トップ > その他の地方 > ミディ・ピレネー地方 > Gavarnie ギャヴァルニーのホテル  


Gavarnie ギャヴァルニーのホテル

            
updated on 25 Jun.2006


 
 
 
 
 
 

Hotel Marbore ホテル・マルボレ
http://www.lemarbore.com/
ロジ・ド・フランス加盟

(宿泊時期) = 2005年9月

(泊数) = 2泊

(部屋) = ツイン フランス式2階
間接照明。明るくはない。広さも、ちょっと手狭。スーツケース持参だと、広げるスペースに困りそう。

村のほぼ入り口、ギャヴァルニー川沿いに位置し、山と川の眺めが良く、牛が草を食む様子が眺められる。(部屋からシルクは見えない。)

棚、ハンガー、テーブル、椅子2脚、荷物置き、テレビ、毛布2枚

(バスルーム) = シャワーのみ。部屋とは違い、明るい。清潔。広さも余裕があり、洗面台も大きく、使いやすい。備品は、バスタオル2枚、フェイスタオル2枚、使い捨てコップ、石鹸。

(冷蔵庫) = なし

(パブリックエリア) = 木製の調度品を基調に、落ち着いた雰囲気。キツネやカラスの剥製、その他種類もテイストも様々なオブジェが飾られ、一つ一つ見ていると面白い。

(リフト) = 未確認、部屋に案内されるとき、「そちらの階段から上がって」と指示された。

(レセプション) = 無駄のない、迅速な対応。

(館内施設) = 各種トレーニングマシーン、ジャグジー、サウナ、スキー置き場
ジャグジーを利用、2人までなら十分脚をのばすことができ、泡の出が豊富で、体が温まった。

(スタッフ) = 英語可。マダムが主に接客を担当しているようですが、明るく、ユーモアのある気持ちの良い女性。

(宿泊料) = ツイン1室2名利用、ハーフボード(夕朝つき)で1人1泊58euro

(予約方法) = 個人で
ホテルのサイトからメールで予約。クレジットカードの情報をFAX送信して、予約完了。

(アクセス) = 少なくとも鉄道は通っていない。
車でのアクセスは、D921を南下し、ギャヴァルニーの村に入ってすぐ左手。シルクへのハイキング、ピレネー山脈で最もアクセス簡単な3000m峰le Taillon(ル・タイヨン)3144m、その他、山を満喫できる。ギャヴァルニー川での釣り、冬にはスキー場も近い。

(周辺の雰囲気) = 日帰り観光客が多いせいか、朝夕はひっそり静か。治安が悪いという感じはありません。土産物店は18時半〜19時ごろに閉まるところが殆ど。
小さな食料品スーパー(19時半閉店)がある。

(選択基準) = これまでに何度か利用し、マダムとの再会を楽しみにしている。

(よかったこと) = 食事が美味しい。
ハーフボードのため、メニューは選べないが、(食に冒険心のない)自分では選ばないような料理が運ばれて来て、それが美味しかったりという嬉しい驚き。楽しみにしている。

(朝食) = バゲット、クロワッサン、バター、ジャム、ヨーグルト、シリアル、オレンジジュース、好みの飲み物。レストランからはシルクを眺められる。

(宿泊客の客層) = 主にフランス人カップル。

(支払い方法) = クレジットカードOK。

(車椅子等の対応は?) = 階段のみかもしれないのと、階段以外にもちょっとした段差があるので、不便かもしれません。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆

(2005年9月 ainhoa-manech 様)


 
 
 
 
トップ > その他の地方 > ミディ・ピレネー地方 > Gavarnie ギャヴァルニーのホテル