トップ > その他の地方 > コートダジュール地方  > Iles de Lerins レラン諸島
  

Iles de Lerains レラン諸島
            30 May 2009 経験談追加

 
 

サント・マルグリット島 Ile de Sainte Marguerite

海の博物館が開館していることを、現地の観光案内所で確認したのに、実際行ってみたら閉まっていた。鉄仮面が幽閉されていたという牢獄を見たかったのでガッカリ、他に見るところがないので、帰りの船の時間まで時間を持て余した。

(2005年1月 maison violette 様)
 


Photo by ringogin

港の反対側の岸。岩がゴロゴロ。当日は本当に風が強く、荒れていた。
サント・マルグリット島
 
 
 

(アクセス方法) = カンヌ旧港より船で約20分。1時間に1本程度。切符売り場はパレ・デ・フェスティバル・エデ・コングレ(映画祭のところ)の反対の岸側。途中、案内板が何度もある。

利用した船会社はリビエラ・ラインという会社。どうも色々な船会社があるらしい。
http://www.riviera-lines.com/

他にもトランス・コートダジュール社
http://www.trans-cote-azur.com/

往復11ユーロ、子供 5.5ユーロ。
もう一つの島のサントノラ島と間違えないように注意
 

(内部の雰囲気や感想) = カンヌから島への船は、遠足の小学生でいっぱい。万国共通でその他数名の大人は肩身が狭かった。20分ほどだが、船からはアルプス、カンヌの街、南仏の山岳地帯が見え、非常に景色が良い。

島には海洋博物館がある。時間がなかったので島内をあてどない散歩をする。島の港の反対側(ものの10分くらいで到達)に出ると、かなり遠くまで見える。結構な絶景であるが、石廊崎並みの強風だった。

ハイキングなどが趣味の人、子連れの人は良いかもしれない。見たことのない木々や植物もたくさんあって楽しかった。

帰りの船に乗ろうとしたらカンヌから来た船からたくさんの人が降りてきた。

(車椅子・高齢者対応) = 

(子供向け?) = 子供でも楽しめそう

(所要時間) = ざっと周って2時間。特に何もない、自然を満喫するところ。

(印象的だったもの) = 港より少し小高いところから見える、カンヌ、アルプスの山ヨットがプカプカ浮かんでいてすごく良い眺め。

木からヒノキのようなスギのようなすごくいい香りがした。港から反対側からマルセイユ方面を見ると、すごい崖が見える。


 

(飲食店&ショップ情報) = ちょっとしたパンなどは売っているが、あまり期待しないほうがいい。カンヌから買っていった方がいい。

(その他) = コルシカ島は無理、でも船に乗りたいという人にお薦め。自然を満喫できる。ほぼ平地でそんなに体力もいらず、自然の植物を見たい人にも良いかも。
 
 

船から見た、山の白い峰々が空の青と絶妙なコントラストで、感激した。

帰りの船が強風でえらい揺れているのに高速艇なのか、ものすごい飛ばしていたのだが、周りのフランス人が騒ぎ出し、パニックになって、突然、停船した。地中海の藻屑となるかとひやっとしたが、乗客が女の子が海に落ちたと勘違いして停船したようで、本当にびっくり。船は保険の範囲だろうか、とか頭をかすめた。

(2009年4月 能天気なりんごりん 様)

トップ > その他の地方 > コートダジュール地方  > Iles de Lerins レラン諸島