トップ > その他の地方 > リムーザン地方 > Beaulieu-sur-Dordogne ボーリュ・シュル・ドルドーニュ のホテル
  
リムーザン地方へ
戻る
 Beaulieu-sur-Dordogne ボーリュ・シュル・ドルドーニュ
の ホテル
 
           30 Apr.2009 経験談追加
19 Jun.2011 リンク整理 i

 
 
Manoir Beaulieu sur Dordogne  ★★★
4 Place Du Champs De Mars 19120 Beaulieu sur Dordogne
http://www.manoirdebeaulieu.com/
http://www.chateauxhotels.com/recherche/hotel.php?hotel=2654&langue=FR
booking.comで Manoir Beaulieu を探す・予約する

(泊数) = 1泊

(部屋のカテゴリ) = ダブル フランス式1階

壁が白いため、スタンドの光りを反射し、明るい。窓はそれ程大きくないが、日中は外光が差し込み、大変明るい。

約6畳。狭い。ダブルベッドの他、ソファベッドもあるため、余計に狭く感じる。床面に空いたスペースがあまりないため、スーツケースはソファベッドの上で広げた。

ホテルの前の広場(駐車場)と、メインストリート沿いの建物が少し見える。特筆すべきビューではない。

壁の一部が木張り。壁にトールペイントの額や木製の農機具がディスプレイされ、カントリー調に演出されている。それ程くどくないが、あまり 見かけない趣向の内装。机やサイドテーブルも木製でカントリー調のデザイン。椅子はクラシック調。いずれも白く塗られ、新しそう。『赤毛のアン』が好きな 女性なら、好みかもしれない。

改装したてなのか、全体的に新しくてきれい。

(部屋の家具・備品) = ソファベッド、ダブルベッド、サイドテーブル、スタンド、机、椅子、荷物を置く台、薄型テレビ(壁の高いところに掛けてある)、ウェルカムスイーツ(チョコレートやヌガー、マシュマロ)

(バスルーム) = シャワーブース。バスローブ、バスタオル、ボディタオル、コップ、シャンプー、バスジェル、
ボディーローション、ドライヤー(1200ワット)、トイレ

約2畳。狭い。まだ建材や塗料の臭いが感じられる程、新しくぴかぴかで、清潔。お湯の出も良好。

洗面台が非常に狭く、使い辛かった。シンクの周りに物を置くスペースがなかった。洗面台の下に棚や引き出しがあり、洗面道具を入れられたが、作業がし辛かった。

シャワーブース以外の部分は木の床、木張りの壁。トイレットペーパーに麦藁が結んであり、木の空き箱が物置台として置いてあったりと、
カントリー調の演出が施されている。

(冷蔵庫) = なし

(エアコン、クーラー) = 不明。ヒーターはあった。

(パブリックエリア) = レストランあり。

レストラン以外の部分は狭い。レセプション周辺や階段や踊り場も木を基調とした内装。踊り場には、カントリー調の家具や小物が多少置かれている。華美ではないし、とりたてて可愛らしい雰囲気でもない。街道筋の旅籠といった立地、雰囲気。

(リフト) = なし

(レセプション) = 欧米ではごく普通の、あっさりとした対応。チェックイン、チェックアウトも部屋への案内も、レストランの会計も、朝から深夜まで全て同じ女性が一人で対応していた。そのためいつも混みあっていた。

(館内施設) = レストラン、ロビーあり。ロビーに新聞等が置いてあった。

(スタッフ) = レセプションは英語可。朝食やレストランのスタッフはおおむねフランス語のみ。朝食やレストランのスタッフは女性はフレンドリー。男性はやや丁寧。たまた ま混んでいたのかもしれないが、客の数のわりにレストランのスタッフの数が少なく、サービスの進行が非常に遅かった。

(宿泊料) = france-hotels.comの早期割引料金 110euro (ラックレートは140euro)

(予約方法) = 個人で
ホテル直営webからfrance-hotels.com経由で、オンライン予約。予約と同時にデポジット3euro(キャンセルした場合も返金不可)がクレジットカードに課金される。予約確認メール(おそらく自動)がfrance-hotels.comから送付される。
オンラインで予約が完了するので、早くて楽。

(アクセス) = サン・ピエール修道院まで徒歩1分。ロカマドゥールから車で約1時間30分。コロンジュ・ラ・ルージュやカレナックから車で約30分。

(周辺の雰囲気) = メインストリート沿いにある、Champ de Mars広場の角に建っている。Champ de Mars広場は公共の駐車場になっている。メインストリート沿いに小さな商店が並んでいる。オフシーズンは観光客も少なく、人通りもまばらで、閑散としていた。

治安は悪いとは思わなかった。普通に気をつけていれば問題ないと思う。

(選択基準) = 立地。ロカマドゥールから車で片道1時間半以内。カレナックから車で片道30分。交通量が多く路地が複雑に入り組んだ大きな街でもなく、辺鄙な田舎でもない。メインストリート沿いにあり、車でアクセスしやすい。

バスルームがある程度使い易そう。ハウスダスト・アレルギーがあるので、ある程度清潔そうなこと。

レストランが併設されている。オフシーズンはレストランも閉まっていることが多いし、長距離ドライブの後、夜遅くホテルへ到着するので、外へ食事に出かけるより、ホテルで食事が摂れる方が良かった。

