トップ > その他の地方  > フランシュ・コンテ地方 > Salins-les-Bains  サラン・レ・バン
  

Salins-les-Bains  サラン・レ・バン
updated on 5 Jan.2008 経験談追加

 

Les Anciennes Salines de Salins-les-Bains
サラン・レ・バンの旧精塩所

http://www.salinesdesalins.eu/

(アクセス方法) = 車でサラン・レ・バンに向かう。まちの目抜き通りに面している巨大な建物がふたつあり、通りを背にして左側がそれ(右側はカジノのようだった)。

(入場料) = HPによると 
大人5ユーロ、15歳以上の若者・学生(15歳以上26歳まで)、失業者・障がい者3ユーロ
12歳以上15歳未満 2.70ユーロ、12歳未満無料

(内部の雰囲気や感想) = 昔の精塩所のようすが判る、かつての施設を公開した博物館。ここでは、地下に流れる食塩水を採取し、それを乾燥させて塩を得ていたようだ。

ガイドについて見学するシステム。フランス語のみ。英語のガイドも1日数回あるらしい。

まずは、地下食塩水を採取していた地下建造物に入り、次に水を蒸発させ塩を取り出した建物内を見学する。見学コースの残り1/3はこまごました道具の展示で、自由見学となる。

地下ではガイドの案内に頼るしかなく、言葉が聞き取れないと巨大な地下建造物に驚くしかすべがないが、地上の製塩していた建物の見学では、展示物と掲示で、何となく、何をするための施設か、道具か、等つかめる。

(車椅子・高齢者対応) = 地下建造物へ入るのは急な階段のみ。地上の博物館部分は不明(リフトはあったと記憶するが、それで全て回れるのかわからない)。

(子供向け?) = わからない

(所要時間) = 1時間半くらい。

(印象的だったもの) = 地下建造物が巨大で驚いた。まさかあの地下にこんなものが、と思う。地下食塩水から塩を得ていた、ということをここに行って初めて知った。地下では食塩水の味見ができる。ただの塩水だが。

(飲食店&ショップ情報) = 簡単な売店が出入り口にあったかもしれない。

(その他) = 「遺跡を見た」気になれるのは、アルケ・スナン精塩所よりむしろこちらだと感じた。ここの入場券を提示するとアルケ・スナン精塩所が少し割引になる。

(2010年7月 DD邦代 様)

 
  
トップ > その他の地方  > フランシュ・コンテ地方 > Salins-les-Bains  サラン・レ・バン