。
わたしが国籍不明な顔をしているせいかもしれない。成田空港ではフィリピン人と間違われた。

(宿泊料) = ツアー料金に込み。

(予約方法) = ツアーなどで指定されていた

(ホテルが決まった時期、もらえた情報) = 旅行の1週間前に郵便で知らされた。
ホテルの住所、名前、電話番号なども明記されていたが、地図はないので、どのあたりになるのか見当がつかなかった。

(ホテルへのアクセス) = ドゴール空港からツアーバスで約1時間30分。

(ホテル周辺の雰囲気) = 普通の住宅もあるので、夜に外で話をしている人の声が聞こえた。
やや山間部なので、夜間の一人歩きは暗いのでちょっと怖いかも。

(よかったこと) = ホテルから徒歩約10分のところに小さなスーパーがあり、
他のツアー客、添乗員とともにフランスで初めて買い物をした。
日本で下調べしてから行ったので、特に問題もなくよかった。
果物を買うときに自分で重さを量って袋に入れるとか、レジでは自分で商品を出すなど。

(困ったこと) = エアコンがうるさい割に暖かくならない。
やや山間部なので夜は寒かったが、厚着をして無理やり眠った。

(朝食) = チェックインの際に渡される朝食券を係に見せ、好きな場所に座って食事。ビュッフェ式。
料理は卵料理、ハム、チーズ、パン各種、かわいらしいジャム数種、コーヒー、ミルク、紅茶と盛りだくさん。
明るく清潔。団体によって部屋を分けられた。

(宿泊客の客層) = 日本のツアー団体客がメイン。あとは地元の人らしい旅行客。

(車椅子等の対応は?) = 部屋が手狭で、リフトも狭く、音や衝撃(ガクガク揺れる)があるので少し不便かと思う。廊下も狭い。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆

(他の方へのアドバイス) = 添乗員がチェックインの手続き中にスラれたり、置き引きにあったツアー客がいたらしい。
初日は特に時差ぼけで注意散漫になるので、注意するよう地元ガイドに言われた。

( 2008年10月下旬 寝酒と読書はかかせない 様)

 

  
トップ > イル・ド・フランス地方 > Meudon-la-Foret ムードン・ラ・フォレ のホテル