トップ > その他の地方 > ローヌ・アルプ地方 > Annecy アヌシーのホテル
  

Annecy アヌシー のホテル
26 Aug.2007 / 14 Nov.2010  / 4 Oct.2015   経験談追加


 
 

もくじ
Auberge de Pere Bise ★★★★
les Tresoms Lake and Spa Resort ★★★
Privilodges le Royal Apparthotel ★★★
Best Western Hotel Carlton
Best Western International Annecy
L'Imperial Palace ★★★★
Le Pre Carre ★★★★
Novotel Annecy Centre Atria ★★★
Allobroges Park Hotel ★★★
Palais de l'Isle
Nouvel Hotel ★★
Ibis Annecy Centre Vieille Ville ★★
Hotel du Nord
Hotel des Alpes ★★
 
アヌシー観光局 >ホテルリスト
http://www.lac-annecy.com/fr/hebergements/hebergement.php
booking.comで アヌシーのホテルを探す・予約する
appleworld で アヌシーのホテル を探す・予約する
hotelclub で アヌシーのホテル を探す・予約す



Auberge de Pere Bise ★★★★
http://www.perebise.com/
booking.comで探す・予約する

(宿泊時期) = 2013年8月中旬

(泊数) = 1泊

(部屋のカテゴリ) = ダブル

(部屋の階&立地) = フランス式地上階、湖に面した側。31号室。
部屋に行くまでに、約3段の階段を上る。

(部屋について(雰囲気など)) = 湖に面した部屋、約60平方m。

日中は日がさして明るい。湖側にテラスがある。
バスルームの窓を開けると、レストランの厨房側。

(部屋の家具・備品) = コーナーソファ、引出、クローゼット、セイフティ・ボックス、
円卓、椅子、TV。

テラスにテーブル、椅子。

(バスルーム) = バスタブあり。シャワー、洗面台2。

ルレエ・シャトーのスリッパ、ロクシタンのシャンプー、コンディショナー、
ボディシャンプー、ボディローション、ボディミトン、コットン、綿棒。
バスタオル、ハンドタオル、バスローブ。

バスルームの引き戸を開けると、部屋が見える仕組み。

トイレ別。

(冷蔵庫) = あり。シャンパンボトル、ミネラルウォーター、コーラ等。自由に動かせる。

(エアコン、クーラー) = あり。

(部屋について、その他) = ターンダウンの時、シャッター式の雨戸を閉めた。自分で自由に開閉できるが。

湖に面したテラスで、のんびりできるのが気持ち良い。

(パブリックエリア) = チェックインはレストランと同じ場所。

湖畔に面して建っているので、庭に出るとそのまま湖に入れる。

宿泊客のみ利用できるプライベートビーチがあり、そこにビーチチェアが置かれている。
部屋で水着に着替えていけば、湖畔浴ができる。

(リフト) = なし。

(レセプション) = 年配女性が、丁寧に対応。
車係りの人が、車を預かり、駐車スペースに移動。

(レセプション以外の館内施設) = 併設のレストラン。

(スタッフ) = 英語、仏語。だが、すぐに仏語になる。日本語不可。
丁寧だが、慇懃な感じではない。

(宿泊料) = 670ユーロ/泊。2人分2食付き。

(予約方法) = 個人で

(予約方法、ホテル側の対応) = レストランのサイトから予約。
2012年に泊まった部屋にしてほしい、と書くと、
できるだけリクエストに沿うようにするという返事が来た。
実際その通りになった。

(ホテルへのアクセス) = レンタカーで。TGVアヌシー駅からだと、タクシーで約30分。

(ホテル周辺の雰囲気) = 湖畔に立っており、隣に1軒、4つ星ホテルがある。

昼は観光客が大勢いるが、夜はとても静かになる。
周辺には店がないので、外を歩いている人もいない。

(ホテルの選択基準) = レストランで食事をしたかったから。
町から離れておりここに泊まらざるを得ないが、部屋もとてもきれいで快適なので。

(よかったこと) = 食事した後に、移動しなくてもすむのは楽。
部屋にテラスがついているから、朝も夕方も、テラスでのんびり過ごすことができた。

(朝食) = 湖畔の庭で、ビュッフェ形式。

玉子料理は好きな形で。オムレツ、茹で玉子、スクランブル・エッグ等。

ソーセージ、マッシュルーム炒め、スモークサーモン、シュルキトリー、
ゴーダチーズ、自家製パン数種、ヨーグルト、ケーキ、ジュース、コーヒー等。
味は申し分なく美味しい。主に宿泊客が食べていたが、中には対岸から自家用ボートできて湖畔にボートを停め、食べて帰る人もいた。

