トップ > その他の地方 > ポワトゥー・シャラントゥ地方 > Poitiers ポワティエ のホテル
  

Poitiers ポワティエ のホテル
            
 23 Nov.2010 / 24 Apr.2011 / 30 Jun.2012 / 31 Dec.2013  経験談追加
 

フランス観光局リスト
http://www.tourisme.fr/hotel/hotel-poitiers.htm

booking.comでポワティエのホテルを探す・予約する  


ibis budget Poiriers Sud
旧 Etap Hotel Poitires Sud ★★

(泊数) = 4泊

(部屋のカテゴリ) = ツイン4部屋、ダブル2部屋。
ツインは2名1室、ダブルはシングルユースで、計10名宿泊。

(部屋の階&立地) = フランス式地上階。ロビーから続いている。

(部屋について(雰囲気など)) = 大手ホテルチェーンらしく、部屋は明るかった。
広さは普通、広くも狭くもない。スーツケース2個を全開はできないが、不便はしない。

(部屋の家具・備品) = TV、無料Wifi、照明、小さな書き物机、椅子。
ベッドは硬くも柔らかくもなく、ゆっくり寝ることができた。

部屋の鍵はなく、電子暗証番号式。

(バスルーム) = シャワーのみ。清潔で、お湯も普通に出た。
備品は、石鹸、タオル、コップ。

歯ブラシ、歯磨き粉、シャンプー、リンス、ドライヤーなし。

(冷蔵庫) = なし。

(エアコン、クーラー) = エアコン完備。

(パブリックエリア) = 飲み物、菓子類の自販機あり。

(レセプション) = カジュアルで、綺麗な学生寮のような感じ。

(レセプション以外の館内施設) = ビュッフェ式朝食レストランが、レセプション前にあり。

(スタッフ) = 対応はとてもフレンドリーで、良い。英語可。

(宿泊料) = ツイン45ユーロ/泊。

(予約方法) = 個人で

(予約方法、ホテル側の対応) = 大手ホテルチェーンのため、
とても明快、簡単にインターネットから申し込めた。

(アクセス) = 駅前からタクシーで12ユーロ(平日昼間)。
駅からバスもあり、すぐ近くまで着く。

(周辺の雰囲気) = 郊外にあり、周囲は同系列のホテルが並んでいて静か。
その1つがEtapで、他はibis、F1。

ホテルは大きな街道沿いにあり、治安は全く問題なし。

(ホテルの選択基準) = 料金、立地。
ツール・ド・フランスのスポンサーである有名企業なので、安心だった。

(よかったこと) = Auchanという、大型ショッピングモールが目の前にある(日曜休み)。
中には、大きなスーパーがあり、朝8時頃から21過ぎまで営業。買い物はここで全て揃うはず。

レストラン街あり。KFC、ピッツア等、ドライブスルーできるファーストフード店も敷地内にあった。
日本の日常と全く変わらず滞在できる。

(困ったこと) = 全くなし。

(朝食) = 4.9ユーロ/人。ビュッフェ式。
シリアル、パン、ジュース、ヨーグルト、ドリンク等。

(宿泊客の客層) = 老若男女、様々。
ビジネス、家族旅行等で、フランス人が普通に利用するカジュアルホテル。

(支払い方法) = クレジットカード可。

(車椅子等の対応は?) = 入口が階段なので、ハンディキャップのある人はきつい。
隣のF1、ibisなら大丈夫。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆

(他の方へのアドバイス) = ドライヤー、冷蔵庫がないが、それ以外はなにも問題ない。

目の前の大型ショッピングモールが、このホテルを利用する価値の全て。
家電製品、洋服、寿司までなんでも売っている。

ポワティエの街中は雰囲気もいいが、滞在なら断然こちら。
地元の人は、ここで買い物や食事をしているので、日常のポワティエが感じられる。

同チェーンの3つのホテルが軒を並べており、隣のibisには24時間営業のファミレスも併設。二人利用ならEtap、一人なら隣のF1の方が料金が安い。

(2011年10月 JSBF 様)





Adagio Access Poitiers:
http://www.accorhotels.com/fr/hotel-8401-adagio-access-poitiers-ex-citea/index.shtml
booking.comで探す・予約する
(泊数) = 2泊

