トップ > その他の地方 > ミディ・ピレネー地方 > カオール Cahors のホテル
  

カオール Cahors の ホテル
            
 28 Oct. /7 Nov.2009 / 16 May 2014 経験談追加

 
 

もくじ
Hotel de la Chartreuse
Le Grand Hotel Terminus 
Hotel de France ★★★
Inter Hotel de France
 カオールはこの辺りでは大きな街なので、起点に良いと思う。(2014年1月 やまぼうちぇるしー 様)
appleworld でカオールのホテルを探す・予約する
booking.comでカオールのホテルを探す・予約する

 
Hotel de la Chartreuse オテル・ドゥ・ラ・シャルトルーズ
http://www.balandre.com/
booking.comで探す・予約する

(泊数) = 1泊

(部屋のカテゴリ) = ツイン

(部屋の階&立地) = フランス式 3階。

(部屋について(雰囲気など)) = ロット川に面して窓がある。
晴れていれば明るい部屋だと思う。シンプルで清潔。

(部屋の家具・備品) = 小さなテーブル、クローゼット、湯沸かしポットなし。

(バスルーム) = バスタブ付き。清潔、問題なし。

(冷蔵庫) = なかった気がする。

(エアコン、クーラー) = あり。日本製。

(部屋について、その他) = 本当にシンプルで清潔。装飾等は全くない。
なぜか、昔懐かしい、日本の国民宿舎的な雰囲気。

(パブリックエリア) = ともかくシンプル。ホテル名から、もともとは修道院等があった場所なのかも。

(リフト) = あり。約4人乗り。

(レセプション) = 女性が対応。質問にはきちんと返答。英語可。

(館内施設) = レストラン。地元客もたくさん来ていた。
料理も安くて美味しい。ボリュームあり。フォアグラが美味しかった。

(スタッフ) = レストランの女性は全く英語が通じなかった。
素朴な人で気持ちがほっこりした。

(宿泊料) = 80ユーロ/泊。

(予約方法) = 個人で。

(予約方法、ホテル側の対応) = Booking.comで。

(アクセス) = ヴァラントレ橋が部屋の窓から見える。歩いてもすぐ。

(周辺の雰囲気) = 夜に到着、早朝に出発。カオールには滞在しただけになってしまった。

車で通った限りでは、治安は良さそうだった。車で行くと、ホテル名が大きく書いてあり、遠くからでも見つけやすい。

(選択基準) = レストラン併設。到着が遅くなりそうだったので、好都合。

(よかったこと) = 女性スタッフが、私のフランス語を褒めてくれた。

(困ったこと) = 鴨が鳴きながら、窓すれすれに飛んでいた。

(宿泊客の客層) = 中高年の個人旅行。

(支払い方法) = クレジットカード可。

(車椅子等の対応は?) = たぶん問題ないと思う。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆

(他の方へのアドバイス) = カオールはこの辺りでは大きな街なので、起点に良いと思う。

(2014年1月 やまぼうちぇるしー 様)

(泊数) = 1泊

(部屋のカテゴリ) = ダブル フランス式1階
狭く、ベッドでいっぱいいっぱい。

(部屋の家具・備品) = 机、椅子、テレビ

(バスルーム) = 扉の閉まるシャワー室のみで、ちょっと狭い。遅い時刻になるとぬるいお湯しか出ない。

(冷蔵庫) = あり

(エアコン、クーラー) = なし 暑かったので窓を開けたら蚊が入ってきて困った。
部屋に殺虫剤があったがなんとなく不安で使えず、手で捕獲。

(部屋について、その他) = 川側でなく道路側の部屋だったので景色が悪いだけでなく、
朝ライダーが出発するときうるさかった。

(リフト) = あり。割と大きかったと思う。

(館内施設) = レストラン

(スタッフ) = レセプションのスタッフは英語OK。レストランのスタッフはフランス語のみのようで、やり取りに少し苦労した。

(宿泊料) = ハーフボード(2人分)110ユーロ

(予約方法) = 個人で。ロジ・ド・フランスから予約。

(周辺の雰囲気) = カオール旧市街から川を挟んだ反対側。割合静かだし、駐車場も無料であるのでよい。 有料だと思うがシャッターつきのガレージもあって、大型バイクを停めている人が居た。