実際のところ、冬季は営業していない宿が多く、ほとんど選択肢がなかった。ロカマドゥールやカレナック周辺の、かなりの数の宿に空室照会したが、冬季はほとんど休業していた。

(よかったこと) = 併設レストランの夕食が美味しかった。新進の若手シェフの創意に富んだ料理を楽しめた。
レストランの上のホテルに泊まっていたので、時間や帰りの交通手段を気にせず、深夜までゆっくり食事が楽しめた。

改装したてなのか、部屋が新しくてきれいだった。狭いが、清々しく、気持ちが良かった。

(困ったこと) = 部屋に短時間しかいなかったので、それ程気にならなかったが、田舎の宿にしては、部屋が狭かった。また、洗面台が狭く、非常に使い辛かった。

シャワーのみの部屋を割り当てられた。他のホテルではバスタブ付きで、シャワーのみは1日だけだったので
我慢できたが、やはり冬は体が温まらないし、疲れもあまり取れなかった。

(朝食) = 朝食10euro  ビュッフェ。オレンジジュース、レッドグレープフルーツジュース。

ミニケーキ、ミニトースト。チョコレートペースト、イチゴジャム、プルーン、オレンジのコンフィ、ソーセージ、ベーコン等。

別途、ミニ・クロワッサンとチョコデニッシュ、バターが各テーブルに既に置いてある。コーヒーか紅茶かショコラを選択。

パンはさくっとしていて、結構美味しかった。バターやジャムはまあ普通。ソーセージは風味に富み、ベーコンは香ばしくてカリカリで美味しかった。

朝食堂はランチや夕食と同じレストラン。ごく一般的な内装で、これと言った特徴はない。重厚でもカジュアルでもモダンでもない。

(宿泊客の客層) = フランス人の若いカップルや中高年の夫婦連れ。

(支払い方法) = クレジットカード使用可

(車椅子等の対応は?) = 地階にはあまり目立った段差はなかったと思うが、地階には客室はない。階段や廊下は狭め。4階建てだがリフトはないため、介助があっても、少し難しいかも しれない。泊まった部屋のバスルームは狭かったので、車椅子に座ったままでは入れないかもしれない。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆

(他の方へのアドバイス) = カントリー調の部屋だけでなく、一般的な内装の部屋もある。部屋でゆっくり過ごしたい場合、広めの部屋を予約した方が良い。

部屋は狭いしバスタブなしシャワーのみでラックレート140euroは田舎にしては高いと思うが、レストランはおすすめ。泊まらなくても、レストランだけでも利用する価値はあると思う。

( 2008年12月 arco de medio punto 様)


 
 
 
 
Les Flots Bleus
Place du Monturu 19120
音あり http://www.hotel-flotsbleus.com/
booking.comで Flots Bleus を探す・予約する

(泊数) = 3泊

(部屋のカテゴリ) = ツインフランス式1階

ドルドーニュ川に面しているが、川の眺望を楽しめる部屋がないのは疑問。地上階のレストランテラスで、ということか。屋上テラスに面し、眺望はない。

やや狭いが、値段にしては十分。白を基調に、金色がはいるインテリア。

(バスルーム) = 狭いが、必要十分。湯は水圧がやや弱い。

(冷蔵庫) = なし。

(エアコン、クーラー) = なし。

(パブリックエリア) = 地上階は、ほとんどレストラン。但し、レストランが主でホテルは従ではなく、対等の様子。

(リフト) = なし。

(レセプション) = 16時にならないと、ホテルが開かない。オーナーの家はホテルに隣接。女性は控えめで、必要なことだけ言うタイプ。悪くないが、従業員不足なのか疲れがみえる。

(館内施設) = レストラン。

(スタッフ) = 全て家族(両親と息子3人)でやっている模様。レストランは繁盛していて、19時すぎに満席。断られる客多数。

(宿泊料) = 48euro。夕食ムニュ 25 euro、38 euro、45euro。

(予約方法) =  予約なし。飛び込み。

(アクセス) = 車でないと無理だと思う。周辺にロマネスク教会、修道院多数。

(周辺の雰囲気) = 水量豊かで、堤防等一切ないドルドーニュ川に面している。前の道路は、行き止まりの遊歩道。
眺望絶佳。特に夕景はすばらしい。駐車場はないが、周辺で容易に路上駐車可。

(ホ選択基準) = ドルドーニュ川の眺望。

(よかったこと) = 旧市街は必見の価値あり。サン・ピエール教会は、予想していたほどは感動せず。
ホテルレストランは普通に美味しい。のんびり3泊して休養にあてた。

(朝食) = 10euro
ごく普通のフランスの朝食。

(宿泊客の客層) = 中年のフランス夫婦が多いようだった。

(支払い方法) = クレジットカードOK。

(車椅子等の対応は?) = かなり無理だと思う。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う。

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆

(他の方へのアドバイス) = ロマネスク好きの人に、強くお勧め。

( 2008年4月 エレノオールダキテ 様)


 
 
トップ > その他の地方 > リムーザン地方 > Beaulieu-sur-Dordogne ボーリュ・シュル・ドルドーニュ のホテル