トップ > その他の地方 > プロヴァンス地方 > Apt アプトのホテル
  

Apt アプト のホテル
         25 Jun.2006 / 23 Mar.2008 経験談追加
25-28 Jun.2016 リンク再調査
 


  hotel ホテル予約サイト各種リンク は   
トップ > お役立ち手配サイト > ホテル
booking.comで アプトのホテルを予約する

もくじ
Hotel Restaurant  Relais de Roquefure
Auberge du Luberon


(アプト郊外) Hotel Restaurant  Relais de Roquefure  ★★
Quartier de Roquefure 84400 Apt
ロジ・ド・フランス連盟 かまど2  レストラン、プールあり
街道からホテルまで車で数分かかるので、ドライブ旅行でなければ来られないところだ。
 
この宿は、名前ほどではないが、一応小さい館という感じだった。廻りは牧場になっていて、家などは何もない。

当然ながら夕食はそのホテルのレストランで食べた。当然コース料理。食器などもきれいな花柄で、料理もそれなりの感じで良かった。

部屋は家族ということで、2部屋+バストイレが他のところから独立した配置になったところを割り当ててくれた。
 
翌朝、朝食を取りにレストランへ行ってテーブルにつくと、ティーカップあるいはコーヒーカップがなく、日本で言えば小鉢くらいの 白いボールがセットされた皿の真ん中にのっていた。

コーヒーカップをもらおうとして、女主人に訊くと、コーヒーはそのボール(カフェオレ・ボウル)で飲むのだといわれ、それならばということで、それで飲んだ。

2食つき、3人で合計900Fくらい(当時 1Fr=14〜17円前後)。日本では考えられない値段。

(2000年 rayonnement様)


 

Auberge du Luberon  オーベルジュ・デュ・リュベロン ★★★
ロジ・ド・フランス加盟 かまど3
8, place du Faubourg du Ballet - 84000 APT
http://www.avignon-et-provence.com/hotels/auberge-luberon/
http://www.auberge-luberon-peuzin.com/index-gb.html
歩き方 ほかメディア取材も多い。アプトで有名なオーベルジュ。プロヴァンス料理も有名。HPもレストラン、ホテルともに内容をこまかく紹介している。

プロヴァンサルプリントを使った、コがわいらしい内装。
 

ルームタイプT
ツインまたはダブル 2-3名部屋。バス、トイレ、冷蔵庫、リヴィングスペース、一部エアコン、TV
室料 84euro 税サこみ 
2食つき 150 / 184eur 2名で  (料理内容による) 
 
ルームタイプU
ツインまたはダブル 1-2名。バス、トイレ、TV、冷蔵庫、一部エアコンつき。
室料 63euro 税サこみ 
2食付き 129 / 163euro
 

 
ルームタイプV 
ツインまたはダブル 1-2名。バスまたはシャワー、トイレ、TV。
室料 52euro 税サこみ 
2食付き 118 / 152euro 
 

朝食(ルームサービスまたはビュッフェ) 9euro 
 
 
 

2食付き Marche ru Terroir /  Discover the gourmet in you 
Marche ... : 郷土料理のスペシャルメニュー 室料+33euro/人 夕朝コミ、 1泊〜 

 
Discover ... : 室料+50euro/人 夕朝込み、最低3泊から7泊まで 

 


(宿泊時期) = 2005年8月

(泊数) = 2泊

(部屋) = スイートダブル(type 1)106号室 フランス式1階
入るとまずリビングルームがあり、エキストラベッド、丸テーブル、椅子2脚。
奥にベッドルーム。2室あるため、全体の広さはかなりある。
 テレビ、クローゼット、エクストラベッド、テーブル、椅子2脚

(バスルーム) = とにかくスゴイ。トイレ別。広さもさることながら、洗面台が広く、鏡も大きい。ダブルボールのため、2人が同時に作業をしても全く苦にならない。当然ドライヤーも完備。

浴槽はジェットバス。お湯につかることはあまり期待していなかったがこれほど素晴らしいと1日3回くらい風呂に入ってしまった。体を拭こうとバスタオルを手に取るといい香りが。いやはや極楽。

(冷蔵庫) = 有。ビール、ジュース、水など一通りあり。持ち込んだペットボトルも入れられる。1.5リットルペットボトルもOK。

(エアコン、クーラー) = エアコン有。ベッドルームではなく、リビングにあった。少々旧型のため作動音が大きいが、隣の部屋にあるため寝るときはそれほど気にならない。

(リフト) = なし

(レセプション) = 昼の12:30にチェックインしたが快く受け入れてくれた。しかもシェフが!

