トップ > その他の地方 > リムーザン地方 > Ussac ホテル
  
リムーザン地方へ
戻る
 Ussac のホテル
 
           19 Jun.2011 経験談追加 リンク整理i

 
booking.comで Ussacのホテルを探す・予約する


Mercure Brive Ussac 
Le Griffolet 19270 Ussac
http://www.accorhotels.com/fr/hotel-0358-mercure-brive/index.shtml
booking.comで Mercure Brive Ussac を探す・予約する

(泊数) = 2泊

(部屋のカテゴリ) = ダブル

(部屋の階&立地) = フランス式2階、東側正面入口上。プールが見える。Google Map上の位置は約200m違っていて、実際は航空写真で見て、A20の50番インターから東北方位にプールが見えるのがホテル。

直線距離で高速から100m、鉄道から250mの間にあり、鉄道側の道路を挟んで、24H稼動のトラックヤードがあるが、騒音は感じられずとても静か。

(部屋について(雰囲気など)) = 白を基調にしたポップな部屋。
オブジェのような、ロッカーの扉が面白い。

遮音がしっかりしていて快適。空調も静か。
広さは普通のダブルとしては結構広い。
正面入口側に面していたので、プールが見えて開放感あり。

(部屋の家具・備品) = 長いテーブル、椅子2、姿見、湯沸しポット、赤系の柄の寝具。

(バスルーム) = バスタブあり。清潔、お湯の出は問題ないが、少々ぬるいと感じるかも。
コンディショナー入りシャンプー、ボディジェルあり。

(冷蔵庫) = なし。

(エアコン、クーラー) = あり。音も静かで快適。

(部屋について、その他) = エコのため、タオルは床に置いておかないと交換しない。
バスタオルをバスタブと椅子に引っ掛けておいておいたら、交換はなかった。

(パブリックエリア) = ロビーとレストランの間に結構広いスペース。
レセプションいわく、年末で人が少ないらしく、静か。

(リフト) = あり。1基。4人乗り。

(レセプション) = フレンドリーで気持ちいい対応。
計5名と会ったが、英語はちょっとしかできないか、全くダメ。
チェーンホテルなので、英語で大丈夫かと思ったが、ある程度仏語を覚えて行った方がいい。

(レセプション以外の館内施設) = レストラン、屋外プール。

(スタッフ) = とってもフレンドリー。仏語。

(宿泊料) = 94ユーロ/泊。 朝食別。

(予約方法) = 個人で

(予約方法、ホテル側の対応) = ホテルサイトに英語、日本語のバージョンがあるので、
予約は簡単。すぐに予約成立のメールが来る。

(ホテルへのアクセス) = 市の中心部から4kmと遠いため、徒歩主体の人には不向きだが、
車でA20、A89利用の人には便利。A20を南に下り、次の51番インターそばにカルフールがある。

リモージュまで1時間、コロンジュ・ラ・ルージュまで30分。
ヴェゼルバレーのThonacまで45分、ロカマドゥールまで1時間。

(周辺の雰囲気) = ホテルの周辺には何もないので、出ることはなかった。

(選択基準) = 車でボルドー方面から日没後の到着でも迷わないこと、
北のリモージュ、南のロカマドゥール等に出やすいこと。
Brive市内の観光は、特に考慮せず。

(よかったこと) = レセプションが仏語しかできなかったので、仏語会話の練習ができた。

(困ったこと) = チェーンホテルでも、英語不可があることを知った。

(朝食) = 12ユーロ/人。

朝のビュッフェは6時開始。客室の案内には6時半と書いてあった。

パンは、クロワッサン、パン・オ・ショコラ、甘いのがもう一種類で、いずれも日本で見かける大きさ。自分でカットするバゲット、パウンドケーキ。

チーズ、ハム、ヨーグルト、シリアル数種。ジュースはりんご、オレンジ。
果物はプルーン、グレープフルーツ、りんご、パイナップル。

(宿泊客の客層) = ロビーで見かけたのは年配の旅行者。

(支払い方法) =クレジットカード可。

(車椅子等の対応は?) = 問題なし。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆◆

(他の方へのアドバイス) = 交通の要衝なので、車利用の人には便利。

(ホテルでのお楽しみ) = 買出ししてきて、部屋食。
安くても、意外と美味しいワインが豊富にある大型スーパーが、近くにあるのは魅力。

(2010年12月下旬 甘えん坊のナポレオン 様)


トップ > その他の地方 > リムーザン地方 > Ussac のホテル