トップ > イル・ド・フランス地方 >  Auvers sur Oise オーヴェル・シュル・オワーズ > アクセス
  

オーヴェル・シュル・オワーズに戻る
Auvers sur Oise
オーヴェル・シュル・オワーズ
 (オーヴェール・シュル・オワーズ)
アクセス
            
27 Apr.2008 再調査、経験談追加
1 Aug./ 25 Dec.2011 / 31 Dec.2013 経験談追加
6 Jul.2014 経験談追加


 

列車の便にかたより、ばらつきがある。
あらかじめ、時刻表をオンラインで調べておいた方が良い。(列車 参照)

・見所(入館)は、閉っている時期・時間帯・曜日がある。空振りになりたくない場合、事前に確認。

また、ネット上の告知と異なっている場合があるので、現地でも最初に観光局などで最新情報を確認。

・名所といっても歴史や芸術におけるバックグラウンドを知っていないと意味がない土地だ。本など事前に読んでいくほうがよい。


・親・子連れの人、短期滞在の人、長く歩いて疲れる人は、ツアーも効率的なので、ツアーでもよい。

・フランスでの鉄道・郊外旅行初心者には 個人ではやや行きづらい。


 

パリから

RER C線  Pontoise ポントワーズ方面行き、 Saint-Ouen-l'Aumone 乗り換え。  Auver-sur-Oise オーヴェール・シュル・オワーズ 下車。

 

SNCF パリ・ノール駅(北駅)Gare du Nord 駅から 
  Valmondois方面いきで Pontoise ポントワーズ 乗り換え 15分 Auver-sur-Oise 下車

春夏シーズンには 一部 直行臨時列車がでることがある。

SNCF サン・ラザール SNCF Gare St Lazare 駅から 
  Pontoise方面いき Pontoise ポントワーズ乗り換え
  ValmondoisかPersan-Beaumont 方面いきで  15分 Auver-sur-Oise 下車  1時間

観光局
http://www.auvers-sur-oise.com/heading/heading549.html


セット券   フォルフェ 鉄道+印象派絵画記念館(オーヴェール城)  の切符
http://idf.sncf.fr/FR/TouAuv.htm

Forfaits Chateau d'Auvers-sur-Oise

パリから 10歳以上 14.60ユーロ  6〜9歳 8.70ユーロ




(アクセス方法) =   サン・ラザール St. Lazare駅 からSNCFで、所要 約1時間半。


切符
サン・ラザール駅の窓口で、往復切符を購入。英語が通じた。大人 11.6 ユーロ。
購入時に「何番線に乗るの?」と聞くが「判らない。そのうち画面に出てくるからそれを見て。」と言われた。

ホーム
予め、乗換駅や降車駅などを調べてあったので、まずは駅の掲示板で、乗り換え駅の ポントワーズ Pontoise 行きを探す。10:57発があると判るが、まだホームの番号は出ていない。
軽食を調達したりして時間をつぶしていたら、やがて11番線と表示されていた。

刻印。
切符に印字をする小さな箱形の機械に切符を通し、ガチャンと印字をする。

列車
車内は空いている。そのうち、男性が、座席に1枚ずつ名刺大のカードを置いて去って行った。「私は失業中ですが家族が何人、子供も何人いて、お金に困って いて云々...」と施しを求める紙。触らずに放っておくと、やがて同じ人が回収しにきた。ちゃっかり再利用しているらしい。

http://www.france-tourisme.net/p-trouble/p-trouble-train.htm
http://www.france-tourisme.net/p-trouble/p-trouble-RER-case4.htm