(選択基準) = ロジ・ド・フランスの宿なので料理を期待して。

(よかったこと) = 前菜に出てきたフォアグラのテリーヌが分厚くて、とても美味しかった。この値段でこれが食べられるかと思うと、びっくり。

(朝食) = ビュッフェ式。ハムやチーズ、ヨーグルトあり。

(支払い方法) = クレジットカード可

(車椅子等の対応は?) = もっとお金を出せば広い部屋があるだろうし、リフトはあるので問題ないと思う。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆

(他の方へのアドバイス) = 基本的にはいい宿だと思う。見取り図を見る限り、私たちの部屋が一番狭かった。もう少しお金を出して広い部屋に泊まればよかった。

(2009年5月 C1修行中 様) 


(泊数) = 1泊

(部屋のカテゴリ) = ダブル フランス式1階、ロット川に面する。

 川側にベランダがあるが目の前に木があり、それ程明るくはない。日本式2階なので眺めはまあまあ、上の階だともうちょっといいかも。

内装は現代的でシンプル。広さは十分。

(部屋の家具・備品) = 机1、椅子2、ベランダにプラスチック製の椅子1、壁掛け液晶テレビ。

(バスルーム) = 広さ、清潔感、お湯の出具合共、申し分なし。

(冷蔵庫) = あり。いろいろ入っていたように思う。

(部屋について、その他) = WiFi接続可能。

(パブリックエリア) = レストラン(ロジ・ド・フランス、かまど2)、プール。

(リフト) = 中型1基

(館内施設) = レストラン(ロジ・ド・フランス、かまど2)、プール。

(スタッフ) = 到着時レセプションに誰もおらず、ベルをならしても出てこない。館内を探し回ってしまった。
ドイツからの大きな団体が滞在していて、それの対応に追われていたようだ。その他は問題なし。皆礼儀正しかった。

(宿泊料) = 77euro、駐車場代はなし。

(予約方法) = 個人で。当日電話で。

(アクセス) = カオール市街を囲むように流れるロット川の外側に、ホテルがある。それほど大きくない街なので、観光の目玉であるヴァラントレ橋、旧市街共歩いていける。

(周辺の雰囲気) = 市街からはずれているので、静か。治安も問題ないと思う。

(選択基準) = ミシュランのガイドから。川沿いだったので、眺めが良さそうだった。

(朝食) = 朝食7euro、ビュッフェ形式。

パン数種、ハム、チーズ、タマゴ、ジュース、ミルク等、平均的レベル。朝食ホールは、川に面していてとても明るい。

(宿泊客の客層) = 高齢のドイツ人の団体。帆立貝のマークの旗を持っていたので、巡礼だろう。

(支払い方法) = VISAで。

(車椅子等の対応は?) = なんとかなりそう。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う。

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆◆

(2008年10月 しやんぽーぶる 様)


 
 
 
Le Grand Hotel Terminus ル・グランドテル・テルミニュス
http://www.balandre.com/

(泊数) = 1泊

(部屋) = バス付きダブルルーム
17号室 フランス式3階 道路側

角部屋で、道路側とホテル入り口側の両方に窓があって、明るい。山々が見渡せる。広さは十分に感じられたが、案内図で見る限りは狭いほうに入る。

内装も、パステルグリーンに近い明るいブルーで、可愛らしい。

ダブルベッド、机、椅子2つ、テレビ、ゴミ箱、クローゼット。ライトのデザインが可愛い。セーフティーボックス無し。

(バスルーム) = バス付き。広さは普通。清潔で気持ちよい。ハンドシャワーは固定も可能。お湯のでも良し。ドライヤー有り。

アメニティも充実。歯みがきセット、靴磨き、ボディローション、石鹸、シャンプー&バスジェル、
シェービングセット、シャワーキャップ

(冷蔵庫) = ミニバー有り。バドワのハーフボトル3.35euro。ヴィッテル、ペリエ、
ビール、コーラ、
オレンジジュース、シュウェップス、赤・ロゼワイン、リキュール類、スナック