(部屋のカテゴリ) = シングル

(部屋の階&立地) = フランス式4階

(部屋について(雰囲気など)) = 中庭に面しており、窓の広さは十分。
ベッドも広く、ベッドまわりの広さも十分。

落ち着いた雰囲気。

(部屋の家具・備品) = キチネットつき。
レンジ、調理用具、食器、電子レンジ、湯沸かし器、布巾、食器洗い用スポンジ、洗剤あり。

(バスルーム) = バスタブなし、シャワーのみ。
清潔で、お湯の出具合も特に問題なし。

シャンプー兼シャワージェル等あり。広さも問題なし。

(冷蔵庫) = 冷蔵庫あり。中身は空。

(エアコン、クーラー) = なかったような気がする。

(部屋について、その他) = 鍵が開けにくく、しばらく格闘した。

(パブリックエリア) = ロビーは洒落っけがなく、簡素。

(リフト) = あり。2人なら、荷物があっても大丈夫。

(レセプション) = レセプションは普通に親切。
しかし、月から金は21時頃までレセプションは開いているが、日曜祝日は、昼までと夕方からしか開かない。夜間や休日昼間は、入口の解錠コードを教えてもらって自分で開けるようになっている。

よって、チェックイン時間、チェックアウト後の荷物預け、引き取りの時間等を、きちんと考えないと、レセプションが閉まっていて立ち往生することになる。

(レセプション以外の館内施設) = 地下にプールがあるようだった。駐車場あり。

(スタッフ) = 普通に親切だった。英語可。

(宿泊料) = 7,900円/泊。素泊まり。

(予約方法) = 代理店から手配

(代理店の対応や手続き) = HISを通した。物件が少なく、代理店を通して予約できるものをいろいろ探してもらった。

(ホテルへのアクセス) = ポワティエの駅から、徒歩15分以内。
坂の下なので、荷物を引いても大丈夫だった。

(周辺の雰囲気) = 特に問題はないが、駅前の通り沿いで、殺風景。

(選択基準) = なるべく駅から徒歩可の範囲のホテルを探した。

(よかったこと) = 電子レンジがあったので、フランスの冷凍食品をチンして食べてみた。

(困ったこと) = 口コミサイトにもあったが、ホテルの看板はCiteaとなっていて、
どこにもAdagioなんて書いていない。知っていたから辿り着けた。

(宿泊客の客層) = あまり出会わなかったが、家族や若い人が多いかも。

(車椅子等の対応は?) = 大丈夫だと思う。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆

(他の方へのアドバイス) = 駅から荷物を引いて、市街地まで坂を上がるのが大丈夫なら、
悪くないと思う。ただ、前記のようにレセプションの閉まる時間があるので、ある程度レセプションとコミュニケーションができた方が安心。

(012年5月中旬  黒こげチーズケーキ 様)
 




 Hotel Central
http://reservation-chambres-doubles-hotel-hebergement.centralhotel86.com/
35 Place du Marechal Leclerc 86000 Poitiers

(泊数) = 1泊

(部屋のカテゴリ) = ダブルのシングルユース

(部屋の階&立地) = フランス式2階。市庁舎前広場側。

(部屋について(雰囲気など)) = 広さ約8畳、シンプルで明るい。清潔。

(部屋の家具・備品) = ダブルベッド、造り付けのテーブル、スタンド、椅子1、
ガラスの台、壁掛け薄型TV、クローゼット

(バスルーム) = バスタブあり。少し古いが清潔、お湯の出もよい。据え付きボトルの石鹸、プラスチックのコップ、バスタオル、ハンドタオル、足ふきタオル

(冷蔵庫) = なし。

(エアコン、クーラー) = エアコンあり。

(パブリックエリア) = 1階はレセプションのみで、狭い入り口。

(リフト) = あり。1人と荷物で一杯。

(レセプション) = てきぱきしていて感じが良い。

(館内施設) = なし。

(スタッフ) = 英語可。親切だが、さっぱりしている。

(宿泊料) = 47ユーロ/泊。滞在税0.85ユーロ、朝食6.5ユーロ。

(予約方法) = 個人で

(予約方法、ホテル側の対応) = booking.comから予約。

(アクセス) = ポワティエ駅から、旧市街の高台へ上がる通路を使って約10分。バスだと約5分乗った後、また約5分歩く。市庁舎広場に面しているので、分かり易い。観光スポットには、5〜10分あれば行ける。

(周辺の雰囲気) = 市庁舎広場に面し、不安感はない。広場の反対側に、7時前から開いているパン屋があった。

(選択基準) = 駅から遠くなく、安い。観光スポットやレストランに近い。

(よかったこと) = シャワーのみのはずが、バスタブ付きだった。料金も安いので多くを期待していなかったが、気配りができている印象で、問い合わせにもすぐに返事が来た。