(宿泊客の客層) = 中学生位の子供連れの家族、20代から70代位までのカップル。

(支払い方法) = クレジットカード。

(車椅子等の対応は?) = リフトがないので、難しいかも。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 子供は場違いだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆

(他の方へのアドバイス) = 周辺には、隣のホテルのレストラン以外に食べるところがない。
このホテルで食べるために、ここに泊まると考えていた方がよい。

湖畔浴が自由にできるので、水着は持っていくべき。レンタル水着はなし。ただし、淡水なので、なかなか浮かない。

 

(2013年8月中旬 ちゅぴこ2 様)




les Tresoms Lake and Spa Resort ★★★
http://www.lestresoms.com/
booking.comで探す・予約する

(泊数) = 3泊

(部屋のカテゴリ) = ツイン、シングルユース。

(部屋の階&立地) = フランス式2階、湖側。

(部屋について(雰囲気など)) = 部屋は窓がやや小さく、壁紙が暗い赤系なので暗く感じた。
1人利用なら問題ないが、2人ならやや狭く感じられる。

眺めは最高。だが、ベランダ付の部屋であればもっとよかったと思う。

内装はクラシックな家具を多用している。
いつものことながら、ヨーロッパのホテルは照明が暗い。

(部屋の家具・備品) = 円卓、椅子1、備え付けのクローゼット、鏡付きの古いチェスト、TV。

(バスルーム) = バスタブあり。部屋の大きさに比べて広い。
洗面所周りが狭かった。

お湯の出はよく、清潔。
浴室内にヒーターあり、朝方はヒーターが点き、寒くなかった。

シャンプー、ボディクリーム、石鹸、ドライヤー。
箱のティッシュペーパーがなくて驚いた。約3枚入りの小袋のみ。

(冷蔵庫) = あり。エヴィアン、オレンジ・ジュースなど一般的なもの。

(エアコン、クーラー) = クーラーはあった。

(部屋について、その他) = メーデーの日はすずらんの花の植木鉢が部屋にあった。
持ち帰り可。

(パブリックエリア) = こぢんまりとしたロビー、眺めの良いレストラン、
普通のレストラン、テラス席。

また、水着着用のスパがあるが、部屋からバスローブをはおって、
レセプションの前、レストランの廊下を通って向かう。
宿泊者だけがくつろぐホテルというコンセプトなので、それでも構わないのだと思われる。

内装は、ちょっと古風な色合いの家具を組み合わせた、落ち着いたものだった。

(リフト) = 大人1名と+スリムなスーツケースなら可。
大型のサムソナイトは無理かも。
チェックイン、アウトの時以外は利用しなかった。

(レセプション) = 英語可。
後から友人が合流し、フランス語で話すとレセプショニストの目の輝きが変わり、
とたんに親切になった。

(レセプション以外の館内施設) = ガストロノミーといわれるレストラン1、
カジュアルなレストラン1。

(スタッフ) = 英語可。フランス語だと対応はとても良い。

(宿泊料) = 164.25ユーロ/泊。

(予約方法) = 個人で。

(予約方法、ホテル側の対応) = シャトー&ホテルコレクションのHPから、
日本語で問い合わせて予約した。迅速に回答がきた。

(ホテルへのアクセス) = アヌシー駅からタクシーを利用。
10ユーロ+荷物分の2ユーロ。

その後、旧市街へはホテルから徒歩で向かった。
20分前後かかるが、緑が美しく、まったくストレスはなかった。

ただ、小高い場所にあるため、街から戻るときは疲れていると寡黙になった。
ホテルへ通じる道路にバス停があったが、走っているのをみたことがなかった。

(ホテル周辺の雰囲気) = 緑に囲まれていて自然がいっぱいだった。
旧市街から微妙に離れていたので、治安は特に悪い感じはしなかった。

(ホテルの選択基準) = リゾートホテル、美味しいレストラン。

(よかったこと) = 朝起きて窓を見ると、湖と山が見えて綺麗だった。
夜は、対岸の住宅地の光が見えて綺麗だった。

(困ったこと) = ティッシュペーパーの箱が見当たらず探し回った。
結局、小袋入りの3枚1組の丈夫な紙がティッシュペーパーだった。

(朝食) = 25ユーロ/人。
オレンジを機械に投入して作るオレンジ・ジュース、コーヒー、紅茶等。

チーズは2、3種類、スモークサーモン。
サラミ、ハム等は約4種類。

パンは、バゲット、食パン、甘いパン、クロワッサンがあった。
あとはシリアル約3種類、ヨーグルト。

内容、味ともに普通だった。

(宿泊客の客層) = 大人のリゾートホテル。
でも乳児を連れたカップルが一組いた。

(車椅子等の対応は?) = 杖で歩いている人がいた。
リフトは2名乗れないので、1人で乗れるならOKだと思う。

また、部屋がそんなに広くないと思うので、車椅子利用だと、
室内では座ったままになるかも。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う。