(エアコン、クーラー) = エアコン有り。

(部屋について、その他) = 車と、駅が近いので電車の音もけっこう聞こえる。

(パブリックエリア) = 上品でエレガント。

(リフト) = 有り。狭い。

(レセプション) = 若い女性とマダム(シェフの奥さん)にあったが、普通に親切。英語可。

サン・シル・ラポピーへ行く際、タクシーの予約をしてもらった。
往復の値段確認などもしてくれて、有り難かった。
 
 

(館内施設) = レストラン有り。ディナー時利用。全てが美味だった。盛り付けも美しかった。
パンも美味しい。バターはイズニー

ソムリエに選んでもらったワインも美味しい上に、リーズナブルだった。ここのワインリストはかなり分厚く、シャンパーニュの品揃えも充実していた。

サービスも決して過剰ではなく、親切で感じが良かった。さほど店内が混んでいなかったので、目が行き届いたのかもしれないが、ワインを注ぐ タイミング等も良かった。紅茶のポットが熱さと重さで持ちにくく困った時も、たまたま近くにいた私の担当ではないギャルソンが、すかさずさっと手を貸して くれたりした。

レストランの味もサービスも、今回の旅行で1番良かった。1人にもかかわらず、居心地良く、過ごすことができた。

翌日館内で、びしっと決めていたレストラン内とは別人のようにラフな格好のスタッフに会った。レストランはサービスする側もされる側も、ある程度それぞれの役を演じるものなんだなと再認識。

客層は、上品な年配の夫婦連れやグループ客が多かった。ランチもけっこう賑わっていた様子。
ホテル入り口前にテラスがあり、昼食後はそこでお茶を楽しむ客もいた。

(スタッフ) = メイドの女性は英語は話せなかった。全体的には(女性である自分には)男性のほうが親切。

(宿泊料) = 50euro
予約したのはシャワーのみのシングルだが、アップグレードしてくれた。17号室のラックレートは77euro

(予約方法) = 個人で
メールで。回答は早い。パンフレットを送ってくれるよう依頼したが、パンフレットと同じ内容が全てHPに出ているので、送付は不要、との回答がきた。

(アクセス) = カオール駅至近。徒歩1、2分。
フィジャック行きのSNCFのバスも駅前のバス亭から出るので便利だった。
周辺に旅行者が利用するような店はなかった。駅前の通りを歩いていくと、
レストランやホテルがあったが、ほんの数軒。

街の中心部へは徒歩10分。ヴァラントレ橋も徒歩10分位。

(周辺の雰囲気) = 前の通りは、車はけっこう通るが、人通りは少ない。駅前も平日の昼間だったからか、人は少なかった。

(選択基準) = 電車とバス移動があったので駅前の立地と、ふらつーの経験談を読んで良さそうだったので。

(よかったこと) = 部屋をアップグレードしてくれた。HPの写真からはもっと簡素な部屋を想像していたが、実際は可愛く温かみのある部屋だった。

なんといっても、レストランが期待以上に良かった。カオールは小さな町でタクシーが少なく、確保が難しいらしいので(ホテルの人にもタクシー運転手にも言われた)、駅から歩ける場所で良かった。

(朝食) = レセプション前のサロン兼バーで。コンチネンタル11euroオレンジジュース、コーヒー、パン5種類。パンが焼きたてでおいしかった。

(客層) = 欧米の年配の夫婦連れが多い。朝食を1人でとっている若い女性も見かけた。

(支払い方法) = AMEX可。

(車椅子等の対応は?) = ホテル入り口に階段、館内にも段差がある。

(子供連れでも場をこわさないか?) = わからない

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆

( 2005年10月 etsu et nino 様)
 


【宿泊時期】 = 2004年4月

【泊数】 = 1泊

【部屋のカテゴリ】 = larger room

【部屋の階&立地】 = 14号室。フランス式3階道路の反対側。

【部屋について(雰囲気など)】 = 広さは10畳くらい。壁紙とカーテンのデザインを合わせてあり、高級感はないが、可愛らしくまとめあげている。窓の外は住宅街(マンション?)だった。静かです。

