トップ > その他の地方 >  コートダジュール地方 > サン・ジャン・キャップ・フェラのホテル
  

サン・ジャン・キャップ・フェラのホテル
            
updated on 28 Nov.2006 経験談追加
  
 
Grand-hotel du Cap-Ferrat
グランドテル・デュ・キャップ・フェラ ★★★★L →新基準★★★★★ 
→ 2011年5月 新基準 ★★★★★Palace パラス認定
広大な敷地の庭園・プールなどをもつ、有名なリゾート型ホテル。レストラン併設。海をのぞむプールが有名。よってオフは安くなる。
 
71 Bd. du General de Gaulle, 06230 St-Jean-Cap-Ferrat  
http://www.grand-hotel-cap-ferrat.com/
http://www.france.com/hotels/hotel.cfm?hotel_id=3211
e-mail:  reserv@grand-hotel-cap-ferrat.com  
 
2001年料金
 
Low  下記以外
Shoulder 4/10-13, 6/1-11 9/7-30 10月 12/26-1/3 
High 6/12-30  7月 8月 9/1-6

松林ビュー ダブル 900 / 1900 / 3,100F
海ビュー ダブル 1,900 / 3,000 / 4,800F
スーペリアダブル テラスつき 2,100 / 3,300 / 4,900F
スタンダード・スィート ダブルベッド+シングル 4名定員
3,400 / 4,900 / 7,500F
スーペリアスィート ツイン 4名定員
4,100 / 7,200 / 9,500F

朝食ふくむ

 


(時期) = 2006年9月上旬

Club Dauphinというプールに訪れた。


(パブリックエリア) = 入り口にはドアマンとポーターが常駐。
入り口左にレセプションとコンシェルジュデスクがある。

半円状になったホール一面に大きなガラス窓が並び、光がさんさんと照っている。白い漆喰でぬられた壁、ソファ、コロニアル調のインテリアが上質のリゾートらしさを醸し出している。ロビーにあったチェンバロがかわいらしかった。

その扉の一つから、庭園に降りられる。

庭園にはテラスレストランがあり、それを更に下り、ホテルの敷地から一度外に出て、道路を渡ったところが、有名なホライズン・プールがあるクラブ・ドーフィンの入り口。クラブの駐車場もあるので、直接こちらに車を止めることもできる。エントランスもホテルとは別にある。

エントランスで名前を告げて、庭園を下っていくと、途中でケーブルカーがある。下ったところに、プールがある。
掛け流しのようにプールの水が、コートダジュールの海に流れ出るようにプールは設計されている。プールと海の境目がないかのよう。

プールと隣接して、天井のあるレストランがある。このプールの下にはカバナがあり、多くの宿泊客が今年最期の夏の光を浴びている。更にその下に進むと、金網があり、フェラ半島を囲む公共の遊歩道に出る。またその前には切り崩した岩場を利用した、海水浴場がある。

(レセプション) = クラブ・ドルフィンまでの道を聞いたところ、庭園の入り口まで送ってくれた。

(スタッフ) = プールの監視員を始め、声がとても柔らかだったのがとても印象的だった。英語で大丈夫。

(宿泊料) = クラブ・ドルフィンは入場料がいると思うが、エントランスで支払うことはなかった。ハイ・シーズンのフルタイムで60ユーロ。シーズンの区切りやハーフタイムや休日料金や子供料金など、細かい規定はHPに記載。

(予約方法) = 個人で

有名なプールなので、予約したほうがよいと思い、予約をした。(2、3日前)ホテルにお願いしたところ、クラブから返事があった。予約をしたためか、テラス中央の最前列のテーブルにしてもらえた。

(アクセス) = モナコから車で。

(選択基準) = これぞコート・ダジュールというリゾート風景を見てみたい。サン・ジャン・キャップ・フェラ半島を訪れてみたい。という理由。

(よかったこと) = 午前中にエズを訪れた時は霧と靄でサン・ジャン・キャップ・フェラ半島がやっと見えていたが、午後訪れた頃には、紺碧の海を見ることができた。半島の散歩道を歩いて、紺碧の海と、真っ青な空と、白い帆船やジェットという、コート・ダジュールのイメージそのままの風景を堪能できた。

散歩道のごつごつした岩に腰かけて、初老の夫婦と、コートダジュールの海を言葉もなく見送った。海の上を時間が流れていき、水平線の向こうへ消え去っていくようで、ただただ海を見つめていた。

(客層) = 子供達が、キャッキャッとプールで暴れ回っていた。老人も、天を仰ぎ見ながらプールを横切っている。
敷地から公共の遊歩道に出る金網のドアは、コード式。他のゲストに教えてもらった。

(車椅子等の対応は?) = テラスまでは階段がないスロープになっていた。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う
 

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆◆
 

(他の方へのアドバイス) = 目の前には何も遮るものはなく、あるのは海だけ。紺碧の海が水平線を描く。
ホテルに泊まることなくプールだけでも訪れることがでじゅるので、例えばニースに宿を取りドライブしながら、このプールを訪れて見ては。

プールにブティックがあり、水着も売っている。ハーブティー(ヴェルヴェーヌ)とプティフル(タルト4つ)で27ユーロ。
 

(2006年9月上旬 ロメールの秋 様)

ニースとモナコの間 。
 
部屋 スタンダード(5万円くらい) 内装 明るい。とにかく明るい。白と黄色が基調。 バスルームも広い。

バスローブあり。 すごく凝ったつくりではないけれど、さわやかな南仏の風が似合う色合い。

評価 値段の割に、部屋は普通。
 
もちろん清潔だし、広々としているが。 ここは、部屋ではなく外で過ごすためのホテルなのだろう。その証拠にプールは最高。このプ-ルで過ごすためなら、5万円は惜しくない。 
 
スタンダードだと、このような評価・乾燥ですが、 これがデラックスタイプ、特にベランダ付だと本当に最高。 ベランダで風にふかれながらのワイン等々。ただお値段はスタンダードの倍はします。 スタンダードでも ここは自己評価 星4.5。 ちなみに今年ももう予約済みでございました。 
 

海側デラックスダブル 4000Fr 広いレセプション、にこやかな出迎え、ウェルカムフレッシュジュース! 文句ナシ。 部屋は、広い。ベッドも広い。 景色はパノラマ。(岬突端にあるホテルのため)

ホテルに直接fax。1泊分ギャランティーですぐにカードで引き落とされる。
 
)とにかく素晴らしいプール。 ここのレストランでのお食事も素晴らしいです。 1階のバーもなかなかの雰囲気。 なんだかベルエポックな雰囲気が溢れています。
 
車でしか来れない事、サンジャンの街まで遠いこと。 天気が悪いと、天気がよいときにくらべて楽しみが半減どころか 1/3ぐらいになっちゃうことが残念。
個人評価は★★★★★
(kkaz様 1999年5月)

  
 
 トップ > その他の地方 >  コートダジュール地方 > サン・ジャン・キャップ・フェラのホテル