トップ > その他の地方 > ミディ・ピレネー地方 > Figeac フィジャック
  

Figeac フィジャック
            
23 Nov.2010 / 20 Aug.2012 / 8 Oct.2013 経験談追加

 
 
 
フィジャックの水が甘くて美味しかった。(2013年8月 カングーシュバル 様)
街の規模では、フィジャックがよかった。この街の旧市街の古さ、美観はとても印象に残った。

もし時間が取れ、荷物の問題がクリアできれば、カオールからフィジャック方面にも足を延ばせたら、素晴らしい景色が堪能できる。

ここの駅前からSNCF運行のフィジャック行きのバスに乗るとサン・シル・ラポピー村への最寄りバス停Tour de Faureのあたりから Figeacの街の入口近くまでバスの車窓には素晴らしい景色が展開される。

またフィジャックの旧市街も数時間の散策に向いていて、古く趣があった。
(ユンヌフルートガナ 様)
フィジャックの旧市街は、良かった!の一言に尽きる。

トゥールーズ、カオール、スーイヤックとフィジャックの街の中では、フィジャックの旧市街が一番、古さや美観と言う点で印象に残った。

シャンポリオン博物館のある広場のカフェでぼ〜っと過ごした時間は、貴重な良い思い出になった。

惜しむらくは 4/6夜から10日近く続いた(帰国の4/15も続行中)SNCFのストライキがこの地方、特にこの路線(ロデス、ブリーヴ間) では影響 が大きく、結局コンク行きの途中で寄っただけでロカマドゥールからカオールに戻る際には別ルートを取らざるを得なかった。

フィジャックに行くのは1回になってしまったが、それでも昼食を含め5時間程滞在できた。

夜の旧市街も歩いてみたいと誘惑にも駆られたが、普通に歩く分には、旧市街の規模からして3〜4時間あれば十分かもしれない。


カオールからフィジャックまでバスは、行く前から私も楽しみの一つだった。たしかにすばらしい景色の連続でした。ちなみにこのバス路線、ストライキの影響をまったく受けないというのも素敵だった。

(2010年4月 ユンヌフルートガナ 様)
SNCFが夏の運航スケジュールに切り替わるメーデー明けの5/2に、移動。なかなか夏のスケジュールが発表されず、大幅に時間が変わったらどうしようか、と冷や冷やした。

実際はほとんど変わらず、フィジャック -トゥールーズの路線で一部区間がバスに変わっただけだった。このバスは Gaillacのブドウ畑を走るので、ちょっとした観光気分を味わえた。
(2011年4月/5月 パスティス51 様)

旧市街の古さ、美観はとても印象に残った。
(2010年4月 ユンヌフルートガナ 様)
 旧市街、特にカルノー広場から北側は、地形の傾斜もあって素晴らしい。レストランの水準も高い。シャンポリオン美術館は、近くのロゼッタストーンコピーを含め、必見。超高級ホテルChateau du Viguier du Royもある。

(2008年4月 エレノオールダキテ 様)

 Figeac駅 

(出発駅の様子) = 夜だったのでよく分からないが、簡単な待合スペース(10人くらい座れる)、ホーム側にトイレ(紙がきれていることもありそう)、証明写真、菓子か何かの販売機しかなかったような。 
街中から駅まで10分は歩いたので、駅に行く前に買い物を済ませよう。
(2008年8月  ぐうたら子 様)
 


 
 
 
トップ > その他の地方 > ミディ・ピレネー地方 > Figeac フィジャック