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆

(他の方へのアドバイス) = 予約の際は、絶対に湖側を指定した方がよい。
山側は若干安いが、ただ緑に覆われた眺めのみ。

(2014年5月上旬 造船なでしこ 様)



 
 
 
Privilodges le Royal Apparthotel ★★★
http://www.residence-privilodges-royal-annecy.federal-hotel.com/
booking.comで探す・予約する

(泊数) = 3泊

(部屋のカテゴリ) = Privilege ステュディオ ツイン

(部屋の階&立地) = フランス式2階 角部屋 

(部屋について(雰囲気など)) = 窓を開けると公園や教会が見え、とても明るい。部屋のインテリアなどもおしゃれ。

(部屋の家具・備品) = 壁収納式のベッド、ソファ、ローテーブル、小さめのダイニングテーブル、
椅子、コンパクトなシンク・電気コンロ、冷蔵庫、電子レンジ、食器一式、鍋、フライパン、コーヒーメーカー、湯沸しポット、エアコン、クローゼット、
セイフティ・ボックス、TV、電話、Wifi接続可。

電子レンジは、ダイヤルが2つあり、まず高、中、低など強さを選び、あとは何分温めるかダイヤルで合わせると自動的にスタートするタイプだった。

(バスルーム) = バスタブあり。ドライヤーは壁に備え付けタイプ。バスタブは足も伸ばせ、ピカピカで清潔感あり。
湯量、温度共に安定していて、排水も問題なし。シャンプー兼ボディー用のジェルが備え付け。
フェイスタオル、バスタオル、タオルウォーマーあり。タオルは、レセプションにいえば交換してくれる。

(冷蔵庫) =中は空。フルボトルのワインも縦に入るスペースあり。
冷蔵庫内の上部にあった白い部分を引っ張るとフタがあり、そこが冷凍庫だった。
ただ、冷凍スペースは狭いし、弱めなので、あまり本格的な冷凍は期待しないほうがよい。

(エアコン、クーラー) = エアコンあり。リモコンではなく、壁で直接操作。

(部屋について、その他) = ベッドが壁収納になっているので、とても機能的。寝心地も悪くなかった。
リフトから離れた静かな部屋をリクエストしておいたが、本当に静かだった。
隣の部屋には誰もいないのかと思っていたが、翌朝見かけた。が、排水の音もほとんど聞こえず、気にならなかった。

(パブリックエリア) = 館内の階段や廊下には、アヌシーの風景写真が飾られていて綺麗だった。ちょっとした置物などもセンスがいいと感じた。

(リフト) =あり。

(レセプション) = 何人か会ったが、皆感じがよかった。英語の方が解るなら、英語で話してくれる。宿泊するのが初めてか聞かれ、部屋まで一緒に行って、ベッドの出し方などを 一通り説明してくれた。電子レンジの使い方が心配だったので、始めに聞けてよかった。夜8時以降は誰もいなくなるので、玄関が施錠される。その際は、入口 で暗証番号を押すようになっている。暗証番号はカードキーに書かれていた。

(スタッフ) = 清掃スタッフを何人か見かけたが、若い女性ばかりでビックリした。でも、皆とても感じがよかった。
レセプションも若い人が多く、スタイリッシュな雰囲気。

アヌシーは全体的にそうだったが、スタッフは昼休みをしっかりとる。昼休みの間はチェックインできないのようなので、早く到着した宿泊客がズラッと待っていることもあった。

(宿泊料) = 96ユーロ。

(予約方法) = 個人で

(予約方法、ホテル側の対応) = ホテルのサイトから直接予約したが、Booking.com経由になっていた。予約後、すぐに自動送信メールで確認書が送られてきた。その後、ホテルに直接、質問やリコンファームを英語のメールで送った。
すぐにではなかったが、ちゃんと返信が来た。返信には、中1日ぐらい余裕を見たほうがよいと思う。