11:57 St. Lazareをでて1時間、乗り換え駅のPontoise 着。

さらにホームで時刻表をしらべると12:01発の列車があるらしい。急いで11番線に移動。
Valmondoi, Persan-Beaumont, Creil行き。

15分後、オーヴェル・シュル・オワーズ Auver-sur-oise着。

わずか1時間しか離れていないのに、田舎の雰囲気。ホームで帰りの時刻を調べておく。16:35、 16:40、 17:05あたり(当時)に目星をつけておく。

ホームを出ようとすると、夏の間だけのパリ北駅-Auver sur oise直通列車の案内ポスターが貼ってあった。

「(2014年)4月5日〜11月2日までの WeekendとBank holidayに運行、9:38Paris-Nord発、18:25、Auvers-sur-oise発」と記載あり

(2014年6月 秋林檎 様)
(アクセス方法) =  行きは宿の近くの RERのC線 Pereire-Levalloisから乗り、Saint-Ouen-l'Aumoneで乗り換え。階段を降りて隣のホームに。

小さい電光掲示板に出発時刻、電車名、ホームなどの表示が出た。駅にトイレは見当たらず。パリから Auvers sur Oiseまで所要1時間。電車は本数が少なく1時間に1本程度。

帰りも同じように帰るつもりだったが、Saint-Ouen-l'Aumoneの駅で、予定の電車が来なかった。アナウンスがあったが言葉が分からないの で聞き取れず。車両トラブルがあったようなので、仕方なく次に来た Gare du Nord 北駅行きに乗った。行きのC線で買った往復切符で、そのまま改札を出られた。

(2013年8月中旬 サクラサク 54 様)
St.Lazare駅 〜Pontoise乗り換え〜 Auvers sur Oise へ行くつもりで、往復切符 10.80ユーロ 購入。しかし、2011年10月時点で Conflans Ste Honoise駅からPontoiseまでが工事中。その区間はバスに乗り換えてくれと窓口で言われた。

どこ行きの電車か忘れたが、Pontoise ポントワーズに行く電車へ乗り、Conflans Ste Honoiseで電車が停止。

バスへの案内の表示はないだろうと思ったが、案の定ない。とりあえず人の波についていって改札まで行ったは良いものの、 St.Lazare駅で買った切符を改札に通しても、エラーで出られない。駅員に聞こうにも、窓口に誰もいない。駅も移民が多く治安の良い空気ではない。 早くここから去りたい!と思いながら、しばらくホームや改札、階段をウロウロ・・ようやくホームで駅員を発見、バスを探している旨を伝えた。 「着いてき て」と案内してくれて車椅子用の、常時開いている改札を通って外に出る(なんだ開いていたのか・・!)。

バスは、すでに停車中。「あのバスだよ」と教えてもらい、礼を言って乗り込む、切符も何にも見せない。観光用のようなバスは、同じ電車に乗っていたと思われる乗客で、満員。Pontoiseに到着するまでに2つの停留所に停まった。駅と、バス停だったと思う。

30分ほどで ポントワーズに到着。おそるおそる改札でサン・ラザールで買った行きの切符を改札に通す。入れた!

案 内板で オーヴェル・シュル・オワーズ Auvers sur Oise行きの電車を探す。そこで、パリから走っている郊外線(RER)のC線の終点が ポントワーズであることに気づいた。サン・ラザールから出発した ことを後悔・・  結局ここまでで一時間以上はかかった。

電車はわりとすぐやってきた。電車は乗客はほとんどいない。ポントワーズからは4つか5つ目でオーヴェル・シュル・オワーズへ到着。やっと着いた!と感激もひとしお。所要1時間半。



帰り
(当時)17:12発のポントワーズ行きに乗車。電車の本数は一時間に一本、15時台〜16時台は来ない、なんてこともざらなので、観光案内所で帰りの電車の時間を必ず聞いておくべき。

17:30頃 ポントワーズ駅へ到着、サン・ラザール駅で購入した帰りの切符でパリまで帰れるので、そのまま違うホームの郊外線に乗り換えれば良かったのだが、切符にRERの文字がなく不安になった。

一度改札の外に出る。窓口で「改札を出てしまったのだが、この切符で行けたのか」と訪ねると「そうだ、なんで出たの?」と聞かれた。 「これじゃダメなのかと思って・・買い直さないとだめか?」と聞いたら、係員は呆れながらも改札を通してくれた。

