トップ > その他の地方 > ノルマンディ地方 > Alencon アランソン のホテル
  

Alencon アランソンのホテル
updated on 24 Feb.2007

 
 
 
 
Hotel Alentel

【nights】 1泊

【room】 トリプルのシングルユース

【floor】 日本式4階 通りに面していない部屋

【space】 1人には十分、大人3人には少し狭い。白い壁に白×ベージュのベッド・カバーで、とても簡素。
掃除が行き届いているとは言えなかった。

【furniture】 机、椅子2脚、テレビ、クローゼット

【bathroom】 バスタブ、シャワー、トイレ、石鹸、バスジェル、プラスチックの
コップ
長い間改装していず古い感じはしたが、機能的には問題がなし

【minibar】 なし
【air-conditioner】 なし

【lift】 あり(最高4人まで)

【reception】 年配の女性はとてもきびきびとしていて、感じが良かった。
英語は通じないかも。

【other facility】 レストラン
通りに面した側にも出入口があったので、宿泊者専用ではないと思うが、私が泊まった夜にレストランに来ていた人は、ほとんどが宿泊者のようだった。

片側の壁にアランソンの代表的な建物が描かれているというだけの装飾、天井も低く、レストランというより簡易食堂のようだった。

【soft】 レストランでサーブしてくれた若い女性も応対がきびきびとしていて、好感が持てた。英語はたぶん通じないと思う。

【rates】 44euro

【reservation】 個人で
当日、とびこみで。
ホテルで直接交渉。特に問題はなかった。

【access】 SNCFのアランソン駅から徒歩8分。

【around】 ホテルに隣接して、バー・ブラッスリーがある。すぐ近くの大通りは交通量は多いが、人通りはあまり多くない。治安は特に問題がないと思う。


【policy】 駅に近い。バスタブがある。安い。

【breakfast】 レストランの夕食のメニューは、前菜(ビュフェ形式)+メイン(子牛のローストまたはクスクス)+デザート(ケーキまたはチーズ)の1種類しかなかった。値段はメニューには20ユーロと書かれていたが支払ったのは12・20ユーロ。宿泊者は割引されるようだ。見た目よりは美味しかった。値段相応でしょう。

【otherguest】 老若男女さまざまで、白人ばかりだった。

【payment】 VISA

【disability】 リフトが4人乗りとはいえ、車椅子の人に十分の広さがあるとは思えなかった。

【children】 別にOKだと思う

【point】 個人評価は◆◆◆

(maison violette様 2003年9月)

 


 
 
トップ > その他の地方 > ノルマンディ地方 > Alencon アランソン のホテル