トップ > その他の地方  > ペイ・ドゥ・ラ・ロワール地方 > Saumur ソミュール
  
ペイ・ドゥ・ラ・ロワール地方へ
戻る
Saumur ソミュール (ソーミュール)
 
6 Aug.2013 経験談追加 
http://www.saumur-tourisme.com

 

その他の写真は ふらつー写真館 
 

バスを逃した。 ソミュールからフォントゥヴロー修道院へは、7〜8月に観光客用のバスが出ている、という情報は、ネットでもみたし、観光局で時刻表もくれた。 

停留所は、ルーズヴェルト通りの「promod」という店の真ん前だからすぐわかる、と観光案内の人に言われた。予定時刻の13:55のかなり前から待っていた。しかし、停まるはずの場所に
他の車が無断駐車してしまい、どうするのかな、と思っていたら、その後ろに小さな白いバンが停止。

あれ、もしかして?と思って近寄ると、真っ白なバンのドアのところに小さく 地元バス会社のアグロビュスのロゴを発見した。これだ、と思う間にバンは定刻 より1分早く発車してしまった。手を振って追いかけたけれど、気付いてもらえなかった。私もマイクロバス位のバスは予想していたが、それよりも小さなたっ た6席の小さなバンで、しかも、行き先やツアーの表示も一切なかった。

仕方がないので、その日はソミュール城観光に切り替え、翌日再挑戦。朝一番のバスに乗って、フォントゥヴロー→モンソロー→(徒歩)キャンド・サン・マルタン→(徒歩)→モンソロー→ソミュールという充実した。見学コースに。

バスはほとんど私専用の状態で、最後にモンソローからソミュール駅まで乗ったバックパックの男性も、私が乗り込むまで、それがそのバスとは気がつかなかったらしい。私が一緒でなかったら見逃していたと思う。
(2013年6月/7月 カンタベリー大司教 様)



ソーミュール城 Chateau de Saumur
http://www.chateau-saumur.com/
(アクセス方法) = アンジェ駅からTGVにてソーミュール駅まで。駅から標識に沿って徒歩30分ぐらい。

(入場料) = 大人 2.00ユーロ

(内部の雰囲気や感想) = この城も大規模改修工事中のため見学できるのは、地下の牢獄と中庭、城の周りだけで、馬の博物館は見ることができませんでした。

(車椅子・高齢者対応) = スロープやリフトはありませんでした。

(子供向け?) = 子供にはむかないかも

(所要時間) = さっとみて10分、じっくり見て30分

(印象的だったもの) = 内部に入れないので無し。

(飲食店&ショップ情報) = ショップは城の解説書、絵葉書等、小規模です。庭にレストラン兼カフェがあり、皆さんここでくつろいでいました。

(その他) = 2001年に訪れた時は惜しくも外観のみの見学でしたが、今回も内部が見学できず残念です。
この次こそは、内部が見たい。
 

(pyontaro6919様  2004年6月)
 



 
 
Photo by etsu et nino
Eglise Saint-Pierre


ソミュール駅
市庁舎


サン・ピエール広場
 

 
フランス政府観光局のパンフなどにものっているソーミュールの「ヴュベ・ラデュベ」へ見学に。 
Bouvet Ladubay  
rue de I'Abbaye, Saint-Hilaire, Saint-Floret 49400 Saumur 

ここは発泡性のワインを作っている大手で直売所も大きく、盛況。 
   
見学予約していることを申し出ると、10分ほどソーミュールの街の案内からこのワイナリーの案内の概略を、英語ナレーション付きでスライドショーを見ます。(これがなかなか濃くていかに偉大かというのを繰り返し聞かされた) 
  
その後、製造工程を見せてもらって、最後に販売所で試飲をさせてもらう。団体だと有料のようですが、個人だったので無料。 
  

(2000年11月 うちゃぎ様)


 
トップ > その他の地方  > ペイ・ドゥ・ラ・ロワール地方 > Saumur ソミュール