トップ > その他の地方 >  ローヌ・アルプ地方 > シャモニ・モンブラン Chamonix
  
ローヌ・アルプ地方に戻る
Chamonix, Monc Blanc
シャモニ・モンブラン (シャモニー)

23 Nov.2011 / 11 Mar. / 1 Sep.2012経験談追加

4 Oct.2015 経験談追加

数値情報は再調査しておりません。


やはりモンブラン山系の眺望。
シャモニの町からも眺めることはできるが、エギィユ・ドゥ・ミディの頂上の展望台からの眺めは、別格。(2012年8月  tarte aux fruits de saison 様)




シャモニの山。
氷河を初めて見たときの衝撃は忘れられない。本当に圧倒された。たった3日しかいなかったのに、あの山々にとても愛着心を持ってしまい、 離れるのがさみしくて仕方がなかった。
(2005年8月 どんぐり・べりりん 様)

シャモニーは天気にも恵まれ、本当に最高だった。展望台からも街からも雲なく、すばらしい景色。
(2007年5月 やなーぎんぎん 様)


ハイキングが目的の旅だったが、スイス領とは違って、おしゃれな山の町という印象。
( 2007年8月 たかともこ 様)


モンブラン一周レース。ウルトラトレイル ツール・ド・モンブランが開催されていたシャモニも、
レースを盛り上げていて良かった。
(2010年8月/9月 山岳耐久シトロエン 様)


モンブランが見えて昼間はすごい人が居るが、夕方近くになると(といっても21時頃にならないと暗くならないが) 外にテーブルが出ている席で食事をする音が気持ちよく、避暑地という感じでゆったり気持ちよく過ごせた。
 (2006年7月中旬/下旬  ピノコのたまご 様)
 

現地で案内などはあまり出ていない。予備知識なしで行くと戸惑うかもしれない。ホテル内にも細かい情報の載ったパンフなどはなかった。事前にホームページやガイドブックをよく見ておいた方がいい。
(2006年10月 スシチャイニーズ 様)




 

もくじ
お役立ちURL[24 Sep.2007]
シャモニ観光局
アクセス1 列車 その他(解体中)[1 Sep.2012]
アクセス2 エア [1 Sep.2012]
アクセス3  ジュネーブ空港-シャモニ[1 Sep.2012]
アクセス4 車
アクセス その他
 パリ〜(スイス)ジュネーブ〜シャモニ
 (イタリア)アオスタ〜シャモニ
 (イタリア)クールマイユール〜シャモニ
   他国 クールマイユール 参照
 アヌシー〜シャモニ
   アヌシー>アクセス参照 [4 Oct.2015]
 パリ〜エクス・レ・バン、リヨン〜シャモニ
 
悪天候、予備日など[12 Mar.2012]
ホテル
レストラン[10 Oct.2009]
リフト、ケーブルカーなど展望台
[4 Oct.2015]
日帰りツアー[18 Jan.2003]
ハイキング[23 Nov.2011]
アクティビティ(スキーなど)[1 Sep.2012]
 
山頂や展望台・高地での諸注意
服装 → 準備編 服装 参照
一年中必要なもの: サングラス、日焼け止め、防寒具

 
 
 

 



その他仮おき


 
夏期限定 モンブラン・マルチパス Multipass
ウェブで購入。SNCFのChamonix- Mont-Blanc駅の線路を挟んで反対側にあるモンタンヴェール鉄道の駅の窓口で交換(ウェブ購入時に届いたメールを見せた)した。

自宅への郵送も可能だったが、購入から出発まで時間があまりなかったので、安全のため現地での交換を選択した。マルチパスはSuicaやPASMOみたい なプラスチックのカード。ロープウェーや鉄道の乗り場にデパートの出入り口にある万引き防止のシルバーのボードみたいなのが設置してあるので、それにプラ スチックのカードをかざす。
( 2012年8月中旬 tarte aux fruits de saison 様)


マルチパスでミディ、ブレヴァン、グランモンテ、プラリオン、バルム、ボソンのゴンドラ(やリフト)とトラムドゥモンブラン、登山電車に乗り放題。全て何度乗ってもOKとのことだったので、ミディには3回上った。滞在日数が長ければ割安になりお得なようだ。
大人7日間で90ユーロ
(2009年8月 はりきり宰相 様)



「7、8月はものすごく混む」と何を見ても書いてあったので、」をネットで購入し(カード決済)、ロープウェイを予約した。このパスだとシャモニー周辺のロープウェイなどが乗り放題になり、エギーユ・デュ・ミディへ
のロープウェイの予約(乗車の1週間前から予約が可能)や、ミディから展望台へのエレベーターも無料。

連続 2日間乗り放題が52euro、3日間が66euroとかなり安くなる。2日半の滞在だったが、天気のことも考えて3日間を購入。
(2007年8月 たかともこ 様)
 
 
 

