トップ > その他の地方 > プロヴァンス地方 > Saintes Maries de la Mer サント・マリー・ドゥ・ラ・メール  のホテル
  

Saintes Maries de la Mer
 サント・マリー・ドゥ・ラ・メールのホテル

          
 24 Mar.2012 / 17 May 2014  経験談追加



booking.comでサント・マリーのホテルを探す・予約する



Hotel La Tramontane ★★★
Rt d'Arles 13460 Saintes Maries de la Mer
http://www.latramontane.com/
booking.comで探す・予約する
(泊数) = 2泊

(部屋のカテゴリ) = デラックスダブル

(部屋の階&立地) = フランス式地上階、コテージ

(部屋について(雰囲気など)) = 明るい。全部屋、中庭に面してテラス付き。
とても開放的。

(部屋の家具・備品) = TV、テーブル、椅子、大きいクローゼット、サイドテーブル、
スーツケース置き、冷蔵庫、冷房、テラスにテーブルセット。

クローゼットは、禁煙室にもかかわらず、煙草臭く使えたものではなかった。

(バスルーム) = 石鹸、シャンプー、シャワーキャップ、タオル、ドライヤー

(冷蔵庫) = あり。中身は水、ジュース、ビールくらい。

(エアコン、クーラー) = エアコンあり。寒くて利用しなかった。

(部屋について、その他) = とても綺麗な装飾。メルヘン。ハネムーン向き。

(リフト) = なし。コテージなので必要はない。

(レセプション) = チェックイン時刻には人がいるが、後はほとんどいない。レセプションの女性の対応は、余りよくない。部屋まで遠かったが、荷物を持ってくれようとせず、部屋の説明もなし。とても残念だった。

(館内施設) = レストラン、バー、カフェ、暖炉、プール。
とてもゆったり。

(スタッフ) = レセプショニストは今一つの対応だが、レストランの若いスタッフ達は、
とてもいい対応だった。親切で優しく、気遣いがあった。

一人で利用したが、写真を撮ってくれたり、席を選ぶときもいろいろ配慮してくれた。

(宿泊料) = 125ユーロ/泊。

(予約方法) = 個人で

(予約方法、ホテル側の対応) = ホテル最寄りのバス停をメールで聞いたが、
約1日ですぐに返答あり。

(アクセス) = バス停から50m。道路からすぐ、入口が分かる。

(周辺の雰囲気) = 湿地帯。馬の厩舎以外は殆ど何もない。街へも2、3km。徒歩は厳しい。バスで3停留所分だったか。

(選択基準) = プール付。ホテルでのんびり過ごす予定にしていた。

(よかったこと) = ポンドゴーという、鳥自然公園が徒歩約20分。
自然がいっぱい。途中に厩舎があり、馬と触れ合える。
地平線が綺麗で、自然がいっぱい。気持ちよかった。

(朝食) = ハム各種。パン、甘いパン合わせて約10種類。
ヨーグルト各種、フルーツ、オレンジ・ジュース、紅茶、コーヒー、ショコラなど。

かなり充実。10ユーロ。

(宿泊客の客層) = ハネムーンカップル、熟年カップル、ファミリー。欧州系の人達。

(支払い方法) = クレジットカード可。

(車椅子等の対応は?) = コテージは可能。
しかし、道路からホテルまでの50mは砂利道

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆

(他の方へのアドバイス) = 街の中心まで2、3kmあるので、車利用でないと、
ホテル内での食事ばかりになるかも。

街まではバスも利用できるが、一日約4本しかないので、
計画を立て、余裕のあるスケジュールにしたほうが良い。

(ホテルでのお楽しみ) = ゆったりとしたプールがある。ホテルの裏にも馬がいて、自由に触れられる。
鳥の公園まで、バスでも徒歩でも行けるので、ゆっくりと散策できる。

(2011年7月 シュールの友達 様)




Hotel les Palmiers ★★
16, rue Alphonse Daudet 13460 Les Saintes Maries de la Mer
http://www.hotel-lespalmiers.com/
booking.comで探す・予約する

(泊数) = 3泊

(部屋のカテゴリ) = スーペリア・トリプル

(部屋の階&立地) = フランス式1階、道路と海側。

(部屋について(雰囲気など)) = ダブルベッド1、シングルベッド1、
スペースの余裕はあまり無い。部屋の殆どがベッド。
シングルユースなので、シングルベッドの上にスーツケースを置いていた。

窓は道路と海側に面しているが、テラスはないので、余りゆったりという感じではない。
しかし、風通しはよく、涼しかった。

明るくないが、暗くはない。所謂プロヴァンスのインテリア風だが、
特に洗練はされていない。最近改装したと、サイトには載っていたが。

(部屋の家具・備品) = TV、机、椅子、クローゼット、ベッド。

(バスルーム) = シャワールーム兼トイレ。
タオル、シャンプー兼ボディジェル、石鹸、ドライヤー。

改装した様子で、新しいタイル貼りではあったが、全体的には古い感じ。清潔ではある。

(冷蔵庫) = なし。

(エアコン、クーラー) = エアコンあり。しかし、異常気象で7月なのに寒くて、
布団に包まっていたほど。

(部屋について、その他) = 改装後とはいえ、絨毯はかなり古かった。

(パブリックエリア) = 観光のチラシや、フリーペーパー等が置いてあった。部屋に冷蔵庫がないので、レセプション前の、朝食場にもなるカフェに、水などのドリンクの自販機があった。

