トップ > その他の地方 > リムーザン地方 > Limoges リモージュ 
  
リムーザン地方へ
戻る
 Limoges リモージュ のホテル
 
            
 25 Jun.2006 / 19 Jun.2011 リンク整理 i

 
 
Hotel Jeanne d'Arc  ジャンヌ・ダルク
17 Avenue du General de Gaulle, 87000 Limoges 
booking.comで を探す・予約する

(宿泊時期) = 2005年4月

(泊数) = 1泊

(部屋) = ツインのシングルユース 日本式5階の通りに面した部屋

ペールグリーンの壁、紺とグレーのじゅうたん、オフホワイト地に青と黄色の大きな花柄のベッドカバー。 オフホワイトとペールグリーンのチェックのカーテンでシンプル。

合皮張りの椅子が異質で、インテリアの統一感を無くしている。

線路とその向こうに駐車場や近代的な建物が見えるだけ。眺めは良くない。 深夜・早朝にかかわらず、時々列車の通過する音が聞こえる。昼間はそれに加えて車の音が聞こえる。

一人には十分だが、二人だと少し狭い。隣の物音が少し響く。

(部屋の家具・備品) = ツインベッド、机、椅子2脚、クローゼット、テレビ、便箋、封筒

(バスルーム) = 
シャワー、トイレ、ビデ、石鹸、シャンプー、シャワージェル、ドライヤー、使い捨ての靴磨き

オフホワイトとペールグレーの壁、紺の床で、清潔感とお湯の出には問題がない。

シャワー室は三方を壁に囲まれているが、出入り口にカーテンさえもなく、開放状態だったので、足元にタオルを置いて、お湯で床を濡らさないようにした。しかし予想したほどお湯が飛び散らなくて、助かった。

鍵が鍵穴からなかなか抜けなくて苦労した。

(冷蔵庫) = なし

(エアコン、クーラー) = なし

(パブリックエリア) = レセプションの隣の部屋は、木の梁を露出させアンティーク風の家具を置くなどして、古い雰囲気を演出していた。ちらりとのぞいた朝食室は、白と濃い赤の内装でなかなか素敵に見えた。

(リフト) = 4人乗り 1基。

(レセプション) = 最初に応対してくれた若い女性は、事務的で怒ったような表情だった。そのほかの人は普通。
チェックインする時、パスポートの提示とクレジットカードによるデポジットを求められた。

(館内施設) = バー

(スタッフ) =  レセプションでは英語が通じないようだった。

鍵が鍵穴からなかなか抜けなかった時に応対してくれたベッドメイクの女性は、 にこやかで気持ちが良かった。 英語はたぶん通じない。

(宿泊料) = 56.30ユーロ/泊 滞在税込み

(予約方法) = 個人で
当日、ホテルへ行って直接交渉。特に問題はなかった。

(アクセス) = リモージュ・ベネディクタン駅から、徒歩約3分。 駅に向かってゆるい登り坂になっているので、駅へ向かう場合はもう少し余計に時間がかかる。
健脚の人なら、市内の見所は徒歩圏内。

(周辺の雰囲気) = 路の片側は線路で、建物はない。ホテルと同じ側にはカフェや商店・オフィスなどが並んでいる。 車の通行量は割りにあるが、人通りはそれほどでもなかった。 治安は特に問題がないと思う。

(選択基準) = 駅から近いこと 


(朝食) = とっていないので、分からない。

(宿泊客の客層) = 中年の男性を一人だけ見かけた。

(支払い方法) = 各種クレジットカードはOK。

(車椅子等の対応は?) = リフトが狭いので、車椅子の方に向くとは思わない。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆

(2005年4月 maison violette 様)




トップ > その他の地方 > リムーザン地方 > Limoges リモージュ