トップ > その他の地方 > モン・サン・ミッシェル > ホテル編 >  Formule Verte
 17 Apr.2010 / 21 Jul.2012 経験談追加
 Formule Verte ★★
アップルワールドから 探す・予約する

booking.comで探す・予約する
http://www.le-mont-saint-michel.com/EN/hotel_formule_verte/index.php
(泊数) = 1泊

(部屋のカテゴリ) = ツイン

(部屋の階&立地) = フランス式1階

(部屋について(雰囲気など))= TVしかない、という印象。

(部屋の家具・備品) = TV、机、椅子。

(バスルーム) = バスタブなし、シャワーのみ。

プラスチックコップ、1回分の石鹸の袋2、造り付けのドライヤー。これはすぐ止まった。

お湯は充分に出た。バスルームのみ改装したように、明るく新しかった。

(冷蔵庫) = 無し

(エアコン、クーラー) = エアコン、クーラーらしきものがあった。

(部屋について、その他) = 部屋の鏡に、IDとパスワードが貼りつけてあり、
Wifiが無料で利用できた。

(パブリックエリア) = 椅子がいくつかあるだけ。レセプションは、20時過ぎにはシャッターを下ろして閉まる。

(リフト) = なし

(レセプション) = 聞かれたことには応えてくれる。英語可。

(館内施設) = 朝食場所

(スタッフ) = ビジネスライクな対応。

(予約方法) = ツアーなどで指定されていた
阪神航空フレンドツアー 

(ホテルが決まった時期、もらえた情報) = 出発1週間前に来た最終案内に、
ドライヤー有り、スリッパ無し、湯沸かしポット無し、冷蔵庫無し、インターネット接続環境無し(実際は利用可能)、セイフティ・ボックス無し、と記載。

(アクセス) = ツアーバス

(周辺の雰囲気) = 夜になると暗いが、治安が悪そうではなかった。

(よかったこと) = 夜のモン・サン・ミッシェルは、幻想的で美しかった。見ることができて、良かった。

向かいにスーパーがあり、夜は20時閉店で早いが、朝は8時開店で、早めに買い物が出来た。スポーツ用品、衣料品、ガイドブック、クッキー土産、一般的な食料品まで幅広く揃い、また土産品は、島内より安かった。

スーパーの隣は、セルフサービスレストランのようだった。

(困ったこと) = 夜には、スタッフがいなくなり、玄関ドアも施錠される。

玄関も、部屋の鍵で開けることができるのだが、知らされておらず、入り口にもそのような記載がなかったので、最初はドアが開かないことにびっくりした。

(朝食) = 朝食場所に行くと、ツアーによってテーブルが指定されていた。指定名が、現地の手配会社名だった。

現地手配会社名はあまり覚えないが、意外といろいろ必要な時があるので、
押さえておかないと、と思った。

(宿泊客の客層) = 様々。

(車椅子等の対応は?) = フランス式2階建てだが、階段しかない。
地上階に部屋はなかったので、車椅子は難しいと思う。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思うが、隣の部屋の声は伝わるので、騒ぐと迷惑と思う。

(コストパフォーマンス) = ◆◆
 
(他の方へのアドバイス) = 夜間外出の際は、レセプションにあるベストを着用して下さい、と日本語、英語で張り紙があった。

(2012年5月下旬  spring@海外はいつもヒツジ 様)

(泊数) = 1泊

(部屋のカテゴリ) = ツイン(だと思ったが、ベッドは4つ カドラプル)

(部屋の階&立地) = フランス式1階

(部屋について(雰囲気など)) = かなり広い

(バスルーム) = バスタブ、可動式シャワー。お湯もしっかり出る。ドライヤー。

(冷蔵庫) = なし

(リフト) = なし

(スタッフ) = 英語可

(宿泊料) = ツアー代金に含まれていた

(予約方法) = ツアーなどで指定されていた

(アクセス) = MSMの対岸

(周辺の雰囲気) = 観光客のみで、悪いように見えなかった。

(選択基準) = ツアーで指定されていた。

(よかったこと) = 対岸なので、夜と明け方、少し散歩すると、MSM全景を写真に写すことができた。

(困ったこと) = リフト無しなので、足が悪い人、弱い人は辛いかも。

(朝食) = パリのホテルよりクロワッサンがおいしかった。

(宿泊客の客層) = 同じパッケージツアーの人ばかり

(車椅子等の対応は?) = 厳しいと思う。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆◆

(2010年3月上旬 カヌレとバターと 様)
 


(泊数) = 1泊

(部屋) = ツイン。 フランス式2階の道路側。MSMとは逆側だが、光が入ってよい。 夕方、日差しが差し込んできて、気持ちが良い。

広さは、こじんまりとしている。スーツケースは持って行かなかったので大丈夫だったが、 2つ広げたら、いっぱい。

内装は綺麗で、申し分ない。

(部屋の家具・備品) = ベッドとクローゼット、テレビに化粧台。
サイドテーブルが、各ベッドの横に有り。枕がフカフカ。

(バスルーム) = シャワーのみ。狭いが、ちゃんと熱いお湯が出てくるので、気持ちが良い。

シャンプー、石鹸。バスタオルとフェイスタオル、足拭きタオル完備。

(冷蔵庫) = なし


(エアコン、クーラー) = クーラーはわからないが、暖房器具はついていた。スイッチの入れ方がわからなくて、しどろもどろ。

(パブリックエリア) = レセプションのある階に、車椅子もOKな広いトイレがあった。レセプションの前に置かれているソファーコーナーは、天気がよければ日が差し込んで、ポカポカ気持ちよさそう。