【部屋の家具・備品】 = ダブルベッド、サイドテーブルの他、ライティングデスク等、ごく普通の備品。セイフティボックスは見つけられませんでした。

【バスルーム】 = バスルームと寝室はガラス壁で仕切られている。しかし、天井までは仕切られていないため、ちょっとオープンな感じ。バスルームの壁は白いタイル、窓はステンドグラスになっており、ちょっとレトロな雰囲気がよろしい。

ただし、壁の上の方はタイルの貼られていない塗り壁のままで、若干、傷みが見えた。手の届く範囲では、清潔感に問題はありません。お湯も良く出ます。

トイレはバスルームとは別にあり、広めの個室になっている。洗面台と鏡も付いており、バスルーム同様、白いタイルにステンドグラスが映えています。

【冷蔵庫】 = あり。

【エアコン、クーラー】 = 暖房が効いていましたが、多分、エアコンだと思う。

【パブリックエリア】 = こじんまりとしたホテルであり、パブリックエリアと呼べる場所は狭い。でも、朝食エリアはレストランとは別だった。夜は、バーコーナーもあったようです。(朝食もバーも利用せず)

駐車場からレセプションまで外階段を上らなければならないため、雨の中のスーツケースの上げ下ろしは面倒だった。(このクラスのホテルでは、ポーターはいないのが普通かな?)

初日なので、1泊分は手荷物で持っていたのだが、車の中にスーツケースを置き去りにするのは、ちょっと、抵抗あったので。

【リフト】 = あり。大人2人とスーツケース2個で満員。

【レセプション】 = 普通です。特別親切でも意地悪でもなく。笑顔で対応してくれる。

【館内施設】 = かなり、まともな感じのレストランがあり。天井にシャンデリア、窓にステンドグラスで、クラシックな雰囲気だが、堅苦しさは感じられない。

(とあるサイトには、ミシュランの星1つと書いてありましたが、確かな情報ではありません。2004年時点は星は付いていません)

宿泊したのが日本からの到着初日であり、食事をするつもりはなかったのだが、感じが良さそうだということと、カオールのワインを試してみたかったことと、到着時、レセプションの女性に「一皿でもいいわよ」と言われたこともあって、つい、食事をしてしまった。。

メインを一皿ずつと、赤ワインを1本頼みました。私はリードボーのモリーユ茸&トリュフのソース。(なぜか仔牛のプチ・ステーキも付いていた)夫はキャベツの詰め物と鳩のソテー。盛り付けが美しく、また、味付けもしっかりして美味しかった。
予想以上に気に入ったので、つい、デセールも頼んでしまった。

レストランの雰囲気、料理の質から考えれば価格設定も良心的。なかなか良いレストランだった。(でも、食事代の方が、宿泊代よりも高くなってしまった)

【スタッフ】 = 英語は大丈夫。

【宿泊料】 = 95euro

【予約方法】 = 個人で

【予約方法、ホテル側の対応】 = メールで。いつも返事は早かった。

【ホテルへのアクセス】 = 車で。駐車場は狭い。5台程度。カオールの駅からは、上り坂で徒歩1、2分。ヴァラントレ橋までも徒歩圏内。ただし、線路を越える道が狭く、ちょっとわかりにくいかも。町の中心部までは、徒歩10分程度。

【ホテル周辺の雰囲気】 = 治安は悪くないのだと思うが、到着した20時半頃は
駅前にも関わらず、付近に通行人を見かけなかった。雨が降っていたこともあり、夜の散歩を断念してしまった。

【ホテルの選択基準】 = 18時過ぎにトゥールーズ空港に到着するため、明るい内にたどり着けること。カオールには4つ星ホテルがないようなので、3つ星の中でも、比較的、見た目が麗しそうなところ。夜の散歩ができるよう、ヴァラントレ橋の近く。(結局、散歩は中止)

【よかったこと】 = 予想以上に食事が美味しかったのが良かった。(初日から胃袋への負担が大きかったですが)

