トップ > イル・ド・フランス地方 > La Defense ラ・デファンス 
  

La Defense ラ・デファンス

2 Oct.2013 経験談追加
27 Jul. 2014 経験談追加
数値データは再調査しておりません。
厳密には イル・ド・フランス地方に入る。

パリ副都心開発地区 ビジネスエリア
 

アクセス


ラ・デファンス駅。

路線図ではメトロ、RER、SNCF、バス、トラムと、交通の要所で便利そうに見えた。
が、その分、駅が 上下にも水平にも大きく、乗換えが大変だった。

案内板のSNCFのピクトグラムがWebのものと異なり、葉っぱにTマークや 電車の正面ではなく、右向き電車だった。最初は混乱した。

ラ・デファンス〜ヴェルサイユ・リヴ・ドロワットまで、SNCFで20 分。列車は 15分間隔。


モン・サン・ミッシェルのバスツアーに参加する日、日の出前の午前6時に地上経由で駅に向かったところ、駅の入り口付近は照明が薄暗く、柱や物陰も多く、ゴミが散在し、異臭がした。夜間早朝のラ・デファンス駅利用は、女性のみなら、複数でも絶対に勧めない。
(2013年7月下旬 だいだい武者 様)

Photo by kasai no furaibo
ラ・デファンスの交通アクセスの良さ。

シャトレ・レ・アールからRERで10分、凱旋門から3分、オペラ座から6分。

メトロ1号線は 始発。大型荷物用の改札口もあり、ベビーカーでも楽々。仮に空港から電車でも、乗換でそれほど苦労せずに到着できる。RER-Aはそれほど雰囲気も悪くなく、便利と思う。

ド・ゴール空港からのタクシーは高速だけで行ける。約40ユーロ。都心の渋滞に巻き込まれない。

メトロ以外の公共アクセスはゾーン3。間違えないように。

CNITビルには、ホテルや商業施設がたくさん。モノップ(モノプリのコンビニ版)、モノプリも入っている。食材調達も簡単。

CNITの反対側には、大型の Les quatre tempsショッピングセンターがあり、大型スーパーAuchan、Habitat、FNAC、Fnacjeux(おもちゃ屋)、Castrama(ホームセンター)、などが入っている。ブランド物でなければ、ショッピングはここで完結できる。日曜営業の店も約半数あり。

目の前が人工の広場のため、治安など問題なし。

(2010年9月 サラダエクスプレス 様)
オフィスビル街

朝は通勤客、夕方は近くに大きなショッピングモールがあるので、人通りはあるが夜は人がいなくなる。うろうろする雰囲気ではなかった。

メトロも20時以降にホテルに戻るときは、タクシーを使った。

市内からは遠いのでタクシー代はかかりそう。凱旋門から昼間タクシーにのって10ユーロ。昼間ならシャンゼリゼまでメトロ1本で行け、便利。 夜遊び派や買い物メインだと大変かも。

(2005年12月/2006年1月  四国産らぶらどーる様)
トラム2号線で、メトロ1号線のラ・デファンスまで行った。
車窓から見える景色がパリ市内とは違って、面白かった。 

(2011年9月 あいまいモコ 様)
メトロ1号線の始発駅。
バス73番が走っており、観光にはどちらも便利。
(2009年2月 さまよえるchild 様)

メトロ1号線の始発駅。コンコルドまで10駅。乗り換えてオペラ座まで25分。
(2006年1月 人形 hs 様)
ラ・デファンス駅が近づくにつれ、サラリーマン風の人が多くなる。大きな駅で、RERやメトロやら色々乗り入れてはいるが、新凱旋門までの案内がいたるところに表示してあり、迷うことはなかった。

パリ中心部には なかなか無い、現代的な建築。普通の凱旋門よりもこっちの方が上ってみたいなあ、でも結局上らないのだが。

3つの凱旋門が一本の線になっていることを確認して、駅へ戻る。 
(2006年6月 miffy\patty 様)







見どころ

Musee de l'Informatique 情報館 (コンピュータ博物館)
2008年オープン
http://www.museeinformatique.fr/

 
 

 
 
 
グラン・ダルシュ 新凱旋門
1, parvis de la Defense  92044 Paris La Dafense cedex
http://www.grandearche.com/
4〜9月 10〜20時 、  10〜3月 10〜19時
大人 9euro、 18歳未満 7.5euro    6歳未満、障害者 無料

Photo by aoi me no kapu chan


 
 