(朝食) = 朝食室は無く、部屋で摂る。前日に飲み物と時間を決めておく。コーヒー、パン、バター、ジャム、オレンジ・ジュース。

(宿泊客の客層) = 誰にも会わなかった。

(支払い方法) = クレジットカード可。

(車椅子等の対応は?) = リフトがとても小さく、上階にしか部屋がないので難しそう。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆

(他の方へのアドバイス) = レセプションが閉まっている時間があるので、チェッイン、アウト時に注意。
建物に入る入り口の鍵と部屋の鍵をもらった。

( 2010年11月上旬 さくらさけ 様)



 



Inter Continental Hotel Poitiers ★★
http://www.inter-hotel.com/en/hotels/poitou-charentes/
86-vienne/poitiers/inter-hotel-continental.html
2, boulevard Solferino 86000 POITIERS
booking.comで探す・予約する

(泊数) = 1泊

(部屋のカテゴリ) = ツイン

(部屋の階&立地) = 108号室、フランス式2階建ての1階

(部屋について(雰囲気など)) = 明るさ、清潔さは問題なし。スーツケースを2個置くと、十分な余裕はないが、不自由さは無い。駅前のメイン道路に近いが、不思議にうるさくはなかった。

(部屋の家具・備品) = 液晶TV、机、椅子。
ポット、お茶セット、セイフティ・ボックスは無かった。

(バスルーム) = バスルーム内に配管が見えるが、スッキリとしており、清潔感はある。
ドライヤー、壁付けのシャンプー兼ボディジェルのボトル。

(冷蔵庫) = なし

(エアコン、クーラー) = エアコン無し。オイルヒーターのような暖房器具のみなので、
猛暑の夏は厳しそう。

(部屋について、その他) = 部屋の鍵はカードキーではなく、差し込んで回して開閉するタイプ。オートロックでもないので、外出時はロックを忘れずに。

(パブリックエリア) = 昭和レトロ風の懐かしい感じの古さ。共用スペースは殆どなく、7、8人が座れる応接セットのみ。

(リフト) = あり。8人乗り。

(レセプション) = 可もなく不可もなし。

(宿泊料) = 62ユーロ/泊。朝食別。

(予約方法) = 個人で

(予約方法、ホテル側の対応) = ホテルのHPより予約。

(ホテルへのアクセス) = ポワティエの駅前。旧市街はホテル背後の小高い丘の上にあり、中心部まで徒歩約20分。

駅から旧市街までは一部エスカレータもあるが、階段、坂道もあるので、スーツケースを持って歩くことは不可能。

(ホテル周辺の雰囲気) = 駅前なので、周辺にレストランは多い。

(ホテルの選択基準) = レンヌからバイヨンヌまで行く中継点として、ボルドーより宿泊料が安く、余り有名でないポワティエに寄ってみたかった。

(朝食) = 果物、ハム、チーズ、コーンフレーク、パン3種(甘いパンなし)、
ジュース2種。種類が少なく、温かいものも無かった。7.5ユーロと安かったので仕方ない。

(宿泊客の客層) = 白人のビジネスマン風が大半。

(支払い方法) = クレジットカード可。

(車椅子等の対応は?) = リフトが広いので問題なし。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆

(他の方へのアドバイス) = ID、パスワードをレセプションでもらい、部屋で無料Wifiが使える。

ホテルそのものは古いながら清潔感はあり、宿泊料も安いので十分満足できた。

(2011年1月中旬 レンヌなかなか 様)

(宿泊時期) = 2005年8月中旬

(泊数) = 1泊

(部屋のカテゴリ) = ツイン フランス式2階道路側
古く、長いすの上の布も薄汚れた感じがしたが、清潔に掃除されている。

(部屋の家具・備品) = ミニバー、ソファー、簡単なデスク、いす、スツール、
台、タオル掛け?(木製の衣紋掛けのミニ版)
 
 
 
 
 

(バスルーム) = そんなに広くないが、清潔。物を置くためのワゴンがあった。
シャワーカーテンは渦巻き模様。

(冷蔵庫) = ジュース、水、ビールなど

(エアコン、クーラー) = なし

(パブリックエリア) = 小さなホテル。

(リフト) = 小さなリフト。

(レセプション) = 女性も男性も優しい。

(館内施設) = 朝食用の小さな食堂(フランス式2階)

