トップ > その他の地方 >  コートダジュール
 
 
Region Provence-Alpes-Cote d'Azur "略PACA”
プロヴァンス・アルプ・コートダジュール地方 

■コートダジュール Cote d'Azur 

ご利用上の注意 →

・主要路線のみを記載しています。計画立案、地理把握などにお使いください。
・実際の交通機関利用に際しては、必ず事前および現地にて運行を確認ください。季節変動や改廃については、当HP側は頻繁には確認していません。


JPG版はこちら  BMP版はこちら

JPG版はこちら  BMP版はこちら

クリックすると大きな地図がでます(別窓)
Special thanks to pignon baoo sama
※こちらの地図類は すべて特注オリジナル品で、著作権上、フリー素材ではありません。

 

動く
南仏のバスルート
 
[18 Apr.2005] 
南仏の鉄道 [29 Oct.2013] 
ニース・プロヴァンス鉄道 
タンド鉄道

 

 

ニース空港 NCE [5 May 2015]  

調べる・知っておく
コートダジュールお役立ち
町の関連URL、現地発着ツアー
プロヴァンスお役立ち 現地発着ツアー
プロヴァンスのマルシェ
AOC Vin de Bellet [6 Dec.2008]
 
【帰国者の
 南仏の紀行 はこちら】
  

 
 
町を知る
Alpes-Maritimes アルプ・マリティム県 (06)
Niceニース  [11 Apr.2015]
 | ホテル [23 Nov.2015]
Antibes アンティーブ
[5 Jun.2012]
 | ホテル [10 Aug.2013]
Beausoleil ボーソレイユ
 | ホテル[9 Nov.2008]
Beaulieu-sur-Mer 
ボーリュー・シュル・メール
 | ホテル[23 Nov.2015]
Biot ビオ(ビオット)
[28 Jul. 2014]
Cagnes-sur-Mer カーニュ・シュル・メール[11 Apr.2015] | ホテル[11 Apr.2015]
Cannes カンヌ [6 Sep.2009]
 | ホテル [1 Jan.2007]
Cap d'Antibes キャプ・ダンティーブ 
 | ホテル[23 Oct.2009]
Coaraze コアラーズ フランスの美しい村[29 Oct.2013]
Eze エズ [8 Mar.2014]
 | ホテル [23 Nov.2015]
人気
Gourdon グルドン [20 Aug.2007]
花の町2  フランスの美しい村
Grasseグラース[11 Apr.2015]
 | ホテル[10 Aug.2013]
Iles de Lerins レラン諸島 [30 May 2009]
Ile Ste-Marguerite サント・マルグリット島
Ile St-Honorat サン・トノラ島
Juan les Pins ジュアン・レパン [19 Sep.2010] | ホテル
 
Mentonマントン[11 Apr.2015] 人気  | ホテル[22 Nov.2015]
Mougins ムージャン
 | ホテル[20 Feb.2010]
Opio オピオ
Peillon ペイヨン
| ホテル[21 May 2010]
Peille ペイユ [29 Oct.2013]
Roquebrune-Cap-Martin 
ロクブリュヌ・キャップ・マルタン 人気 ル・コルビュジェ
 
[11 Apr.2015]
 | ホテル[11 Apr.2015]
Ste-Agnes  サンタニェス フランスの美しい村
[10 Aug.2013]
St-Jean-Cap-Ferrat
サン・ジャン・キャップ・フェラ
[10 Aug.2013]
 | ホテル[28 Nov.2006]
Saint Laurent du Var
サン・ローラン・デュ・ヴァー
[30 May 2009]
Saorge サオルジュ
[10 Aug.2013]
 
Sospel ソスペル [22 Oct. 2009]
St-Paul de Vence
サン・ポール・ド・ヴァンス
[21 Oct.2014]人気
 | ホテル  [22 Nov.2015]
Tende-Val-des-Merveilles テンド
花の町2 [22 Oct. 2009]
Tourrettes-sur-Loup
トゥレット・シュル・ルー
[1 Aug.2010]
La Turbie ラ・トゥルビー
[29 Oct.2013]
 | ホテル [10 Aug.2013]

Vallauris ヴァロリス [11 Apr.2015]
Vence ヴァンス [11 Apr.2015]
 | ホテル[28 Nov.2006]
花の町2
Villefranche-sur-Mer
ヴィルフランシュ・シュル・メール
人気 [1 Aug.2011]
 | ホテル [1 Aug.2011]
 


Monaco モナコ ⇒ 他国 > モナコ公国 参照
 
 
大手旅行社のツアーできている日本人と話す機会があったが、 彼女達は「南仏つまらない」と。聞けばエクスやアビニョンなどの都市を オートルート使ってバスで繋いで行く、といったルート。でも、一歩はい れば、高級ツアー海外旅行練磨の我が母を唸らせる絶景、良景がめじろお しだった。ちょっとお金がかかっても、すこし奥地に入る計画をお勧めしたい。 
(むし様)

