トップ > その他の地方 > ノルマンディ地方  モン・サン・ミッシェル > ホテル編 > Saint Aubert
 
20 Oct.2007 / 12 Apr.2008経験談追加

  
Hotel-Restaurant Le Saint-Aubert    サン・トーベール サント・オーベール
Grande Rue 50170 Le Mont Saint Michel
http://www.mere-poulard.fr/groupesaintaubert.asp
http://www.saint-aubert.com/
expediaで探す・予約する
アップルワールドで Saint Aubert を探す・予約する
booking.comで探す・予約する
hotelclubで Saint Aubert を探す・予約する

(宿泊時期) = 2008年3月中旬

(泊数) = 1泊

(部屋のカテゴリ) = トリプル フランス式1階

暖色系の照明で、そこそこ明るい。3人でスーツケースを持ち込むと、ベッドの上くらいしか居場所がないが、きれいな部屋だった。暖房がしっかり効いていて暖かった。

(部屋の家具・備品) = ベッド、クローゼット。

(バスルーム) = バスタブあり。トイレとお風呂が別だった。お湯の出具合も問題なし。

ただ、シャワーカーテン等がないので、使い方がなかなか難しい。小さいリンスインシャンプーと石鹸、使い捨てのビニールコップあり。

(冷蔵庫) = なし。

(エアコン、クーラー) = 暖房はあった。

(部屋について、その他) = とにかく暖かい。トリプルだが、エキストラベッドではなかった。ベッドの1つは、少し大きかった。

(パブリックエリア) = とても簡素。レセプションも閉まっていることもあった。
特に問題はなかった。

(リフト) = なし。

(レセプション) = 15時チェックインのところ、11時頃に行ったら、荷物を預かってくれた。でも、すぐにレセプションを閉めたかったらしく、少しせかされた。

(館内施設) = なし。

(スタッフ) = 英語対応可。非常にてきぱきしていたし、荷物を預かってくれて、対応が良かった。

(宿泊料) = 12,000円

(予約方法) = 個人で。
オクトパストラベルから予約した。特に問題なかった。ただ、バウチャーを印刷し忘れそうになってあわててしまった。

(アクセス) = Saint-Aubertに行きたい、とレンヌでバスに乗るときに運転手に言ったら、メルキュールホテルの前でおろしてくれた。MSMまで2km。

(周辺の雰囲気) = とても田舎なので、治安は問題ないと思う。

(選択基準) = 安いこと。MSMの島の外。

(よかったこと) = 併設されたレストランがおいしかった。スタッフの対応が良かった。

(困ったこと) = 少し鍵が開け辛かったが、掃除スタッフが教えてくれて、すぐに開けられるようになった。
レセプションが無人のとき、チェックインをレストランでしなければいけない。

(朝食) = バゲット、クロワサン、パンオショコラなどのパンと、コーヒー、ホットショコラ、ホットミルク、オレンジジュース、ミルク、シリアル、ヨーグルト等があった。

パンは冷たかったが、おいしかった。

(宿泊客の客層) = 子供連れや、自分で車を運転してきたと思える家族連れの欧米人。
日本人はいなかった。

(支払い方法) = オクトパストラベル経由で先払いしたが、レセプションにはクレジットカードとT/Cのマークがあった。

(車椅子等の対応は?) = リフトがないので、ちょっと厳しい。入り口も少し狭い。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う。

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆◆

(他の方へのアドバイス) = リフトがないのでスーツケースを持って上がらなければいけない。それが嫌な人はやめた方がいいかもしれない。

リフトがなく、シャワーカーテンがないが、私はこの料金でこの内容なら、問題ないと思った。コストパフォーマンス抜群だと思う。

( 2008年3月中旬 ケロリーヌ99号 様)
 

(宿泊時期) = 2007年9月

(泊数) = 1泊

(部屋) = ツインのシングルユース。日本式1階。
目の前は駐車場。見晴らしは開けているので、日当たりは良い。
広さは、スーツケースをぎりぎり開けられるスペースがあるくらい。

(部屋の家具・備品) = 最低限のものだけは揃っている。テレビあり。衛星放送はなし。

(バスルーム) = 普通の広さ。カーテンやガラスのついたてがないので、シャワーが飛ばないように気を遣った。
バスルームに小さな窓がついていて、あけっぱなしになっていたので、虫が入ってきた。

お湯の出は、悪かった。清潔感はまぁまぁ。

(冷蔵庫) = なし。

(エアコン、クーラー) = おそらくなかったと思う。

(パブリックエリア) = レセプションは狭い。

(リフト) = なし。

(レセプション) = 18時以降はレセプションが閉まってしまうので、レストランへ行って鍵をもらう。
その際に、正面玄関の暗証番号も教えてもらう。

朝食は何時から、とか、チェックアウトのことなど、全く説明がなくびっくり。帰りは、レセプションのところに鍵を置いて、帰るだけだった。まぁ、安いから仕方ないか。

(スタッフ) = ほとんど話していないので、よくわからない。英語は可。

(宿泊料) = 51euro

(予約方法) = 代理店から手配。

(代理店の対応や手続き) = HOTEL CLUBよりネット予約。

(アクセス) = レンヌ発MSM行きのバスで、ホテル名をあらかじめ告げておくと
メルキュールホテル前で、降ろしてくれる。そこから歩いて1分。帰りもメルキュール前のバス停から乗れる。

