トップ > その他の地方 > ノルマンディ地方 >  Rouen ルーアン
  
ノルマンディ地方
に戻る
ルーアン Rouen
 14 Apr.2013 / 8 Feb.2015   経験談追加  
photo by God Father 7
もくじ
お役立ちURL
アクセス (別頁) [8 Feb.2015]
市内交通
イベント
みどころ(別頁)  [14 Apr.2013]
ショッピング [8 Oct. 2012]
レストラン、カフェ(別頁) [14 Apr.2013]
 

 
ストラスブールやシャルトルが好きな人なら きっと気に入る。新市街と旧市街で大きく風情がことなる。旧市街までは幹線沿いを徒歩15分ぐらい。遠藤周作が留学した町、でもある。ジャンヌ・ダルクが処刑された町。ウィリアム征服王もこの近くで没している。にっぽん丸が寄港するほどの主要港をもつ。
 
 

お役立ちURL
 

http://www.mairie-rouen.fr/ ルーアン市
http://www.rouentourisme.com/ ルーアン観光局  日本語あり
http://www.normandy-tourism.org/jap/jap02.htm ノルマンディ観光局 > ルーアン  日本語あり
http://jp.franceguide.com/%E3%83%AB%E3%83%B
C%E3%82%A2%E3%83%B3.html?nodeID=191&EditoID=52418
在日フランス政府観光局(日本語)
数字は最新ではないので注意

市内交通
 

この地方の交通の要所であり、市内、郊外へ多数のバスが走る。一般観光客にはあまり縁がないかもしれない。
観光スポットは 大きな荷物がないのであれば、徒歩可。古い建物が残る地区は、散策が楽しい。
メトロが明るくてきれい。パリとは大違い。どちらかというと、地下を走っているトラム、という感じで、ホームと線路との高低差があまりありません。
(とりcacao様 2003年)
ルーアンのバスの発着が大通りに沿ったところと
地下鉄案内所の裏の二箇所にあり、夏季の臨時停留所に移動していた。

目的地が最終停留所と思って安心してルーアンからのローカルバスに乗っていた
(目的地の名前がちゃんとバス前面に大きく出ていた)ところが、実は最終停留所ではなく、
通り過ぎたところで運転手に教えられ、15分歩いて戻った。
(2006年9月 カンタベリー大司教 様)


 
 

イベント
 

 
 

■ 5月第2日曜  ジャンヌ・ダルク祭 Fete de Jeanne D’Arc

 フランス各地のゆかりのある町で同類の祭りがおこなわれるが、ルーアンのものは
 1,2を争う人気。大聖堂のライトアップや光の催しもある。
(参考 オルレアンのも人気。こちらは 例年5月。ランスは6月下旬)
 

■ 6月〜9月 ルーアンの大聖堂 光のイベント
大聖堂にさまざまなライティング モネを彷彿とさせるイベント
 

■船の祭典 Armada アルマダ  20013年。 次回は2019/6/6〜16
http://www.armada.org/
 
 
 
 
 

▲もくじに戻る

 

ショッピング、店
 

朝行ったときは、ちょっと肌寒くて、店も閉まっていたので、今一つだったが、
昼過ぎになると人通りも増えて、いい感じになってきた。
(2005年5月 マディねもーる 様)

 
Gribouille
16 rue de l'Homme de Bois
ノルマンディーの特産品やシードル、カルバドスの店。
 
りんごジュースにカルバドスを混ぜた「ポモ」は、食前酒にぴったり!。 他にもミルクジャムや珍しい梨のシードルなんかもあり、 小瓶に入ったカルバドスはお土産にいいですよ。 店内の天井にはオーナーが集めた様々な「泡立て器」が吊り下げてあり、 とってもカワイイ店。
(Colette様)


 
 
スーパー モノプリ
モノプリで、エコバッグ。ルーアンでは、0.83ユーロ。
(パリのオペラ店では1ユーロ)
(2012年5月/6月 spring@海外はいつもヒツジ 様)
さすがノルマンディーだけあって、カマンベールの種類が、パリなどに比べるとすごく充実。
(ひよこっち様 2001年4月)

チーズを買い込んだ。とにかく種類がすごい! どれもおいしそう。名前と値段は書いてあるので、冷蔵ケースの前に立つ親切そうな女性に、指差しでお願いし、レジで支払い。

セルシュルシエールが 2.7ユーロ。日本では手に入りにくいモンドールは11ユーロ。小さめのクールバッグとアイスクール(叩いて中の袋を割ると一定時間冷えるというもの、薬局で購入)を駆使し、手荷物で持ち帰り。
(2004年11月 チーズが食べたくて行きました 様)

 



 
 
ほか
港のすぐ近くにあった ボーダーのTシャツやセーターなどを扱う、本場マリン製品の店も 面白かった。 こじんまりした街なので、散策の途中で見つかるかも。
(Colette様)
エルメスでスカーフ。重い病の親族にプレゼントをと思い、奮発してエルメスのスカーフを買うこと。行きの成田空港では、品薄で断念。パリでは、デパートでは時計のみの取扱いだったので、本店に行く必要があった。

自分には敷居が高いなと思っていたら、ルーアンで大聖堂前にエルメスの支店を見つけたので、入店。自分で選ぶよりプロに任せようと思い、あげたい親族の写真を見せ、年齢と希望の色を店員に伝えた。店員は「ダコール」といって、すぐに3点広げ、1分で決定した。(2012年4月/5月 シトロンC5 様)

 
▲もくじに戻る
ツアー

申込方法、集合場所、各種割引テク → オプショナルツアーの基礎知識 参照


ミキツーリストみゅう コース番号   (2010臨時コース) ジヴェルニー、ルーアン、エトルタ
日本語アシスタント、 2名催行
ジヴェルニー モネの家入場料、 ルーアン美術館入場料ふくむ

8:30 パリ三越前発
10:00 ジヴェルニー モネの家(入場)
13:00 エトルタ 自由散策 自由昼食〜14:30
15:30 ルーアン ルーアン美術館(入場) 大聖堂自由見学〜17:30
19:00 パリ三越前解散

催行曜日 ■催行なし 大人  子供 4-11歳 ことば 出発 所要 ホテル送迎
2010 G.W.
4/30、5/2、5/5限定
17,400円/人 12,300円 日本語 8:30 10.5h なし

 
 
 
トップ > その他の地方 > ノルマンディ地方 >  Rouen ルーアン