ラ・デファンスの広場。

遠くに見える凱旋門を眺めながら、広場でダンスのパーフォーマンスをしている音楽を聞きながらゆったりできた。
(2010年5月 香西の風来坊 様)
新凱旋門から凱旋門を見たくて行ってみた。
門の前の階段から写すと凱旋門の形が捉えられて嬉しかった。
(2005年7月 青い目のカプちゃん 様)

Photo by aoi me no kapu chan


パリのモニュメントをすべて眺められる光景が素晴らしかった。
(2008年8月 モトリョミン 様)
(アクセス方法) = メトロで

(入場料) = 大人9ユーロ

(内部の雰囲気や感想) = かなり大きくて、ビックリした。カメラに収まらなかった。
しかし観光客に人気が無いのか?ガラガラ。駅やグラン・ダルシュ前の階段には沢山人はいた。

周辺にアジア人が一人もいなかった。土曜の昼だったので危険な感じはなかった。

展望台は、ただ屋上から外を眺める。凱旋門もすごく小さくしか見えないし、景色はたいしたことがなく、ちょっとガッカリした。9ユーロもしたのに・・・。トイレは無料。きれい。

(所要時間) = 約30分

(飲食店&ショップ情報) = 売店は結構広く、品揃えはまずまず

(2008年1月 ピンクあらもーど 様)

パリのモニュメントをすべて眺められる光景が素晴らしかった。
(2008年8月 モトリョミン 様)

パリ中心部には なかなか無い、現代的な建築。普通の凱旋門よりもこっちの方が上ってみたいなあ、でも結局上らないのだが。

3つの凱旋門が一本の線になっていることを確認して、駅へ戻る。 
(2006年6月 miffy\patty 様)


ショッピング

La Defense駅 4 Temps
駅直結。日本のショッピングモールのように、ひととおり揃っている。
http://www.les4temps.com/
アクセス http://www.les4temps.com/W/do/centre/acceder-au-centre
メトロ1号線、RER Grande Arche de La Defense 下車

バスを利用して近場の観光地のみならず、ラ・デファンスやイタリー2などのショッピングセンターにも思い切って足を伸ばした。

家族めいめいが、時計店、雑貨店、FNACなど、待ち合わせ時間を決め別行動で動けた。家族それぞれが満足できる買い物時間がとれたことは、パリ中心部にいただけでは味わえない貴重な体験だった。
(2013年8月中旬 温泉たまごと納豆ごはん 様)
大型の Les quatre tempsショッピングセンターに、大型スーパーAuchan、Habitat、FNAC、Fnacjeux(おもちゃ屋)、Castrama(ホームセンター)、などが入っている。ブランド物でなければ、ショッピングはここで完結できる。

日曜営業の店も約半数あり。
(2010年9月 サラダエクスプレス 様)

ラ・デファンスのオーシャンで買った湯たんぽ。天然ゴム製。まるで日本の氷枕のように柔らかい形状。デスクワークの際に膝の上にのせて使用するのに具合がよく、大変役立っている。

(2013年8月中旬 温泉たまごと納豆ごはん 様)
7月最終週でセールの最後のせいか、あまり品物が選べないのと、
ラファイエットなど、土曜日は大混雑だった。

逆に、8月に入ってから帰国直前にラ・デファンスの4tempsへ行ったら、品物も多く、人も少なくゆっくり買い物ができた。

(2012年7月 たけ12 様)
4 Tempsは、一カ所でH&MやZARAなども含め、色々なチェーン系ブティックが揃い、巨大スーパーのAuchanもあった。土産まで何でも揃うのが便利。しかもレ・アールよりも客層が良かった。メトロ1号線の終点で駅直結。

(2008年12月/2009年1月 tamago7 様)



CNITビル


CNITビルには、ホテルや商業施設がたくさん。モノップ(モノプリのコンビニ版)、モノプリも入っている。食材調達も簡単。

(2010年9月 サラダエクスプレス 様)



その他


今回はホテルをデファンスにとった。
巨大スーパーマーケットがあって、水やパンとかの食品だけでなく。メール・プーラルーのクッキー、カマルグの塩など、土産に最適な物を安く入手できた。
(2009年8月 Rocky 2002 様)
ラ・デファンスのマルシェ・ド・ノエル

パリ付近では最大規模と知り、初めて行ってみた。

新しい建物が建ち並ぶ中、新凱旋門をバックになかなか絵になる光景だった。
店で売られているものも、シャンゼリゼの屋台よりも良く見えた。
(2012年12月 azumi@az 様)



 
 
 
  

トップ > イル・ド・フランス地方 > La Defense ラ・デファンス