(周辺の雰囲気) = 治安は良いと思う。すぐ近くにスーパーあり。20時近くまで開いていた。

(選択基準) = 島外ということと、値段。

(困ったこと) = あらかじめ、レビューを見ていて覚悟はしていたが、やはり部屋の鍵がとても開きづらかった。最初に開けた時はうまく開けられたが、2回目以降なかなか開かず、
1回は、同じホテルの宿泊客の欧米人に開けてもらった。

隣の部屋も日本人だったが、やはり2人がかりでも開かず、欧米人に開けてもらっていた。

(朝食) = パン、紅茶、コーヒー、ジュース、ヨーグルト。遅めに行ったら、もうジュースはなくなっていた。

(宿泊客の客層) = 中年世代の欧州の人々。20代くらいの日本人。

(支払い方法) = クレジットカードで前払い。

(車椅子等の対応は?) = 難しいのでは。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う。

(コストパフォーマンス) = ◆◆

(他の方へのアドバイス) = 値段が安い分それなりのホテルなので、島外で安いホテルを探している人にはいいと思う。でも、MSMまでの2kmの道のりは、往復だとけっこう時間がかかるので、のんびりしたい人には、あまり勧められない。

(2007年9月 青のオオカミ 様)

(泊数) = 1泊

(部屋) = ツイン 日本式2階、外はガレージ、その向うに大通り。明るい。ツインベッドの片側だけスーツケースを開けるくらいのスペース。駐車場と表の大通りが見える。印象は可もなく不可もなく。

(部屋の家具・備品) = 両側にサイドテーブル、TV有り、衛星放送なし。

(バスルーム) = 広い。水・お湯は蛇口から出てこない。シャワーからのみ。よく出る。清潔感は普通。
使いきりシャンプーと小さな石鹸。使い捨てのコップ有り。トイレ別の部屋。

(冷蔵庫) = 無し。

(エアコン、クーラー) = それらしき物はなかったと思う。

(パブリックエリア) = ロビーやや狭い。朝食は屋外の隣接レストランを利用。

(リフト) = 無し。2階建て。

(レセプション) = 普通。

(レセプション以外の館内施設) = 無し。

(スタッフ) = 日本語は全く駄目だと思う。英語は可能。

(宿泊料) = 8,800円

(予約方法) = 個人で
Octpusのサイトから。ホテルとは事前に交渉無し。

以前利用した Hotelclubは直後からキャンセル料が発生するが Octpusは猶予がある。バスタブが欲しいとか、到着時間を伝えると対応してくれる。パリのホテルの事で電話したが、非常に親切な応対だった。
 

(ホテルが決まった時期、もらえた情報) = 3月末だったと思う。通常、予約表に載っている地図が無くて不便だったが、聞きも探しもせず出掛けてしまった。

(アクセス) = MSMから50代の私の足(普段買物以外歩かず)で45分。一度でもうたくさん!の距離だった。往復、あるいは満潮を見に行くなんて、出来なかったであろう。正式なバス停ではないがホテルメルキュール前に停まるので、帰りは手を振ってそこから乗せて貰った。往路も依頼すれば降ろして貰えるようだ。

(ホテル周辺の雰囲気) = メルキュールの向かい側。往路で通った時、場所が分からなかったので、
バスの運転手に聞いておいた。レストラン、ホテル、スーパーが周りにある。
旅行者ばかりの町だったような。

(ホテルの選択基準) = webサイトに紹介されていたから。値段。直接予約だと高いような気がした。

(困ったこと) = 着くなり18時から翌10時までスタッフはいなくなる、その時はこうして玄関ドアを開け、こうしてオートロックを外す、レストランは何時から何時まで・・・等、一杯まくし立てられた。直接MSMまでバスで行ってしまってよかった。

部屋の鍵が開き辛かった。スタッフを呼んで初めて開いた。2周半も回し、回転方向へ圧力をかけたままノブを回さねばならなかった。

(朝食) = クロワッサン、レーズンデーニッシュ、確かもう一種パン有り、
ヨーグルト、ジャム、バター、ジュース、コーヒー、紅茶。ヨーグルトは美味しかった。他は普通。

(宿泊客の客層) = 中年の車で旅行中の欧州人数組、日本人ツアー客。

(支払い方法) = 申し込み時に 前払。

(車椅子等の対応は?) = 駄目だと思う。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆

(他の方へのアドバイス) = MSMから2km、健脚自信有りの方で安い宿をお探しの方なら充分お勧め。
 

(ms_aco 様 2005年5月)


ホテル付設レストランで、ディナー。海鮮盛り合わせ、ノルマンディ風オマールえび、お勧めの赤ワインをオーダー。

海鮮盛り合わせは、食べきれないほど山盛りのカニ、エビ、生牡蠣、ムール貝、粒貝、海草等で、大満足。お勧めの赤ワインも美味しかった。ここはお勧めレストランだ。日本人は見かけなかったが、宿泊者ではない地元と思われる人々を含め、多くのヨーロッパ系来客を見かけた。
 

モン・サン・ミッシェルから少し離れたところにホテルを確保したのは、遠方の夕景を楽しむのが目的だったので、夕暮れになるのを待って、21時30分過ぎに夕景見物に出かけた。夜になると海から寒風が吹きつけてかなり肌寒いが、同じ目的の人々が数十名いた。

快晴のあかね色の夕空に、モン・サン・ミッシェルのシルエットが浮かぶ夕景は、期待通りの景観であった。

(2005年5月下旬/6月下旬 God Father 7 様)


 
 
トップ > その他の地方 > ノルマンディ地方  モン・サン・ミッシェル > ホテル編 > Saint Aubert