17:50頃発の、郊外線に乗る。パリに着いたのは19時前。
(2011年10月下旬  春沙 様)
失敗した。(私があほなせい。)

最初サン・ラザール駅から国鉄で行こうとしたが、駅の巨大さに訳がわからなくなった。メトロでPorte de Clichyまで行き、C1に乗り換え、St.Ouen lAumoneで降りた。
 
駅は高架になっていたので、階段降りて反対のホームに行けばよかったが、なぜか私はそのままそのホームから次の電車に乗ってPontoiseへ行った。昼は電車が少なくなっていて乗り継ぎに1時間待ち。
 
思えば、私が St.Ouen lAumone駅でぼーっと見ていた反対ホームの電車に乗ればよかった。でもPontoiseまで行っても、結局同じ電車に乗ることになるんではないか。

オーヴェル〜の駅は無人駅で、こわれかけた切符販売機が一台あるきり。スムーズに列車に乗るためにも、パリで往復切符を買うことをおすすめ
 

滞在時間は4時間ぐらい。スケジュールは、ゴッホ記念館見学 →ミュゼ・ドーヴィニー見学 →オーヴェル城見学 →ゴッホの墓・教会。

途中の案内所で帰りの電車の時刻を聞いて、それにあわせて行動した。
(Luck Araki  様 2000年?)
 

行き

SNCF パリ・ノール駅(北駅)Gare du Nord 〜St.Ouen lAumone乗り換え 〜Auvers sur Oise下車

北駅で切符は Forfaits Chateau d'Auvers-sur-Oise(フォルフェ券)を紙に書いて見せたら、あっさり買えた。

城の入場券、電車の切符(往復で1枚)の計2枚とケースが手渡される。この入場券と切符はメトロの切符と同じ大きさ

ホームが分からず、たずねたら、窓口の女性に今日か?とたずねられた。そうだというと一番近い時間の発車時間、電車番号、乗り換え駅を調べてくれて、印刷したものをくれたので非常に分かりやすかった(発車ホーム番号は手書きで書いてくれたこのときは、36番ホームだった)


------------------------------------------
(印刷してくれた内容)
De:PARIS NORD BANLIEUE  A:AUVERS SUR OISE
Depart le 曜日 ○/○/2008

09h59 PARIS NORD BANLIEEUE 23551
10h41 ST OUEN L AUMONE     OPOC

11h01 ST OUEN L AUMONE     21085
11h12 AUVERS SUR OISE      TRIA
------------------------------------------

ホームの入り口はメトロの自動改札風で電車の切符(ごちゃごちゃ書いてあるほう)を通す。

電車は2階建ての比較的きれいな電車だったが、人は少なくガラガラだった。

St.Ouen lAumone駅で下車、Auvers sur Oise行きのホームを尋ねたところ、向かいのホームだということで、階段を降りて向かいのホームへ。

他のホームは数字だったが、Auvers sur Oise行きは「C」ホームだった ホームのかなりはじの方のTV型の出発案内にもちゃんと時間が表示されてあった(しかし逆光のせいか見辛かった)。

少々ガラの悪そうな電車に乗り換える(電車に落書きされている)
 

帰り
SNCF Auvers sur Oise〜 Pontoise乗り換え 〜Gare St Lazare下車

帰りにAuvers sur Oiseの駅で切符を刻印機に入れてみたがエラーになった。往復で1枚だったので入れなくても良かったのかは分からない。

Pontoiseはホーム数が多い。慣れていないと乗り換え時間が5分以内だと難しい。ここも、少々見づらいがTV型の出発案内に時間が表示されていた
 

駅にオーヴェル・シュル・オワーズの地図は無いと言われた。駅を背にして駅前の道を左側に歩いて500mくらいいくと、観光案内所あり。
(2008年4月 シルクドプジョー 様)
 
