トップ > その他の地方 > ノルマンディ地方 > 周り方
 
荷物。
ノルマンディ地方の一泊旅行で、コインロッカーなどが見つけられず重い荷物をずっと持ち歩いた。
雨も降って更に動きづらくなり、また疲れも出たし、トゥルーヴィルでゆっくりし過ぎて時間もあまりなかったこともあった。
後から行ったドーヴィルを楽しめなかった。
もう少し時間配分も考え、カフェに立ち寄る程度の余裕があれば良かった。
(2015年3月/4月 らっきーひつじ 様)

オンフルールへ行くことはすぐに決まったが、日数配分にはかなり頭を悩ませた。
以前なら16時台にパリに到着していたので、その日の内に空港でレンタカーを借りてオンフルールまで行けた。
最後にパリで1〜2泊する行程にできた。
が、今回はパリ到着が既に19時半。初日をどこで過ごそうか考えが二転三転した。

結局、順番を逆に、最初にパリに2泊し、その後、オンフルールへ向かうことにした。
そうすると、パリ市内で車を借りることになる。利用したことのあるルーヴルのハーツから近いところに泊りたい。
周辺の道路事情を考慮しつつ、予算や雰囲気なども妥協できなかったため、パリのホテルは2週間くらい悩みぬいた。

最終日は、空港までレンタカーで向かうので、前日の内にシャンティイまで戻って1泊することにした。シャンティイに不満はないのだが、オンフルールであと1泊できればもっといろいろ行けたのになぁと思う。

モン・サン・ミッシェルのような超有名観光地には行かなかったので、盛り上がりに欠けた気はするが、林檎の礼拝堂に行きたいとか、トゥルーヴィルで魚介類 を食べてサヴィニャックを探して歩きたいとか、ル・アーヴルの美術館と教会が見たいとか、こまごまとやってみたかったことができた。

地方ではのんびりホテルライフを楽しむことも、目的の一つだった。
夕方にはホテルに戻り、ディナー前にスパでジャグジーに浸かりながら、一日の出来事を振り返るのが楽しかった。
(2014年4月/5月 azum@az 様)
メジャーな観光地へ行くというのに、宿の予約を開始するのが遅れた。
出発の約2カ月前から始めたが、エトルタやトゥルーヴィルでは週末は既に満室の宿が多かった。
(2012年3月/4月 ユンヌフルートガナ 様)
ノルマンディの田舎町である、カーン、アランソン、もっと小さな田舎町などが気に入った。本当に人が少なく、自分が旅行者であることも忘れるくらい、自然に散歩できた。
(2010年5月 きろろころ 様)
ノルマンディーに、2回とも 5月のGWに。すごくいい季節。

まず、菜の花が満開!まるで黄色の絨毯です。 でも車で畑のヨコを通り過ぎるとき、ちょっと青臭い、というか油臭いのが難。 次に、藤の花がこれまた満開!です。日本のような藤棚ではなく、建物にツタのようにへばりついていたり、
また、かなりの大木古木もおおく、すんごく高い木に薄紫のボッテリした房が沢山ぶらさがっています。まるで果物のように(笑)。

ボッテリ、といえば八重桜。リジューだったか、カーンだったか町の中で、コロンバージュの古い建物の前の重たげな八重桜はとてもいいコントラスト。

それからノルマンディーで有名な林檎(シードルの原料)。ちょうど花の季節。
林檎だけではなく、アーモンドやその他同じ科(多分梨とか)の花も満開。

草原にはもちろん緑の草の中にタンポポや白い小花。もちろん牛つき。風も曇っていると少し寒いし、時には霰(あられ)も。でも晴れ間は半袖でいい日もあります。

(ハナクロにゃんち様)
 


pont-audemer(ポン・トードメール)という街から   リジューへ向かう県道510号線上の菜の花畑
Photo by nyanchi
 
友人に1月1日はレストランも殆ど閉まってしまう と聞いて、 1日の朝急遽レンタカーで友人と一緒に、パリからオンフルール へ向かいました。

道は空いていて、パリからは2時間弱で到着。オン・フルールは沢山の観光客で賑わっていました。 石畳のかわいい街を散策した後、夕食はすぐ近くのトゥルーヴィルへ向かいました。
 
トゥルーヴィル港周辺には魚介類の店が何軒も在り、とっても活気があった。 「海の幸の盛り合わせ」をお腹一杯堪能。  パリより安くてもちろん新鮮!。 ムール貝のワイン蒸しも、あっさりしていて幾らでも食べられた。 食後にカジノに立ち寄った。 ドーヴィルのカジノは正装しないと入れないそうですが、トゥルーヴィルのは ゲームセンターのようで、とっても気軽に遊べた。 スロット・マシーンで100FF程すったが。
 
翌日はドーヴィルでウィンドーショッピング。 高級リゾート地だけあって、ブランド店が建ち並んでいた。 ヴィトンもエルメスもノルマンディ風のかわいい建物。
 
帰りがけに、Chateau du Breuil というシードルとカルバドスを作っている 森の中にひっそりと建つとっても素敵なシャトーに立ち寄りました。 中を見学した後、カルバドスを試飲。 ものすご〜く寒かったけど、とっても楽しい小旅行。
(Colette様)

トップ > その他の地方 > ノルマンディ地方 > 周り方