大変重宝。 7時前にエギュイユ・デュ・ミディいき切符売り場に行くと、モンブラン・マルチパスの36時間パスを勧められた。

2日間パスを購入するつもりだったが「朝7時から36時間だと翌日の19時まで使えるし(大体どこのロープウェイも夕方17時半には下り最終便が出るのでそれ以上買っても意味がない。) 10ユーロ安い。」と言われた。朝一に買って丸々二日間使い回しするのが一番お得。

36時間パスは 大人51ユーロ、ジュニア・シニア(12〜15、60〜)43.4ユーロ、子供(4〜11)35.7ユーロ、家族券(大人2人と15歳以下の子供2人)153ユーロ。

購入時に3ユーロのデポジットがつくけど、使い終わって返しに行くと戻ってくる。またこのパスがあればエギュイ・デュ・ミディの予約金2ユーロは無料。(私達が行った時は混んでなかったので予約無しで乗れた。)

試算すると
・パスを使わずにエギュイ・デュ・ミディへ行くには35ユーロ。
・モンタンヴェール、メール・ドゥ・グラスは22ユーロ

これだけで元が取れた。

このパスは各リフトのチケット売り場で買える。デポジット返還はどこの売り場でも対応。

※エギュイ・デュ・ミディからイタリア側のエルブロンネへ行くゴンドラは別料金。それ以外のシャモニー・モンブランの殆どのリフト、登山電車、エギュイ・デュ・ミディの頂上テラスへのエレベータなどはこのパス一枚でOK。  

(2005年8月中旬 More Green様)


 
 
 
カルト・ドット(ゲストカード)

シャモニーの宿泊施設にチェックインと同時に”無料”で作ってくれる。夏はセルヴォーズからル・トゥールまでの谷の路線バス、国鉄に無料で乗れ、公共施設(プール・スケートリンク・博物館など)や駐車場を割引料金で利用できる。

シャモニーの街から離れたグラン・モンテやバルムに行く人には特に便利に使える。時刻表は観光局で貰えます。(グラン・モンテは昼休みがあって、昼に着いてもリフトに乗れないので要注意)
(2005年8月中旬 More Green様)


 
 
クリスマスシャモニーのクリスマスイルミネーション。

シャモニーでの大雪の中の、素朴なイルミネーション。

サン・ミッシェル教会内でのパイプオルガンのたぶんクリスマス前の練習中だと思われるが、シンプルでこぢんまりとした教会内に荘厳な音が響き渡るのを聞くと、心が洗われた。

エギィユ・デュ・ミディ、モンブランなどを見渡せるブレヴァンのゴンドラ終着点からの眺め。大自然の迫力を堪能した。

シャモニーのクリスマスイルミネーション。
雪降る中、素朴でシンプルなイルミネーションがきらきらして暖かな気持ちになった。
観光局前の広場では樅ノ木に飾りつけがあり、22日の夜からクリスマスの催し物のための舞台づくりが、進行しつつあった。

さらに子供たちのオーケストラか鼓笛隊的な演奏があるようで、楽器を手にした子供が集合し、練習で音を鳴らしていた。準備風景を見ていると、こちらもわくわくしてきた。


(2011年12月 うちゃぎ@Lapin 様)




スキーで怪我 首の捻挫 シャモニの病院


レンタルスキーに問題があり顔面から転倒、翌日具合が悪くなった。
そのためホテルに病院をいくつか紹介してくれないかと聞いたところ、「シャモニには1軒しかない」とHopital du Mont-Blanc を紹介された。

バス停 シャモニーセンターより02番のバスに乗りバス停Hopitalで下車。病院の前にバス停がある。1時間に1本程度しか便が無いので、時間を確認してからバス停に向かうとよい。

病院入り口を入って、「エマージェンシー」と案内が出ているのでそちらへ向かった。
病院の奥に向かうと、受付があった。受付の女性は英語可であった。受付の方は「少しなら英語わかるわよ」といっていたが、コミュニケーションは十分に取れた。
受付には数ヶ国語対応の記入用紙が用意してあった。日本語もあったが日本語のローマ字表記であった。
例えば、「姓」→「Myoji」、「名」→「Shitanonamae」といった具合。
中には間違いもあり、「携帯番号」は「Keiteibango」、「郵便番号」にいたっては意味不明なアルファベットが並んでいた。しかし不明なものはフ ランス語の記入用紙や英語の記入用紙と比較して見るとわかるので、わからないものは「これ、わからないんですけど」と受付の方に言えば解決できる。ついで に、郵便番号と携帯番号のローマ字表記は訂正を入れておいた。

医師、レントゲン技師共に女性でこちらがフランス語がわからないとわかると英語で話してくれた。しかし、早口かつなまり(フランス語交じり?)があり、そ もそもこちらの英語力が乏しいため、100%は理解できなかった。しかし、薬の飲み方などについては、念押しでこちらから確認をして、間違いの無いように 気をつけた。

診断は首の捻挫。首に巻くカラーと筋肉の弛緩剤と痛み止めを処方された。

医師の診断書と処方箋を支払いの時に受け取って終了。支払いは、クレジットカードが使える。病院でもらった処方箋を市中の薬屋に持って行き、薬などを購入する。


Hopital du Mont Blanc
住所:509 Route des pelerins 74400
電話:04 50 53 8400 (要確認)