 
 

メトロで北駅へ 改札に案内所があるので切符売り場を聞いた。一度改札を出て(メトロの切符が要るから捨てずに持っていてください) 切符 売り場で10分ほど並ぶ。みんな整然と並んでいて、焦ったり、お金の出し入れに不安に感じたりすることはない。往復4.7ユーロx2。

日曜だったので 北駅9:56発〜10:28着の直行便あり。発車20分前くらいにならないとホームはわからない。改札の案内所でまた尋ねた。まだ次の次だけど32番と言われた。

20分前になってもホームにはspecial trainとしか出ていない。2階建て電車、がら空き。

Auvers-sur-Oiseの駅に着いたとき、観光案内所の人がpassのパンフを持って、みんなに配っていた。地図も載って
いる。
 
 

Auvers-sur-Oise駅は無人。道ばたに近いほうのホームに券売機があり、それに刻印機能もある。切符は持っていたので刻印だけした。一旦吸い込まれるが、ちゃんと下から出てくる。

18:19発18:52着の直行便を待っていたところ、仏語で放送があった。仏人でさえよく聞き取れなかったようで、駅にいたおよそ30人 がわかった?なんて?電車来ないの?と聞き合っていた。結局一人の仏人が救急用(たぶん病院用)の黄色いロケットみたいな呼び出しから、何が起こっている か国鉄に聞いてくれ、と頼んでいた。

結局来ないと言うことが判明して、ホームの列車案内モニタで、次の電車が早く来る側から一駅 Valmondoisまで行き北駅行きに乗り換えた。大変親切な仏女性が私も北駅まで戻るからと同行させてくれて、20:00すぎに北駅。

 駅の隣?でアトリエをやっている男性がいます。が、この人は電車が来ようが来まいがそのことには全く無関心で、仏人が何か聞いていましたが、え?さぁ…といった様子。

(2006年7月 216の左様)
 

近くて遠い。マヌケな私には、大変遠かった。 
 
メトロ パリ北駅で、切符売り場をさがした。英国旗のついた窓口が開いていなかったので仕方なくフランス語で交渉した。

パリ北駅とオーベルシュルオワーズの往復切符、オーヴェル城に入れるチケットがセットになったもの(当時、現在は発売終了)を買った。マイナーなセットらしくて係員同士でやりとりをしていた。

無事発券できて、切符を二枚もらった。一枚は往路の切符とオーヴェル城の入場券で、もう一枚は帰るときの切符だ、と説明されたような気がしたがフランス語なので自信はない。チ

チケットは綺麗なケースに入れてくれた。けれど帰国して片付けている時によく見たら「ヴェルサイユ宮殿の割り引き券」と書いてあったので笑った。
 
購入後、地上階にある案内所に用事があったので行った。すると地上階の切符売り場では、英国旗マークのある窓口も開いていた。
 
ポントワーズ方面に行きたいのに、わからず係り員に聞いたら電車がたくさん停まっているそのホームではなく、別のところから出る電車に乗るように言われた。言われた通りに進むと、自動改札があった。そしてポントワーズ行きの電車があった。
 
終点のポントワーズまで行って乗り換えるだけなので、旅の前半も70%終わった、と安心した。電車のドアは始発だからか全部開けてあって、出発する時に自動的に閉まった。電車の中は空いていた。
 
ポントワーズに着くと、同じ電車に乗っていた人がこんなにたくさんいたのかと驚くほど、ホームがいっぱいになった。流れに沿って陸橋を登り、改札を出ようとした。その時、手元の切符はオーベル城の入場券にもなるから自動改札で回収されたら困るなと思い、立ち止まった。

すると親切な親子連れが、改札の外から何か話しかけてくれた。フランス語だったのでわからず、切符を見せたら、改札の外から中へ通して、手で改札が通れるように開けてくれた。