(ホテルへのアクセス) = 鉄道のアヌシー駅から徒歩約5分。湖にも約5分で行けるし、どこへ行くにも便利な場所だった。街をぶらぶらして、トイレに行きたくなったらすぐに戻れてよかった。スーパーも近くにあるので、食材、ティッシュ、洗剤などをすぐに買いに行けた。

(ホテル周辺の雰囲気) = ホテルの裏が公園になっていて、1日だけ明け方まで若者がたむろしていたので、少しうるさかった。それ以外は、適度に人通りもあり、危ない雰囲気はなかった。

(選択基準) = アパルトマンホテルに泊まってみたかった。パリのホテルより値段も安いし、アクセスもよさそうな場所だったのでここにした。

(よかったこと) = 電子レンジが使えるので、フランスのレトルト食品を食べることができてよかった。スタッフも感じよかったし、何より場所がよかった。天気の様子を見なが ら、湖に何度も行ったり、トイレ休憩で戻ってこれたりして、本当に便利。隣室の音がほとんど気にならないのもよかった。

風呂のお湯や温度も快適で、今まで泊まったフランスの宿の中で一番気に入った。

(困ったこと) = シンクにあった洗い桶が生臭くて、困った。前の人が、魚介類の調理をしたのか、臭いがかなり強かった。持参したナチュラルな洗剤では臭いが取れず、モノプリへ行って、香りのよい洗剤を買って、何度か洗ったらだいぶ臭いがなくなった。

食器類はあまり使っていない感じで、ガラスがくもっていたが、自分が使っていくうちにピカピカになっていったのが面白かった。キッチンはかなりコンパクトなので、本格的な調理は難しいと思う。

(宿泊客の客層) = 子連れの母親を何組か見かけた。

(支払い方法) = VISAで支払い。

(車椅子等の対応は?) = スペースにはゆとりがあるが、ベッドがかなり高い印象。ベッドの上に乗るのに苦労しそう。他の家具や備品も、高い位置にあるものが多い。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆◆

(他の方へのアドバイス) = セイフティ・ボックスが高い位置にあり、しかも椅子などを置くスペースがないところにあるので、背が低い人にはちょっと辛いかも。

158cmでギリギリ。使い方の説明を見るのが大変だったので、最初に聞いておけばよかったのだが、クローゼットの中にあったので聞き忘れ てしまった。なんとか操作できたが、先に聞いておいたほうが苦労しないと思う。掃除は1週間に1度なので、3泊だと基本的にはなし。あまり気にしないタイ プか、自分でササッと掃除できる人向けだと思う。

(2010年5月中旬 トナカイくんのお友達 様)


 
Best Western Hotel Carlton 
5 Rue Des Glieres, Annecy
booking.comで 探す・予約する
appleworld で Carlton を探す・予約する
hotelclub で Carlton を探す・予約する

 
 
Best Western International Annecy
5, Avenue Thiou, Annecy
booking.comで探す・予約する
JTBで Best Westerin International Annecy を探す・予約する
hotelclub で Best Western International Annecy を探す・予約する

 
 
L'Imperial Palace ★★★★
Allee de l'Imperial 74000  ANNECY
http://www.imperial-annecy.com/
booking.comで 探す・予約する

 
Le Pre Carre ★★★★
27 rue Sommeiller 74000 ANNECY
http://www.hotel-annecy.net/

 

Novotel Annecy Centre Atria ★★★
1 Avenue Berthollet 74000 ANNECY
http://www.accorhotels.com/accorhotels/fichehotel/gb/nov/1357/fiche_hotel.shtml
全95室。親同伴の子供2名無料。旧市街徒歩5分。
booking.comで探す・予約する
appleworld で Novotel Annecy Centre Atria を探す・予約する
hotelclub で Novotel Annecy Centre Atria を探す・予約する

 

Allobroges Park Hotel ★★★  (Tulip Inn)
11, rue Sommeiller 74000 ANNECY
http://www.allobroges.com/
hotelclub で Allobroges を探す・予約する

【date】 2003年7月

【nights】 1泊

【room】 スタンダード・ダブル 日本式2階 駅側
バスつき 水周りは良好。

トイレのペーパーは、フランスの国内でよく見るピンクの厚手のものではなく、
白で、限りなく日本に近いタイプだった。

ベッドは広く、高さが低かった。デジタルの目覚まし時計。

エアコンがついている事が条件だったので、エアコンつき。そのエアコンは普通の家庭にある
ダイキンのエアコンだった^^; 効きは良かった。

部屋は古い感じだけれど、清潔。ミニバーは昔あったみたい。
今はその場所だっただろうな、という空間があるだけだった。
セイフティボックスもあった気がする(推定)

