トップ > その他の地方 > プロヴァンス地方 > Crillon le Brave クリヨン・ル・ブラーヴ のホテル
  

Crillon le Brave クリヨン・ル・ブラーヴ のホテル
          
  26-28 Jun.2016 リンク再調査
 



  hotel ホテル予約サイト各種リンク は   
トップ > お役立ち手配サイト > ホテル
booking.comで クリヨン・ル・グラーヴのホテルを予約する

もくじ
Hostellerie de Crillon le Brave
 


Hostellerie de Crillon le Brave
http://www.crillonlebrave.com/
ルレ・エ・シャトー連盟 加盟

(泊数) = 3泊

(部屋のカテゴリ) = デラックス・ダブル 日本式2階だが、斜面に建物があるので、入り口は3階にある。
(つまり、入り口から見ると地下1階だが、もちろん地下ではない。)

このホテルは7つの建物に分かれており、その1つのLa Maison Rocheに泊まった。

(部屋について(雰囲気など)) = 南東の角部屋。南側にはプールとテラスが見え、東側は山裾に広がる広大な森林、畑が見渡せる。

寝室とシャワールームともまずまずの広さ。天井に太い木の梁が見え、古い家を改築したことをうかがわせるが、
内装は綺麗で古さを感じさせない。清掃はちゃんと行き届いている。

レストランの上の階になるが、レストランの雑音の類は聞こえなかった。1つ上の階の足音は時々聞こえたが、気になるほどではなかった。

部屋の大きさに比べて窓は大きくないのでちょっと暗めだが、暗くて困るということはない。石造りの古い建物なので、どの部屋も窓はちょっと小さめで、バルコニーのある部屋もほとんどないように思われた。

(部屋の家具・備品) = 1人掛けのソファ2あり。小さなテーブルしかないので、朝食を部屋で摂る時に載せきれなかった。

BOSSのCDプレーヤーがあり、リラックスできる音楽CDが置いてある。静かに過ごしてほしいとの配慮からTVはないが、リクエストする と大きめの液晶TVをすぐにセットしてくれた。日本語放送(JSTV)は入らない。頼まなかったがDVDプレーヤーも貸し出してもらえるらしい。

クローゼットと大きな引き出しのキャビネットがあり、衣服の収納は十分ある。かっこいいミニバーがあって各種ワイン、つまみまであった。山を見渡せる良い景色だった。

セーフティ・ボックスあり。ノートパソコンも入る大きさ。アイロンなし。コーヒーメーカーなし。

(バスルーム) = バスタブなし。お湯が非常に豊富に出る。フルパワーで出すと、排水が追いつかずに溢れそうになるくらい。トイレもバスルームにある。洗面台は広くて使いやすい。

ドライヤーあり。シャンプー、リンス、ボディ・ソープ、ボディク・リーム、コットン、綿棒、シャワーキャップ、石鹸あり。
バスローブ、スリッパあり。

(冷蔵庫) = 大型のミニバーあり。
ジュース類の他にボトルワインやシャンパンも入っている。つまみ類もある。

(エアコン、クーラー) = あり。
各部屋に個別のものなので、温度・風量・入/切を自由に設定可能。

(部屋について、その他) = ベッドは大きなサイズで、クッションもよく快適だった。無線LANが無料で使える。ラウンジにインターネット用PCがあり無料で使える。日本語ページ閲覧可。

(パブリックエリア) = ラウンジがあり、電話で頼むと飲み物を持ってきてくれる。ラウンジはいくつかの部屋があって、暖炉もあったりしてよい雰囲気だったが、外のテラスの方が人気があり、自分たちで独り占めできた。

(リフト) = なし。レセプションから遠くて荷物を持って移動するのは非常に大変だが、レセプションで車の鍵を預けると、中の荷物を運んでくれて、車も駐車場に入れておいてくれた。

(レセプション) = レセプションは1人いるだけだったが、客室数も少ないので、待たされることはほとんどなかった。

(館内施設) = 約15メートルのプールあり。プールサイドにビーチベットが並んでいて、寛げる。ホテルが丘の上にあるので見晴らしは抜群。飲み物を注文すると持ってきてくれるし、エビアンならボトルが置いてあり無料。
タオルは豊富に置いてある。椅子は30程度しかなく、まずまずの使用率だったが、空きが見つからないことはなかった。

