トップ > その他の地方 > プロヴァンス地方 > プロヴァンスでサイクリング
 
 
 
 
ルートやいかれる町によるとは思いますが けっこうリュベロン山域は高低があり、ツール・ド・フランスさながらの格好を した 本格的なサイクリストが ざんざか走っておられました。   毎日ちょろちょろ走っていくのか、どの程度走られるのか 存じませんので、ベストなアドバイスかどうか 自信がありませんが、 せめて、日光・乾燥・疲れ対策をとって走ってください。   
 
地図などお持ち下さい。人にもしっかりと聞いて ルートを見失わないようにしてください。人はみな親切ですし、困っていると助けてくれます。 自動車もサイクリストを追い越すときは やさしく離れて 通ってくれます。一部の電車にもちゃりを乗せられます。  
 
ただ、バスで30分、などというと、結構な山道です。 または平坦でもくねくねとすごい道です。 アル程度走行距離を覚悟しては、、、と思います。 (車だとすぐなのですが) 
 
観光局はサイクリストへのフォローもしているので 出発前に、旅程を相談してなにか情報をもらってみてはどうでしょう 。
(Chun_Chun_Chun 2001年6月) 
 8月初旬のサイクリングですか。 リュベロンは山地ですからねぇ。。。 高低はかなりありますよ。 ゴルドや、ボニューなどを想像してみてください。 フランスではサイクリストはよく見かけますが、 夏場は、かなり体力に自信がないと大変だとおもいます。  
 
夏のプロヴァンスは暑いです。 7月の中旬に、レンタカーで移動しましたが あへあへ言いましたから。。 日陰は涼しいのですが、それでも一日外をウロウロすると 温度の高さ、陽射しの強さで、夕方にはグッタリします。 自転車だと、もろ直射日光を受けますので 陽射し対策、十分な休養、水分補給等をお忘れずに。
(にゃんち様)
 たしかにリュベロンは高低がすごいので、 ままチャリで、う・らら〜サイクリング〜♪なんて雰囲気ではありません(笑)   そこんとこだけは注意してください。 肉体派の人で、汗かきながら、がーって ツール・ド・フランス 状態、です。   どちらかというとカマルグ・サイクリングのほうが 一般観光客むけかしら、とも思います。 お時間がありましたら、ぜひどうぞ。   あとリュックがあるといいです。 
エクスアンプロヴァンスで、確か、リュベロンサイクリングのパンフもあったのですが、それにはリュベロンの道の高低が 折れ線グラフのように表されていて、「わー、こんな道、私は自転車で走れん・・・」と 思った記憶があります。 
 
高低差、かなりあると思います。 村と村の間は平坦なところも多いのですが、村は丘(というより小さめの山)の上にあるので その辺は厳しいかもしれませんね。。
 
夏場ですので、もしも自転車での移動でしたら、帽子、サングラスは必需品。 (自転車でなくても、ですが) そして水分はこまめに補給した方がいいと思いますよ〜。 乾燥している暑さとは言え、日差しはものすごく強いので日焼けにはご注意!ですね。 車にしても、自転車にしても、走ってるだけで楽しめる場所ですよ。 ぜひぜひ満喫してきてくださいね!
(vague様)
 
 

トップ > その他の地方 > プロヴァンス地方 > プロヴァンスでサイクリング