トップ > その他の地方 > ペイ・ドゥ・ラ・ロワール地方 > Angers アンジェ のホテル
  
ペイ・ドゥ・ラ・ロワール地方へ
戻る
Angers アンジェ のホテル
 
8 Dec.2009 経験談追加
 
 Mercure Angers Centre Gare

(泊数) = 2泊

(部屋のカテゴリ) = ダブルのシングルユース フランス式2階

窓が大きくて明るくて広かった。同行者の部屋はそれほどでもなかったので、女性ということで良い部屋をあててくれたようだ。楽にスーツケースをひろげられた。

リフト横だったので、うるさいかと思ったが、全く。居室は少し奥まったところにあり、廊下の音も気にならず。
同行者たちは気になったそうだが。

(部屋の家具・備品) =  机、椅子、テレビ、大きいクローゼット、ベッドはダブルサイズ。

(バスルーム) = バスタブ付きの広いバスルーム。シャワーカーテンの替わりに
プラスチックの透明板有。窓もあり、明るくていい感じ。

同行者の部屋はシャワーブースのみ。「(風呂好きな)日本人女性」ということで、バスタブ付きの部屋を割り当ててくれたようだ。タオル類の他、シャンプー、コンディショナー、小さな石鹸、コップ。

最初、お湯は出るが、水が出なかった。レセプションに伝えたところ、「ボイラーを取り替えたばかりだからそういう部屋もあるかもしれない」とすぐに直してくれた。

(冷蔵庫) =  なし

(エアコン、クーラー) =  あり

(パブリックエリア) =  無駄のない、シンプルなインテリア。
機能的。雰囲気もそんな感じ。

(リフト) =  あり。スーツケースを持って3人でも大丈夫。

(レセプション) =  普通に対応。

(館内施設) =  レストラン、広めのバー。ちょっといいレストランで、値段も高めのようだった。
バーで人と会談していたが、注文をとりにこなかったので場所のみを利用させてもらった。

(スタッフ) =  普通に対応。女性スタッフの笑顔がかわいい。英語OK。

(宿泊料) =  1泊目 11,297円、2泊目8,639円。当日決済だったらもう少し安くなったかもしれない。

(予約方法) = 個人で

(予約方法、ホテル側の対応) = エクスペディアのWebから。予約時決済が難点。

(アクセス) = 観光地へのアクセスは非常に良い。アンジェ城等の観光地へは徒歩圏。ただし、アンジェ駅からのアクセスは微妙で、天気が良い日であればスーツケースを押しながら歩けないこともない。昼間であれば人通りも多く、治安もいいので。

列車移動でスーツケースを持っているのであれば、日没後などはもっと駅に近いホテルの方が無難かもしれない。

ホテルの前の道路でトラムの工事をしていた。このトラムが整備されればトラムでの移動で便利になるのでは。ただし、この工事のため、市内の道路は混雑していた。

(周辺の雰囲気) =  アンジェの中心地。とても活気のある雰囲気。良くも悪くも若い人が多い街なので、特に女性は夜はあまり歩き回らない方が良い。残念ながら、夜は喧嘩をふっかけたい若者たちが歩いていた。昼間でも「ちょっと ネエちゃん」的にちょっかいをかけてくる若者がいた。
でも、この活気のある明るい雰囲気は,学生(留学生)の多い地方都市だからで、
パリとは違った楽しさが味わえる。

(選択基準) =  駅から近いこと。思ったほど近くなかった。あまり高くないこと。

(朝食) = 7ユーロ。コンチネンタル。パン、オレンジジュース、温かいドリンク。パンの数や種類は、担当者によるようだ。ビュッフェ形式の朝食もあるようだ。

(宿泊客の客層) =  ビジネス客が多い

(支払い方法) =  予約時にクレジットカード決済。

(車椅子等の対応は?) =  ここは大丈夫だと思う。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆

(他の方へのアドバイス) =  メルキュールホテルはアンジェ内にいくつかある。名前、場所をよく確認。最初、迎えにきてくれた現地の知人に別のメルキュールに案内された。

(2009年9月 りえちゃんちのすずらん 様)


 
Grand Hotel de la Gare
http://www.hotel-angers.fr/

(泊数) = 2泊

(部屋のカテゴリ) = ダブルのシングルユース 
フランス式4階  409号室
駅前広場に面した方。多分、全室面していると思われる。

部屋は、充分明るい。1人で、荷物もソフトケースの大型ボストンタイプなのでそんなに問題はなかったが、1人でも大きなスーツケースだと広げるのは難しいかも。2人では狭い。壁に花の絵がペイントしてあったり、部屋の雰囲気は女性向け。

(部屋の家具・備品) = ブラウン管TV、机、椅子。ドレッサーに、ハンガー5本ほど。スペースは狭い。扉が「く」の字型に曲がるタイプのもので、開閉しにくかった。壁のコンクリが剥き出しのところあり。部屋はかわいい感じなのに、ドレッサーはイメージが違った。

(バスルーム) = シャワー。透明の扉つき。清潔。お湯の出もよい。

液体石鹸はない。タオル大2、小1。プラステックコップ2個。石鹸はない。手洗いのスペースがちょっと狭かった。トイレの流れも問題はない。

(冷蔵庫) = なし。

(エアコン、クーラー) = なかったかも。

(部屋について、その他) = TVが載っている台のそばを通る時、ちょうど頭に当たるので、気をつけないといけない。160cm以下の人は大丈夫だと思う。ドブルベッドにしないで、シングルにしてほしい、と思うくらい部屋が狭かった。

(パブリックエリア) = 館内は統一感があり、女性向け。フランス式1階踊り場スペースにソファ、テーブルがあり、新聞、雑誌が置いてあった。

(リフト) = あり。フランス式1階にあるので、階段をけっこう登らないといけない。大人3人は乗れると思う。

(レセプション) = ふつう。

(館内施設) = フランス式1階に食堂。

(スタッフ) = レセプションではフランス語で話した。朝担当の若い女性は日本が好きらしく、好意的だった。親切にしてもらった。

(宿泊料) = 48ユーロ。部屋の案内には62ユーロと書いてあった。土日だったので、週末割引だと言っていた。

(予約方法) = 個人で
飛び込み。アンジェ駅到着後、直接交渉。

(アクセス) = SNCFアンジェ駅の目の前。徒歩5分。アンジェ城、市内商業エリアまで徒歩約10分。

(周辺の雰囲気) = 駅前なので治安は悪くないようだった。ホテルの地上階はレストランだし、周りにはカフェも数軒あった。道路の筋向いにパン屋が2軒、小さなスーパーもあった。

(選択基準) = 次の日、駅前バス停発のナヴェットに乗るため。ホテルのロゴがかわいかったから。

(宿泊客の客層) = ドイツからきたという中年の男性。カトコトの日本語で挨拶された。
スーツ姿の中年女性。旅行者のような男性。

(支払い方法) = クレジットカードOK。VISA使用。

(車椅子等の対応は?) = レセプションまで2、3段、リフトまで1階分階段を上がらないといけない。
無理だと思う。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆

(他の方へのアドバイス) = 大きなスーツケースのある人にはお薦めできない。部屋はとにかく狭い。
雰囲気は女性向でかわいいので、そういうのが好きな人にはおすすめ。

駅前で週末割引の48ユーロは格安。駅前にあと2、3軒ホテルがあったが、街中心部ではあまりホテルを見かけなかった。

(2009年5月 城壁くすくす 様)


 
 
 
 
 
 
トップ > その他の地方 > ペイ・ドゥ・ラ・ロワール地方 > Angers アンジェ のホテル