【宿泊客の客層】 = よくわかりませんでした。夕食のレストラン客も、外来者の方が多かったように思う。

【支払い方法】 = クレジットカード可

【車椅子等の対応は?】 = 正面玄関からと駐車場からと、出入り口は2ヶ所あるが、いずれも段差があり。エレベータも狭いので、使いにくそう。でも、とあるホテルサイトには「Handicapped access」とある。

【子供連れでも場をこわさないか?】 = 別にokだと思う

【コストパフォーマンス】 = ◆◆◆◆

(azumi@az様 2004年4月/5月)


 
 
 
Hotel de France ★★★
http://www.hoteldefrance-cahors.fr/
同じホテル内で、部屋のカテゴリーによって、Hotel De France★★★、
Hotel Le Valentre★★に分かれている。 私は、Hotel Le Valentre★★を利用。
(レセプション、朝食ルーム等館内施設は共有)

(泊数) = 2泊

(部屋のカテゴリ) = シングル フランス式3階
 
 


古いが、そこそこ広くて明るい。控えめな落ち着いたインテリア。
窓からは駅前の噴水や、ヴァラントレ橋のてっぺん、山などが見えた。

(部屋の家具・備品) = テレビ、電話、テーブル(横にかなり長い。カウンターのよう。いろいろ置けて良かった。) 椅子、サイドテーブル、クローゼット、スーツケース置き。

(バスルーム) = シャワーのみ。湯量問題なし。

(冷蔵庫) = なし

(エアコン、クーラー) = なし

(リフト) = あり。大人4、5人乗れる。

(レセプション) = 男性2人、女性1人が交代。皆、感じが良く、英語可。
特に女性は、いつも満面の笑顔。チェックインの際、向こうからお薦めのレストランなども教えてくれた。
部屋のカードキーは、出かける時は必ずレセプションに預けるように言われた。

(館内施設) = レセプションの奥にバーがあった。利用していないが、男性数人がいて
ホテルのスタッフとともに楽しそうだった。朝食ルームはバーとは別の場所にあった。
部屋に金庫が無かったので、ホテルの貸し金庫を利用した。(デポジットはいらなかった。)
レセプション前、リフト脇に飲み物の自販機があった。

(宿泊料) = 46ユーロ

(予約方法) = 個人で
HPを見て直接メール。すぐに返事があった。

(アクセス) = 駅からすぐ。ヴァラントレ橋までは5分ほど、新・旧市街へは15分。

(周辺の雰囲気) = 近くには使える店などが何もなく、買出しなどちょっと不便。人通りもあまりなかったが、治安は悪くない。

(選択基準) = 値段と駅に近いこと。

(よかったこと) = いわゆるフランスのホテルとは違い、部屋数が多く、駐車場もあり、階段も大きくて広い
かと言って、アメリカンタイプのホテルとも違い、ドイツの大型ホテルを思い出し、なかなか良かった。
たまには、こんなホテルもいいなと思った。

(宿泊客の客層) = 欧米の中年カップル、ビジネスマン。

(支払い方法) = 現金で支払った。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆◆

(2009年6月 DD.Maynard 様)