(リフト) = なし。

(レセプション) = 昼に到着し、前払いで宿泊料を払った。少し驚いたが、後にレセプトニストが殆ど居ないということに気付き、前払いの意味が分かった。

あまりに無防備なので、部屋の鍵を預ける気にはなれなかった。

(レセプション以外の館内施設) = 朝食場にもなるカフェ。昼間にカフェとして
利用できる雰囲気ではない。

(スタッフ) = 英語可。自分はフランス語で対応。若い女性、オーナーらしい中年男性がいるが、カウンターにいるところは、殆ど見なかった。地方に良くある対応。

(宿泊料) = 89ユーロ/泊。

(予約方法) = 個人で

(予約方法、ホテル側の対応) = booking.comで予約。
ギリギリまでスケジュールを検討したかっため、直前まで無料キャンセルできるのが魅力的だった。

後に直接やりとりをしていたら、59ユーロ/泊の宿泊プランを提案してくれたが、3泊中の1日は、そのプランでは満室だったため、辞退。

(アクセス) = 事前に街の観光案内所に、ホテル最寄りのバス停を聞いておいたので、徒歩約5分で到着できた。スマホのナビを利用したので、迷わなかった。

(周辺の雰囲気) = 賑わっている場所から、路地を2本程入ったところ。
住宅地で静かで良かった。治安も良い。

(選択基準) = 街中へのアクセスが良い場所。料金、雰囲気よりも立地を重視。

(よかったこと) = とにかく便利だった。ビーチ、レストラン、観光案内所、
乗馬施設、散歩場所など、何でもすぐ近くにあった。

(困ったこと) = 事前に、到着時に宿泊代を前払いするとは知らなかったので、
俄かに信じられず、何度も聞きなおしてしまった。

(朝食) = パン、ジャム、バター、オレンジ・ジュース。
コーヒー、紅茶、ショコラは選ぶ。とにかくシンプル。

(宿泊客の客層) = 若いカップル、学生、初老の夫婦、自転車好きのカップルなど、様々。
主に欧州系。

(支払い方法) = クレジットカード可。

(車椅子等の対応は?) = リフトがないので、車椅子なら、
地上階の部屋を指定すれば、宿泊可だと思う。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆

(他の方へのアドバイス) = リゾート気分をホテルで感じるのは難しいが、外で街やアクティビティを楽しむなら、アクセスが良く満足すると思う。

(2011年7月 シュールの友達 様)

(泊数) = 3泊

(部屋のカテゴリ) = ダブル フランス式1階、南道路側

天井から床までの大きな窓。青と黄色を基調とした内装。広くはないが天井が高いので、圧迫感はない。
ベッドの両側にスーツケースそれぞれ広げられる。

(部屋の家具・備品) = 備え付けのクローゼット、机、椅子、TV。テラスにも白いテーブルと椅子2。

(バスルーム) = 約3畳。ドライヤー、シャンプー、石鹸、バスタオル、フェイスタオル、バスマット。プラスチックのコップ、他の部屋の水の音が聞こえる。(3泊中2回くらい)

お湯の量は充分。清潔感まあまあ。

(冷蔵庫) = なし

(エアコン、クーラー) = なし

(部屋について、その他) = 夜は周りの音もせず静かだった。寝ている時隣の人のいびきが、かすかに聞こえた。私たちも音を立てないよう気をつけたが、まわりのひとたちも気をつけていたのか、起きている時間帯はとても静かだった。

翌朝、こんなに大勢が泊っていたのかとびっくりするくらい。子供連れもいた。

(パブリックエリア) = 朝食室、レセプションの横に、ソファと椅子。道路に面して食事のできるテーブル、ホテルに帰るといつも誰かがここに座っていた。

(リフト) = なし

(レセプション) = とても感じがよかった。長旅の後に彼女の笑顔に救われた。部屋の交換にも、快く応じてくれた。値段の高い部屋から安い部屋への変更だったが安い部屋の料金のままだった。

(スタッフ) = 家族経営に見受けられた。皆とても感じがよかった。

(宿泊料) = 83.52ユーロ 朝食こみ

(予約方法) = 個人で

(予約方法、ホテル側の対応) = ホテルのWebのメールで、一日半後に返事あり。

(アクセス) = バスの終点から徒歩5分。

(周辺の雰囲気) = 人通りの多い道まで2分、ホテルの前は静か、治安もよい。

(選択基準) = プロヴァンス風の内装、海まで気楽に行ける距離。

(よかったこと) = スタッフの自然な笑顔。ホテルの部屋に居るだけで南仏に居る気分になった。

(朝食) = バゲット、パン・オ・ショコラ、クロワッサン、クラッコット、オレンジジュース、量の多いカフェ・オ・レ、ポットで紅茶、バター 一人3個、ジャム4。5種類、はちみつ。

(宿泊客の客層) = フランス人観光客、子供連れ。

(支払い方法) = クレジットカードOK

(車椅子等の対応は?) = 地上階にも部屋はあるので、大丈夫そう。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆◆

(他の方へのアドバイス) = ホテルは、南道路側のテラス付と北側の部屋(テラス無し)に分かれる。
地上階の部屋のテラスは道路と近接しているため、私たちは部屋をフランス式1階へ交換してもらった。
人目もないため断然こちらのほうが落ち着く。キッチン付のレジデンスもある。

(2009年4月下旬/5月上旬 星まつり 様)


    

 

トップ > その他の地方 > プロヴァンス地方 > Saintes Maries de la Mer サント・マリー・ドゥ・ラ・メール    のホテル