プールは浅いところは約1.3メートルだが、深いところは約2メートルある。小さい子供は腕に浮き輪を付けて遊んでいた。水は温めてあると書いてあったが、ちょっと冷たかった。

自転車を無料で貸してもらえる。丘の上にホテルがあるので、ホテルから離れるにつれてどんどん下っていくので、
帰りが心配であまり遠くまでいけなかった。

ペタング場があるが誰もやっていなかった。テニスコートは約1km離れた場所にある。

レストランの雰囲気は良いが、ドレスコードはなし。スーツを着ている人は見なかった。ジーンズの人もいたことはいたが、あまりラフな格好はそぐわない。

盛り付けもなかなかおしゃれ。料理は素材の味を楽しんでくださいといった雰囲気。肉や魚を焼いたものが多く、毎日通うとちょっと飽きた。

ルームサービスもレストランのメニューと同じものになる。レストランは予約が必要。

1泊目は最初から予約しておいてもらえるが、次の日以降の分は昼までに予約しておく必要あり。2泊目に予約なしで行ったら満席で断られ、ホ テルのレストランに来たが満席だった。4km離れた隣町のレストランに行くのも面倒だったので、レセプションに相談したら21時からレストランに入れても らえることになった。

スパがあったが、mini spaと書いてあるだけあって、小さいスパ用の部屋があるだけだった。

(スタッフ) = どのスタッフも英語がちゃんと通じる。
フレンドリーで好感が持てる。

(宿泊料) = 410euro。

(予約方法) = 個人で。
ホテルのHPからで直接申し込み。日程の変更をメール(英語)で頼んだが、すぐに的確な返事が来た。
予約金として1泊分の料金が必要。

(アクセス) = オランジュから35km。車で45分。車以外で来るには不便な場所。

高速道路まで車で約40分かかるので、観光の拠点にするにはあまり便利ではない。ホテルの前に20台程度の駐車場があるが、これはどうやら街の駐車場のようで、いつも空いていなかったが、ホテルのレセプションで鍵を渡すと、駐車場に移動してくれる。でも、屋外なので貴重品は置いておかないほうが良い。

(周辺の雰囲気) = Crillon le Braveの街は、丘の上の小さな街で、このホテル以外には村役場と家が数軒と、レストラン、土産物屋が1軒あるだけ。風情のある街で、観光に来ている人もいた。

ホテルは村の古い建物を改築しており、7棟の建物があるが、それぞれつながっておらず、
レセプションやレストランに行くには一度外を通る必要がある。昼間も人通りは少なく、夕方になるとホテルの客だけになるので、治安は全く問題なかった。

ホテルの中もまわりも入り組んでいて、部屋からプールに行くにも階段を登ったり外の通りを通ったり面倒だが、それがとっても楽しい。この街の住人になったような気分になれる。

ホテルのすぐ隣にホテルとは関係のないレストランがあり、ここがなかなかおいしかった。予約なしで行ったら満席で、別の日にレセプションに頼んで予約してもらった。前菜、メイン、デザートの3ディッシュディナーで、27euro。英語は通じず、メニューもフランス語のみ。

(よかったこと) = とにかく雰囲気が良い。古い村を改築した建物で、丘の 上にあり、部屋、プール、テラスからの眺めが良い。建物どうしがつながっておらず、またその道もちょっと複雑で坂を上ったり庭を通ったりしなければならず 機能的ではないが、古い町の雰囲気があり、いろいろ歩いて迷ってみるのがとっても楽しかった。

どこも絵になる風景で、たくさん写真を撮ってしまった。

(困ったこと) = 建物どうしがつながっていないので、外を通る必要があり、雨の時は少し困る。ルームサービスのメニューが、夜はレストランと同じメニューで、ちょっと軽めの夕食にしておきたいと思っても、手頃なものが見つからなかった。