【rates】 100ユーロ

【access】 SNCF駅より徒歩3分。表通りはベネトンのショップ。湖には歩いて5分くらい。

【hard】 入り口の横にPあり。内装は、古いけれどこぎれい。リフトあり。

【soft】 普通。

【breakfast】 車での宿泊が多い感じ。

【reservation】 個人で
現地(フランス)にて、現地のVISAデスク(フランス)へ電話で依頼。

この時期のアヌシーは満室が多いと言われたが、比較的希望にかなったホテルが見つかった。

条件は駅に近く、100ユーロ以内でエアコンの効くホテル。
アヌシーは寒いところなのでエアコンは無いところが多いといわれたが、ココが見つかった。
確かに夜は結構涼しい。ただし、日中はエアコンがほしくなる。

【policy】 エアコンと立地条件と値段

【before】 前日に電話。フランス国内だと、フリーダイヤルなので電話代もかからず、便利。
午前中に電話したら、夕方4時くらいまでにもう1度電話する(又は連絡してもらう)。アヌシーの観光局のホームページがいまいちだった。でも帰ってきたら更新されていて、充実してた。。。残念!

【yokatta】 確かに、駅からはごく近かった。

【komatta】 たまたま近くの道路で舗装の工事をしていた。夜間工事だったので、うるさかった。

【advice】 立地条件と夏はエアコン(私にはバス以上に必要)

【point】 個人評価は★★★
 

(K家の嫁P子 様  2003年7月)
 

 
管理人補記
※日本からでも現地でも、在フランスのカード会社デスク、というのは大変有益です。
連絡先、営業時間など携帯しておきましょう。

 
 
 
Hotel du Palais de l'Isle ★★★
13 rue Perriere 74000 ANNECY
http://www.hoteldupalaisdelisle.com/
booking.comで 探す・予約する

(宿泊時期) = 2007年7月下旬

(泊数) = 1泊

(部屋のカテゴリ) = スイート
Emperor という名の、このホテルで一番いい部屋。フランス式2階。

角部屋で、運河&湖ビュー。入って正面に大きな掃きだし窓。バルコニー付。

バルコニーの床は、イミテーションの芝生(ゴルフのパター練習するときみたいな)が敷き詰めてあって、これはちょっと興ざめ。でも、旧市街の街並み、運河、右手には湖も見える景色は最高。

相当広い。約25畳。改装して数年とのことなので、コンテンポラリーなすっきりした内装。

(部屋の家具・備品) = 3人掛けと1人掛けの皮張りソファ。透明アクリルのコーヒーテーブル、1人掛け椅子2脚。
ダブルベッドと、両脇にサイドテーブルとランプ、クローゼット、冷蔵庫、薄型テレビ。

WIFIアクセス可。レセプションでプリペイドカードを買う。1時間8euro。ただし、レセプションから離れていて石造りだからか、不安定。

(バスルーム) = トイレ独立。配水管の臭いがあがってきている感じが気になるが、清潔感はある。

バスルームも部屋と同じく、コンテンポラリーなデザインで、機能的且つおしゃれ。アメニティーは、ホテルロゴ入りボトルにシャンプー、シャワージェル、ボディーミルク、石鹸、シャワーキャップ、爪やすり、メンディングキット。
コンディショナーなし。ドライヤー、拡大鏡。

(冷蔵庫) = あり。

(エアコン、クーラー) = あり。

(パブリックエリア) = レセプションはすごく小さい。いつも交代で、女性が1人座っている。
制服はないようで、カジュアルな服装。

レセプションの上の階に、ロビーのような役割を果たす部屋がある。机と椅子、インターネットができるコーナー、電話、パンフレット各種が置いてある。3つ星らしく、カジュアルでフレンドリーな雰囲気。

(リフト) = あり。荷物なしで、4人が限度。

(レセプション) = カジュアルな対応。でも頼んだ事はちゃんとやってくれる。

(スタッフ) = レセプションの女性は、英語可。朝食室の女性は、英語不可かも。みなフレンドリーな対応。

レセプションの上の階にあるロビーのようなエリアでは、客がいる横でスタッフが休憩中、食事やおしゃべりに夢中。
でも用事があって話しかけたら、ちゃんと快く対応してくれる。休憩中でも、嫌がるようすはない。
B&Bみたいな、くつろいだ雰囲気。