(レセプション以外の館内施設) = レストラン

(スタッフ) = ほとんどのスタッフは英語可。対応も親切でプロフェッショナル。

(宿泊料) = 宿泊のみ 98euro
ハーフボード1人 +35euro

(予約方法) = 個人で
HPに記載されていたアドレスへメール。レスポンスは早い。

(アクセス) = レンタカーで。ホテルからのメールに地図が添付されていたが、少々迷った。街の中心のすぐ外にあるため、車でのアクセスもしやすい。街へも徒歩で行ける。

(周辺の雰囲気) = 街の中心とホテルとの間に小さな川があり、橋がかかっている。橋には、花がきれいに飾ってある。

(ホテルの選択基準) = リュベロン地方で料理が美味しそうな宿から絞る。いくつか挙がった中で、ふらつーでの体験談、HPなどからここに決定。

(よかったこと) = 到着まで、部屋については特に期待していなかったが、部屋の広さ、ジャグジーなどとても素晴らしく部屋に長居してしまった。

期待していた料理については
アントレ(2種から選択)・メイン(2種から選択)・シェーブルフロマージュ・デザートという内容。

アントレに、鰯・トマト・ズッキーニを丸く寄せてバジルとオリーブオイルのソースとともに冷やした前菜
白身魚のグリルとポテトの薄切り揚げを選択。

南仏といっても山間の街のため、少々こってりしたものを想像していたのだが、イタリア的な味わいをベースとしてフランス的な手を掛けたもので、すごくおいしい。

ワインはソムリエールに相談し、おすすめのリュベロンのロゼ。さわやかな味で料理と良く合う。

デザートになると、割腹のいいシェフがずーんずーんと出てきて13種類のデザートを説明。その中から3種類を選択できる。HPではフルーツのコンフィが堂々と紹介されていたため、デザートはフルーツのコンフィ責めにあうのかと思いきや、普通のおいしいデザートだった。この内容・サービスで朝食込みで35euroは安い。

(朝食) = パン3〜4種、ゆで卵、ハム、チーズ、ヨーグルト、シリアルなど

(宿泊客の客層) = 欧米の家族や老夫婦など。日本人はいませんでした。

(支払い方法) = クレジットカード可

(車椅子等の対応は?) = リフトがないのでつらい。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆◆
 

( 2005年8月 いしがめぴー 様)
 

 
【date】 2003年4月

【nights】 1泊

【room】 ツイン 108号室 type3 
(一番下のカテゴリーだが、HPの写真でみるよりもかなり広くて、よかった)
3階 バスタブ付き トイレ別 TV、電話、ミニバー、ドライヤーあり

【rates】 118ユーロ/室
2食つきハーフボード Marche du Terroir

【access】 レンタカーで行った。町の中心から川を挟んだ位置、河川敷が大きな駐車場になる
場所がよく分からず、町の周りを走っていたら、壁に大きくホテル名が書いてあった。

町は割と大きく、他の小さな町(ゴルドとか)と比べると不良っぽい人?とかもいて、恐いなと思ったりもした(夕方に町の散策をしたからかもしれない)

【hard】 ホテル前の河川敷が、無料駐車場。
ホテルのガレージもある(7ユーロ)

プロヴァンス〜な感じの可愛い部屋で、女の子好みだと思う。
1階レセプションとレストラン 2階が朝食ルーム
エレベーターなし

川沿いの部屋だと 夜、窓から川の向こうに灯りのともった町が見え、とてもきれいでした。

【soft】 英語で十分通じる
とても親切で 一応自分達で調べていたのだけど、ゴルドへの道を聞くと地図を出しながら、
道順やおおよその時間など説明してくれた。
 
【breakfast】 欧米の方、数組みかけました。朝食はビュッフェ。ホテル特製のジャムが数種、たっぷりおいてあって、どれもおいしかった。

【reservation】 個人で
ホテルのHPから予約フォームで
詳細はメールとFAXで

【policy】 場所 値段 部屋の可愛さ

【before】 スムーズで問題なくできた。ただ、ホテルの場所がいまいち分からなかった
道が途中から下って河川敷になっているので、地図を見ても道が切れてるように思えて、どうやっていくのかな〜と思った。

【yokatta】 レストランはとても美味しくて、大満足でした。
かまどマーク付きといってもいろいろなのでしょうが、あまり期待してなかったが、前菜、メイン、デザートと、どれも当たりでよかった。

グリーントマトのコンフィが肉のテリーヌに添えられていた。これが意外にあっていて美味しく、土産に買って帰りました。デザートもワゴンから選べるので 少しずつ試しました。その場でオレンジソースと火にかけてくれるクレープシュゼットが絶品でした。

注文時に迷っていたら、内緒だけどこっちがお薦めだ、とかこれはフランス語で・・っていうんだよ とか、いろいろ話し掛けてくれた。楽しい時間をすごせた。

【advice】 ホテルHPと体験談

【point】 個人評価は★★★★★

(ミッフィーうさこちゃん 様  2003年4月)

 
ダブルベッドルーム シングルユース: 325F (Tax込) 
フロント英語OK   S.Boxなし、 ミニバー
駐車場: ホテルの有料Pもありますが、目の前が川で、川岸が無料Pになってます。
 
プロヴァンス模様のベッドカバーやカーテンの、乙女チックな部屋。部屋は狭めだが、バスルームは広くぴかぴか。ドライヤーはありません。
 
1階がレストラン、1軒家になっておりインテリアにはなかなか気を使っているよう。 ここのDemi-pension( 朝夕食付き)プライスは、2名から、とのことなので、素泊り1泊+レストランの席を予約してもらいました。 当ホテルHPにて予約可能。(べに様 2001年3月)

 
 
 
 
トップ > その他の地方 > プロヴァンス地方 > Apt アプトのホテル