(朝食) = ビュッフェ式、19euro。テラスのある朝食室で7:30-11:00まで。コンチネンタル式、12euro。
部屋やラウンジに持ってきてもらうことができるが、内容はビュッフェの方が充実している。

(宿泊客の客層) = カップル、夫婦が多いが、子供連れもいた。でも子供にはプール以外あまり楽しみがなく退屈かも。

(支払い方法) = クレジットカード(Master)で支払った。

(車椅子等の対応は?) = 階段や坂が多く、リフトがないので、かなり厳しい。

(子供連れでも場をこわさないか?) = どちらともいえない

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆◆

(2008年8月 ドイツのみかん 様)


(泊数) = 2泊

(部屋のカテゴリ) = ダブル 日本式2階(斜面に建っているので実際には日本式3階)

南仏らしく窓は小さいので少し暗い。壁も厚みがあるので、外は見にくいが、眺めは素晴らしい。プロヴァンス風のベッドに、クッション、カーテン、家具等かわいらしくまとまっている。充分な広さはあったが、想像より狭かった。

小さな机、椅子2脚。テレビなし。スリッパ付。

(バスルーム) = シャワーのみ。トイレは一緒。シャワーブースは結構広い。清潔、きれい。お湯の給排水問題無し。バスローブ有。夫婦で宿泊だったからか、大小サイズ違いを用意してくれていた。

オリーブのシャンプー、コンディショナー、石鹸。綿棒、化粧用コットン、シャワーキャップ、爪やすりセット等。ドライヤー有

(冷蔵庫) = あり(冷凍庫付)。飲み物いろいろ、エビアンは無料。

(エアコン、クーラー) = エアコンなし

(パブリックエリア) = 私達の宿泊棟だけで、1階に5つの雰囲気の違うサロンあり。ここにボードゲームや本、雑誌、テレビ有。

(リフト) = 泊まった棟には、無し

(レセプション) = だいたい2人、時々1人のときもある。日本語全く不可。英語もいまひとつな人もいたが、親切、丁寧。いつも笑顔で、いろいろ声をかけてくれる。質問にも丁寧に答えてくれる。

(館内施設) = 屋外プール

(スタッフ) = 例外なく、親切、丁寧。心地よい気配り。笑顔で時には上品にジョークも。新しいホテルだからか、スタッフは概ね若い。

(宿泊料) = 190euro

(予約方法) = 個人で
ルレ・エ・シャトー日本代理店に電話で

(ホテルへのアクセス) = カルパントラ北東。車で15分。

(ホテル周辺の雰囲気) = 静かで、のんびり。景色ときれいな空気他は、何も無いといえば無い。建物の大きさ、敷地の広さに比べて部屋が少ないので、ホテルのどこにいてもゆっくり。

(ホテルの選択基準) = 2泊連泊できるところ。田舎ののんびりしたところで
探しました。

(よかったこと) = のんびりできた。ホテルのレストランが期待以上によかった。アミューズからデセールまで素晴らしかった。ガーデンテラスでアペリティフとアミューズでメニューを決めるだけで1時間近く。場所をレストラン内に移
って食事、2時間強。長いと感じさせない雰囲気と気配り。楽しかった。

(困ったこと) = 一度廃墟になった村なので、建物は修復というより、新築。南仏らしい建物ですが、古色はなし。

(朝食) = 2日ともガーデンテラスでビュフェ。19euro。ルームサービスも同額。部屋があまり広くなく、テラスもなかったので、眺望抜群のガーデンテラスでとり ました。とってもおいしかったけれど、内容は普通。各テーブルに、新聞(英or仏)と天気予報の紙を配ってくれる。

(宿泊客の客層) = 幅広く。年配、若いカップル。子連れも。

(支払い方法) = クレジットカード可。VISA。

(車椅子等の対応は?) = 車椅子はかなり厳しいと思うが、大丈夫な部屋もあるかも。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆◆

(他の方へのアドバイス) = レストランのディナーはおすすめ。是非。

(2005年7月 こじこじキャンディ 様)
 



 
 
 
 
トップ > その他の地方 > プロヴァンス地方 > Crillon le Brave クリヨン・ル・ブラーヴ のホテル