(宿泊料) = 248euro

(予約方法) = 個人で。
ホテルにメールにて。

夕食付など、いろいろな宿泊プランがあったが、泊まりたい部屋(Emperorという名の部屋)は、HPにはお得なパック料金などのってい なかったので、この部屋で、なにかパックプランにできないか聞いた。この部屋にパックプランはない、とすぐ返事があり、そのまま予約。クレジットカード情 報を送り、すぐに予約確定メールがくる。 

(アクセス) = SNCFアヌシー駅から、歩いて約10分。
旧市街のど真ん中。アヌシー湖や、遊覧船の発着場所までもすぐ。

(周辺の雰囲気) = 旧市街のど真ん中なので、とにかく便利でにぎやか。治安は全く問題なし。

(選択基準) = 旧市街、湖の観光に便利な立地。もし雨など降った場合でも、部屋からの景色や部屋にいること自体が楽しめるように、広くて眺めのよい部屋であること。清潔感。部屋の写真が何枚もホームページにのっているので、分かりやすかったので。

(よかったこと) = なにしろ観光の拠点に便利。あいにく雨が降ったりやんだりの天気だったが、急に雨が降っても、すぐに走って、部屋に傘を取りに帰れたし、夕食を外で食べた後も、すぐ部屋に帰れた。
部屋からの景色も最高。

(朝食) = 11.5euro。
朝食ルームは、壁に風景画のタイルがポイントになっていて、かわいらしい。ビュッフェは、各種果物(丸ごと)、シリアル数種、パン数種、ヨーグルト、チーズ、ハム。各テーブルにジャム数種。ジュースとホットドリンクはオーダー。

(宿泊客の客層) = 1人旅やカップルの白人。フランス語を話していた。カジュアルめ。

(支払い方法) = クレジットカードは可。T/Cは不明。

(車椅子等の対応は?) = 段差が多いので、厳しいかも。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆

( 2007年7月下旬 creme39 様)
 


【宿泊時期】 = 2003年9月

【泊数】 = 2泊

【部屋】 = スタンダードシングル  日本式4階、通路側
 スタンダードのツインのシングルユースなので、広さは一人には十分。旧市街の中にあるので、古い建物だが、内装は清潔感溢れる。

【部屋の家具・備品】 = 鏡張りのクロゼット、備え付けTV、ミニバー、ナイト
テーブル、大きめのテーブルであまり調度品はなかったが、すっきりしていてよかった。

【バスルーム】 = シャワーのみの部屋を希望したので、バスルームはシャワーブース、トイレ。
シャワールームにシャンプーが備え付け。お湯は調節できるので、気持ちよかった。

フェイスタオル、バスタオル等が3枚、石鹸、ボディローション、コップ、ドライヤー。本当にあたらしくて、清潔で使いやすかった。

【冷蔵庫】 = 有。中身は確か、リプトン、オレンジジュース、コーラ、ミネラル
ウォーター、ぺリエ、アルコール類が2,3種類だったと思います。

【エアコン、クーラー】 = 有。9月上旬だったにも関わらず、寒かったので、エアコンをオフにしようとしましたが、全然切れなかった
 

【リフト】 = 有。3〜4人乗りくらい。
 

【レセプション】 = チェックイン時にすぐ対応してくれました。フレンドリーという感じではないが、
きちんと仕事もしてくれていて、ちょうどいい感じ。

【館内施設】 = 朝食堂も含めて、レストランが4箇所くらいあるようです。

【スタッフ】 = レセプションのスタッフしか英語は話せないよう。でも年配の男性は英語もあやしいかな?

【宿泊料】 = 60euro

【予約方法】 = 個人で
ホテルのHPからメールで。翌日、料金や部屋の種類等の詳細が送られてきて、クレジットカードナンバー、有効期限を返信。

【アクセス】 =徒歩でいきましたが、たぶんバスでも行けると思います。
駅からまず、観光局を目指して行きました。街雰囲気も楽しめるので、徒歩はお勧め。

【周辺の雰囲気】 = 旧市街の中心にあり、パレ・ド・リィルの目の前。アヌシー湖や旧市街、新市街、アヌシー城にも近く大変便利。この街自体、治安がわるいという感じはしませんでした。

【選択基準】 = 立地条件&清潔感。

【よかったこと】 = 場所がとにかく良い。レセプションの女性の対応も◎。

【困ったこと】 = レセプションに電話でお湯を頼んだところ、男性の方であまり英語が通じず、10分くらいかかると言われてしまったこと。別の女性に頼むと、すぐに持ってきてもらえて、ティーカップも用意してくました。

