トップ > その他の地方 > プロヴァンス地方 > Gassin ガッサン
  

Gassin ガッサン
2 Aug.2011 経験談追加

 


 
 ガッサンの旧市街へ路線バスを利用して行く場合、
旧市街の近くを通る路線は1つ。Saint-TropezとRamatuelleを結ぶ7703番のバスだけなので注意。

Varlib運行の路線バスの時刻表には、サン・トロペとトゥーロンを結ぶ7801番バス等で、Gassin Pole de SanteというGassinの名前が付くバス停もあった。が、そこからは、遠くに丘の上のガッサンの集落を確認できる程度。


サン・トロペのバスターミナルから。Varlib運行の、ラマチュエル行の路線バスを利用。
Gassin Montee St Josephバス停下車。所要約25分、料金2ユーロ。

下車バス停は、同名のMontee St Joseph通り沿いにあり、ガッサン村の集落の入口へは、徒歩1分とかからない。集落内に入ると、すぐ左側に村一番のビューポイントに出る。

ガッサン村の集落は、標高約200mの丘の頂上にある。淡いパステル調の色の、石造りの家々の間を縫うように、細い石畳の通りや階段があった。古く趣のある小さな村は、南仏の地中海沿岸近くの村らしい、明るい雰囲気だった。

集落の端にある展望ポイントでは、サン・トロペ湾、その先のサント・マクシムの街を見渡すことができる。多くの観光客が訪れていた。Table d'orientationと書かれたその展望ポイントから、滞在したホテル、3軒のレストランのあるdes Barrys広場までは、遊歩道。村の外に広がる眺めが、楽しめるようになっていた。

商業施設は、ほぼすべてが外周通り沿いにあり、集落の中には1軒もなかった。
そのため集落内は観光客を余り見かけず、静かだった。



ガッサン内のバス停は、目印が何もなかった。街灯が1本立っていただけ。また上り、下りとも、ガッサンの村はずれでUターンするので、バスは道路の同じ側 に停車していた。丘の麓自体からも距離があり、急坂を延々上るため、徒歩でのアクセスは非常に困難。湾の眺めがやや遠く、迫力に欠けたが、ガッサンからの 眺めも良かった。



セイヤンやラマチュエル、ガッサンなど田舎の村で、観光案内所やいろいろな人々が、
親切に対処してくれた。

観光案内所の無いガッサンでは、少し開いている村役場のドアの前で声を掛けようかと逡巡していたら、通りかかった警察官が、さあ入って、そこの棚にある地図等は自由に持っていっていいから、と言いながら、どこから来たの?と続き、日本の震災を心配する言葉もかけてきた。

セイヤンの案内所では、村の中から外を見るのに一番眺めの良い場所を尋ねたら、
この建物の最上階からよ、見たい? だったら付いてらっしゃい、と鍵の束をじゃらじゃらさせながら普段は開いていないエルンスト・コレクションの予備の部 屋らしきところに入れてくれた。窓の外に広がる景色を、眺められた。ホスピタリティに溢れるスタッフの対応には、本当に感謝した。
(2011年4月 ユンヌフルートガナ 様)

 
 
 
トップ > その他の地方 > プロヴァンス地方 > Gassin ガッサン