(2011年12月 おいら悪い妖怪じゃないよ 様)


※管理人補記 
海外旅行傷害保険に加入している場合は、個人で病院にいかず、保険会社の指定連絡先にまず連絡してください。



 
 
 
観光局の日本語対応
 

担当者は日本語堪能な女性。夕方16時頃からオフィスの閉店までだけですが、ほぼ毎日いた。団体旅行でスケジュールが決まっているのでなければ、シャモニーに着いたらまず観光局に行くことをすすめる。

各種日本語パンフレットを山ほどもらって、適切なアドバイスをもらえる。日本人が作った手作りの日本語地図もあって重宝。

私達は中3日間が観光できる日だったのですが、「36時間パスを買った」と言うと、「料金の高いところはパスで行って、パスの切れる3日目は料金の安いバルムへ行ったらいい」とアドバイスしてもらった。

お盆のことも知っていたし、ユーモアがありソフトでとても気持ちのいい人。もし女性がいなくても、英語で「日本語のパンフレットをください」と言ってしっかりもらって来ましょう。

各山ごとのポケットサイズのガイドをくれるので、重い日本語ガイドブックは持ち歩かなくても大丈夫。

(2005年8月中旬 More Green様)



まず観光局まで行った。期待した日本人案内人は居なかった。  (くまさん 2000年4月)

冬のシャモニ観光

シャモニーでの大雪の中の、素朴なイルミネーションがよかった。
サン・ミッシェル教会内でのパイプオルガンのたぶんクリスマス前の練習中だと思われるが、シンプルでこぢんまりとした教会内に荘厳な音が響き渡るのを聞くと、心が洗われた。

エギィユ・デュ・ミディ、モンブランなどを見渡せるブレヴァンのゴンドラ終着点からの眺め。大自然の迫力を堪能した。

シャモニーのクリスマスイルミネーション。
雪降る中、素朴でシンプルなイルミネーションがきらきらして暖かな気持ちになった。
観光局前の広場では樅ノ木に飾りつけがあり、22日の夜からクリスマスの催し物のための舞台づくりが、進行しつつあった。
(2011年12月 うちゃぎ@Lapin 様)






 
展望台、個人ではやくのぼれるか、心配な人へ
 
 
エギィユ・ド・ミディ展望台への混雑についてはシステムがしっかりしていますので、普通に 並んでも多少の時間しかかからないと思います。  

1)繁忙期なら、リフトは予約ができます。 連泊されるなら、到着されてホテルか観光局か、もしくは 前の泊地のホテルのレセプショニストに予約してもらうといいでしょう。  
 
2)当日券なら、早朝いけばだいじょうぶです。   ツアーバスは9:30か10時ごろに一気にやってきます。 この前にチケットを買っておけば、だいじょーぶです。  

ただし、7,8月は朝イチに乗る、登山者、撮影者が多いそうです。
(7時だか8時だかに乗るらしい、、、ーー;元気やなー) 
 
7時の勢いがなければ^^; 8時〜9時ぐらいでどうでしょうか。。。。   私は6月に朝のろのろといきましたので、ツアーバスとまじっちゃいましたが それでも、22番リフト運行中で、私のチケットは28番、でした。 リフトはかなり大容量で、スムーズに運行しています。 40分もかかりませんでした。    

3)リフトは順番制。チケットを買えば、何番のリフトと指定されています。   よって前の土産やの絵葉書で、絵葉書ショットを研究したり(笑) コーヒー飲んでたりしました。 いくらリフト前に並んでも、チケットの番号をみせあって、先の人には 譲るので、、、、(これはでもいいシステムでした!)       

登山は天候によりますので、予約が不安なら、2)でいいと思います。 ましてシャモニに泊まるなら、あまり不安はないと思います。 

 それから、下からみて曇っていても、上(峰)に登ると はれていることが 多いです。本当の悪天候のときは、チケット売り場に、○○〜○○はリフトCLOSE と 出ています。   展望台のはなしでは、最近は風の具合がわるく、向こう側のリフト(伊側)は 欠航が夏でも週に2〜3日あるといわれました。
 


 

 
まず観光局まで行った。期待した日本人案内人は居なかった。
しょうがなくそこにいた人に尋ねると、エギーユ・デュ・ミディ山頂行きケーブルは、風のためCLOSEらしい。残念。
 
明日に期待して、今日はブレヴァン山頂へ。 ケーブルへ行くとスキーヤーばかりだ。すごく雪質もよさそうで、 スキーがしたくなってくる。

景色の方はやはり天気がよくないせいで、ガスがかかっていてモンブランが見えない。 山頂でしばらく過ごして、シャモニに戻った。
 
モンタンベール行きの列車も悪天候で行かない方がいい、と言われた。 (くまさん 2000年4月)

 
 
 
 
トップ > その他の地方 >  ローヌ・アルプ地方 > シャモニ・モンブラン