トップ > その他の地方 > リムーザン地方 > Beaulieu-sur-Dordogne ボーリュー・シュール・ドルドーニュ
  
リムーザン地方へ
戻る
 Beaulieu-sur-Dordogne 
ボーリュー・シュール・ドルドーニュ
            
26 Apr.2009 経験談追加


http://www.beaulieu-sur-dordogne.fr/
 
 
 

サン・ピエール修道院。

南扉口のタンパン彫刻「最後の審判」。大きく表現された十字架や威厳漂うキリストに圧倒された。昼間も見たが、夜はライトアップされ、陰影が際だち、より荘厳だった。下の方の7つの頭を持つ竜や獅子等の怪物の表現はどこかユーモラスで、印象的だった。

タンパンの下にアトランティスが支える中央柱があり、側壁に浮彫もあり、モワサックやオロロン・サント・マリーやスーイヤックの扉口との共通点も見られ、興味深かった。

修道院の周囲には木組みや石造りの古い家々が並び、町並みにも趣があった。

(2008年12月/2009年1月 arco de medio punto 様)
 

旧市街は必見の価値あり。サン・ピエール教会は、予想していたほどは感動せず。

( 2008年4月 エレノオールダキテ 様)

トップ > その他の地方 > リムーザン地方 > Beaulieu-sur-Dordogne ボーリュー・シュール・ドルドーニュ