(泊数) = 3泊

(部屋のカテゴリ) = ツイン  フランス式3階。
SNCF駅至近。カオール中心地には徒歩約15分。安全度の高い屋内駐車場(8euro)と、屋外無料駐車場あり。

(部屋について(雰囲気など)) = 広さは16畳。バス、トイレ。

西向き道路沿いだが、交通量はごく少ないので静か。ヴァラントレ橋の頂部が見える。落ち着いたやや古いインテリア。

(部屋の家具・備品) = ベッド、アームチェア、テーブル、椅子、机、衣装棚は作り付け。

(バスルーム) = シャワーのみ。器具は古い。やや清潔感に欠ける。湯の出は普通。

アメニティは最小限。

(冷蔵庫) = なし。

(エアコン、クーラー) = なし。

(部屋について、その他) = 昔は格式ある、いいホテルだったと思われる。今はやや寂れ気味。

(パブリックエリア) = 鉄道旅行が盛んだった、よき時代の面影あり。メンテナンスはまずまず。

(リフト) = あり。

(レセプション) = 常時1人。3人変わったが、いずれも必要なことは的確にしてくれた。

(館内施設) = レストランは閉鎖され、サロンになっている。別に朝食堂あり。
パブリックエリアがゆったりしていて、よかった。

(スタッフ) = 英語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語OK。

(宿泊料) = 46euro

(予約方法) = 個人で。 飛び込みで。
最初に訪ねたHotel La Chartreuse(市の南端、Lot川の対岸にある)が満室で、ここに。

(アクセス) = SNCF駅へ徒歩1分。

(周辺の雰囲気) = 夜は寂しい。店もわずかしかない。

(選択基準) = 結果的にだが、コストパフォーマンスが抜群によい。

(よかったこと) = 立地はあまりよくないが、内容を考えるととてもお勧め。

(朝食) = 8euro

(車椅子等の対応は?) = なんとかいけそうだと思う。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う。

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆◆

(他の方へのアドバイス) = 南へ徒歩3分に、おいしいやや高級な中華ヴェトナムレストランあり。

(2008年4月 エレオノールダキテ 様)


 
 
 
 
 
Inter Hotel de France 
252 avenue Jean-Jaures 46000 Cahors

(宿泊時期) = 2005年4月

(泊数) = 2泊

(部屋のカテゴリ) = スーペリア・ダブル。シングルユース  日本式2階。裏側で、駐車場に面した部屋。


オフホワイトの壁、ベージュとダークグリーンのファブリック、ダークグリーンの絨毯。とてもシンプル。
駐車場を隔ててすぐ向かいに一般の家や道路があって、カーテンを開けられないので、暗い。

一人には十分の広さ、二人でも割りに広い方。
床の掃除が行き届いているとは言い難い。上階の音、特に水を使う音が少し響く。
 

(部屋の家具・備品) = ダブルベッド、机、椅子3脚、ソファ1脚、テレビ、クローゼット、予備の枕2個

(バスルーム) = バスタブ、トイレ、ビデ、石鹸、シャワージェル、ガラスのコップ、ドライヤー
床と壁の一部がベージュ、壁の一部と天井がオフホワイト、トイレとビデがピンク。清潔感とお湯の出には問題がない。

(冷蔵庫) = あり。ミネラルウォーター、シャンペン、ビール、ジュースなど。ミニバーの上に、ビーナッツが1袋と小さなマドレーヌが3個。

(エアコン、クーラー) = あり

(パブリックエリア) = 全体的にモダンなビジネス・ホテルといった感じ。

(リフト) = 7人乗りが1基

(レセプション) = レセプションは広いが、天井が低くて殺風景。レセプショニストの応対は感じが良かった。

(館内施設) = なし

(スタッフ) = 中年の女性のレセプショニストは英語がほとんど通じなかった。

(宿泊料) = 59euro

(予約方法) = 個人で
ユナイテッド航空のサイトからリンクされている、ホテル予約のサイトホテルプラスを利用。
空室があれば即予約可能、メールで予約確認書が送られてくる。クレジットカードによるデポジット要。
キャンセル方法についての質問をメールでしたところ、24時間以内に返事が返ってきた。

(アクセス) = カオール駅から徒歩2分。旧市街の入口まで、徒歩約10分。

(周辺の雰囲気) = 一般の住宅やオフィスのような建物が多く、商店はない。治安は問題がないと思う。

(選択基準) = 駅に近いこと、バスタブがあること。

(困ったこと) = 1週間前にサイト上で予約確認をしたにもかかわらず、予約が入っていなかった。
幸い空室があったので、予約時と同じ条件で泊まることができた。

(朝食) = とっていないので、分からない。

(宿泊客の客層) = 年配の男性と若い女性の2人連れを見かけた。

(支払い方法) = クレジットカードはOK。

(車椅子等の対応は?) = 車椅子の方に特にお勧めはしないが、使えそうな感じはした。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆

(maison violette 様  2005年4月)
 


 
 
 
 
トップ > その他の地方 > ミディ・ピレネー地方 > カオール Cahors のホテル