(リフト) = なし

(レセプション) = 女性が2人交替でいたが、非常に親切。夜、日の出の時間を聞いたら「わからない」といわれたが、もう一度聞いたら、わざわざ電話して調べてくれた。

また、朝食を向かいのパン屋で調達し、白湯をもらおうとしたら、お湯だけでなく、紅茶のセットをくれた。感激。

(館内施設) = レストランみたいなところ。オフシーズンだったためか、夜は開いておらず、朝は開いていた。

(スタッフ) = 早口英語なので聞き取りにくいが、明るくて親切な女性ばかり。

(宿泊料) = 41.3euro。

(予約方法) = 個人で
予約したのが、ホテルの冬期休暇明け前だったようで、少し待った。その後は、メールを送れば翌日には返信が来ているといった感じだった。質問した事にはきちんと答えてくれる。

ただ、1回目は英語だった文章が、2回目にフランス語で返ってきたので、翻訳ソフトを使って理解した。その返信に「フランス語が読めない」と英語で書き加えたので、その返信は英語だった。

(アクセス) = リヨン駅からバスで約50分。

バスの運転手に「ここでおります」と伝えると、別のホテル名を言われ、そこも一緒だから、そこで降りろと言われる。緑の看板が目印のバス停からは、約50m。帰りは約70m。

MSMからは、歩いて1.8km。のんびり歩いて約40分。行きはMSMが見えて楽しいが、帰りは何もないのでちょっと辛い。

(周辺の雰囲気) = 目の前に、スーパーとパン屋がある。ここのスーパーでは切手が買えるので、 休日閉まっていた郵便局の変わりになって、大変助かった。

近所の散策はしていないのでわからないが、夕暮れを見にMSMに行った後、
20時頃に戻ってきたら、真っ暗だった(MSMからホテル群までは、街灯なし)。

(選択基準) = 値段と設備が、つりあっているかどうか。MSMと、どのくらい近いか。

(よかったこと) = 便利は良いし、ホテルの人も優しかったので、この値段で非常に満足。 紅茶をくれたときは、神様に見えた。

(宿泊客の客層) = 欧米人の夫婦がいた。オフシーズンなので、ホテルではほとんど人に会わなかった。

(支払い方法) = VISAで。

(車椅子等の対応は?) = リフトがないので、階段だけだとちょっときついかも。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆◆

(2007年3月 YUIぼん 様)


(宿泊時期) = 2007年2月上旬

(泊数) = 1泊

(部屋) = ダブルのシングルユース
とにかく、一番安い部屋にしたが、ダブルベッドの他にロフトにシングルベッドが2つあった。4人はいける。

(部屋の階&立地) = フランス式2階

(部屋について(雰囲気など)) = 窓から干潟が見える。夏なら羊もいるのだろうか。

(部屋の家具・備品) = ロフトがある。ワーキングデスク、クローゼット、テレビ。

(バスルーム) = シャンプーと石鹸と靴磨き。シャワーはあまり熱くならない。お湯もふんだんには出ない。

(冷蔵庫) = なし

(エアコン、クーラー) = ヒーター有り。

(レセプション) = 女性。英語可。親切で愛想もよい。

(宿泊料) = 42.5euro

(予約方法) = 個人で
カーンに行く予定だったが、トラブルで電車の乗り継ぎに失敗したため足止め。ポントルソンの駅から、一度は去ったMSMに戻った。出国前、MSM島内のホテルの予約に失敗したので、対岸で下車、目に入ったホテルへ。

オフシーズンなので、対岸の部屋はいっぱい空いていたようだった。

(アクセス) = ポントルソンからMSMへのバスで、対岸で下車。マルシェの向かい。

(周辺の雰囲気) = レセプション曰く「モンサンミッシェルまでは歩いて20分」。
西洋人のように長い足じゃないのでもうちょいかかる。

(よかったこと) = 夜景、朝焼けのモン・サン・ミッシェル、筆舌に尽くしがたいすばらしい眺め。星が瞬く夜明け前にホテルを出て散歩に。明けていく空の中で、徐々に輪郭を立ち上げていくMSMの姿は壮麗だった。

(朝食) = 向かいのマルシェに併設されているチェーン店のパン屋に行ったのでとっていないが、 ホテルの朝食は7.2ユーロ。

パン屋だと、エスプレッソとクロワッサンで 2ユーロ。朝はあんま入らないから、こっちで十分だった。

(宿泊客の客層) = 中年夫婦を見かけた。

(支払い方法) = VISA、Masterともに読み込まず、仕方なく現金で支払い。普通は使えるようだ。JCBは不可。

(車椅子等の対応は?) = リフトを確認していないため、わからない。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆

(他の方へのアドバイス) = 本当に寝るだけのホテル。
対岸からの朝の散歩が最高だったので、あまり気にならなかった。

(2007年2月上旬 Fashion Nugget 様)

 




トップ > その他の地方 > モン・サン・ミッシェル > ホテル編 >  Formule Verte