トップ > その他の地方 > ラングドック・ルシヨン地方 > サン・ギレーム・ル・デゼール Saint-Guilhem-le-Desert


 サン・ギレーム・ル・デゼール

サンギエーム・ル・デゼール

Saint-Guilhem-le-Desert

           2 Aug.2011 / 14 May 2012経験談追加 
観光局
http://www.saint-guilhem-le-desert.com/
 
 
フランスの美しい村 認定

Photo by arco de medio punto ノエルの風景
石畳の狭い通りの両側に、ごろごろとした白っぽい石造りの家々がびっしりと軒を連ねる。
村中総石造りといった感のある小さな町。どこを切り取っても絵になり、カメラのシャッターを押す指が止まらなかった。

モンペリエの北西にある、サン・ギレーム・ル・デゼールSaint-Guilhem-le-Desertへ向かう。高速道路A8、A7、A54、A9をひた走り、エクサンプロヴァンスやアルル、ニーム、モンペリエのそばを駆け抜ける。

Saint-Guilhem-le-Desertの村は、総石造りといった感じだった。とおりも沿道の建物も、白っぽいごつごつとした石で建てられていて、可愛らしかった。結構観光地化されているようで、みやげもの屋やギャラリーがずらりと軒を連ねていた。クリスマスのデコレーションも施されており、そぞろ歩いていて楽しかった。

村のメインストリートの奥に、修道院(Ancienne Abbatiale Saints Sauveur et Guillaume)の主祭室の外側が見えた。いくつも連なるアーチが心地よいリズムを奏でている。柱頭の植物紋様もきれいだった。

教会内部は、柱頭彫刻なども特になく、シンプルだ。石のどっしりとした量感や、天井が高く、太い角柱がそびえているのが印象的だった。

回廊は破壊されており、一部しか復元されていない。レプリカかもしれないが、ところどころに柱頭があり、図像が興味深かった。ここの柱頭彫刻も、ニューヨークのメトロポリタン美術館の分館に収蔵されている。
 
 

修道院を出て、メインストリートを歩いていると、イルミネーションが灯りはじめた。華やかではなく素朴なものだが、ほのぼのとした雰囲気を醸し出していた。

(arco de medio punto様 2003年12月/2004年1月)  




とても美しく、訪ねて行く価値のある村。バス便しかなく、不便。
(2010年5月/6月 黒こげチーズケーキ 様)


 
 
 
 
 
  

トップ > その他の地方 > ラングドック・ルシヨン地方 > サン・ギレーム・ル・デゼール Saint-Guilhem-le-Desert