(スタッフ) = 女性は英語もよくわかる様子。男性は苦手そう。

(宿泊料) = 8,446円

(予約方法) = 個人で
Hotel Clubのサイトで予約。

(アクセス) = 国鉄ポワティエ駅のすぐそば。スーツケースを転がしても約5分。

(周辺の雰囲気) = 駅前で人通りがあった。隣のホテルにレストラン。日本からパリ経由で直行したので、サラダとピザをシェアして簡単な夕食にした。

(選択基準) = 有名な大型ホテルは郊外にあって、スーツケースを預けて観光し、次の町に向かうのには、小さいホテルでも駅前の方が便利だと思った。

(よかったこと) = 小さなホテルで、外からの見かけはぱっとしなかったが、従業員がみんな優しくて、ほっとした。

(朝食) = コンチネンタル。簡単な食事。料金に含まれる

(宿泊客の客層) = 子連れは見かけなかった。大人の二人連れ。

(支払い方法) = クレジットカード可

(車椅子等の対応は?) = リフトがあるが、そんなに大きくない。段差はあまりなかった。でも、廊下もそんなに広くはない。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆

(他の方へのアドバイス) = 近くにもたくさんホテルがある。旧市街は丘の上なので、そこにもたくさんホテルがある。また、フュチェロスコープという郊外に、大きな町ができたので、そこに新しい大型ホテルがたくさんある。国鉄利用と安さでは、おすすめ。

(2005年8月中旬 みいみんのむうみん 様)
 


 
Hotel de l'Europe オテル・ドゥ・リューロップ ★★
39 rue Carnot 86000 Poitiers
booking.comで探す・予約する
【date】 2003年9月中旬

【nights】 2泊

【room】 ダブルのシングルユース
【floor】 日本式2階 駐車場側

【space】 狭くはない。普通。駐車場側の広場に面していて明るい。
清潔。道路より奥まったところにあり、静か。

【furniture】 テーブルと椅子それぞれ一つずつ。
ドライヤーあり。テレビ有り。冷蔵庫有り。

【bathroom】 バスタブ付き シャワーは固定式
普通。清潔で、お湯の出も問題なし。

【minibar】 あり。中身を出せば、持ち込み分も冷やせる。

【air-conditioner】 なし。

【others】 小さなベランダがついているが、隣りとも繋がっている。

【public area】 小さなバーがあり、朝食ルームも明るくてとても雰囲気がいい。階段も美しい。

【lift】 不明。

【reception】 とても感じのいいマダム。男性もキッチリしていて仕事熱心。
新しい若い女性に、2人ともパソコンの使い方を、付きっ切りで教えていた。

【other facility】 朝食ルームは明るくてクロス類がブルー系で、とても気持ちが良さそうだった。(朝食はとらず、覗いただけ)

【soft】 道路より入り込んだところが入口だが、ガラス張りなので、レセプションから帰ってくるお客さんが良く見える。なので、レセプションにつく頃にはすでに鍵が準備されている。

対応はよい。延泊したが問題なくOKだった。英語はおそらくOK。

【rates】 52euro

【reservation】 個人で
その日飛込みだったが問題なくOK。名前を伝えるだけだった。出発の日も、チェックイン後も気持ちよく荷物を預かってもらえた。 
 

【access】 ポワチエの駅からは遠い。街の中心地にあり、駅から中心地までは坂道(又は階段)を登らねばならず、荷物がある身には ちと辛い。ただし、駅からエスカレーターもあるが、エスカレータのあと、少しの階段と坂道が続く。(帰る日に気がついた大馬鹿者)

駅までは20〜25分くらい。市内中心にあるので、散策するには便利な場所。

【around】 周辺にレストラン、カフェ。ビストロ多し。治安も問題ないと思う。

【policy】 夜ご飯にでたり、教会の夜のライトアップを見るには
駅近くより中心地の方がいい、と思い選択。でも駅前の坂道がしんどい。

しかも結局夜のライトアップも疲れて出かけられず,今となってみれば駅前ホテルでもよかったかな、と思っている。

【yokatta】 道から少し入り込んでいるので静か

【breakfast】 朝食はとらず。部屋はとても感じが良かった。

【other guest】 あまり注意してみなかったが、旅行者は(時節柄かもしれないが)あまり見かけなかった。きちんとスーツを着た人が多かったような。

【payment】 クレジットカードで支払い。T/Cは不明。

【disability】 リフトは無いと思う。
日本式1階には客室はない。階段は広め。廊下はそう広くはないと思った。

【children】 別にOKだと思う

【point】 個人評価◆◆◆◆

【advice】 荷物が大きい(重い)人は駅前のホテルを利用した方がいいかも。

(ハナクロにゃんち様 2003年9月中旬)


 
  

トップ > その他の地方 > ポワトゥー・シャラントゥ地方 > Poitiers ポワティエ のホテル