サン・ポール・ド・ヴァンスはニース、ヴァンス、モナコ、マントンの中でもっともセンスがよく、買いたいものがたくさんあった。気の効いたお土産はサン・ポールで買うのが効率的。(2006年8月 やっぱりミントティ 様)
 もう少し連泊を増やせば良かった。移動が多すぎた。サン・ポール、モナコは1泊で十分という気もした。
同行者はモナコに連泊したかったという感想。
(2006年6月/7月 ももりん 2002 様)
鷲巣村は、ヴァンス、サンポール・ド・ヴァンス、カーニュ・シュル・メール、エズとロクブリュヌに行きましたが、そのなかでも、ロクブリュヌが一番良かったです。
( 2006年8月 マディねも〜る様)
海とはこんなに青いものなのかと、感動。コクトー、マティィス、シャガール等美術館や教会が期待以上に素晴らしかった。コートダジュールの人はみんなとっても親切だった。
(2004年8月 こじこじキャンディ 様)
どこへ行っても絶景の連続で、素晴らしかった! 青い海と空と太陽と、それだけでも十分なのですが、色鮮やかな花々と緑があふれ、本当に美しかった。町並みも青空によく映えるパステルカラーの建物や、オレンジ色の屋根が多く、歩いているだけで
気分が明るく、嬉しくなってくる。パリとは、また全然違った魅力がありました。

海側ももちろんいいですが、山側に点在する小さな鷲巣村がどこもとても良かった。ニース、モナコ、カンヌは、さすがにいかにも高級リゾートという感もありましたが、ちょっと中心を離れると、雰囲気のあるエリアがあったり。

数年前にテレビで見て以来ずーっと憧れの地だったエズは、期待を裏切らない、おとぎ話の世界そのままのような、素敵な村でした。観光客の数もすごかったですが(ここで初めて日本人の団体さんに遭遇)
1泊したので、夕方や夜など人の減った静かな時間に散策できて、良かった。

ロクブリュヌのシャトーの上からの眺めは、エズに負けないくらい素晴らしい。店などは少ないようですが観光客も少なく、素朴で魅力的な村。マントンとモナコの間という立地も良いですし、今度はここに1,2泊して、ゆっくりと過ごしたい。

ムージャンも、エズやサン・ポール同様に可愛らしい村。おみやげ物屋などはそう多くないが、素敵なギャラリーがたくさんあります。ここも次回はぜひ1泊して、美食も堪能したい。

ヴァンスは意外と観光客も少なく、素朴で生活の匂いが漂うような町。地元の人の生活が垣間見えて楽しかった。フラツーで評判の高かった”マティスの礼拝堂”も、想像以上に素敵でした。

サン・ポールも、本当に絵になる可愛らしい町。観光客の数も多く、写真を撮るのにも苦労しました。ここはセンスのいい雑貨やアクセサリーの店が多かったです。

シャガール美術館。素敵でした。とても贅沢な空間。第一日曜で無料でした。そのためか少々混雑していましたがシャガールの世界を堪能できました。

ジュール・シュレ美術館。何の知識もなく行ったのですが、ここも素敵な美術館でした。町外れにあるせいか、静かでのんびりできます。建物も 庭園も素敵ですが、なんといってもデュフィの絵。私好みの色使いとタッチで、実は名前すらろくに知らなかったのにすっかりファンになってしまいました。
(7月 etsu et nino様)

南仏の暑さは半端じゃなかった。日差 しの強さが違いますし、湿気がないので、肌は焼けて乾燥してかさかさ、ボロボロに。また出発時に風邪をひきかけていた為、現地で連日炎天下を歩きまわり、 ホテルやバスの中ではクーラーが強すぎた為、体調を崩した。食べ物の美味しいフランスでも食欲が落ちましたが、食べないと倒れると思い、さっぱりした物を 選んで食べました。

考えてみると、今までは暑いところの旅行と言えば南の島などでのんびり過ごし、それほど観光で歩き回ったことはありませんでした。寒さもつらいですが、暑さは想像以上に体力を奪います。

後半お腹の調子も悪くなったため、楽しみにしていたムージャンのレストランのランチを泣く泣くキャンセルしました。

見たいところがいっぱいで、ついつい無理して歩き回ってしまいますが、真夏の旅行では、無理せずのんびりと過ごすほうが良いですね。当初は6月に行く予定でしたが仕事の都合で7月になってしまいました。無理をしては体が持たないとわかったので、使えるところはタクシーやプチトランなどを利用し、体力消耗を防ぎました。
(2003年7月 etsu et nino様)

 


 

    
 
 
トップ > その他の地方 >  コートダジュール地方