トップ > その他の地方 > ミディ・ピレネー地方 > Estaing エスタン
  
ミディ・ピレネー地方へ戻る
 Estaing エスタン
            
20 Aug.2012 経験談追加

> D901を南下しNauvialeという村からD22を東へ走りエスタンに出る

こちらのルートを走ったことがある。

特別にくねっているとか、崖っぷちだったという印象は残っていない。
もちろん、それなりの田舎道ではありますが、山道というほどアップダウンが激しくもなかったと思う。
ひょっとすると、ずっとそういう道ばかり走っていたので慣れてしまっていたのかもしれないが。

こちらのルートだと、エスタンに入る時、よく写真で見られるような橋の向こうの村の景観を楽しむことができる。
エスタンはノーマークだったので、その絵になる様子にちょっとした感動を覚えた。
(azumi@az 様)
コンクからD141、D107、D920について

先日、以下のロット川沿いのルートを運転してきた。
エスパリオンからD920を北西に進み、エスタン、Entraygues-s-Tを通り、D107、D141を西に進み、川を渡ってD901を通り、コンクへ。

それ程運転がうまい訳ではないが、D920もD107、D141もそれ程くねくねの道ではなく、高低差もあまりなく、意外と走りやすいと思った。また、いずれも「崖っぷち」ではない。

ただ、Entraygues-s-TからD107へ進む辺りだけは、狭くて高低差がきつい部分が一部(1km未満)あった。

また、D107とD141は道幅が狭い。だが、普通車同士だと、すれ違いには特に困らない程度。

なお、D107とD141は路面状態があまりよくなかった。舗装がぼこぼこになっている所が、結構あった。そのため、私はあまりスピードが出せなかった。(地元の車はすごいスピードで走っていたが)

D902は道幅も広く、路面状態も良く、走りやすいと思った。
( arco de medio punto 様)


ロデズからD840を北上して、D22を通り、D901からコンクへ向った。
D22は田舎道だが、特に問題なかったように思う。

D901から北上してD141とD107を通り、Entraygues sur TruyereからD920へ出た。

このD141,D107は川より少し上がったくらいの高さにある道だった記憶がある。
右手に川を見ながら、左手は絶壁で左折して進む道は、軒並み急坂で、がけっぷちに村もしくは家が貼りついている感じがした。

右手の川はあまり深くはなさそうで、ちょっと違うけれど清廉な感じと緑の美しさからラファエル前派のミレイの「オフィーリア」の水辺をイメージしてした。(オフィーリアの横たわる周囲の水藻とか水草とか柳とかの感じだけだが) とにかく、緑が深いイメージがある。

川に沿っているので、ゆるやかなカーブはあるし、ちょっと道幅が狭いところも時々あったような気がする。
5月初めの17時ごろで、道もすいていて、対向車も少なく、静かな道だったおぼえがある。

山道ではないが、路面状況はあまりよくないところもあった。

また、D107からD920へ出る部分がちょうど橋のたもとになる。この橋の幅がせまく、D107からEntraygues sur Truyereへの町へ向かう方向への一方通行だったような気がするす。
で、しかも表示がわかりづらかった気も。

でもこの橋の手前付近からEntraygues sur Truyereの町の眺めがよいので、右手のパーキングスペース(数台分の)に車を停車し、町の写真を撮った。確か、橋は古い石造りだったような気がする。

ここからエスタンまでの道は道幅もあって、それまでの道とは違って、右手はまあまあの広さの川と左手には遠くに山や丘のようなものがあって、明るく快適な道だったおぼえがある。

そのままエスタンを経由してD921に出てライヨールを目指し、ライヨールには19時ごろ到着した。

たぶん、コンクからEntraygues sur Truyereまでは1時間弱。
(うちゃぎ@Lapin  様)
 





トップ > その他の地方 > ミディ・ピレネー地方 >  Estaing エスタン