【朝食】 = 朝食はとってません。

【支払い方法】 = T/Cは使えないと思います。カードと現金のみだと思います。

【車椅子等の対応は?】 = リフトも狭いし、部屋にも階段があるので、お勧めはできませんが、問い合わせてみれば、もしかしたら、そういう方に対応した部屋もあるかもしれません。

【子供向け?】 = 別にokだと思う

【コストパフォーマンス】 = 個人評価は◆◆◆◆

(nary 10093様   2003年9月)
 


 
Ibis Annecy Centre Vieille Ville ★★
12, rue de la Gare Ilot de la Manufacture  74000  ANNECY 
http://www.accorhotels.com/accorhotels/fichehotel/gb/ibi/0538/fiche_hotel.shtml
全85室。

 
 
 
Nouvel Hotel ★★
37, rue Vaugelas 74000 ANNECY 
http://www.nouvelhotel.com/
booking.comで探す・予約する

(宿泊時期) = 2006年1月上旬

(泊数) = 2泊

(部屋) = シングルユースのダブル フランス式1階、角部屋。
スーツケースが広げられる。ものすごく広いと言うわけでないが狭くはない。

TV タンス 電話 椅子1客 エアコン 窓は内側には2枚ガラスのサッシ窓があり、外側のフランス式窓との間に1畳ほどの空間がある。

(バスルーム) = シャワーブースはそれ程広くないが、全体的には広さは十分あった。お湯の出もよく熱いお湯も。ハンドシャワータイプ。

バスタオル ハンドタオル2枚 バスマット シャンプー兼ボディーソープ 固形石鹸が2個ずつ 丸椅子が1客

(冷蔵庫) = なし

(エアコン、クーラー) = 東芝製の床置きのエアコンがあった。

(部屋について、その他) = 部屋の壁が薄いのか隣の部屋の物音が聞こえた。(爆睡状態だったのであまり気にならなかった)排水音も聞こえたが、洗面所のドアを閉めたら気にならない程度。

(パブリックエリア) = 同じ階に喫茶室のような部屋があり、自販機、ネットできる
パソコンがあった。

(リフト) = あり。2人乗りと表記

(レセプション) = キーの受け渡しと支払い時しか接しなかったが、感じは悪くなかった。

(館内施設) = 朝食の取れるダイニングが1階にあった。

(スタッフ) = レセプション以外のスタッフには会わなかった。

(宿泊料) = 49euro(税込み) 朝食6euro(税込み)

(予約方法) = 個人で
飛び込みで。

(アクセス) = アヌシー駅から200mくらい、商店街の中。

(周辺の雰囲気) = 雰囲気は悪くない。隣は靴屋か洋服屋やだったか、市内の目抜き通りの一画なのだと思う。カフェやパン屋さんもすぐ近くにある。

(選択基準) = 駅から近くて雰囲気がよさそうだった。

(よかったこと) = 駅から近い。

(朝食) = 朝食はとらなかった。

(客層) = 西洋人の母娘の一組を見かけた。

(支払い方法) = VISAカード支払い。

(車椅子等の対応は?) = 通路は広いが、入り口から階段を何段か上がらなければならないのと、リフトが狭いので無理だと思う。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆
 

(2006年1月上旬 マリー・ふらんそわーず 様)
 


 
 
 
Hotel du Nord ★★
http://www.annecy-hotel-du-nord.com/
booking.comで探す・予約する

(宿泊時期) = 2005年8月

(泊数) = 3泊

(部屋) = ダブルのシングルユース フランス式1階の屋根裏? 割と明るめのかわいらしい感じ。広さは一人で滞在する分には問題なし。眺めは近所の家が見えたがあまりきれいとは言えない。

 クローゼット、ライディングデスク、イス1、テレビ。

(バスルーム) = バスルームにも窓があって明るかった。ライトが3つあり、夜も明るかった。タイルが白くて清潔な感じ。バスタブあり。シャワーカーテンあり。水圧は少し弱いような気もしたが、問題なし。

