トップ > その他の地方 > フランシュ・コンテ地方 > Chateau de Joux シャトー・ドゥ・ジュー
  

Chateau de Joux シャトー・ドゥ・ジュー   ジュー城
2 May 2009 経験談追加

 

http://www.jedecouvrelafrance.com/f-2857.doubs-chateau-joux.html
 

えらい崖の上に城を発見してしまった!(ジュー城 Chateau de Joux) 近くでもあったので連れてってもらった。 

道路からみたら崖の上だったが、真下に来てみると、ちゃんとアスファルトの道がある。線路のそばの駐車場に止めて、配偶者と分かれて、頂上へ GO! 途中降りてくる人に”ボンジュール!”と挨拶したところ、いかにもマダム風の人に”ボンジュール!アンファン!”と返された。

確かにその時の私の格好は、三つあみ、インド綿のブラウスにジーンズだったしな〜。 東洋人的にも童顔だから仕方ないんだけど。

さて、10分ぐらいで頂上到着したら、修復工事中。残念ながら中には入れそうにない。外から掘りを覗いたら意外に深かった。仕方ないので、中の展示物がわかるものや、城が移った絵葉書を購入して下山。車で主人がレポートをまとめ中だった。

”向こうに対岸の城へ行く階段があるよ”の言葉に、上を見ると確かに山城が。 しかも、結構人がいる。これならいけるかも。道路を渡って階段の前に立って”ゲッ!” とんでもなく急なのだ。 しかし私も習い事を始めて2年。体力はかなりついているはずと、登り始めて階段はすぐに攻略。ただ、これで終わりではなかったの・・・。
 

人一人しか歩けない、はっきり言って山羊道!の上、崖側に柵がまったく無い。 岩がごろごろして、眺めは良いけど、怖いよ〜! 道が視界から消えるところに来たら頂上かな?と頑張ってみるものの、行けば行くほどまだ先がある。結局30分以上かかってやっとこさ登れた。足の筋肉はパンパン。

上は結構子供とかもいて、どうやって登ってるの?と首を傾げてしまった。 そしたらやっぱり。裏道があった・・・。力が抜けてしまった。

でも、丁度夕日が映える時間。対岸のお城が綺麗! やっぱり観光に来ていた人達にきれいなポイントまで教えてもらい、帰りに同じ道のりで行かないと車の所へ帰れないことも判明したので。休憩がてらにぼーっとした。(ここでも子供に見られていたに違いない)

ここはいわゆる御城というよりは砦だった。中にはやはり入れなかったが、不思議なことに、獣のような動物のような人間のような遠咆えが中から聞こえてきて、子供達が面白がっていた。私は気持ち悪かった・・・。 あの音はなんだったのか? 今考えても謎だ。
 

あの道を降りるのは決意がいるが、あまりに遅いと怒るかな〜。ぼちぼち降りて結局たっぷり1時間半。 ちょっと夫にそそのかされた感はあるけど、楽しかった!

 (2000年10月 ちむ様)


 
  

トップ > その他の地方 > フランシュ・コンテ地方 > Chateau de Joux シャトー・ドゥ・ジュー