トップ > その他の地方 > プロヴァンス地方 > Maussane-les-Alpilles のホテル
  

Maussane-les-Alpilles モーザン・レ・ザルピーユのホテル
  24 Mar.2012 経験談追加
 

booking.comで Maussane-les-Alpilles のホテルを探す・予約する





l'Oustau de Moungran   (民宿)

http://oustaudemoungran.fr/
(泊数) = 1泊

(部屋のカテゴリ) = ダブル

(部屋の階&立地) = 1棟を別の部屋とシェアするタイプ。フランス式地上階。

(部屋について(雰囲気など)) = そこそこの広さ。
大きな入り口と窓が一つ。

日光は入らないが、日中は電気が要らない明るさ。

(部屋の家具・備品) = テーブル、椅子、大きめのクローゼット、
ベッドサイドテーブル、ランプ。

(バスルーム) = バスタブあり。かなり大きく、三角形。
お湯はよく出た。バスタブ横に大きめの棚があり、物が置けた。

ベッドルームとの間には扉がないが、約半分は壁で仕切られている。

洗面台、鏡、小さな棚。
掃除も行き届いている

(冷蔵庫) = あり。グラスもあった。

(エアコン、クーラー) = エアコンあり

(部屋について、その他) = クローゼットには、木製やカラフルな針金製など、
様々なハンガーがあり可愛かった。

(パブリックエリア) = 母屋がレセプション。駐車場、小さいプール。

(リフト) = なし

(レセプション) = 宿の女性が対応。フレンドリーだが、早口。

(レセプション以外の館内施設) = なし

(スタッフ) = 親切な宿の女性。

(宿泊料) = 85ユーロ/泊。2人分の朝食付。

(予約方法) = 個人で

(予約方法、ホテル側の対応) = Maussaneからアルル間で、1泊しようと思い探した。
運転と駐車場の不安があったので、「街中でない」というのを第一条件に、
レ・ボーかサン・レミで探したが、これといった宿がなかった。

いろいろ検索して、評判がよかったので決めた。
安いし1泊だけだから、外れ、でもよいかと。

(ホテルへのアクセス) = Maussaneの街へは、車で約5分。

(ホテル周辺の雰囲気) = 田舎家が何軒かあった。
それぞれの敷地が広いので、隣接してはいない。

(ホテルの選択基準) = 移動が楽そう、口コミで評判がよかったから。

(よかったこと) = 駐車場から母屋までは、人一人がやっと通れる道。
その両端はラベンダーがぎっしり、蜜蜂がブンブン飛んでいて、そこを通るしかない。
とても良い香りだった。

(困ったこと) = 困ったというほどではないが、朝食場所がプールのテラス。
気持ちよかったが、ちょうど日光が当たるので、眩しいし、日焼けした。

(朝食) = プールサイドで食べるのは最高。
バゲット、パン・オ・ショコラが意外にも美味しかった。

(宿泊客の客層) = 50代のカップル。

(支払い方法) = 現金。デポジットなし。

(車椅子等の対応は?) = 平屋タイプの部屋なら、大丈夫と思う。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆◆

(2011年6月下旬  bun11papipapi 様)




Le Mas des Marguerites  (民宿)

■住所
Chemin de la Pinede 13520 Maussane les Alpilles

■e-mail
mas-marguerites@avignon-et-provence.com 

■スィート:3室 ミニバー、バスまたはシャワー、トイレ
ツイン:2室 ミニバー、バスまたはシャワー、トイレ、ハンディキャップ対応あり

■直営URL
http://www.mas-des-marguerites.com/
http://www.avignon-et-provence.com/bb/mas-marguerites/

appleworldで Best Western Aurelia を探す・予約する
 

■2004年料金例
Arlesienne:90 euro (朝食込み)
Cigale:90 euro (朝食込み)
Cezanne:90 euro (朝食込み)
エキストラベッド:15euro

Van gogh:75 euro 
Lavande:75 euro 

■クレジットカード
AMEXを除く大手クレジットカードOK


【date】 2003年7月

【nights】 1泊

【room】 ダブル シャワーつき "Lavande"の部屋
全5室。

2週間フランスを旅行したが、このホテルが一番素敵だった。ものすごく広い。清潔(できたて!)。エアコンはなし。ドライヤーあり。シャンプーはなし。冷蔵庫あり。

ウェルカム・チョコがベッドの上にあった。ティーバックとポットが置いてあり、部屋でお茶が飲める。これぞ、プロヴァンス!という感じのホテル。

部屋の前にはプールと庭。夜に、そこで夕涼みができる。夜はすごく静かで、虫の音だけが聞こえた。

【rates】 75euro 朝食付き

【access】 レンタカーでないと多分行けないMaussane les Alpillesという、レ・ボー村の南にある、小さな小さな村。レ・ボーへはへは車で約10分。アルルからも車で(迷わなければ)20分くらい。不便だけれど、超!お勧め!

【hard】 2003年4月にオープンしたばかりで、どこもぴかぴか。
まだ内装工事が終わっていない部屋もあった。

すべて、オーナーの奥さんが内装を手がけていて、とてもセンスがよい。一部屋一部屋(たぶん)テーマが決まっていて、それに合わせた小物を買ってきたんだと思われる。泊まったのはワンフロアしかない部屋だったけれど、スィート(2階にベッドルームがある)も 3部屋あった。

【soft】 最高によかった!このカップルのお陰で、私達のフランス人の印象がよくなった。その日は私達しか泊まっていなかったようで、泊まったお部屋が素敵だと誉め たら、全部屋見せて説明してくれたし、チェックアウトタイムが過ぎても、「今日その部屋の泊り客はいないから、午後もずっと居ていいよ」と言われた。

オーナーカップルは英語が得意ではないけれど(奥さんはまったく英語が話せない)、朝食の間中、辞書片手に、一生懸命話してくれた。

【breakfast】 他の宿泊客無し。宿泊記録を見せてもらったら、数日前に英国人カップルが泊まったのみだった。
初めてのアジア人だと言われた。朝食も、いろんなジャムを出してくれたりしておいしかった。夕食は出さないと思う。

【reservation】 個人で
下記Webのメールアドレスに、メールした。
mailto:mas-marguerites@avignon-et-provence.com
メールでクレジットカード番号を送るのが怖かったので、Faxで送りたいとメールしたら、Faxと電話を共有しているので、Faxする前に電話をしてくれれば、切り替えると返事が来た。そこで電話をして、Faxを送った。
 

【policy】 Mas(一般家庭、農家などが提供するB&B)に泊まってみたかったので、Masで綺麗なところを探した。

【before】 自動翻訳を使って、フランス語でメールのやりとりをしていたのだけれど、実は私はフランス語はまったく話せない。Faxの前に電話をしてくれと言われ、電話をしたら、相手がまったく英語が通じないことが判明。苦労した。
 

【yokatta】 新しいので、オーナー夫婦も一生懸命でとても親切だし、とても綺麗なところがよかった。こんなにいいところだと知っていれば、数泊すべきだった。次回フランス旅行をする機会があれば、是非ここに少なくとも3泊はしたい。
 

【komatta】 エアコンがなかった。幾らオーナーが大丈夫と言っても、窓を全開にして寝るのは怖かったので、閉めて寝たら、ちょっと寝苦しかった。

また、Masだけに、特別な看板がなく、探すのにちょっと苦労した。でも小さな村だったので、その辺の人に聞いたらみんな親切に教えてくれた(英語は通じなかったけど)。

【point】個人評価は ★★★★★
 


 
トップ > その他の地方 > プロヴァンス地方 > Maussane-les-Alpilles のホテル