固形石鹸2、ボディ&髪用ローションのミニボトル1、ボディ&シャンプーの小袋、バスマット1、タオル大小各2。プラスチックのコップ2。

(冷蔵庫) = なし。

(エアコン、クーラー) = あり。普通の家庭にあるようなタイプ。

(リフト) = 小さなものが1基。

(レセプション) = 小さいレセプションだったが、混み合っているのを見たことがなく、いつもゆったりとした時間が流れていた。対応は普通。

(館内施設) = 朝食用の会場。

(スタッフ) = メール予約で英語OKだった。

(宿泊料) = 59euro、税 0.8euro。
ラックレートは49〜79euroの間で季節によって変動するようだった。

(予約方法) = 個人で
こちらも質問に的確に答えてくれて、返事も早かったので好印象でした。

(アクセス) = SNCFの駅から徒歩で5分。湖までも5分。

(周辺の雰囲気) = 駅から近いのでちょっと心配していたが、雰囲気も治安も悪くない。

(選択基準) = 駅から近いことと、湖からも近い。

(よかったこと) = 駅から近く、湖からも近くて、レストランも湖に行くまでにたくさんあって本当に便利でした。
部屋も思ったかわいくてきれいだったので、快適でした。

(宿泊客の客層) = 子供連れのファミリー。中年の夫婦。

(支払い方法) = クレジットカードOK

(車椅子等の対応は?) = 入口に段差があるのとエレベーターが小さいのでちょっと厳しそう。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆
 

( 2005年8月 まどたん&まちゃ 様)


 
 
 
Hotel des Alpes オテル・デ・ザルプ ★★
12, rue de la Poste  74000 ANNECY 
http://www.hotelannecy.com/
booking.comで探す・予約する

(泊数) = 1泊

(部屋) = トリプル  フランス式3階 道路側

明るい。 トリプルを2人で使用のため広い。
駅前が見える。田舎の駅前ホテルと言う雰囲気で気軽な感じ

(部屋の家具・備品) = テレビ、机、椅子1脚、ダブルベットとシングルベット、クローゼット(ハンガーたくさん有り)。
毛布の模様が、チロル風で可愛く気に入った

(バスルーム) = 可動式シャワーで、個室になってるタイプ。4畳半ぐらいの広さ(シャワー部分含む)。
お湯は、良く出る。白いタイルで、清潔感があったし、気持ちよく使えた。
バスタオル、ハンドタオル、石鹸、シャンプー、プラスチックのコップ、各2人分。

(冷蔵庫) = 無し。

(エアコン、クーラー) = 無し。

(部屋について、その他) = ベッドサイドにスタンドがなかったため、部屋の電気を消すと真っ暗になるのが困った。
テレビの音を消して、しばらくつけておいた。

(パブリックエリア) = 田舎の駅前ホテルの雰囲気。ほのぼの系。
窓から日が入っていて、明るかった。

(リフト) = 無し。

(レセプション) = 良。レセプションは、入り口を入って階段を登った所、2階にある。

(館内施設) =朝食のための部屋(結構広く、可愛い感じ)があった。

(スタッフ) = レセプションの2名、掃除1名に会ったが、皆笑顔で親切そうだった。レセプションは、簡単な英語はOK。

(宿泊料) = 57.6euro(トリプルを2人で使用) 予約時は、75euroと記載されていたが、実際は上記の支払い。
チェックイン時に先払い。

(予約方法) = 個人で。
ホテル予約サイトから。1週間前に、予約の確認をメールでしたら、その日のうちに、「お待ちして居ります」と言う内容のメールが届いた。

(アクセス) = アヌシー駅前から見える。徒歩2、3分。アヌシー旧市街、アヌシー湖へは、徒歩約10分。

(周辺の雰囲気) = 怖い事は、何も無かった。

(選択基準) = 荷物を持っての移動だったので、駅前ホテルであること。料金。計画段階で、前日の部屋が狭そうだったので、少しゆっくりできる部屋をと思い、トリプルの部屋にした。

(よかったこと) = 駅前ホテルのイメージが、良くなった。移動に便利で良さそうだが、雰囲気はどうかと敬遠していたが、今回は、当たりのホテルだったようだ。どこでも同じではないと思うが、駅前ホテルも良いと思った。

(困ったこと) =確認しなかったのが悪かったのだが、早朝出発(7時の電車に乗るため、6時半頃)で、階段を下りるとき電気を点けられず、薄灯りの中、注意して階段を下りた。

(朝食) = 利用しなかった

(客層) = 会わなかった

(支払い方法) = クレジットカードOK、マスターカード使用。

(車椅子等の対応は?) = リフトが無いので、無理。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆

(他の方へのアドバイス) = 価格も安いし便利なので、ゴージャス系でない人にはお薦め。観光にも食事にも移動にも便利だった。
 

(2006年9月末 きんたろうは、お留守番 様)
 


 
 
 
 
 
 
トップ > その他の地方 > ローヌ・アルプ地方 > Annecy アヌシーのホテル