「めるしーぼくー」と感謝の言葉を言いながら、歩き始めた。しかし。いったい私はどこに向かって歩いているのか。ここまで来て気づいた。わたしは改札を出るのではなく、乗り換えなければならなかったのだ。がーん。

さっきの切符ではもう自動改札を通れないし、困ったのでポントワーズの駅の周辺を歩いてみた。するとチケットブースと自動券売機があった。券売機でオーヴェル・シュル・オワーズまでの切符を買おうとしたのだが、どうやっても買えない。

仕方ないので券売所に並ぶことにした。6番目だから相当待った。でもその間に、フランス語でわたしの身に起こったことを説明できるように、単語を調べた。

☆文字化け

11番線よ」と何度も言ってくれた。この女性の親切に涙が出そうになりながら11番線をさがした。この電車は、手でドアを開けて閉めて乗った。椅子に座っ てから、切符がいくらだったのかなと小銭入れを確認すると、さっきまではなかった1ユーロ硬貨がある。そこで気づいた。女性は、私の財布から50セントを 2枚取って、1ユーロ1枚に両替してくれたのだ。なんて親切なんだろう。感動した。そして女性が発券してくれた切符には、.0.00ユーロと書かれてい た。そうだったのか〜。ようやく今度こそオーヴェル・シュル・オワーズについた。帰りの電車の時間を確認する。


帰りに、駅の券売機で切符に刻印しようと思った。が、どこに切符を入れればいいのかもわからない。入れられそうなところに差し込んでも反応がない。あきらめた。

刻印していなかったからだと思うのだが、パリ北駅から出る際、自動改札にひっかかった。それで 「この切符で出られないんですけど」と係りに言うと「外に 出たいだけ?」と聞かれた。 「そうだ」と答えると、あっちの出口から出てくれ、と言われた。そこは切符なしで自由に出られる改札だった。(入ってくることは できない)。
 
オーヴェル・シュル・オワーズで切符が買えなくて困っている客を何人か見たが、あの人たちはもしかしたらこのドアから出たかも知れない、と想像した。アバウトな国だな〜 いいなぁと思ったひとときだった。

(2008年 イエローみよごん 様)
オーヴェル・シュル・オワーズへの切符。、“田舎駅で復路切符の入手が困難なので、往復チケットを購入するように”という、ふらつーのアドバイスを目にしていたにも かかわらず、自販機で50パーセントの割引価格で手に入れられたのに気を良くし、うっかり2、3ユーロの片道切符だけを握り締め、向かってしまった。

帰る段になり、駅に人は居ないは、自販機にはコインが入らないは、カードは飲み込まれるものの、さっぱりチケットは出てこないは・・で困った。

(2005年8月 にゃん429 様) 

(自分が訪問したときは)Pontoise駅で乗り換える時、オーヴェル・シュル・オワーズ駅行きは、12番ホームの端、反対側の11番ホームからだった。

(2005年5月 茶柱73号 様) 

北駅から郊外線でPersan Baumont行き、Vordemonで乗り換えて Auver sur oise へ。所用約1時間。
 
帰りはPontoiseで乗り換えてサンラザールまで。
 

特に難しくはないが、Auver sur Oiseからは電車の本数が多くない。帰りの時間はチェックして行ったほうがいい。行く前にSNCFのホームページで調べ、とても役立った。
 
(ビアンカ75020様 2003年10月)
 

オーヴェル・シュル・オワーズ&ジヴェルニー、自力で行こうといろいろガイドブック等で調べてみたんですが、「オーヴェル〜」からはタクシーを利用しないと無理みたい。電車だとサン・ラザール近くまでいったん戻らないとダメみたいなのでOPツアーを利用。 (めぐみ様)
オフシーズンに一人で行くのは (往復の電車が)危険かも。あまり見所もない。
(2005年10月 アレジアしとろん 様)

 

 
 
 
トップ > イル・ド・フランス地方 >  Auvers sur Oise オーヴェル・シュル・オワーズ > アクセス